普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

○信じられぬほど高かった太陽光発電の買い取り価格(原発シリーズ4)

2016-10-25 11:02:45 | 企業経営・原発
 8月29日の読売に「風力も買い取り価格下げ」と経済産業省の動きを伝えています。
・経産省は風力発電の買い取り価格の1キロ・ワット時当たり22円の買い取りを20年間数円さげるようにしている。
・再生エネの買い取りによる電気料金への上乗せ額は標準家庭で年8100円(月額675円とこの制度が始まった12年度の約10倍に膨らんでいる。
・太陽光発電については12年度に1キロ・ワット時当たり40円の買い取り価格を今年度は24円に下げている。

と伝えています。
 それをみて私は12年の価格決定時に書いたことを思い出しました。
 私が首を捻ったのはその価格体系だ。
 太陽光 10KW以上 42円/1KWH 同未満 42円プラス補助金で48円
 風力  20KW以上 23.1円/1KWH 未満 57.75円
 中小水力 1000KW~3万KW 25.2円、(その間の数字省略)200KW未満 35.7円
 風力、水力で見るように小規模になるほど効率が悪いので買い取り価格が上がるのは当然だ。
 それが太陽光だけ何故小規模も大規模も変わらない価格になるのだろう。
 然もネットで見た賃貸住宅新聞では次のように伝えている。
 現在、賃貸住宅で導入が進んでいる太陽光発電システムは、オーナーへの還元率が高い「共用部連系」だ。2011年度の買い取り価格は10kW未満の住宅用は42円、10kW以上になると24円、買い取り価格の固定期間は10年だった。(今回は固定期間20年)
 7月から始まる太陽光発電システムによる全量買い取り制度が委員長案通りの買い取り価格、期間で成立すれば、オーナーの収益は大幅に増加することになると、建築、賃貸の業界ではウハウハの状態だ。
 まして大規模の太陽光発電の計画者にとってはこれほど旨すぎる話しはない。
 住宅、工場、公共施設での空間を利用した太陽光発電の設置を推進するのは当然で、それに対するインセンティブとしての買い取り料金の値上げは、周り回って設置していない家庭の電気料金の値上げの問題はあるにしてもその必要性は判る。
 然し何も無い土地にパネルを並べただけの大規模発電でも、一般住宅並みの買い取り価格で補助しなければならない理由が判らない。

 しかし現実はこの制度はあれよあれよと言う間に進み、これを決めた管首相のあほ笑いと握手をする満面の笑みの孫正義さんの写真とともにテレビに出ていました。
 たぶん馬鹿高い大規模な太陽光発電価格の決定に孫さんが関与していたのでしょう。
 彼としてはいずれ同価格の値下げが始まっても、20年間もその価格が維持され減価償却をしても大きな儲けをえるのは計算済みだったのでしょう。
 問題なのはこの決定にマスコミもろくな批判もなく、ネットでもこの問題を取り上げたのは有名な池田信夫さんや女性の某政治学者だけだったのです。
 つまり反原発と自然エネルギーへの憧れがマスコミも国民もこの分かりきった問題への思考停止に陥っていたのかもわかりません。
 まさに当時は私がいつも書く風に流される日本だったのでしょう。
 そして今笑っているのは20年間の暴利を保証されている孫さん始め一部の目先の効いた業者、泣いているのは最近撤退報道が続いているバスに乗り遅れた太陽光発電の業者、それと高い電力を購入している多くの製造業の人たちです。
 この責任はいったい誰がとってくれるのでしょう。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。
政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

7○やっぱり負けた民進党

2016-10-25 10:48:55 | 政策、社会情勢
 私は前回投稿の「どうした蓮舫民進党」で東京都の衆院補選で、天変地異がない限り若狭さんの圧勝は間違いない。民進党の唯一の希望は自民党分裂の福岡県の補選だけ。万一それを落とせば蓮舫さんの人気はがた落ち、また民進党恒例の内紛? と書きました。
 結果は東京は素人の私でも判る若狭さんの勝利。福岡県では自民党分裂の選挙なのに自民党系の鳩山前大川市長が民進党の新井さんの2.5倍の得票数の圧勝。
 しかもNHK福岡の解析では民進支持者の20%が自民党へ投票との解析も。
 私のうがちでは民進党の最大の支持母体で共産党との共闘反対の連合が、民進党員が共産党員との演説をしないとの約束を民進が破ったとの連合幹部激怒の報道も影響しているのかも?
 それで私の予想通り、選挙の顔としての蓮舫さんの人気はがた落ち、党内から「蓮舫が次期衆院選の選挙の顔になりうるのか」との批判が出始めているそうです。
「政策の民進党への変革はできるのか」
 選挙前の議会中継では農相のTPP関係法案の強行採決発言で、民進党員を始め野党の党員の委員長問題のを囲んでの黒山の人だかりと言ういつもの光景。
 最大野党の民進党は相変わらずの対案のないまま。
 蓮舫さんの提案発言は何処へやら。
 福岡の補選の新人の新井さん始め、都知事としては何の権限もない原発反対一本槍の鳥越さを都知事選に担ぐなど民進の人材不足が目立ちます。
 現役の議員のほかこれと言った人材のなくミャンマーで働いている女性を持ち出すしかない民進党。
 それと言うのも反対ばかりで何の対案もなく何を考えているかわからない民進党に入らないか支持も出来ない反自民の有力者。 
 「批判なら皆出来るのだよ民進党
 人材養成のため、民進に協力したい反自民の有力者を求めるために民進党のやるべきことは、素人でも出来る蓮舫さんの言う提案という名の批判でなくて政権与党の政策の対案、また民進独自の政策の立案です。
 立案の際の党内の諤々の意見の交換。民進の国会へ提案に対するベテランの自民、公明の厳しい批判とそれに対する民進の返答。
 それが民進党員を育て地域の有力者の協力を得ることになると思います。
 それが与党の独走を阻む日本のためにもためになるのだと思います。
 これと言った対案もなく委員長問題を囲んでの黒山の人だかりの最大野党の民進党は日本に取っては一銭、一円の価値もありません。
 しかし素人が言うのな安いことです。
 現実は前にも書いたように、民進党員は民主党が自民党の右翼に近い人から反日の丸日教組など左翼との混合、まったまく考え方、当然政策も丸反対の烏合の衆の集まりですから。
 蓮舫さんの言う提案でなくて与党の政策に対する対案を作る前に党のため国のために蓮舫さんのやることは決まっています。
 党内の改革か、なんとしてでも民進独自の対案や新しい政策をてでっちあげるかです。 
 民進党が電力労組を抱える連合に遠慮して中立の立場を取った新潟県知事選挙では反原発の米山さんが民進党の応援なしさんが当選しました。(私は自民党の原発政策を支持していますが、一強他弱の立場に甘えて何故原発政策を推進するのかろくに説明をせずにそれを進めたのが自民党が批判を浴びたのです。この件については後日投稿する予定です。)
一個人が反原発一本で勝利したことは、今の民進党でも政策がよければ共産党と連携しなくても自民党に勝てることを意味しています。
 これが出来なければ民進党は良くて万年野党か、悪ければかって政権を取った社民党のように縮小、消滅の道を辿るのかです。
 国民は共産党など他の党と違う政権を取った民進党に特別の期待し、それに伴う厳しい批判の目で民進党を見ていることに蓮舫さん始め党員が気づくべきです。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ

コメント

元保全技術者が見た豊洲問題

2016-10-12 12:13:19 | 政策、社会情勢
・盛り土と盛り土なしのどちらが良いか
建屋を建てるときは地底のしっかりとした部分にコンクリートの杭を打ち込む。地上分の杭の長さは短いほど良いので普通の場合地上で基礎のコンクリートを打つのが常識です。
盛り土の場合は杭を打つ前に長期間そのままにしておいてある程度の地盤の沈下が納まるのを待つ必要があります。
2~3mの盛り土の場合その分だけ長い杭を使わねばならないし杭の数も増やさねばならない。設計面から考えると、ふわふわした盛土が長い間に地盤沈下して建屋との間に今論議されているような空間が出来、汚染された水が溜まる可能性があるがその対策を必要となるでしょう。
 地震の時も盛土部のひょろ長い杭の横揺れを盛り土で防止など出来ないので、ひどい場合の破損、それに伴う建屋のひずみ防止は全く期待出来ないでしょう。
 このように汚染水遮断、時間の短縮などで言えば盛土よりコンクリートの方がはるかに有効で日本で有数の設計会社の提案に都庁の設計者が(上司への報告や一般へ公表の問題は別として)乗ったのは当然です。
 この件で技術会議の議題に乗らなかったのに乗ったような報告書がネットに出されたと問題になっています。当時の参加者の一人はこの件を見せられたが討議もしないのに報告書に記載することを拒否したと言っていました。私はこのような重大な問題を技術会議で何故討議しなかったのか、時間がなければ作っても討議すべで、しなかったのは技術会議出席者の責任だと思います。(読売テレビでは橋本五郎さんが盛り土のアイディアも可笑しいと言っていましたが。)都の職員もそうですが技術会議の出席者も無責任の言い逃ればかり。
・上司への報告や一般へ公表の問題で縦割りの組織の問題が言われていますが上下の関係は問題ないのでしょうか。
 私が現役の頃、社会・共産の影響の大きかった労組のためそれを抱える会社の幹部が現場とのコミュニケーションに苦労したとの話、それが原因で技術では有名な会社が業績を落とし他の系列会社に組み込まれたという話がありました。
昔東京都は左翼の巣窟と言われていたのを思い出しましたが、今も上下の関係の断層の問題はないのでしょうか?
・風評被害を煽っているテレビ
 汚染水の発見のたびに環境問題の専門家が口調が違うが、健康に対する被害がないが、強いて言えば一般の人たちが気持ちが悪く感じるかも知れないと言っています。
つまり豊洲反対のテレビに専門家は遠慮しながら現実的な汚染水による健康被害はないといっています。 
テレビ(特にテレ朝)は汚染水の問題を取り上げるがそれに対する環境改善のための設備が動いているのか否かの報道をせず、汚染水問題が出るたび似たような報道を毎日毎日飽きもせずくりかえしています。つまり豊洲関係者や都民に不安感を煽っているのはテレビです。
・小池都知事はどうするのか
 小池さんは今正義の味方のようにちゃやほや報道されているが、いずれ比較的安全でしかも完成している豊洲を使うことになると思います。
 その際安全宣言を引き延ばした代償としての保障問題など、小池さん自身への批判も出て来ると思うがとう対処するのでしょうか?
 建屋メーカーの100%近くの受注率に対して、談合として検察に告発かするのか否か?その前にそれが出来るのか否かも問題です。
 新聞によれば最初の入札拒否に際して都が各メーカーに問い合わせ資材、人材不足で都の予算ではとても出来ないとの返答で予定価格を1.6倍にあげたとの報道。
 「ミヤネ屋」では豊洲の大きな問題として前記の受注率から想像される談合、東電と都と話し合いの黒塗りの報告書の情報の開示が問題と言っていましたたが小池さんの対応は?
 これからいかにかっこよく、小池さん自身にに害がおよばないように豊洲OKのサインを出すのか、メーカーの談合を検察に告発するのかしないのか、小池さんの真価が問われるときと思うのですが、果たして!?

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキング
コメント

どうした蓮舫民進党

2016-10-12 11:55:55 | 政策、社会情勢
 前回の投稿で「民進党代表に当選した蓮舫さんのは今後は批判ばかりでなく提案力を活かして進みたいと言っていた。定常的政権交代を期待している私としては、彼女が対案を出せない難しい党内の情勢の中でも頑張って貰いたいと思っているが果たして!?」と書きました。
・現実は彼女の提案は単なる提案の名を借りた批判ばかり。
私も前回の投稿で提案と対案をごちゃ混ぜにして書いて居ましたが、私の期待するのは元政権与党、野党第一党として出して欲しいのは安倍内閣の政策に対する対案です。
蓮舫さんですら対案が出来ない理由は民主党が自民党の右翼に近い人から反日の丸日教組など左翼との混合の中でいかに弁舌に優れていても提案と言う名の批判しか出来ないのでしょう。
・テレ朝の羽鳥-橋下の番組で民進党から細野さんが出ていました。お世辞を交えて言えば論旨明快、率直な物言い。これだったら民進党も何かやってくれるかもと錯覚させます。
 現実は昔の民主党で言えば古い体質の小沢から左へ赤松、社会党から来た横路、日教組の輿石とのベテラン各氏がが党の基本方針を抑えているのです、そして彼らは言いっぱなしのNHKの国会討論には出でも民間人もでる討論番組には絶対にでないのです。だから民放を見た国民に民主もやるな思わせ、それにしては自民党が良く言う対案をだせと言っても民主から何故ほとんど対案が出なく国民から次第に見放されてきたのです。蓮舫さんはこの体制を直すことが出来るのでしょうか?
・その蓮舫さんは自党では憲法論議さえできないでいることを棚にあげて、5日の参院予算委員会で自民党憲法改正草案に「家族は助け合わなければならない」とあるのを時代に逆行しているなどと批判していましたが、安倍さんから軽くいなされていました。
 私は家庭内の虐待、殺傷事件が増え、低成長で昔より就職のために家族が別に家を構えるいわゆる核家族化の傾向減少し、女性の社会進出が叫ばれ子供の世話をする健康な老人が増えた今こそ家族のあり方について見直す必要があると思いますが。
 蓮舫さんの国会での業績?は大臣新任の稲田さんいじめ位。これが野党第一党の代表がすること?
・そして蓮舫民進党のやった事は東京都と福岡県の衆議院補選へ共産党との共闘。最大の支持母体の連合の会長から共産党から手を切れば応援するとの言葉を無視して。
 追記:10月10日の読売の世論調査の同補選での共産党との共闘に賛成30、反対50(国民も良く見ています)
一方の自民党は二階幹事長はそれまでのいざこざをおいて小池都知事と衆議院補選の協力を決め、安倍内閣は連合の求める従業員の待遇改善をしているのに。
勿論それでなくても天変地異がない限り若狭さんの圧勝は間違いないと思いますが。
  民進党の唯一の希望は自民党分裂の福岡県の補選だけです。万一それを落とせば蓮舫さんの人気はがた落ち、また民進党恒例の内紛。
・都知事選で最初から最後までその目的は原発反対を訴えるためと言った鳥越さんを支援した民進党。
県内に川内原発を持つ 鹿児島の県知事の二反園さんと違って、都内に原発を持たぬ東京都の都知事がいくら原発反対と言っても犬の遠吠えになるのは分かりきっているのに、原発反対が唯一の表看板の鳥越さん推し共産党との共闘でまたまた実質的には最下位のとなり信用を落とした民進党。
・議会では多くの法案を出している日本維新の会の民進党批判が目立ちます。自民党に対抗する憲法草案どころかろくな法案も出せない民進党批判を通じて自党の存在を際立たせないのでしょう。
・最近本屋で某中小企業の社長の書いた「笑い民進党」を見ました。
内容は参議院選挙で最初から自民・公明の3分の1防止とまるで最初から負け戦を見越した公約批判など最初から終わりまで民進党批判ばかり。
何故忙しい社長さんが文庫本とは言え、どれだけの時間を割いて書いたのか。
定常的な政権交代を期待する私は、彼が「元政権党、野党第一党の民進党よももっとしっかりしろ」と言っているような気がしたのですが。
 民進党の人たちは感謝してその本を見たらどうでしょう!!

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキング

コメント