普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

岸田さんは「新資本主義への見直し」を再度見直すこと

2022-01-23 14:11:42 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

 岸田さんが数日前に「新資本主義への見直し」の例として不足している看護婦さんを上げ彼女を採用した費用分だけ業者の税金を削除すると説明していました。

 その前日か翌日の読売にトヨタ労組が一時金6,9ケ月分要求の記事。トヨタは21年の中間決算で前年2倍超の最高の利益をあげた報じていました。

 それに就いてブログンキング1位の方は企業の収入は生産性と労働分配率で決まると書いていました。
 要するに岸田さんは細かい所ばかり見て総理としての大局を見落としているのです。詰まりトヨタまで行かずとも大きな会社がが増員をはかり、その分だけ税金で補填出することです。

 然し問題今の会社がトヨタのようなすべて優良会社?

以下何度も書きますので簡単に書きます。

 一頃は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の本が出るほど日本にも全盛の時代もあったのです。当時は多くの創業者がまだおり、今まで日本を支えてきた「従来の企業活動による社会貢献、技術や従業員や大切にする、そのチームワークと企業への忠誠心による自主管理活動。日本能率協会提案の「全員参加の生産保全」で提案された「自主的な提案、その良いものを取り入れる管理者。当時は日の出の勢いの多くの会社があったのです。
「米国の作戦に乗せられ落ち目になった会社」
 日本の企業の力を恐れた米国は、日本と年次改革要望書を相互に取り交わすことで日本の企業の力を弱めることを計画。米国の要望書は同国の保護国の日本へだけへの一方通行。小泉さんは米国の意向を忖度して、今まで日本を支えてきた前述の「企業活動による社会貢献、技術や従業員や大切にする、そのチームワークと企業への忠誠心による自主改善活動」から「企業や従業員は株主のもの、チームワークより成果主義」の考えを持ち込みました。そして米国の政策は大成功。当面の利益を求める物言う株主に足を引っ張られる会社の幹部たち。

「人件費より経費と見られた労働者の出現」
 さらに状況を悪化させたのは、企業に持ち込まされたの臨時の従業者を経費扱いにする頭の悪い経営者にとっては飛びつきそうなアイディア。それで起こったのは全国的に広がる手抜きによる事故とその隠蔽、その発覚などの不祥事の続発。

 当然のように企業への忠誠心による自主管理活動は、私は現役から引退していたので判りませんが、トヨタ以外の多くの企業では沈滞?
「中国の隆盛と日本の相対的貧困化」
 その後中国の大発展と低賃金をを求めて日本から多くの商工業の会社が中国に進出。最近でも中国の1千人計画に日本の優秀な頭脳の参加。日本にとって拙いことに中国が世界第二位の経済力を持つまでの台頭による日本との格差の増大と、企業の中国進出に伴う日本の貧困化です。
「殆どいなくなった優れた経営者」 
 前にも書いた「不思議な本屋のアシーネ」では、一番目立つ所に今もなお健闘を続けてる京セラを率いる稲森和夫さんの(勿論違う)本4冊と(昔の経営手法で一人勝ちの)豊田社長の本一冊。あとはどうすれば儲かるかの本ばかり。

「私の意見」

・岸田さんは日本の会社の現状を良く見直すこと。

・前記のような稲盛さんや豊田さんなど信頼できる人の意見を訊くこと

・そして今の大手の会社の現状を良く調べること

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野田さんの言う共産党を除く中道政党を作る話に就いて

2022-01-18 19:33:02 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

 1月17日の読売新聞の与論調査の結果です。

・どの政党を支持?

自民党(41、前回41)、立憲民主(5、7),日本維新(6,8)

・参院選比例代表ではどの政党に投票?

自民党(42)、立憲民主(9),日本維新(14)
 つまり参院選比例代表選の後は立憲民主は日本維新から抜かれ完全な野党第二党になることです。
 ここで日本のために問題になるのは、日本維新が国政に本格的に取り組めるのは代表の松井さんでほとんどは国政は初めて、片山虎之助共同代表が体調不良を理由に共同代表を辞任を申し出ていることです。

 後は海千山千の自民党内閣にどの政党が中心で戦うのかと言えばやはり人気の落ちている立憲民主しかありません。

 話は前に戻りますが、自民党の石破さんが彼のブロクで今の立憲民主で一番頼れるのは民主党最後の総理の野田さんしか居ないと書いているのを知りました。私も彼が事実上政権を自民党に譲ったのを知り、立憲民主はいちど立ち止まって野田さんか少なくとも岡田さんに今後の進め方を相談してはと書きましたが当然のように無視。

 その野田さんが18日の読売に「骨太の立民へ議論を」を寄稿

その内容は

・立憲民主の共産党との共闘反対

・立憲民主の消費税引き下げ反対

・今の政府の財政規律のゆるみ

・野党の乱立、自民の「1強多弱」では日本の政治は良くならない

・その為の中道政党を作る必要がある。

 皆うなづける意見ばかり。

「私の意見」

 前半にも書いたように野田さんの言う共産党を除く中道政党を作るのは筋論として解りますが現実は大変。一人は仮に野田さんとしても、党内でも感情的に薄っぺらの人たちの彼に対する反発。立憲の共産党との共闘に反対して来た各党が野田さんと話あうか、江戸開城の際の西郷さんが野田さんになるとして、勝海舟になれる人を見つけるのが勝負。案外に各党の若手同士が動けばともと思います。

 それと話は全くそれますが各党、特に立憲民主党は一党に偏しない「是々非々の発言」に大きなアンテナをは張っておけば損をしないと思うのでが。いかがでしょうか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

多くの善良な人たちの殺人事件なくすために(2)

2022-01-17 17:57:41 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

 私は表記の事で何度も書いてましたが、1月16日の読売で「東大前受験生ら3人死傷、共通テスト会場、容疑の高3逮捕」の記事が出ています。

 私は大正13年生まれで略5、6歳のころの 阿部定事件と母親の「よその人や家に迷惑をかけないこと」と何度も言われたので覚えています。前記の事件は当時滅多に起こらない事件で大人の間で評判になったからだと思います。
母親の「よその人や家に迷惑をかけないこと」に就いて日本人の「迷惑をかけない精神」がなぜ骨の髄にまで達しているのか
に就いての関連という文書を見つけました。その概要です。

・ 日本の村社会には昔、ルール違反者と交流を断つ「村八分」があったと説明

・孤立すると生活が困難になるため、迷惑をかけることを恐れるのだとした

 私は母親の言うのは前記のような損得だけでなくて近所や友達付き合いの必須条件だから言ったと思っています。

 それより大きな問題は前にも書きましたが[自分達の義務を放棄した子や親を生んだ教育]です。
   その中で私の心に一番引っ掛かったのは当時の市販の教師用の指導要領書の記述の中で、日本国憲法には国民の権利の記述はあるが、それに伴う義務や責任についての規定はない とあることを発見したことです。
 それに乗ったのが日教組。

 当時新任の教員の娘が校長に授業に就いてこない生徒の為に補習をしたいと校長に相談をしたところ他との調整があるのでと拒否。彼は当時から勢いをました日教組の吊し上げを恐れたのは明らか。日教組の勢いを増すにつれて、生徒の間の苛め続発。遂に彼らの土曜日の休日の事実上の自習の要求に今の文部科学省は屈服。勿論日教組の人の土曜日は事実上休み。今の状況はネットで調べると「土曜日の休日の事実上の自習」は略半々でやっているか否か。それでも文部科学省は懲りずに前回書いたようにピンボケのやり方。現在野党第一か二党の立憲民主は悪評の日教組の支持。自民党はピンボケの文部科学省を放置したたまま。

 私の書いた「多くの善良な人たちの殺人事件なくす」の希望は無くなりそうにはありません。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

多くの善良な人たちの殺人事件なくすために

2022-01-11 12:55:16 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

私は自殺が怖くて車内や病院でに火をつけて死刑になりたい人,同級生を包丁で刺す中学生・俺の作品をパクったとして京都アニを放火し多くの人を死なせた人に就いて社会の劣化に就いてその基本的な責任はピンボケの文部科学省の責任と書いてきました。

 また同じ問題を取りげたDimond on lineではおっさんが同種の事故を防ぐためにはおっさんが教養を身に着けるしかないと書いていました。

 双方の違いは私は文部科学省から,後者は自己責任で教養をつけること。

 今日の読売の報道。

・コロナ禍高齢者虐待深刻、家庭内最多1万7281件

・大阪で冷凍庫に乳児閉じ込め

 文字通り高齢者の私は子供らのお陰で無事と言うか感謝。この現象の原因をピンボケの文部科学省の教育方針による社会の劣化と書き、同じ問題を扱ったDiamond on lineでは「劣化したオッサンの教養の不足」と主張しています。

 ネットで今の小学校の状況を調べてみました。

 今の親世代は若いころ完週5日制で、土曜日、日曜日はお休みだった方が多い。最近の小学校では、土曜日に授業を行っても良いことになっている。

完週5日制は日教組が獲得したもの。

小学校で習う科目の授業時数

国語1461コマ

英語210コマ

 私は昔からのように土曜日は半日授業は必ず実施、英語210コマ、総合的な学習280コマ、特別活動209コマは半減または廃止して国語に集中したほうが良いと思います。

 理由は国立情報学研究所 社会共有知研究センター長の新井 紀子さんが、教科書を読めていない子供が多い理由は、汎用的読解力が身についていないためだ。算数の計算問題は解けるのに、文章題になるとわからなくなる子供がよくいるが、それも同様だ。 解けないのではなく、問題文が理解できないのだ。読めない原因は何か。 新井さんが筆頭に挙げたのは“語彙 (ごい)”だ。 「文中の言葉の95%以上を理解していないとすらすら読めないという研究結果があるように、語彙の不足は読解のネックになる。 特に、算数や理科で使う言葉は日常で使う意味とは違う場合もあり、それを理解していないとたった1行の文章でもわからなくなってしまう。小学4年生以降に出てくる抽象的な言葉もつまずきの原因になる。

 私は文部科学省の人たちの新井さんの意見を考えて教科の専門の選択と集中をして成果を挙げるべきと思います。

 それが回りまわって社会の劣化の防止。多くの善良な人たちの殺人防止に繋がるともうのですが。文部科学省の人たちは全く無関係と思うのでしょうね。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私のブログの読者の方へ

2022-01-10 22:58:06 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

私のブログを何時も見て頂いてありがとうございます。

今色々考えることがあり投稿が遅れていますがこの「グーブログ」は専門家の作ったもので色々の機能があります。

 その最大のものは「カテゴリー」の欄をクリックして頂くとその項目の私の過去に投稿したものが見られます。問題は素人のことで分類が首尾一貫していないこと。

 それと「ブックマーク」の名前をクリックして頂くとその方の投稿が見られるようになっています。特にお勧めは池田信夫さんです。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする