普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

大変だ立憲民主党の支持率半減

2018-08-30 13:45:34 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも何方も世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 8月27日に読売の世論調査の結果が発表されました。
 安倍内閣を支持?50(前回45)、どの党を支持?自民党40(41)、立憲民主党 4(8)、国民民主党1(0)、公明党2(3)、共産党2(3)、維新の会1(1)、社民党0(1)、その他の党0(0)
 この中で独り目立っているのが立憲民主党の支持率の半減です。
 私は前回の投稿で東大名誉教授の御厨貴さんの「安倍もやもや政権をSNSと野党が救う」の記事の中の
 内閣不信任案提出のとき立憲民主党の枝野氏が2時間40分の大演説をぶった。その後の新聞社の質問のこれからどうするかの質問にこれから考えると発言。つまりこれと言う政策もないということ。これでは過去の何でも反対の社会党と同じだ。
 を引用して、
 私は何度も野党に対していつも自民党政権を上回る政策を発表して世論の信頼をかち取りその支持率を上げるのが自民党政権が恐れる、唯一の道なのに国民民主動党以外はこれといった動きがないまま。このままでは著者の触れている社会党、「山が動いた」発言から支持率低下一途。今ではこんま以下の支持率しかない。然し国民から総嫌いの日教組、官公労、自治労など左翼団体から支えられている立憲民主党に国民が納得できる政策が打ち出るか疑問。せいぜい護憲・原発廃止が精一杯と思う。と書きました。
 読売は翌28日に「立民目立つ枝野1強」の解説記事を出していました。
 その概要です。
 立民はさきの通常国会で抵抗路線を強めた。5月には18日間の審議拒否を行い、閣僚の不信任決議案なども乱発した。野党で比較的高い支持率を持率を維持しようとする狙いがあった。党幹部によると、こうした方針は枝野氏が最終決定した。福山幹事長らと事前に協議しているが「現場には次善通告だけだ」強い不満がある。枝野1強体制の休制が生まれた背景には、党の党員構成がある。立民は昨年の衆院選で躍進したため、衆院議員57人の半数以上が当選1~3回の若手になる。枝野氏の人気で当選した新人議員も多く、「上にものを言えない雰囲気がある」と言う。
 枝野氏は他党との交渉にも強気のトップダウン手怯で臨んでいる。来夏の参院選2人区では、野党の「共倒れ」を防ぐため、国民民主党が同党現職に候補者の一本化を求めているが、枝野氏は独自候補の擁立を譲っていない。他党に迎合しない姿勢を強調し、立民に支持を集める戦略とみられるが、「自民党を利するだけ」と(連合幹部)という不満も出ている。立民内からも「衆院選では野党間で協力しないと政権交代は起こせない。強気が過ぎれば、他党との関係に亀裂が入る」(ベテラン)と懸念を示す見方がある。

 結果は枝野さんのに作戦と丸反対の支持率半減。党内に燻っていた不満か続出。枝野さんさん信頼度はがた落ち。
 こうなったのは自民党総裁選をまえにして党内で石破さんや新人の小泉さんの意見が自由に言える自民党。それに対して立憲民主党から枝野さん以外の意見が殆ど出ないこと。最大野党の立憲民主党から安倍内閣攻撃以外に自党の政策が全く世の中に知られてないこと。御厨さんのご意見のように一般から同党の政策が全くないと思われているような気がします。もしかしたら本当に護憲・原発廃止以外の政策は無いのかも?
 昔のことの蒸し返しになりますが、野党の中の同党だけの高支持率は小池さんの「排除」発言で排除された枝野さんたちの立憲民主党への判官贔屓での高支持率。ベテランの枝野さんがこれに気がつかないなんて。本来は高支持率確保のための慎重な運営を図るべきなのに安倍さんの大チョンボ発言に基づく森友、加計問題でのへの18日間の休暇主導。関係官僚への怒鳴り散らし。世間の人の心情を逆撫でするような余りにも無神経なやり方ばかり。
 立憲民主は今回の支持率半減を期に、当選1~3回の若手を自民党のようの政策各部会(無いのなら新たに作って)に参加させてその育成に図るとともに、自民党に優る同党独自の政策を発表すべきと思います。そうでないと御厨さんも匂わし、私も前から書いているように社会党の様に支持率漸減、ついには0以下の支持率になるかも。
 立憲民社党も枝野さんも今回の支持率半減の意味を良く分析し対処するべきだと思います。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

前月号鑑賞」「荷ほどけば妻のため息ばかり梅雨」

2018-08-30 13:38:10 | 川柳
川柳くろがね」2018年8月号より
前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評
「洗濯物たたむと空のいい匂い」     今村テルヨ
 おひさまの匂いはよく聞くが、空の匂いは初めてだ。どんな匂いだろう。青空の匂いって…。

「並ぶのが嫌いで過疎の村に住む」    阿部 文彦
 私も田舎が好き。歩かなくてもいいから。ドアからドアまで車ですいすい。切符や買い物で並ぶ事もない。

「五分咲きの花からもらうこころざし」  黒川 孤遊
 人間なら中学生かなぁ。未完成の中にある使命感だろうか。未来のある人問は強くてまぶしい。

「曖昧にしているそれはそれで良い」   山下 華子
 何でもきちんとされる華子さん。裁縫も華道もきっちり。でも何となくこまかすところも大事なのだ。

「生き甲斐がベンの先からほとばしる」 古谷龍太郎
 恰好いいなぁ。龍太郎さんならきっとそうだ。万年筆が似合う。さらさらと滑るペン先、インクの匂い。

「荷ほどけば妻のため息ばかり梅雨」   山崎 蘭革
 愛妻家の蘭華さん。何の荷物を解いていますか? 何を見ても奥様を思い出すのは、きっと梅雨の廿い。

くろがね抄 吉富 廣 選
大牟田 山下 華子
ひらがなで話す人間らしくなる
梅雨の雷何かが我を解き放す
のほほんと貧乏神の傍に居る
人間が絡んで和む洒の席
斗余柱が立ち機嫌よく家を出る
          熊本 黒川 孤遊
ぬかるみのど真ん中やっと雨あがる
八月の重い日ごとに乱む肯
かぽちゃ飯父子孫孫の終戦日
立ち騒ぐ命そのまま忠魂碑
息患絶えた蝶に命があこがれる
          横須賀 阿部 文彦
保護色になってこの世を生さ延びる
藤豆が白く咲こうとした不覚
亡さ母の言葉真空保存する
昭和史に火薬の匂いまだ残る
町起しシニアパワーが閥歩する
          札幌  桶川 聖柳
原点に戻ってボタン掛け直し
シースルー女の野心まで透ける
賢人は声なき声も聴いている
娘と孫に笑いもらっている余生
風の絵師夏に一本朱を入れる
          八幡西  廣永 雅彦
ありがとう素直に言えた日の温み
終着駅が見えて人間らしくなる
神様が教えてくれぬ着地点
気持ちだけ妻よリー歩前を行く
百薬の長をカルテは語らない

川柳・人気ブログランキングへ
文遊吟社ネット句会へ
コメント

自民党と野党と言論誌

2018-08-24 11:46:25 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でもお互い世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 文藝春秋の9月号に今までと変わった意見が出ていました。
 東大名誉教授の「安倍もやもや政権をSNSと野党が救う」と言う意見です。
 その意見の概要ごとに私の意見を纏めて見ました。なおSNSの実情を知らないのでこの部分だけはパスしております。
・森友・加計問題は安倍首相を引退に追い込むには十分の理由が逢ったが野党はそれを逸した。
 森友・加計問題問題の基本は安倍さんの「私と家内が関係していたら議員も総理大臣も辞職する」と言う素人でも判る大チョンボ発言。これがなければ話しはもっとスムーズに進んだはずです。その発言を撤回させる人が、側近にも今総裁を狙っている石破さん始め自民党員にもいなかったのでしょうか?そんなに安倍さんが怖かったのでしょうか?石破さんさんが「安倍さんに直言したが聞き入れなかった旨の意見を言った」ことを発信していたら、総裁はほぼ確実だったのに。
・安倍内閣は最近の世論調査でも一定の支持率を保っている。その理由は前の政権より良いから。詰まり前の政権、民主党政権が余りにもだらしなかったからだ。
 普通の新任の上司ならまず部下の意見を聴いて動くのに、民主党の新任の大臣はいきなり自分で動き出したのをみて呆れました。著者も触れている鳩山さんは論外、今どこにいるかも判らない菅さんの原発事故の対応の失敗なとなど。
 私はそれだけでなく、茂木さんなど現実に仕事をこなしてきた野党にない多くの人材を抱えている自民政権が安泰なのは認めるべきだと思います。
・政権から降りた民主党員は多くの回顧録をだしているが、民主党と言う組織が悪くて俺は悪く無かったと言っているが、そんな彼らに将来があるか。
 前に書いたような民主党政権の新大臣の軽すぎる言動をみると、よくもそんなことを言えると思います。著者の言うようにそんな反省のない人達からなりたっている政党は誰も信頼できないのは当然です。
・内閣不信任案提出のとき立憲民主党の枝野氏が2時間40分の大演説をぶった。その後の新聞社の質問のこれからどうするかの質問にこれから考えると発言。つまりこれと言う政策もないということ。これでは過去の何でも反対の社会党と同じだ。
 私は何度も野党に対していつも自民党政権を上回る政策を発表して世論の信頼をかち取るのが野党としての自民党政権が恐れる、唯一の支持率向上の道だと書いてきましたが国民民主動党以外はこれといった動きがないままです。このままでは著者の触れている社会党、「山が動いた」発言から支持率低下一途。今ではこんま以下の支持率しかありません。然し国民から総嫌いの日教組、官公労、自治労など左翼団体から支えられている立憲民主党に国民が納得できる政策が打ち出るか疑問です。せいぜい護憲・原発廃止が精一杯と思います。
・民社党的な政策を持つ国民民主党と立憲民主党が協力して政策を打ち出すべきだ。
 私も賛成。しかし今は安倍内閣の独占状態の民社党的な政策。そして使用者に徹底抗戦の左翼労組を基盤にする立憲民主党が労使融和の民社党政策を出せるか大変です。
・昔は国土20年計画があった。そして国土崩壊と言える現状の西日本豪雨、2~30年後に起こるかもと予想されている南海トラフ地震、首都直下型地震。今直ぐにでも対策を講じるべきだ。
 著者は特に触れて居ませんてしたが、これなら自民党内閣が取り組む前に、立憲民主党でも少なくとも先に言い出すこ位はできる筈です。問題は機を見る敏な自民党政権が動かない筈は有りません。然しいずれにして日本としては良いことで直ぐにでも着手すべきこと。野党がわから言えば、自民党世間より早く声をあげて得点だけは稼ぐことができますが。果たして?              
 北九州市出身の私は都市再生計画とも関連して、短い川ばかりで水害にも強く、津波の恐れも、地震の恐れも殆どない北九州市とその周辺に官庁、民間企業の管理機能など移して貰えれば良いと思うのですが。

「全体としての私の意見」              
 定常的政権交代、与野党とも是々非々の立場の私から言えば賛成の意見ばかり。しかし文藝春秋始め多くの言論誌は反安倍か支持かの意見ばかり、これではテレビのワイドショーと同じの一方よりの報道で、国民にも与野党にも間違った印象を与えるばかり、少なくとも言論誌はそのプライドにかけて与党、野党問わず是々非々の報道をするのが日本のためになと思うのですが。そんなことを言うのはど素人、本が売れれば良いだけ?
 これだけ書いたころ、読売新聞の下段全面で「HANADA」が総裁選めざす安倍さん支援の全面広告。訴えるのは当然に国会議員か地方党員。彼らは皆それなりに一意見を持つ人ばかり。この広告がプラスになるかマイナスになるか?私はこの広告を見て今までどちらかと言えば安倍さん支持と思っている人が、石破さん支持にまわる可能性も大きいかも知れないと思うのですが。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント

前月号鑑賞」「太陽に愛され過ぎて小麦色」

2018-08-24 11:40:25 | 政策、社会情勢
川柳くろがね」2018年8月号より
前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評
「困ったなほんの冗談だったのに」    土肥あづま
 私も苦い経験がある。傷ついている人を一層傷つけた。先日、十数年ぶりの偶然の再会は笑顔だった。

「太陽に愛され過ぎて小麦色」      安部ももこ
 あれれ、頭の先から足の先までまんぺんなく愛されましたね。火傷するほどでなくて良かったですね。

「頑固さを取ったら爺でなくなった」   八木田風子
 最近の爺は優しすぎてつまらない。爺は頑固なままでいてほしかった。大好きな爺、長生きしてね。

「間違った指にはまっているリング」   吉丸 玲子
 なんか、すっとぽけた感じが魅力的な句。左手の薬指にちゃんとしてよね!と新妻が言っている。

「トイレでも相田みつをに諭される」   田中 和正
 あはははは、面白い。うちもみつをさんを掛けていたが、諭されると思ったことはないなぁ、新鮮だ。

「丸呑みの嘘を見つけた内視鏡」     中村トシ子
 あり得ない。けど面白い。だって、嘘は目に見えないもの。どんな嘘を丸呑みしたのだろう。興味津々。

中間川柳会自由詠(雑詠)合評   
・ 司会:くろがね吟社主幹龍太郎 
・下部数字は得点上位者の得点
・なおお気づきの点や良い句がありましたらコメント欄にお願いいたします。
「打たれても頑固な自分曲げず生き」
 頑固、曲げず、意味ダブリ→打たれても打たれても
「この夏のダイエットなど自殺的」
 時事吟として読ませる 
「口だけは医者の要らないおばあちゃん」 14
 面白い
「役立たず息子の新車スポーツカー」
 スポーツカー→6文字、
「夏やせを期待悲願のドレス着る」
 着る→買う
「最初はグーほら真剣に成ってきた」    6
 面白い
「真夜中の鏡覚悟を聞いている」
 何故真夜中か、作者の思いは?聞いている→訊いている
「我が家では避暑地に行くとスーパーへ」  6
 スーパーへ避暑に行く
「引き際の美学とやらを模索中」      4
 表現が固い、の旅にでるなど
「暑中見舞い書く気になれぬ程暑い」
 面白い
「熱中症やばく禁止の海プール」
 やばく→上品な表現へ
「助かった命へ水の裏表」         4
 助かった命へ→助かった命や、僅か一字で句が生きてくる好例
「水打って少し涼しい庭にする」
 そうですか川柳の一例
「眼裏の記憶忘れる八月忌」        3
 同想句が多い
「ほつれ髪かきあげて見る大落暉」     3
 とくに批評なし

川柳・人気ブログランキングへ
文遊吟社ネット句会へ
コメント

何故日本は無謀にも米国に宣戦布告したのか

2018-08-18 15:57:44 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でもお互いに世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 私はシンガポールで怪我をしたとき同国の病院で見て貰ったことがありました。驚いたのは病院に行くたび、折角できた瘡蓋を剥がして薬を塗るのです。これでは何時もでも治らないとと思って病院行きを止めて直ぐ治りました。
 それで出来たのが「瘡蓋をまた剥がすよう八月忌」の句です。
 八月の十五日近くになると恒例のように戦時の瘡蓋を剥がすようにして当時の問題を放送されているからです。
 今年もNHKから15日に、「ノモンハンの真実、暴走を許した無責任体制、自決を迫られた部隊長発見、情報軽視の末に太平洋戦争に突入」の放送が有りました。
 その内容はノモンハンでロシアが日本攻撃の情報の真偽に揺れる参謀陣。現実は大量の戦車投入のロシヤ、それに対して火炎瓶で抵抗するしかないない日本の関東軍。日本の敗北が濃厚になり首脳陣は退却を決定。それから首脳陣の思いも寄らない動き。首脳陣の判断ミスを棚にあげて、退却を命じた部隊長に責任を負いかぶせることに、本来なら軍法会議にかけて処罰を決める訳に行かないので、部隊長を拘束、責任を追求しついには自決に追い込んだ。濡れ衣を着せられた部隊長はもちろんその家族の悔しさ。然もそれを実行したのが初年兵で終わった私から見れば、神様のような軍隊のトップの人々。軍人として一番恥ずかしい「卑劣極まるやり方」。自決すべきなのは部隊長に自決を強いた軍人だったのに。
NHKの言う「情報の軽視」ではノモンハンでは同情すべきところも有りますが、米国への宣戦布告に際しては少年の私たちでさえそれで良いかと心配したほど無視。
 最近の女性学者の指摘では当時の国民総生産、大砲・砲弾・工場の増産に繋がる粗鋼生産量はともに米国は日本の12倍。車の数、石油のの生産量は日本の数百倍。
 然も彼女の説によると1937年頃からの中国への宣戦の拡大などの理由で軍も「NHKの言う情報の軽視での米国への宣戦布告。その頃使われた言葉「大東亜共栄圏」「八紘一宇」。当事者も心に引っ掛かりながら国民をその気にさせる標語。
 然しその前にも日本が戦争を思いとどまる機会があったのです。
 1931年のリットン報告です。
 当時は満州での関東軍の暴走に対して国連は反日一辺倒、米国主導のABCDライン(米・英・中・オランダ)による日本への石油封鎖の中で、国連はリットン調査団をアジアに派遣した。その結論は「樺太、朝鮮半島、台湾、満州の既得権益は認めるが、(関東軍主導による)満州国建国などそれ以上の権益拡大は認めない」というもの。当時の世界の考え方はこの程度なら国際法違反にならなかったのでしょう。
 今となって見れ当時から軍部は関東軍の暴走に手を焼いていたのです。
 然し私の説によれば当時の行け行けどんどんの空気に流されてこの好条件も蹴ってしまったのです。
 その後起こった蘆溝橋事件から中国の戦地の拡大、1939年のノモンハン事件のあとの関東軍幹部の醜態を抑えきれない日本陸軍の幹部。戦線が伸びきった後の1941年のハルノートの要求を期にNHKや女性学者の言うように、情報無視の米国への宣戦布。
 何故日本は10年前の日本にとって最も有利な条件の1931年のリットン報告を受け入れなかったのでしょう。
 日本政府の判断を誤らせたのは眼に見えないが圧倒的な力を持つ国中に漲る私の言ういけいけどんどんの「空気」でした。
 そして今も空気に流されて国の生存に関わる9条問題にまともに触れない日本。憲法がこれだけ議論されているのに、肝心の憲法学者の意見が全くと言って良いほどでない日本。9条の弱点を補うのが日米同盟という名の米国の保護国化、それでも9条を誇りに思う人。その日本のウイークポイントをさらけ出して見せたのはアメリか第一のトランプさん。それに翻弄される安倍さんを揶揄するマスコミ。元は変えられぬ9条から出ているのに。
 温暖化の進行よる大きな自然災害の続出に対する最大で最も有効な手段の一つの原発問題も空気に流されてまともな議論も出来ない日本。風力、太陽光で日本の電力量を満たしているからと反対派の小泉さんは言うが、その停止に備えて火力発電所が温室効果ガスをを排出、そのため温暖化合意の批准が遅れた自然災害対策先進国の日本。
 なお福島第一の事故が起きたときに使われた言葉「原子力安全神話」、「原子力村」。先の「大東亜共栄圏」と同じ人を誤られせる使い方。これが保全の専門の私からみれば素人ばかりの政府、国会調査団を産み、その後の反原発裁判で裁判官から、また新潟県知事から事故調査がなされていないと言う評価が出て、その後の原子力政策に大きな影響を与えました。
 冒頭に書いていますように、「どのような事でもお互いに世論に流されずに自分の頭で考えましょう。」と言うのが若い方達へのお迎えを前した私の最後の申し送りです。
 皆がそれぞれ良く考えて上での9条遵守、原発反対なら良いのですが、大戦突入以前からの空気に流され挙げ句、無残な敗戦を経験したた日本のように、また空気に流されて国の方向を間違えて欲しくないことを祈っています。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

前月号鑑賞」「恐いのは昨夜の喧嘩より無言」

2018-08-18 15:52:33 | 川柳
川柳くろがね」2018年8月号より
前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評

「恐いのは昨夜の喧嘩より無言」    橋口ひろこ
 全く同感です。喧嘩は相手を認めているけど、無視はもう認めていない。居場所がなくなる気がします。

「誤字脱字あって嬉しや孫メール」   古川 次郎
 本当に嬉しそう。誤字脱字があろうとなかろうと、なんだって嬉しいおじいちゃんなのです。

「三人の孫やんちゃです誇りです」   本田さくら
 そうです。元気が一番。目を細めて見守っておられるさくらさん。もしかして一人娘さんのお孫さん?

「五月晴れ今日の主治医は元気いい」  坂本美代子
 ぶっと吹き出してしまった。常連になると先生の健康診断をされるのですね。待合室も明るい笑い。

「これからのドラマ始まる無人駅」   大庭 堅司
 無人駅から「何か」へ向けて旅立つ。広がる未来。辛くなったら帰っておいで。駅はいつでもここに。

「よいしょのしょ」階段上がる応援歌  八木 幹子
 素晴らしい感性。かけ声は応援歌だったのだ。私も元気をもらった。大さな声で、よいしょこらしょ!

くろがね抄 吉富 廣 選
            大牟田  山下 華子
ひらがなで話す人間らしくなる
梅雨の雷何かが我を解き放す
のほほんと貧乏神の傍に居る
人間が絡んで和む酒の席
茶柱が立ち機嫌よく家を出る
            能本  黒川 孤遊
ぬかるみのど真ん中やっと雨あがる
八月の重い日ごとに軋む肯
かぽちゃ飯父子孫孫の終戦目
立ち騒ぐ命そのまま忠魂碑
患絶えた蝶に命があこがれる
            横須賀  阿部 文彦
保護色になってこの世を生さ延びる
藤豆が白く咲こうとした不覚
亡き母の言葉真空保存する
昭和史に火薬の匂いまだ残る
町起しシニアパワーが闊歩する
            札幌  桶山 聖柳
原点に戻ってボタン掛け直し
シースルー女の野心まで透ける
賢人は声なき声も聴いている
娘と孫に笑いもらっている余生
風の絵師夏に一本朱を入れる
            八幡西  虞永 雅彦
ありがとう素直に言えた日の温み
終着駅が見えて人間らしくなる
神様が教えてくれぬ着地点
気持ちだけ妻よリー歩前を行く
百薬の長をカルテは語らない

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

黒崎井筒屋閉店に関連して西区役所のまちづくり担当の方への提言

2018-08-13 12:17:57 | 政策、社会情勢
 私は黒崎駅前商店街に近い西神原町に住んていたので同商店街については愛着と問題意識を持ってその成り行きを追って来たものです。
「問題解決のため利用者の代表の意見を取り入れること」
 今回の問題に就いて市と商工会議所が連携。地もと中小企業への聞き取り調査に着手と報道されています。然し私は過去からの経緯から考えて、聞き取り調査に利用者、それも発信力、先見性のある代表を必ず入れるべきと思います。
 理由は井筒屋の前のそごうの開店に猛反対した地もとの商店街の人達。結局は当時まだ勢いがあった利用者の代表的な製鉄の労働組合の委員長と賛成発言でそごうの開店が決まったこと。
 元の市長の末吉さんの商店街の将来の計画提出の要請にも報道によれば無反応。その結果は商店街の真ん前に若い女性の来場などはねつけるような3つの大型パチンコ屋の出現と定着。
 その後の後の商店街の中堅のユニード、トポス、長崎屋、井筒屋アネックスの閉店にいずれも無反応。彼らは自分の損得ばかり考えて一番大事な顧客の便などまったく関心が無い(ように見える)からです。
 このことは「黒崎地区商業ベンチャー育成事業」にトライして単発に終わったた商工会議所も駅前商店街の問題点が商店街の店主にあること熟知していると思います。
 それで私の素人の思いつきを並べて見ましたのご参考にでもなれば幸いです。
「購入者代表を含めた井筒屋との会談要請」
 井筒屋の成算があってのそごうからの買い取ったのに失敗したそれなりの理由。その中に購入者の動きの読み違え?それに対する購入者代表の意見。皆北九州市に参考になること。会議の結果とどまれば尚更、そうでなくても長い付き合いの同市への要望も有るはず。井筒屋は北九州市の気づかない大きな情報を持っている筈です。
「自己処理能力不足の黒崎商店街の問題」
 もし井筒屋が残れば同社なりの、いやそれ以上の処理能力を発揮すると思いますが、今までの商店街では井筒屋が残っても去っても前述のように自己処理能力は殆どないように見えますし、このままではじり貧になるのは間違いないと思います。そのためには北九州市、商工会議所の関与は残念ながら不可欠になると思います。
「消費者に取って一番の関心事は商店街へのアクセスの良いこと」
 私は4日に黒崎まで出たついでに思うところあって駅前商店街を歩いてみました。何時ものように殆ど歩く人が見えないカムズ通り、僅かの飲食店、多くの閉った店、変わっているのはいずれも夜向きの飲み屋。カムズ通りと他の通りを結ぶに小さな通りの店は皆閉店。カムズ通りの一番上の熊手通りのうす暗い入り口。少し行くと何時もの何とか様の両側に蝋燭の火。増えてきた人通り、昔からあった懐かしいから揚げの店や、本屋などなど昔ながらの熊手通りに加えてカムズ通りの大きな写真館も移っていました。詰まりわざわざ井筒屋まで行かなくとも利用者が何とか済ませる店が生き残っているのです。その人達は昔から私どもが来たように、道を一つ横切ってなんとか様の横の路地を降りればもう通り。つまり消費者に取ってアクセスの良さ。勿論この通りも問題が有ります。通りから何本か出ている通りの惣菜など必需品の店は略全滅。最近では通りの上の人は皆スピナで済ませているのでしょう。それと通りから別れた全滅状態の飲み屋街。女性にとって怖い他の通りに抜ける狭くて薄暗い道。
「多くの人が歩いているのに店を閉めるカムズ通りの店主」
 そごう開店の後私は出向で西神原町の借り上げ社宅に居た時に驚いたこと。私がカムズ通りを通って帰宅したとき見たこと。多くの人達が歩いているのに、どの店もシャッターを閉め始めてているのです。普通で考えればあれだけ反対していたそごうの閉店時間になった後こそ稼がねばならないのに。私は近所に住む商店街で店を開いていた人に訊くとそんな筈ないと言う答。詰まり早く閉店したのはカムズ通りの商店だけかもと言うこと。カムズ通りの大店(と思っている?)店主の驕り。
「駅前商店街が元気だった頃と今の違い」
 当時は黒崎駅の利用者は博多、小倉に続いて3位と言うほど黒崎が元気だったこと。私の言うアクセスも折尾から門司港まで走る西鉄電車が駅前商店街の真ん前に止まるという絶対的な好条件。それと車がそれまで普及して居なかったこと。現在は黒崎駅の利用者は九州で6位前後。西鉄電車廃止。筑鉄電車、西鉄バスセンターは昔で言うと駅前の一つ手前の前「車庫前」と商店街へのアクセスがた落ち。唯一の頼みは小倉方面から来たバスが井筒屋の西端の黒崎駅前で止まること。但し乗客の殆どは橋を渡って井筒屋か駅の方に向かう人ばかり。それと急激な車の普及、それに応える大型スーパー。
 筑豊からのもう一つの商店街へのバス停として昔は井筒屋アネックスがあり乗降客のオアシス的な場所でしたが、いまは大英産業のビルが建設中、唯一残ったふれあい通りのバス停の横には大きなパチンコ屋が行き先を塞いでいます。
「駅前商店街へのアクセスを妨げている人口地盤」
 これが出来たころ私は倉敷市に住んでいました。同市と岡山市は駅と国道を挟んで立つ商店街を結ぶものとして地下街を開発して、それなりの効果をあげていました。北九州市は駅、バスセンター、商店街と百貨店を結ぶ大きな人口地盤を作りました。
 駅に降りた乗客が駅前商店街に行く立場でみるとこの人口地盤は余りにも広すぎます。身体が衰えかけている家内は電車を降りて地盤にあがらぬまま井筒屋に向かっています。勿論駅前商店街など論外。特別なことでも無ければ駅を降りた人が見た感じでは100m近くの何もない平面を歩いて商店街に行く人は居ません。最近市の好判断で地盤上で商行為ができるようになったそうです。今後これを定着化して人が岡山や倉敷と同じように商店街へのアクセスが良くなったと感じるまでにして戴ければ良いと思うのですが。電車、バスで来る人のためには小倉駅北のような「動く歩道」などあれば、車で来る人には後記の「私が見聞きした話」・店主のエゴイズム?で書いた様に、かって計画したことのある大駐車場があれはば、井筒屋、駅前商店街のアクセス問題は一度に解消するでしょうけど。
「駅前商店街の中心のカムズ通り商店街の改善を」
 今黒崎駅前商店街の衰退の最大原因でありその象徴がカムズ通り商店街にあると誰でもおもっていると思いますので敢えて問題点を考えて見ました。
・広すぎる道路を活かすこと
 前に挙げた熊手通りのように狭い通りでは二三人でも歩いていると何となく心が落ち着きます。カムズの様に広いと同じ二三人でも薄ら寒くなります。増して人口地盤からも見られる広い道路を殆ど何時もと言って良いほど、僅か一人では誰も行く気になりません。賑やかさが人を集めるのです。
 対策は広い道の真ん中を何かで埋めることです。出店にするとか、休憩場所を作るとか、通りの中心でスーパーなどでやっている客寄せの行事を開くことです。カムズでも「何とか祭り」を含めて稀にやっています。拙いのはその周知が足りないこと。パコラなどの求人紙などで一枠確保して周知すれば四方から人が寄るのに。そしてスーパー並にイベントの回数をもっと増やせば良いのに。
 カムズでも一つ良い所があります。高いアーケード。これを利用して客寄せの夏の七夕飾り、冬のイルミネーショでのの会社、団体、ボランティアの共演。これだげは北九州市の何処のアーケードでも出来ないこと。
・顧客の望む商品、サービスを提供することと、そのための制度作りをすること。
 基本の基本にに戻って今のカムズ通りで買いたいもの、利用したい施設がどれだけ在るでしょうか?食堂、夜の飲み屋以外にカムズ通りで殆ど考えつきません。それで人が寄らないのは当然です。それで当たり前過ぎますが、顧客にニーズ応えるものを揃えるのは当然です。 
 ひょいと思いついただけでも理髪店、美容院、洋品店、百円ショップ、鍵のレスキュー店、工具店、文房具店、近所のサラリーマンのための弁当屋などなど。年寄りの私でも考えつくのですから若い女性からは多くの希望が出るはずです。それに今も残っている食堂、家庭での電気関係の事故処理にも応じる電気屋、角打ち屋。それに近くの商店街の安くて美味いしろやのパン。画廊。手芸専門店などとの協力を考えたカムズ通り中心の街づくり。
 上記の内どの様なサーピス、どの様な商品を選ぶかは商店側、利用者代表、市、商工会議所の腕の見せ所と思います。商品・サービスの選定が適切で、通りへのアクセスが改善すれば、カムズ通りの復活、程度の差はあるがそれに繋がる各商店街の復活は間違いないと思うのは楽天的過ぎでしょうか。
 言うは易く行うのは難しい(特に人口地盤に動く歩道、大駐車場の設置)と思いますが井筒屋が残れば良し、無くなっても駅前商店街が回復すれば良いと言う私の提案(多分市の方も似たようなお考えと思いますが)もこれくらいしか思いつきません。
 年寄りの書くことで記憶違いもあるかも知れませんがお許し下さい。
 なお下記の[黒崎駅前商店街が抱えている問題点と提案]就いてネット向きの投稿で、専門家に取っては釈迦に説法ですが、ご参考までに。
 その後の細かなことは私の気づいた地もとの人達の考え方を知って戴くために過去の投稿から拾ったものです。
************************
[黒崎駅前商店街が抱えている問題点と提案]、
・基本的なコンセプトが無い?
 小倉、博多に流れる客にどのように対応するのか?
 どの客層をターゲットにするのか?
・駅前商店街再生の都市計画がないか、不十分?
 駅前にでんと居座って客足(特に女性の)を遠ざけているいるパチンコ屋の出店の禁止または制限
 崩壊の酷いカムズ通り、新天街の再生と、客足を遠のけている要因の排除
 ***********************
「私が見聞きした話」
・店主のエゴイズム?

 熊手通り近くの天ぷらやで食事をしていた時、熊手通りに繋がる藤田通りの衰退について、両通りの間にあったユニードが駐車場不足で閉店になったのが大きかったと言う話しになった時、店の主人が実は同地域の駐車場不足解消のために、商店街の近くの黒崎小学校のグラウンドの地下に巨大駐車場を作る話が持ち上がったのだが、複数の駐車場業者の反対で中止になったのだと言うのです。(現実は黒崎商店街の尻尾の藤田商店街は全滅状態。当時のそごうからの商店街回遊の通路に自営の駐車場なし。一体何故反対したの?)
・明後日のほうを向いている商店街の店主
 旧八幡市の発展の基礎となった、新日鉄の起業祭が11月にたありました。昔程はありませんが、今でも大谷グラウンド、中央区商店街周辺上げての大きな祭りです。ある時駅前商店街が、起業祭と対抗するように、木屋瀬宿場祭りを同時期に開催しました。
 念のためいいますが、私もそうですがかっては新日鉄の巨大工場とその関連会社の関係者やその家族達が今の八幡西区やその周辺地域に多く住んでおり、その人達が起業祭の後バスに乗り、当時は駅前商店街前の電車の停車場、バス停でで降りたのに。さすがにこの起業祭の木屋瀬宿場祭りの同時期開催は一度だけでしたが、その時私は黒崎駅前商店街の店主たちの向いている方向が違っていることに気がつきました。駅前商店街の敵は中央区の商店街ではなく、博多や小倉のデパートや商店であり、大事にしなければならぬのは多くの製鉄の関係者を含む消費者であることを忘れていたのです。
・ふれあい通りの核の一つになっていた長崎屋が閉店。その土地を持っていた地場の菅原産業は再開発に就いての地域への問い合わせについて良い返事が得られなかったとしてホテルと駐車場を造りました。結果は店や会社が並ぶふれあい通りで井筒屋アネックスの通むきあった部分だけ駐車場の広い壁が建つというへんてこなふれあい通りになりました。私の団地にいた同社の人に訊くと余りにも酷い返事で経営者が酷く怒っていたそうです。つまり地域の店主は自分の店以外、地域の発展など無関心だったと言うことでしょう。
・旧コムシィテー失敗の原因
 開店後私が覗いて直ぐ気がついたのはコムシィテーとしてのコンセプトや戦略が全くないことでした。猛烈な反対運動の中でのコムシィテー。地もとから出店した店主も思い思いにビルの中に店を広げているだけ、全体としてバラバラの店内。あっと言う間の閉店。
・余りにも人物が小さすぎる黒崎駅前商店街の店主
 そごう開店反対だけは猛烈にしたが、目の前の損得を除いては大事な顧客始め地域に無関心の黒崎駅前商店街の店主達。彼らの敵は小倉と博多。特に大型商業施設でも次々に受け入れる強敵の博多の店主達。これでは博多との勝負は見え見え。そう言えば最近本屋で「福岡市が地方の最強の都市になった理由」という本を見かけました。黒崎駅前商店街の再生のためには店主達の意識改革は困難でもやるしかない!!希望はそごう反対のころから店主の世代交代が進んだこと。市の関係者の方達のご奮闘を祈っています。
コメント

前月号鑑賞「喜びと不安の交ざる母子手帳」

2018-08-13 12:11:24 | 川柳
川柳くろがね」2018年8月号より
前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評
「ゴミ出し日カラスカアカア礼を言う」 吉富 安子
 面白い。心の余裕を感じる句だ。忌々しいカラスが礼を言っているだなんて、こんな生き方をしたい。

「クラス会ナツメロがもう止まらない」 藤田 野心
 何を歌っても絶対に「古い」と言われない仲間。山本リンダの「どうにも止まらない」も歌いましょう。

「総書記の思いがけない社交術」    村上 和美
 世界中の人が思ったことをうまく表現されました。さてさて、あの握手の後の展開はどうなるでしょう。

「傷跡が深くなっても生きている」   荒牧 千晴
 震災や豪雨災害。土地や家屋の傷跡に心の傷跡。どんなに傷が深くても生きていかなければならない。

「喜びと不安の交ざる母子手帳」    高橋久仁子
 思い出します。初めての母子手帳。いろいろ書いてあって読む程に不安になる。きっと大丈夫ですよ。

音叉前月号より
            松村 華菜 推薦
縄のれん愚痴も自慢も聞いて酔う 志岐けい子
鼻歌は何故か菖の古い曲 古賀 絹子
残像を消したくなくて目を瞑る 古野 つとむ
洗濯物たたむと空のいい匂い 今村テルヨ
重ね塗り見栄も張ります中古品 大串美佐子
            中村 鈴女 推薦
縄のれん愚痴も自慢も聞いて酔う 志岐けい子
からっぼの胸にあじさい彩の雨 時津みつこ
悪戯な風に残り火煽られる 桶川 聖柳
独り居の自由はとても不自由で 大塚 郁子
近隣のクシャミも通す夏の窓 水谷そう美
            古野 つとむ 推薦
先頭の様子知りたい蟻の列 志岐けい子
バーゲンの来年を買う鬼苦笑 的場しずえ
お経より故人の好さな歌謡曲   堤野 久男
茶柱に仕切り直した靴の紐 師井手ヨ子
並ぶのが嫌いで過疎の村に住む 阿部 文彦
            山崎 蘭草 推薦
お福分けご近所と文化はつづく 前田 伸江
鍛えよう心がルスにならぬよう 本田さくら
汗ばんでアイスコーヒー好さになる 角 ひさ子
酒追加いのちの話したくなり 黒川 孤遊
平和への握手きれいな方の手で 吉丸 玲子

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

最近の言論誌の内容が可笑しいて思いませんか?

2018-08-04 11:02:10 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
「文芸春秋」
・前回取り上げた「安倍恐怖政治が自民党を駄目にした」
 どう駄目になったか触れていない?自民党の支持率は38から36に落ちたが他の野党の支持率総てを合わせると14で野党支持率の合計の約2.6倍!!
 著者の中村さんがこれでも自民党は駄目というのでしょうか。
 安倍恐怖政治と言うが安倍施政の何処の何が何故恐怖なのかまったく言及無し。
 一番引っかかったのはその著者が日本で3番目の議員歴を持っているのだから当然に彼自身の政策をもっている筈なのに全くその匂いすらないこと。その様な曰くありそうな人の著者を選んだ文藝春秋。
・私の記憶では石破さんの主張が文藝春秋に2回掲載されていました。本来なら安倍さんの主張も載せれば読者にも安倍施政の問題点が判る筈なのに。それは素人の考えだしても、文春が石破さん支持しているのなら、何らかの方法で彼を護ってやれば良いのに。私は石破さんの安倍批判は良いが、その主張の中で例えば安倍さんの大チョンボ発言を直ぐ直すように言ったが聞いてくれなかったとして自説を展開すれば良いのにの書きました。文春も私の感じたようなことを彼にサゼスト位すべきなのに。結局は私が取り上げたように自民党の言う後ろから鉄砲を撃った彼への不信感で石破さんは党内では敗戦濃厚。私は人心一新のために石破さんが当選すれば良いと思っていますが、もし彼が負けたとすると彼を支持してきた文藝春秋も敗戦を応援したことになると思います。勿論知らん顔をするのは間違いないですが。
 なお話しは逸れますが石破さんは自民党総裁を狙う程の政治家ですから自分の発言が党にどういう影響を与えるかを知っている筈で、自分の発言の責任は自分で取る他ないと思います。
「安倍さん応援団化した言論誌」
・3日に思いついてスーパー内の本屋に行きました。見つけたのは「WILL」の「小泉純一郎・昔変人いま原発の暴走」。前半3ページの小泉批判、残り3ぺージは原発問題でなく、変人に関しての彼の息子と進次郎さんのことばかり。
・実はもっと酷い記事もありその確認に本屋に来たのです。多分「正論」の筈ですが本屋には残って居なかったで記憶だけの話なので「某誌」としておきます。表題は思い出せませんが原発問題で小泉さんと小沢さんの対談。そして対談の写真の乗った1~2ページの他は原発と無関係な進次郎さんのことばかり。このような人を小馬鹿にしたような記事で本が売れると思っているのですかね?
・もう一つ確認したかったのは同じ某誌の1ページ足らずの中で、「海賊と言われた男」の著者の「働きかた改革」に関して、昔のように日本人はもっと働くべきだと言う半分 諦めたような言葉。某誌は私の個人的な意見ですが(テレビで良く言う凡人の多い)経営者は総て優秀だと言う前提で成り立っている脱時間給の危うさを彼の卓見と表現力を活かして書いて貰ったら世のためにずっと良くなると思ったのですが。安倍さん応援団化した某誌だから言う方無理か?
 私は言論誌なら安倍政治の良い所は良い。悪い所は悪いと是々非々に徹するのが真の安倍応援団だと思うし、同誌の売り上げ増に繋がると思うのですが。
 そう言えば本屋でのかっての言論誌の勢いがすっかり衰えたような気もしますがそれで良いのですね。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

全国川柳大会のこれから

2018-08-04 10:57:20 | 川柳
 (表記のようなことを提案しようと思いつきましたが、あまりにも大きなテーマで途中まで書いたまま仕舞ったままにしていました。然しこの問題を気づかせて戴いた金子哲也先生が亡くなられたこと、交換誌で見た某先生の似たような趣旨のより厳しいお言葉を見たこと、そし全日本川柳熊本大会の「フクシマの草へ言い訳などするな」などの一目見て唸らせるような句を見て敢えて発表する気になりました。)
「提案の要旨」
・全国大会の少なくとも特選句だけは日川協見解の「強く訴える」でなくとも「人の心に訴える」句を採用すること
・読む人の心にどう訴えているのか判り安くする為に発表の際は題名も併記すること
 まぐれとは怖いもので某大会の題「ゆっくり」で「泊まる気でお出で山ほど話すこと」の私の句が特選になったとき、金子先生からお葉書を頂いた。しかし先生が褒められたのは私の句を拾って頂いた選者だ。後で気づいたのだが「強く」は?だが「日川協」見解の「川柳は人の心に強く訴える内容をできるだけ平易な言葉で表現することをめざす」の線に沿った句を選ばれた選者を褒められたのだ。
 そう言えば地域の句会では殆どないが、全国の大会のように大きな大会になるほど稀だが「日川協」の「人の心に強く」まで行かずとも「しみじみ、ニコリ、うーむ」など人の心に訴えるとはあまり思われない句、多くの句を見ているつもりの句歴だけは人並みの私などには何を訴えたいのか良く判らない句が特選句・秀句に採用されていることが頻度の差こそあれ見かけることが多い。
 地方の大会の何倍もの句の選をされるのだから、日川協の言う「平易な言葉」でなくてやや難解だが格調の高い句や、誰もが思いつきもしない意外な発想の句を選ばれるのも判る。
また私の句のように判りやすい句は同想句が出やすいので避けたいのも判る。然し次点句以下は別としてせめて全国に紹介される特選句・秀句だけは程度の差こそあれ「日川協」の言う「人の心に訴える」句を選んで頂いたらと思うのだが。
 増して私の駄句の「外人へ老婆通訳買って出る」も「意外」の題があって始めて判る様
に、題名抜きの特選句・秀句紹介で題を見なければ意味が良く伝わらない句の発表など人の心に訴える以前の問題だ。全国区の大会の報告でも福岡県の大会報告と同様に題名も併記すべきだ
 (実はここまて書いて行き詰まりました。私の言う一部であれ特選句のどこが判らないのか紹介すべきですが、投句者や選句された方々の心血を注いだ句を評価する資格もないし、その意欲も無いからです。そして先の展望がみえない状態。そう言う時に熊本大会の判りやすい特選句の発表。自分が良いと思う句なら安心して褒められる!!以後からは私の提案の続きです。)
 問題意識をもって毎回の大会の句を見ていた中で、私にとって始めての判りやすい句ばかりそろった熊本大会の大賞の句。当初の句ほかの三賞の句、「にんげんの深い所にある火口」、「駆け登る若さに怖いものはない」など判りやすい句ばかり。ついでだが私の提案のように題名が判ればなお判りやすい筈。それ以下の句も含めて正に日川協見解の「川柳は人の心に強く訴える内容をできるだけ平易な言葉で表現することをめざす」の線に沿った句ばかりだ。
 このような句ばかりなら内向きの句会誌ばかりでなくて、全国版の新聞紙にも載せて貰える筈だしそのように努力すべきだ。
 私の持論だが、俳句の場合多くの人を取り込んでいるのは俳句誌のプロやセミプロの方達の難解句で無くて毎週の俳句欄の生活に則した判りやすい句が多くの人達を引きつけているのだ。また芭蕉、蕪村、一茶などの有名な句は皆判りやすい句ばかりでそれがが現在の俳句人気の一因だ。
 川柳も私の講読している読売でも毎週十句たらずの川柳を紹介しているが、四十句近くの俳句欄とは段違い。これでは私の主張の線で言えば現在の川柳人気を支えているのはサラリーマン川柳? 川柳としてはさらなる発展を目指して川柳復興の六大家の句(残念だが俳句の先人の句と違い殆ど世に知られていない)のように、判りやすい句の浸透を図り、新聞に俳句と同じように川柳欄を作って貰える様に努力すべきと思う。
 そしてその第一歩として熊本大会のように全国大会では日川協見解の「人の心に強く訴える内容をできるだけ平易な言葉で表現」した句の浸透、拡散を目指すべきだ。

川柳・人気ブログランキングへ
コメント