マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

唐古・愛犬弔う堤防の花立て

2018年07月25日 09時15分08秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
取材させていただいた各地域のお礼に撮らせてもらった写真を渡すべくあちらこちらを廻っていた。

田原本町の矢部で2件の行事。

天理市の庵治町も2件。

その一つに庵治町旧木之本のゴウシンサンがあった。

主催者の一人であるKさんから、初物の自家栽培フルーツホオズキをいただいたことは今でも記憶に新しい。
]
初物のフルーツホオズキの美味しさはこの上ない美味しさだった。

味わってからは、道の駅で売っているのをよく見かけるようになった。

そのお礼もあって再会したKさんが云ったこと。

えっ、である。なんと、平成28年に取材したゴウシンサンが最後になったという。

その年は南にある地蔵さんの行事も最後になったという。

そんなことになったけど、個人としては申しわけないと思ってKさんは御供をしたいと話していた。

Kさんならたぶんに存じているかも、と思って、この筋の南に行ったところ、地蔵さんの向こう側にある墓地向かいの水路の堤防で見た花立てについて聞いてみた。

場所が場所だけに不思議な景観を醸し出していた花立てである。

それをはじめて見たのは平成28年の7月16日

取材した旧木之本のゴウシンサンの帰り道にあった花立てである。

本日に拝見した花立てにあった花は昨年とは違う。

造花でなく生花であったが、これは一体何・・と聞けば弔いだという。

実はあそこに花を立てているのは愛犬が亡くなった弔いの生花だという。

生き生きとしている花はいつ立てたのかわからないが、夏を彩るユリの花にシキビのようだ。



その地は田原本町の唐古。

ほぼ庵治町との境界地になる。

たぶんに愛犬の命日に毎月の弔い花を立てていると思う。

昨年に拝見したときは亡くなったのは“人”と思っていたが、当たらずと雖(いえど)も遠からず、であった。

堤防にあった花は弔意の命日花。

我が家でもそうしているというKさん。

何年か前に亡くなった愛犬は自宅庭に穴を掘って埋めているという。

K家の愛犬は18歳で亡くなった。

庭に植生する柿の木の下にうずん(※埋めて)で弔っているという。

(H29. 6.18 EOS40D撮影)
コメント

水路土手堤の花立て

2017年02月08日 08時13分52秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
庵治町の行事やカンピョウ干しを拝見して次なる町で出かけようとした。

庵治町集落の中央を南北に抜ける街道は古代の官道。

下ツ道である。

地蔵さんを抜けて南下する。

細い水路に沿った車路がある。

そこを南下していた。

その水路は北に向かって流れる水路。

やがて大和川に注ぎ込む。

その水路に土手堤がある。

土手の向こう側は畑地。

スイカやドロイモなどを栽培している畑だ。

手前はまだ栽培していない畑地。

何を植えるのか判らないが、綺麗に整地されている。

その手前にあった鮮やかな彩り。

オレンジ色の花があった。

黒い点々もあるからオニユリの仲間だろうか。



本数を数えてみれば3本もある。

膨らみかけた蕾の下は花が開いたオニユリ。

しかも、である。

パイプでこしらえた花立てに挿している。

そう思ったが、パイプではなく市販の花瓶のようだ。

これは一体何なのか。

十数メートル離れた位置にも花立てがあった。

黄色の花瓶である。

付近には祭る石仏は見当たらない。

ただ、とにかく堤防の面は草木もなく綺麗に整地されているのである。

雑草の欠片もないその地に何があったのだろうか。

付近に軽トラを水田近くに寄せた男性がおられた。

その人に聞いても、ここは田原本町の唐古。

所有地でないから存知しないという。

人為的に立てた花立てはもしかとすれば、であるが、水路で亡くなった人を弔う形ではないだろうか。

(H28. 7.16 EOS40D撮影)
コメント

亡くなられた場に弔う

2016年12月23日 08時47分37秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
昼食を摂っていた場の向こう側に何かがある。

作業小屋の角の処に花を立てていた。

花は甕のようなものに入っている。

白いものもある。

なんとなくオヒネリのように思えた。

これは何だろうか。

近づいてみればカンビールやワンカップの酒もある。

たぶん・・・・。

そこには線香もあった。

火を灯した線香は焼けて灰になった。

何本かの線香の跡が残っていた。

神事をしていた神主に尋ねた結果は・・・。

近くに住む人がこの場で亡くなっていたというのだ。

年齢は老けていない。亡くなるまでは元気な姿でいたという突然の死。

行き倒れのように道端で倒れていたと話す。

外で亡くなれば弔いの場に花を立てて線香を。

福源寺の住職に念仏を唱えてもらったそうだ。

その話しを聞いてあらためて手を合わせる。

(H28. 6.10 EOS40D撮影)
コメント

別所町の葬送儀礼

2015年11月29日 15時56分55秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
風景写真家のYさんがとらえた注連縄写真。

田んぼの神さんなのか、それとも・・・。

正体を確かめたくて出かけた奈良市別所町。

朱塗りの鳥居付近に立ててあった注連縄は七・五・三。



両脇はススンボ竹だ。

近くの農具倉庫を修理していた村人は何度かお会いしている男性。

二日前の18日に上の垣内に住む90歳の男性が亡くなられたと云う。

葬儀を家でされて出棺霊柩車は葬儀場に向かう。



その通り道に金刀比羅神社の鳥居がある。

霊柩車が通るにはケガレがあると云って注連縄を立てるというのだ。

かつては神社に黒幕を被せて「メカクシ」をしていた。

それと同じで注連縄も「メカクシ」だと云う。

下の垣内であれば、鳥居を通らない。

その場合は「メカクシ」しないそうだ。

葬儀をされた家の前に辻ローソクが今でもあるはずだと教えられて上の垣内へ。



真新しい輪切りのダイコンを挿してローソクを立てていた。



存じている長老に話しを伺った。

戦時中はローソクを買えなくて赤いトウガラシを挿していたと云う。



その様子は近くに住む婦人もそう云っていた別所町では3月第一日曜日(今年は3月1日13時ころ)に長老が弓矢を射る「弓の的」行事が行われる。

平成17年に訪れて以来、未だに再見していない。

(H27. 2.20 EOS40D撮影)
コメント

下笠間の六地蔵

2009年06月06日 07時45分02秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
下笠間の六地蔵の傍らには番傘がある。

亡くなった人が雨に濡れないようにと置いている。

そこには先を六つに割いた竹筒。

ローソクを灯し供養するのだという。

(H21. 4.10 Kiss Digtal N撮影)
コメント

野辺送り標

2008年07月15日 09時17分18秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
服忌が重なり日延べになった脇本春日神社の祭礼。

その服忌だったお家の外には白く螺旋状に描かれた竹棒一本が立てられていた。

真上には蝋燭が挿されている。

畑で仕事されていた老女に尋ねてみると、息子さんが亡くなりお墓に参る道の標木だとおっしゃり、服忌のお家の一軒だった。

順送りが普通なのに逆送りになってしまって、家中に居てると気が重くなるんじゃと、手を休めることなく畑を耕していた老女は90歳。

慰める言葉が浮かんでこない。

(H20. 6.17 Kiss Digtal N撮影)
コメント (2)

小山戸の葬送

2008年05月30日 07時53分27秒 | 民俗あれこれ(葬送編)
早朝、小山戸の里に鉦を叩く音が聞こえてきた。

数人の一行は列をなして里道を歩いている。村の墓に向かう葬送の行列だ。

(H20. 4.20 Kiss Digtal N撮影)
コメント