マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

高山大北のお大師さん

2012年05月10日 06時46分28秒 | 生駒市へ
3月21日はお大師さんと云って家で祀っているお大師さんを拝んでいる生駒市高山の大北地区。

かつて地区には講があった。

選ばれた代表者は四国八十八か所に参っていた。

毎年のことだったとK家の母親が話す。

四国に出かけなくとも地区でお大師さんを祀れば近くで順拝ができるのではと、クボシンゾウさん他、3、4人が発起人となって始まった大北地区のお大師さん。

明治34年のことである。

かつては前庭に祠を建てて祀っていたというKA家は発起人の一人で先々代。

昨年にネンニョを勤めた無足人座の一人だ。

先祖が祀ったお大師さんを代々継いで守ってきた。

そのころは屋外だったことから外のヤカタと呼んでいた。

自宅を建て替えた際に屋内に遷したお大師さん。

それから「ウチマツリ」にしたという。

奥の左端に草履(木靴であろう)、右端は徳利と思われるものが置かれている。

お大師さんの左手は数珠で右手に独鈷を持つ。

台座の幅は30cmで高さも30cm。

大きい大師像だと思える。

「イライラしているときに拝むと怒ったらあかんで」というような眼差しで優しく微笑むというKA家の祖母。

「ソトマツリ」していたときよりも優しく穏やかなお顔立ちになったと思うと話す奥さん。

見る側がどういう気持ちであるか、見透かされているように思ったお大師さんは十九番だという。

大北地区ではこのように各家で祀っていたが、どこがどのようにされているか判っていない。

家を一軒ずつ訪ねるわけにもいかない。

拝見する機会は難しいと思われ、KA家に教えられたKB家を訪ねた。

無足人座の長老であるKB氏が云うには、皆が出し合ったお金で講の代表者らが四国八十八所を巡っていた。

お大師さんを信心していたというに、おそらく大師講。

ところが「いつまで持つんや」と意見が出て高山でお大師像を買って八十八所を作ろうということになった。

大北高山地区の傍示(ほうじ)北の庄田から芝までの講中が祀るようになった。

向露寺(むくろじ)、大北(おおきた)、久保、宮方(みやかた)などを含め、一日で巡れるよう八十八番までとした。

辻は共同で祀った。

お大師さんは木造や石造などさまざま。

大阪で造って貰ったという家もあった。

四国八十八所と同じようにお接待もした。それは3月21日。

地区の子供がお供えやお金を持って大北の四国八十八を巡ったらお菓子をあげた。

その様相は9月に行われている月見どろぼうと同じようだったと話す。

今ではそんな光景もなくなったが、お大師さんに助けて貰ったという人が毎年のように参っていた人もいたそうだ。

家と家の横の関係は薄れたがこの日は今でも灯明をあげてお供えをするKB家は「ソトマツリ」の七十五番。

これが本来の形だという。



「この日もそうやけど毎日はお供えしてるんや」とゴマドーフとご飯を供えて手を合わす。

お大師さんは座像。

左手が数珠で右手に独鈷を持つ。

その下には藁草履と木靴が置かれている。

今ではだれも貰いに来ることがなくなったが、貴重な風習事例だと学者が大北地区を調べに来たことがあるという。

現時点、その結果報告は聞きおよびもしないという。

高山のお大師さんのありさまは今でも行われている大和郡山の番条町のお大師さんとよく似ていると思うのであった。

(H24. 3.21 EOS40D撮影)
コメント (2)

高山の風習

2012年01月31日 08時52分49秒 | 生駒市へ
かつて「センギョしよう」と声を掛け合って4軒の人がカンセンギョ(寒施行)に出かけた。

山を越えて山中に入った。

キツネ岩と呼ぶ岩があった。

それは「イワイダン」と呼んでいた。

「ハッチョウ岩」の手前から登ったというから山越えした先は大阪交野(かたの)市の私市(きさいち)だった。

その道は工場ができたりして道がなくなった。

歩くこともなくなったので自然と消滅したそうだ。

ところどころの場所にセンギョをしていた。

センギョのお供えはセキハンのおにぎりにメザシ一匹だった。

イナリサンに供えるので紙包みを敷いておにぎりに三角のアゲサンを乗せたという。

「ハッチョウ岩」ですき焼きをして食べていた。

今でいうハイキングのような感じだったと話す高山住民のKさん。

断片的だが、五歳ぐらいの頃の記憶を思い出すように話す。

男性ばかりだったから青年団のような寄合だったかもと。

年齢から数えてみれば昭和30年代のことだと思うと話された。

高山ではかつて何組かの講があった。

そのひとつに伊勢講があげられる。

講は10数軒だったが解散された。

行者講もあった。

それは高山の金丸講と呼ばれていた。

平成元年に護摩を焚いたことを覚えているそうだ。

庚申講は7軒だった。

高山にある寺というから法楽寺。

そこに庚申塚の石塔があるらしい。

今でもされているかも知れないとKさんは話す。

お話をしてくださったKさんは茶筅型花器を製造販売されている。

先代は竹伐り人だった。

茶筅の原材料を調達されてきた。

高山は茶筅の里として知られている。

室町時代から歴史を繋げてきた伝統の技をもつ。

その茶筅を工夫してはどうかとお姉さんの旦那さんが始めた茶筅型花器製造。



伐採から加工業へと大きく展開した事業を引き継いでいる。

応接間、床の間、玄関、サイドテーブルに彩りを添える芸術的な作品は新婚祝いや新築祝いの贈答用として注文があるという。

普段はその花器を作っているのだが、冬場は箸作りになる。

12月の1カ月間は青竹(マダケ)の箸作り一本。

年末まで作業をするので正月を迎える準備もできないと話す。

一年間の普段箸や祝い箸など。

フシを残したのが初釜などの茶席用途になるという。

「竹は決して真っすぐではないのです」と話しながら歪み具合を調整される。



青竹を小刀で割ってから荒削り。

同じ小刀で何度か削って奇麗にされる。

作業の場といえば家の内。

ご主人、奥さん、母親も一緒になって作られる。

それぞれの作業場の台は手作り。

高さも長さも身体に合わせた造りにしている。



母親の台は50年以上も経過していると話しながら作業を進めていく。

手慣れた作業は次から次へと箸に生まれ変わっていく。

「これをあげよう」と渡されたのはゴゼンバシ。

五膳ある黒い色の竹箸だ。



この原材料はススダケ。

煤が付いたという竹だ。

これを手に入れるのが難しいという。

古民家で見たことがある天井の竹。

整然と敷きつけられたススダケ。

竃や囲炉裏の煙が天井を抜けていく。

燻されたススダケに年数を感じたものだった。

そのススダケは暮らしておれば獲るわけにはいかない。

改築のときにしか手に入らないのだ。

そんな貴重なススダケの箸をいただいた。

お正月のお節を食べる際に使ってみようとありがたく持ち帰った。

竹箸はしなやかでとても持ち易い。

以前に使っていた竹製の箸は丸箸だったが、これは四角。

木製の割り箸よりも手に馴染む。

滑らない箸は先が細いので料理を摘まむのも最適だ。

硬いものを摘まむ際は折れそうに思えたがそうではなかった。

箸はしなるだけだ。

硬くて柔らかい竹は、竹の特性が直接手に伝わる。

ちなみに白い茶筅がある。

それはハチクが原材料だそうだ。

ハチクが誕生したときは紅い色。

それが次第に白くなるという。

引き続き、作業の邪魔にならない程度に高山の風習などを聞かせていただいた。

年末が近いことから大晦日や正月時期のことを教えてもらった。

高山といえば大晦日に庭先に砂を用いる風習がある。

それぞれの家でされている行事だけにどこでされているか判らなかった。

思いきってKさんに尋ねてみたところ、「我が家でもしていた」という。

15年前に住んでいた元の家は自宅から上にある。

そこでされていた「オヒサン」の砂。

砂というよりも粘土系の山土だった。

赤い土を庭先に撒いていた。

「土まくでー」と言って、日暮れまでに玄関先に撒いた形は丸い形。

ゆらゆらと曲げた何本かの筋を丸い形の外側に描く。

どのような図形になるのか書いてもらった。

それはまさしく太陽のような「オヒサン」の姿だった。

幼稚園児どころかだれでも太陽といえばそれを描く。

そして「オヒサン」と玄関口の間に梯子のような線形を描く。

どういう意味があるのか判らないがいつもそうしていたと話す。

大和郡山市内で見られた砂の道は神さんが通る道だと言っていた。

もしかとすればだが、高山の「オヒサン」は歳神さんではないだろうか。

「オヒサン」は梯子(階段かも)を登って家内にやってくる。

そう考えてもおかしくはないと思う。

その砂の道は奥さんの実家でもしていたという。

橿原市の葛本町というから葛本神社辺りを調べてみたいものだ。

高山地区で今でも行われているのがお大師さん。

行事の名称は判らないが四国八十八のお大師さんが各家にあるという。

それは明治39年に作られたもので1軒ずつ安置したそうだ。

K家もお大師さんを祀っている。

3月21日にはそれぞれの人が参りに来るそうだ。

屋内に祀ってあるお大師さんは屋形ごと外にだしておけば、供えたお菓子やセンベイ、タマゴをもらいに子供がやってくるという。

近所のおばあさんも参りにくるようだ。

9月に行われている「月見どろぼう」のような様相であるという。

(H23.12.24 EOS40D撮影)
コメント

高山の月見どろぼう

2011年10月09日 06時06分41秒 | 生駒市へ
「お月さんが出ている間に、こっそりだまって供えものをいただくんや」という風習がある生駒市高山町。

秋の七草の一つであるオミナエシが咲く里山である。

仲秋の名月にあたる十五夜。

この日は家ごとにススキやハギなどの花を添えて月見だんごを供える。

十五夜は芋名月とも呼ばれているサトイモの収穫日。

栽培が簡単で保存がきく。それをお月さまに供えて収穫に感謝する。

イモを包丁で皮を剥けば白い肌をだす。

月に見立てて丸いイモを供える。

月見だんごの原形はここにある。

秋の恵みを縁側に供えて、月の神さんが舞い降りるように目印のススキを立てる。

真っ暗な夜。こそこそとやってくる子供たち。

長い竹などでだんごを挿して盗っていく。

大人たちは懐かしいと口々にいう北田の人たち。



村公認の月見どろぼうであるが、昨今はだんごに変わってお菓子やジュースになっている。

各戸まちまちだが、お月見のお供えはほどんどの家が縁側や玄関口などに供えている。

いずれの場所であっても月の神さんを見上げる位置にある。

子供は男の子、女の子だが小学生までと決まっている月見どろぼう。



中学生になれば、お菓子は一人一つずつだという自然発生的なルールを指導する立場になるそうだ。

昔は黙って盗るのが当然であったが現在では日暮れ前。

里山に薄れゆく空の青さが残る時間帯に開始されるだけに「こんばんは」と声をかけるようになった。

小さな子供は親も付き添いでついて回る。

御供はなにもお菓子だけとは限らない。

その家の夕食にだされるものもある。

ドロイモを煮たものやおでんも出したそうだ。

「タマゴを串に挿して盗っていった子もいたなー」と回顧される婦人もいる。

御供は足らんようになれば家人がそれを補う。

「出てきたらあかんでー、どろぼうやから」と口走って走り去っていく子供たち。



数時間をかけて大北地区を駆け巡る。

その戸数はおよそ200軒だそうだ。

西の地区から富雄川向こうの東へ行くころには真っ暗だ。

このような月見どろぼうは同地区だけでなく庄田(しょうだ)や久保でもあるらしい。



ところで、大和郡山市丹後庄町に住むMさんの家では、その夜はお月さんが見えるように家中の「カド」にススキにハギなどのお花を添えて、お神酒、おせんまい(米)、塩を供えている。

「カド」とは家中にある庭先のことだといい、稲藁などを干した場所であることからこれを「カドボシ」と呼んでいた。

また、額田部に住むYさんの話によれば名月の夜は猿沢池に行って足を浸けたそうだ。

シモヤケにならないというまじないらしい。

お月見は15個ほどの白玉ダンゴを供える。

家の観音さんにも供える。

それは今でも変わらない家の風習だそうだ。

後日に後述するオカリヤも「カド」に祭っていた。

このように大和郡山市旧村では「カド」が祭りの場となることを付け加えておこう。

(H23. 9.12 EOS40D撮影)
コメント

往馬大社鶏追神事

2008年02月05日 09時02分17秒 | 生駒市へ
神職二人は拝殿で神事を行ったあと、氏子らとともに下の境内に下りてくる。

二人の氏子は北座に、もう一方の氏子二人は南座に座し、神職は高座(お旅所)に登る。

北座、南座の氏子衆への祓えの儀、祝詞奏上ののち、手に提灯を持った神職は北に向かって歩き、「これはどこの鶏じゃ 大勝院の鶏じゃ」の往路。

復路は「これはどこの鶏じゃ 宝勝院の鶏じゃ」と唱和しながら足下をカタコト、カタコトと鳴らしながら鶏を追う所作をする。

三つ目の最後は「これはどこの鶏じゃ 往馬大社の鶏じゃ」と唱えて終える。

その間、氏子も同じようにカタコト、カタコトと音を立てて床を踏み歩き、鶏を追う神事が終わる。

(H20. 1. 1 Kiss Digtal N撮影)

コメント

続、往馬神社火祭りゴムシン

2007年11月02日 08時13分24秒 | 生駒市へ
当日午前中に作られたススキの穂で作られたゴムシン(御無神といいゴムシとも呼ばれる)がずらりと並べられている。

奉幣神事の最中、ゴムシンを手に持った若者は長さ3m、重さ60kgの大松明によじ登って突き刺していく。

速さを競う火祭り祭典のひとつだ。

(H19.10. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、往馬神社火祭りヒノゴク作り

2007年11月02日 08時12分16秒 | 生駒市へ
火祭り松明とヒノゴク。

(H19.10. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、往馬神社火祭りヒノゴク作り

2007年11月02日 08時11分21秒 | 生駒市へ
サトイモ葉を被せると兜のようにみえる。

(H19.10. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、往馬神社火祭りヒノゴク作り

2007年11月02日 08時10分05秒 | 生駒市へ
ヒノゴク長老。

(H19.10. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、往馬神社火祭りヒノゴク作り

2007年11月02日 08時09分07秒 | 生駒市へ
ヒノゴクメシ詰め。

(H19.10. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、往馬神社火祭りヒノゴク作り

2007年11月02日 08時07分49秒 | 生駒市へ
コモグサカメの上に器。

(H19.10. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント