普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

万年野党に落ちたか民進党系政党へ

2018-01-29 12:16:06 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。もし宜しければ是非ご一読の上、趣旨にご賛成ならお手数ですが拡散をお願いします。
 最近の話ですが、某趣味の会の終わりに載せて貰った車で運転の男性と助手席の女性の間で元民社党から民主党を経て北九州市長になった北橋さんの話が弾んでいました。
 確かめた訳では有りませんが話の様子では二人とももと労働組合で活躍していたらしく、選挙での自民党、民進党議員の苦戦の理由や、彼らと北橋さんとの遊びや飲み会など交流で北橋さんやその奥さんのことを褒めていました。それから北橋さんが選挙民を如何に大切にしているか、そして関係者から如何に愛されているかを知りました。
 彼らの話を聞いて前にも書いた
「昔の民主党と岡田さん」のことを思い出しました。
 所謂小泉選挙のときの民主党党首の岡田さんの演説を思い出した。
 小泉さんの世の喝采を浴びた郵政改革一本槍、反対する自民党の幹部を追放など、まして民主党に対してはボロクソの演説。小泉さんの戦略に載せられて、選挙中というのに毎日それらの模様ばかりを放送するテレビ。そんな時に岡田さんは大真面目に大衆受けしない消費税増税など民主党の政策を訴えるばかり。私はその様子をテレビを見て余りの民主党の選挙戦術の拙さに、地もとの候補者(現在の北九州市長の)北橋さんに岡田さんたちの演説にもっと小泉さん攻撃を増やしたら手紙を書いたほどだ。

「今の民進党系の惨状」
 つまり昔の民主党は政権奪取の気概に溢れていたのに、今の有り様。自民党は少子化対策、働きかた改革、民進党系のお株を奪う給料の3%アップ、をぶちあげているのに、民進党系は森友、加計問題・スパコン疑惑追求などまるで政権追求だけが生き甲斐の共産党と同じ運動方針。自民党の憲法改正報道には反発と出ていましたが、その対案としてどうすれば良いのか具体的も出さずに。私ははせめて「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」の憲法前文と現状の違いと戦争放棄の9条の整合性に就いてどう考えるかくらいの党としての意見を公表すべきだと思うのですが。
 支持率40%の自民党。どちらとも言えない人を含めて、60%近くの国民はそれに変わる政党を求めているのに、その落差。民進党系の議員達は何を考えているのでしょう。
「民進系政党の若手は今でも人気のある北九州市長の意見を訊いてみては」
 現在の元民主党の北橋さんは北九州市長として連続当選の一方、自民党、民進党議員の苦戦の理由に就いて前の二人には言いませんでしたが、地域の旧新日鉄、安川電機など大企業は旧民社党的な企業に協力と言う北橋さんに対しては、選挙中の労組の北橋さんの支援活動を黙認するなどして消極的な支援しても、官公労、日教組など上との対立的な労組の影響を多く受ける民進党には反対。一方労組とは関係ない自民党の活動の支援には元民社系の労組に遠慮して消極的なことが両者の選挙活動に大きな影響があると思います。
 北橋さんの上の立場の岡田さん無理かも知れませんが、その他の民進党系議員は一度北橋さんの意見を訊いてみるのもそれらの党の体制回復に役立つと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。
政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「その先を知って渋柿好きになる」 

2018-01-29 12:07:10 | 川柳
川柳川柳くろがね2018年1月号より
「その先を知って渋柿好きになる」  そう美
 この句は丸ごと比喩の句として読むと味わい深い。そのままでは渋くて近寄りがたい人が、実は太陽を浴びて干からぴてみると、甘くてやさしい人なんだ。

「首席だった人も来るデイサービス」 孤遊
 成績優秀、ずっとエリ-卜街道を突き進んで来た人も、介護を必要とする在宅高齢者になって、普通のお年寄りと一緒に歌い踊る、混在平等の愉快。

「身の丈に合わぬ翼を眠らせる」   郁子
 本当はもっと羽ばたさたい未来がある。しかし、今は、それが高望みでないかと迷っている。しばらく、時を待って、自信を回復したら飛び立とう。

「いい分もあるさ黒潮蛇行する」   しずえ
  三重県沖で黒潮がぐにゃりと南に蛇行する。これも人間が引き起こす自然破壊の現象だとすれば、うち続く水害、春や秋のないのっペら気候も神の戒めだろう。

第56回北九州芸術祭川柳大会
日時 平成30年4月15日(日)9時30分開場・13時開会
会場 八幡西生涯学習センタ-折尾分館
   折尾駅東口・オリオンプラザ4階
会費 二千円(発表誌・弁当呈)
賞  順位賞・秀句賞・投句者賞他
課題と選者(各題2句)11時30分出句締切
 誤算  青木ゆたか 選
 はらはら 渡遺 桂太 選
飾る   中村鈴女  選
すんなり 植村克志  選
形見   萩原奈津子 選
 リスク  梅崎流青  選
 騒ぐ   吉富 虞  選
欠席投句 句箋4×21 Cmに1句(無記名) 14句
     封筒に住所・氏名(ふりがな)を明記4月7日消印有効
投句料  干円 (発表誌呈)
投句先  〒806-0051北九州市八幡西区東鳴水4-2-17
     安川 聖 TEL&fax 093-621-6570
主管   北九州川柳作家連盟

「上野十七八・石橋陸朗 第四十六回句碑まつり川柳誌上大会 案内」
課題と選者  (各題二句吐)
 「碑」   西岡南風  選 (宮 崎)
 「建てる」 永石珠子  選 (長 崎)
 「誇る」  安部征二  選 (大 分)
 「恩人」  石神紅雀  壌 (鹿児島)
 「誉れ」  西村正紘  選 (佐 賀)
 「きらきら」平田朝子  選 (熊 本)
 「将来」  古谷龍太郎 選 (福 岡)
募集期間 平成30年1月1日~4月15日  (消印有効)
投句要領 所定の用紙(コピー可)又は便箋に各題2句(計14句)を列記し、郵便番
     号・住所・氏名(柳名があれば併記)電話番号を明記し、投句料と共に、       ご送付ください。(お名前には「フリガナ」を明記して下さい)
 賞   各選者の秀句Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
投句料  1,000円 (定額小為替又は現金書留)
発表   平成三十年六月号 「川柳くろがね」誌上 (投句者全員に発表誌呈)
投句先  809-0033福岡県中間市土手の内一丁目16-18  吉富 廣
     TEL・FAX O93-244-7298
                     主催 川柳くろがね吟社
                     後援  全日本川柳協会 ほか
コメント

大企業の品質偽装はトップだけの責任か?

2018-01-19 10:48:35 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。もし宜しければ是非ご一読の上、趣旨にご賛成ならお手数ですが拡散をお願いします。
 本屋の文芸春秋の2月号で「大企業の品質偽装はトップの責任だ」と言う表題を見つけました。内容は見なくても大体判るので内容は見ませんでしたが、私が投稿した「自由主義経済では日本は貧乏になる・素人が考えた経済問題」の事を思い出しました。
[日本が直面している自由主義経済の現実]
・各国の政府は自国の利益を優先する
・世界のどの国も自国の領土は手放さない(そのためにヨーロッパ諸国はEUと言う大きな経済共同体を作った)
・自由主義経済では広大な領土を持つ中国、ロシヤ、インド、米国、ブラジルなどは、遥かに有利になる。その中でも膨大な低賃金の人口を持つ中国やインドなどはさらに有利になる
[日本貧困化の歴史」
・中国を始めとするBRICS諸国がまだ開発の途上で、日本は一億中流社会と言われるほどの良い時代を迎えたこもあった。
・米国流の「市場中心主義」経済では、低賃金の中国が優勢になる。そのお蔭で同国の賃金が上がる一方、日本企業の競争力が低下。その対策としてし非正規社員などを入れるなどしてて企業全体として賃金を抑える。そして次第に日本、中国の賃金差が減少しバランスが取れて来る。然し厖大な低賃金の人口を抱える中国とは何時バランスして来るか判らない。
結果として賃金がより安い国の発展に伴う日本企業の空洞化による経済の沈滞化と、何時バランスするとも判らない賃金抑制の手段としての人間でなくて資材と同じ取り扱いの経費としての非正規社員の範囲増加と定着化。それに伴う日本の貧困化→結婚出来ない若い人の増加→人口減少→内需の減少→経済の沈滞化の悪循環。
[厖大な領土と資源を持つ国の経営に戻ろうとしている日本]
このような世界の情勢が変わり始めようとしているとき、時の首相の小泉さんは、最初に書いたように厖大な領土と資源を持つ米国の年次改革要望書に添っての規制緩和を行い後は各企業の自己責任だと突き放した。
 企業もその流れに乗って米国流の、企業は総て目先の利益を求める株主のものと言う考え方、今までの日本の企業を支えてきたチームワークを捨てて成果主義の導入、そして人件費でなく経費ですむ非正規社員の採用と言う「日本株式会社」と言われたころの独自の経営から、最初に書いた「米国流の経営」に戻り始めたのだ。
 そして前に書いた様に「普通の経営」をしていれば何時落ち着くか判らない日本の貧困化がこのまま確実に進むと思う。
「私の意見」
 これからは最近の私の意見です。
 小泉さん当時はまだ企業活動を通じて社会に貢献と言う企業倫理、定年まで正社員としすることからの従業員の強い企業への忠誠心、それに基づく改善活動、それから産まれた自社技術確保など「ジャバン・アズ・ナンバーワン」の本が出たほどでした。 米国はそれを恐れて日本に年次改革要望書を日本に突きつけ、膨大な国土と資産の国にだけに通用する米国流の企業経営方式まで狭く資源もない日本に浸透させて仕舞ったのです。
 勿論小泉さんだけが悪い訳でなくて中国と台頭などの不可抗力、凡庸なサラリーマン経営者とその集団の経団連の責任も大きいと思います。
 その後のリーマンショックによる技術者と非正規の大量解雇(つまり経営者は労組を持つ作業員の合理化ばかり考えてホワイトカラーの合理化は忘れていたこと)、技術の韓国、中国への流出とそれに苦しめられる日本企業。企業の海外進出に伴う技術流出。
 そして今度の品質偽装の問題、何時もゴタゴタして外人の社長を戴いた日産は何となく判りますが、今まで問題が殆ど出なかった神戸製鋼、リーマンショックでは何とかしのいだ三菱系の三菱マテリアルまで含んでいるのは深刻な問題と思いますが。
 正に文芸春秋が言う「大企業の品質偽装はトップの責任」で、その基本は昔の企業を支えてきてた企業倫理を忘れ、当面の成果ばかり追った結果の現れと思います。
 企業も政府機関も安倍さんも「改善のトヨタ」の社長や、瀕死の日航を立ち直させた京セラの稲盛和夫さんなどと相談して、日本企業のあり方をもう一度見直す必要があるような気がします。 

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
規制緩和に対する役人の見解は、一般に次のようなものだ。
 日本は多くの規制をしている。アメリカは、規制が日本より緩やかである。しかし戦後の荒廃した日本経済をここまで発展させてきたのは多くの規制であり、その結果日本は豊かで平等で安全な国となった。一方アメリカ経済はうまくいっているかもしれないが、賃金格差は拡がる一方であり、犯罪も多い。このように一長一短があるのであり、日本が規制で無理をして、しかも急いで緩和する必要はないのではないか。そもそも、自由主義は万能の特効薬ではない。日本と外国では事情が違い、日本は完全な自由市場体制ではうまくいかない。日本経済をアメリカ並みに引きずり落とそうという、アメリカの戦略に乗ってはならない
 これは稲森さんの官僚批判で彼の意見は規制緩和推進です。しかしその前提は経済界のリーダーが皆優れていて、緩和に就いて適切な対応が出来ると言うにたっています。 しかし現実は官僚が知っていても言えぬように、そして私も気づいた凡庸な経営者のもたらしてきた惨状。正に官僚の意見の通りになっています。
 そして文春の「大企業の品質偽装はトップの責任」と言うように、企業経営者が稲森さんの期待に添えなくなっている現状です。
 勿論稲森さんは同じ章で最初に「経営者よ王道を歩め」と書き、次の章の「企業経営の新たなる指針」で何故経営に哲学が必要か、才能を私物化してはならない、企業と社会貢献、二十一世紀の企業の発想など書かれています。
コメント

川柳鑑賞「影のないのが一人いる多数決」 

2018-01-19 10:41:38 | 川柳
川柳川柳くろがね2018年1月号より
「前月号鑑賞 選・評  西岡 南風」
「影のないのが一人いる多数決」    はるえ
 女子会で何を食べよう多数決、ひとり鯖を読んでいるのだが、これと同じやり方で政治が行われているのが、どこかの国の多数決だ。

「すやすや眠るママの音痴は気にならず」ノリ子
 おなかの中から母の声は聴いている。歌になってないすさまじい音痴だって、赤ちゃんは安心して眠る。ママの音痴をやがて教えるのは保育園だろう。

「飲酒運転といじめ防止はよく似てる」 洋子
 こういう見つけは川柳ならではだ。確かに何度なくそうとしても、後を絶たない。警官が飲んで運転し、教師か生徒をいじめる。似てほしくないね。

「献体にDNAを乗せていく」     廣
 献体を申し出て名簿に載せられた。それが身体のどの部位であれ、多くの人の一部となって生き続ける。このような見つけを句にした力量に脱帽する。

第56回北九州芸術祭川柳大会
日時 平成30年4月15日(日)9時30分開場・13時開会
会場 八幡西生涯学習センタ-折尾分館
   折尾駅東口・オリオンプラザ4階
会費 二千円(発表誌・弁当呈)
賞  順位賞・秀句賞・投句者賞他
課題と選者(各題2句)11時30分出句締切
 誤算  青木ゆたか 選
 はらはら 渡遺 桂太 選
飾る   中村鈴女  選
すんなり 植村克志  選
形見   萩原奈津子 選
 リスク  梅崎流青  選
 騒ぐ   吉富 虞  選
欠席投句 句箋4×21 Cmに1句(無記名) 14句
     封筒に住所・氏名(ふりがな)を明記4月7日消印有効
投句料  干円 (発表誌呈)
投句先  〒806-0051北九州市八幡西区東鳴水4-2-17
     安川 聖 TEL&fax 093-621-6570
主管   北九州川柳作家連盟

「上野十七八・石橋陸朗 第四十六回句碑まつり川柳誌上大会 案内」
課題と選者  (各題二句吐)
 「碑」   西岡南風  選 (宮 崎)
 「建てる」 永石珠子  選 (長 崎)
 「誇る」  安部征二  選 (大 分)
 「恩人」  石神紅雀  壌 (鹿児島)
 「誉れ」  西村正紘  選 (佐 賀)
 「きらきら」平田朝子  選 (熊 本)
 「将来」  古谷龍太郎 選 (福 岡)
募集期間 平成30年1月1日~4月15日  (消印有効)
投句要領 所定の用紙(コピー可)又は便箋に各題2句(計14句)を列記し、郵便番
     号・住所・氏名(柳名があれば併記)電話番号を明記し、投句料と共に、       ご送付ください。(お名前には「フリガナ」を明記して下さい)
 賞   各選者の秀句Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
投句料  1,000円 (定額小為替又は現金書留)
発表   平成三十年六月号 「川柳くろがね」誌上 (投句者全員に発表誌呈)
投句先  809-0033福岡県中間市土手の内一丁目16-18  吉富 廣
     TEL・FAX O93-244-7298
                     主催 川柳くろがね吟社
                     後援  全日本川柳協会 ほか
コメント

安倍さんと朝日新聞の戦い

2018-01-12 12:47:53 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。もし宜しければ是非ご一読の上、趣旨にご賛成ならお手数ですが拡散をお願いします。
 1月9日の「THEMS」の広告に「朝日新聞反安倍暴走で読者離反へ、安倍叩きに走り報道の使命と責任を忘れた姿勢に読者離れと若手社員からの反発も」の広告が出ていました。私は同誌を読んだことは有りませんが、同じ広告で河野さん、小泉進次郎さん、内閣参与批判有りましたので一応公平な立場に立っているのでしょう。
 それで若い方たちのために安倍さんの朝日新聞の確執の原点となったNHK放送の慰安婦模擬裁判での安倍さん、亡くなった中川昭一さんと朝日新聞の紛争の概略を纏めて見ました。
・問題の番組はNHK教育テレビで放送され、昭和天皇を「強姦と性奴隷制」の責任で弁護人なしに裁いた民間法廷を取り上げた内容だった。
・朝日はその4年後、「同放送前に自民党の中川昭一さん(当時、経済産業相)と安倍晋三さん(同、幹事長代理)がNHK幹部を呼び、「偏った内容だ」と指摘し、番組内容が変更された」と報じた。
・これに対し、中川、安倍両氏は「呼び出したのではなく、NHK幹部の方から会いにきた、中川氏がNHKの関係者と会ったのは放送後」と記事の核心部分を否定した。
 安倍さんと中川さんがNHKに申し入れたのはNHKが下記のように余りにも酷すぎる模擬裁判の実況を放送したかを報道で知ったからだ。
「政治的意図丸出しの模擬裁判」
・主催者は韓国挺身隊問題対策協議会、「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク (VAWW-NETジャパン)の関係者人
・弁護人はいない
・検事に韓国、北朝鮮、東南アジアの人で占められ、北朝鮮の人の中には工作員が2名入っている。
・被告の一人に昭和天皇が入っている
・取材したマスコミはNHK・朝日新聞社・新華社・朝鮮中央放送・朝鮮新報
 取材拒否されたマスコミは産経新聞社
と言う偏った政治目的が歴然としたイベントだった。
(元NHKにいた池田信夫さんの話しによれば、当時のNHKの政治部は左翼で占められていた由。)
 さらにこの問題はNHK、自民党の中川昭一さんと安倍晋三さん、と朝日新聞の間の場外乱闘に発展した。
 その3者の戦いの中で、朝日の(この種の問題で良く出る)本多記者の強引な取材と一方的な報道、無断録音の問題、中川さんがNHKと逢ったのは放送後などが明らかになり、 他のマスコミの攻撃もあり朝日は次第に守勢に廻ることになった。
 自民党とNHKは何度も朝日に対し抗議と疑問点についての説明の要請をしたが、同社はこの件に関して訴訟を検討していると理由で説明を拒否していた。
 外野から見ても安倍さん・中川さん、NHKは朝日新聞に「執拗に」何度も質問書を出し回答を迫っていた。それに対して朝日側は訴訟を考えているからの一点張り、他のマスコミの朝日攻撃。
 そして安倍政権の発足。安倍内閣の閣僚の事務所経費書き間違いの批判で遂には閣僚の一人の自殺と言う朝日主導の猛烈な攻撃。そして執拗な中川さんの朦朧会見報道。そして彼の辞任とまもなく死亡。


 その時私は私が予想したように朝日は最後まで訴訟もせずに頬被りをしとおしました。
こうして残った安倍さんと朝日新聞は天敵の関係になっています。
 それが前記の「THEMS」の広告の「朝日新聞反安倍暴走」で読者離反に繋がっているのでしょう。
 自分のことは棚にあげて他を批判する朝日新聞の体質は慰安婦問題の大誤報を謝罪しても一向変わっていないようです。
 一方それらの報道から判るように安倍さんの喧嘩腰の強さは今も変わっていないようです。その喧嘩腰の強さが安倍さんの「私と家内が森友問題に関わっているのがはっきりすれば総理も議員も辞める」と言う軽い発言を生み、それが世論調査で安倍内閣を支持しない最大理由が「人として信頼出来ないから」に繋がっているのでしょう。
 安倍さんの口の軽さを周りの人達が注意してはとブログで何度も書いたのですが、井戸の中から発言が通るはずはなく今に至っています。
 一方朝日新聞も大変です。「正論」、「WILL」、「HANADA」から口を併せたような朝日への総攻撃。慰安婦模擬裁判と同じ状況。
 前と違うのはネットで各社の情報に触れられる青年層を中心とする朝日攻撃。
 私は朝日党とも言える朝日新聞が今回韓国で蒸し返されている慰安婦問題で日本の為に自社が大誤報を流した経緯を韓国のマスコミに提供しない限りどうなっても良いと思っています。
 私は2007年に「社会党と朝日新聞」のタイトルで政権獲得一歩前まで来た社会党が朝日新聞の報道に載せられて、弱小化の道を歩んだことを書きました。
 今政権を獲得した元民主党も朝日とそれに従う毎日などの報道に載せられて判断を誤り、党解体弱小化の道を歩み始めています。
 森友問題では安倍さんも前に書いた様な失言の大失敗をしましたが、加計問題は朝日などの報道にも関わらず、臨時国会報道が殆どされず立憲民主党と朝日新聞の思惑と違ってこのままに終わりそうです。
 私は前にも書きましたが、立憲民主党も民進党も自分達の主張と朝日の報道、主張が一致したときは、一歩踏みとどまるべきだと思います。そうでないと昔の社会党、いまの支持率がコンマ以下の社民党と同じ道を辿るのは必然だと思います。つまり最大野党や元政権党には他の野党と違う厳しい眼が向けられていることを知るべきです。
 との党にも政権にも是々非々、定常的な政権交代論者の私としては、元政権与党の立憲民進党、民進党の人達が道を誤らない祈っています。
 でもやはり駄目なのかな??

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「推敲が少し足りない絵皿の句」

2018-01-12 12:42:09 | 川柳
川柳川柳くろがね2018年1月号より
「前月号鑑賞 選・評  西岡 南風」
「推敲が少し足りない絵皿の句」  蘭草 
 絵皿の体験教室でいい出来映えだったので、にわかに一句を絵付けで描いてしまったが、いかんせん、紙と消しゴムというわけには行かぬ焼物だ。

「目覚めよし五線譜弾む今日の妻」 風子
 今朝のうちの奥さんは鼻歌が出て料理を始めている。まな板の音とリズムを合わせて、いい調子だなあ。

「大橋を渡り瀬戸から嫁が来る」  憲峰
 この句は「瀬戸の花嫁」が下敷きだろう。島を巡り角隠しの花嫁が来るのなら風情もあるが、ハイブリッド車で、大橋をぶ-んと飛ばしてくるのも現代か。

「あの苦労今は笑いの皺になる」  いっこう
 だれにも打ち明けないほどの苦労を重ねてきた。おかげで今の幸せがある。今はなんともおおらかな笑い皺となって、人々を和ま廿る。

上野十七八・石橋陸朗 第四十六回句碑まつり川柳誌上大会 案内」
課題と選者  (各題二句吐)
 「碑」   西岡南風  選 (宮 崎)
 「建てる」 永石珠子  選 (長 崎)
 「誇る」  安部征二  選 (大 分)
 「恩人」  石神紅雀  壌 (鹿児島)
 「誉れ」  西村正紘  選 (佐 賀)
 「きらきら」平田朝子  選 (熊 本)
 「将来」  古谷龍太郎 選 (福 岡)
募集期間 平成30年1月1日~4月15日  (消印有効)
投句要領 所定の用紙(コピー可)又は便箋に各題2句(計14句)を列記し、郵便番
     号・住所・氏名(柳名があれば併記)電話番号を明記し、投句料と共に、ご送付ください。(お名前には「フリガナ」を明記して下さい)
 賞   各選者の秀句Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
投句料  1,000円 (定額小為替又は現金書留)
発表   平成三十年六月号 「川柳くろがね」誌上 (投句者全員に発表誌呈)
投句先  809-0033福岡県中間市土手の内一丁目16-18  吉富 廣
     TEL・FAX O93-244-7298
                     主催 川柳くろがね吟社
コメント

貴乃花問題に就いて

2018-01-06 11:39:44 | スポーツ
 戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。もし宜しければ是非ご一読の上、趣旨にご賛成ならお手数ですが拡散をお願いします。
 日馬富士暴行問題に就いて一応の決着が着きました。
・日馬富士は50万円の罰金
・彼の親方は降格
・貴乃花親方も降格
 これに就いては読売新聞は肯定的評価。協会批判の朝日、毎日系のテレビは(具体的に何処が悪いと言わぬが)体制の攻撃、被害者、加害者に対する不公平な結論だと批判。産経系のテレビは何故か社外秘の筈の「貴乃花文書」を持った元危機管理委員長の協会批判と協会支持の女性リポーターとの討論、と各親会社のテレビらしい報道姿勢。
 私は「貴ノ岩の相撲人生を狂わせかけている?貴乃花親方」で概略次のように書きました。
・日馬富士の暴行問題で被害を受けた貴ノ岩が可哀相と言いながら彼の立場に誰も触れないのでその点から問題を考えて見た。事件の後で握手した後で日馬富士・貴ノ岩の両者の関係をこのままにしていたら日馬富士批判に終わり、相撲界のあり方に論議が集中するが、自分を傷つけた先輩を立てた貴ノ岩は褒められ、福岡県の医師の診断書通りに土俵に復帰出来たし、悪くても一場所休場で済んだかも。現実は貴乃花親方から悪く言えば軟禁状態にされ、外部との接触が絶たれ、公に言いたいことを言えなくなった。然も貴乃花親方は貴ノ岩のための休場届けも出さぬと言う規則違反をした。旭鷲山さんが貴ノ岩と電話したとき話ぶりが普通の人と変わっていたと言う話、貴乃花側でも体と精神面の不具合に関する診断書を出すために医者を探している?と言う話。相撲協会の幹部としても、彼の責任ではないが、何度もの規則違反をした不運な彼に特別扱いはできないだろう。
 貴ノ岩としては早く土俵に戻って今の地位を保ちたい。また彼としては日馬富士とも和解をしていたことを発表したい。然しそれを拒む貴乃花親方?親方の意志に反することをすれば、部屋にはいられない。そうかと言って他の部屋に入ることは大相撲を辞めるしかない。そしてモンゴルに帰れば彼に対する謂われない批判。しかし彼の貴乃花親方への恩義。貴ノ岩本人の立場になればこれで精神状態がおかしくなるのは当然。

「私の意見」
 現実は私が心配したように貴ノ岩の幕下陥落はほぼ確実?と言う最悪の結果。
 協会批判のテレビは細かい事実は批判するが、協会やそれを取り巻く各種委員会の本質的な何処が悪いかを具体的にあげて批判しないので具体的に何に問題があるか判らないまま。あれだけの時間をかけ、繰り返し放送したのに。
 現実は貴乃花親方は何を改革したいのか協会か土俵上の取り組みのあり方か、週刊誌の記事から部分的に知るだけ。
 私の意見の正否、適否は判りませんが、テレビ関係者はニュースソースは週刊文春、同新潮など他のメディアに頼っているので、せめて私の推測以上の報道や解説が出来ぬのでしょうか。
 貴乃花親方の処置で良かったのは警察に告訴したことだけ。
 拙かったのは彼の手続きをせずに、弟子の貴ノ岩の幕下陥落は必至?それとも大義のために弟子の犠牲には眼を瞑ったのか?
 改革をしたいのなら先ず相手方からケチを付けられ、足をひつぱられないよう、いくら自分の主張に都合が悪くても規則をキッチリ護るのは常識。彼を支持するタニマチの中には「贔屓の引き倒し」でなく実業界で活躍する常識的な考えを持つ人も居るはずなので、私ども外野でも直ぐ気づく彼の拙い所はキチンと彼に伝えるべきだったと思うのですが。 テレビも前記のような何故か元危機管理委員長も知っている貴乃花文書の内容をスクープし、彼が考える体制改革の実情、モンゴル力士を初めとする土俵の戦いのあり方何処を直したいかのか基本的で具体的な意見を流すべきだと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「若者よ銭は額の汗で獲れ」

2018-01-06 11:33:15 | 川柳
川柳川柳くろがね2006年5~6月号より
「前月号鑑賞 選・評  鞆 雄史」
「若者よ銭は額の汗で獲れ」    凡作 
 現在の社会問題となっているニート族に置き換えると的を射た。これぞ男の句であり命令調が良し。

「春らしい会話はずんだ受話器置く」千華
 桜は三分咲き、また四、五日して電話するわ。その時出てお出で。春の弾んだ長電話が終わった。とても明るい句である。

「少年のペダルは秘密基地が好き」  華菜
 少年達の溜まり場を大人達は知らない。少年のペダル--基地へ逸る少年の気持ちがでて纏まる。 

「王様は風の向きなど気にしない」  さきえ
 王様を自分に置き換えた着想がユニーク。王様は懐の深い、細かいことを言わない性格の持ち主か。王様を想像して作句するのも楽しいものである。

「上野十七八・石橋陸朗 第四十六回句碑まつり川柳誌上大会 案内」
課題と選者  (各題二句吐)
 「碑」   西岡南風  選 (宮 崎)
 「建てる」 永石珠子  選 (長 崎)
 「誇る」  安部征二  選 (大 分)
 「恩人」  石神紅雀  壌 (鹿児島)
 「誉れ」  西村正紘  選 (佐 賀)
 「きらきら」平田朝子  選 (熊 本)
 「将来」  古谷龍太郎 選 (福 岡)
募集期間 平成30年1月1日~4月15日  (消印有効)
投句要領 所定の用紙(コピー可)又は便箋に各題2句(計14句)を列記し、郵便番
     号・住所・氏名(柳名があれば併記)電話番号を明記し、投句料と共に、ご送付ください。(お名前には「フリガナ」を明記して下さい)
 賞   各選者の秀句Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
投句料  1,000円 (定額小為替又は現金書留)
発表   平成三十年六月号 「川柳くろがね」誌上 (投句者全員に発表誌呈)
投句先  809-0033福岡県中間市土手の内一丁目16-18  吉富 廣
     TEL・FAX O93-244-7298
                     主催 川柳くろがね吟社
コメント