伊那佐山・都賀那岐神社のご祭神。



八咫烏神社の当方にそびえるのは伊那佐山です。
昔からこの山は麓の村々の田畑にうるおす水をもたらしてきたことから
山頂に神社が祀られています。
それが都賀那岐神社です。



神社の由緒は詳らかではありませんが、
相当古くから水の神として祀られてきました。
ご祭神は高オカミ神と頬那芸神と伝えられています。



…が、神社名の「都賀那岐」とは何かということは不明とされてきました。
どうやら頬那芸神からきているらしいのですが所説あっても
コレ!という定説が過去の書物から発見できず、なんとももやもやしていました。
…が、つい先ほど(笑)有力な根拠となりうるに足る説を発見しました。
たぶんコレできまりでしょう。

それは古事記の中にありました。
イザナギとイザナミの神が国土を生成されたあと、
自然界を司る神々(石・土・海水・河水etc)も生成されたのですが、
その神の一柱に頬那芸神(ツラナギノカミ)がいらっしゃいました。
岩波文庫の『古事記』では
「水面が凪ぐことと波立つこととの神格化であろう」
と解説されています。
水流を司る神といったところでしょうか。



以下、神々の生成部分の現代語訳です。
--------------------
…この速秋津日子神、速秋津比売神の二柱の神が、
それぞれ河と海を分担して生んだ神の名は
沫那芸神(アワナギ)、つぎに沫那美神(アワナミ)、
つぎに頬那芸神(ツラナギ)、つぎに頬那美神(ツラナミ)、
つぎに天之分水神(アメノミクマリ)、つぎに国之水分神(クニノミクマリ)、
つぎに天之久比箸母智神(アメノクヒザモチ)、
つぎに国之久比箸母智神(クニノクヒザモチ)である。
---------------------
なお、これらの神々をざっくりと説明しますと…、
速秋津日子神と速秋津比売神は、河口を司る神。
沫那芸神と沫那美神、また頬那芸神と頬那美神は、水流を司る神。
天之分水神と国之水分神は、水の配分を司る神。
天之久比箸母智神と国之久比箸母智神は、水を汲む器(ヒサゴ)の神。
…です。

それにしても頬那芸神のことは古事記でとっくの昔に掲載済みだったのに、
今までどうして誰も指摘しなかったんでしょう?(僕もですがw)。

いえ、神社と神さまのことはそれだけ奥が深いんです。
…ということにしておきましょう(汗)。

いい勉強になりました。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

だんだん充実、パンフレットラック。

五月の連休から、
当社社務所の入り口前に設置しましたパンフレットラックに
奈良のフリーペーパー「やまとびと」の
幻のバックナンバーを頒布させていただいております。
スペースの関係上、順次更新し、無くなり次第終了します。

創刊号から20号までのセットからスタートしましたところ、
早々に品切れと相成りました。
「やまとびと」ファンの皆さま、お急ぎくださいませ。

さてさて、そんな先日、
伊那佐地区まちづくり協議会の会長さんが
地域の観光マップを持ってきてくださいました。



伊那佐地区まちづくり協議会(略して「まち協」)は
昨年、発足したばかりの出来立てほやほやの団体ですが
会長さんを中心にさまざまな活動が進められています。



この観光マップもその成果物のひとつ。
伊那佐の里の自然や歴史や文化を是非ご体感くださいませ!
これからの季節でしたらー そうですねー
伊那佐山の登山なんていかがでしょうか?
お車でお越しの方なら
旧伊那佐文化センターを拠点にすると便利かもしれませんね。

社務所のパンフレットラックに置いておきますので、
よろしければご覧くださいませ。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ビッグカツ」、ご奉納いただきました。

先日、
広島県の株式会社スグル食品さまが
同社の主力商品である「ビッグカツ」をご奉納くださいました。



なんでも、
日本サッカー協会公認マーク商品に因んで、
ということだそうです。

キャッチコピーは「このおいしさキラーパス!」。



最高ですね(笑)。

社のますますのご隆盛をご祈念申し上げます。

株式会社スグル食品さま、
この度は誠に有難うございました!







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春の日の出来事たち。

去る4月3日、
神武天皇が崩御されてから2600年を顕彰する
「神武天皇二千六百年大祭」が橿原神宮にて斎行されました。
神武天皇をお導きした八咫烏を大神と奉る当社には
境内西側に橿原神宮遥拝所があります。
当日早朝、神武天皇の御聖徳を偲び、心を込めて遥拝させていただきました。





自転車乗りの皆さま、良い気候になってきましたね。
そんなある休日に駐車場にあったサイクルスタンドをすこし移動しました。
ベンチも社務所の軒の下に移動しました。



自転車乗りの皆さま、良い気候になってきましたね。

トイレは境内東南にある参籠所の角にございます。
また、中古品ですがパンフレット等のラックも社務所玄関にあります。
特に行事もない休日には、ここにもベンチを置こうかと思案中です。
地域情報のパンフ類や神社の豆知識的な冊子も置こうかな。
さてはて。



さて、4月14日、熊本県熊本地方において大地震が発生しました。
その後も余震が続き、
その被害の情報は日々更新され現在に至っています。
被害に会われた皆さまや
現地にご家族、親せき、友人などをお持ちの皆さま方の
不安な思いはいかばかりかとお察し申し上げます。
1日も早く地震がおさまり、
復旧とともに心の安寧が皆さまにおとずれますことを
只々祈るばかりです。

遠く離れた土地の我々は
日々できることは何か考え、
少しづずつであっても実践したいものです。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いまからはじまる、春。



先日、久方ぶりに初宮詣のご奉仕させていただきました。
少子高齢化といわれて久しい山里の神社での初宮の御奉仕は
まるで自分ごとのように嬉しいことです。
神職である僕ですが、不覚にも祝詞奏上の際、
うっかり泣きそうになってしまいました。
この度は、おめでとうございます。
健やかな成長をお祈り申し上げます。
長い人生、落ち込んだりすることもあるだろうけど大丈夫。
神さまは見てござるよ。
桜のつぼみもみるみる柔らかくなってきました。



そして本日4月1日、早朝に月次祭を斎行いたしました。
いよいよ4月になって、朝の空気も穏やかに感じられるようになりました。
一方、これから忙しい日々がスタートするという方も多いことと思います。
まずは元気だしていきましょう!(^ ^)。
そして、もしも疲れたときは、鎮守の社でひと息入れてみてはいかがでしょうか。
大丈夫、神さまは見てござるよ。

4月の境内はウグイスが上手に鳴き、桜もいい感じで花開いています。
アジサイのつぼみも順調に育っています。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ