マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

今夜の天ぷら盛りはワラビにウド、コゴミ、コシアブラ、ユキノシタ

2018年04月21日 08時24分31秒 | だんらん
3カ所巡って買ってきた山野草。

これまで食べたことのあるものからつい最近いただいたものも。

さらにはまったくお初の代物もある。

それらが揃った今夜の我が家のおかずは天ぷら盛り。



ワラビにウド。

それに加えて我が家の新参者はコゴミ。

おっとコゴミはついこの前にもらったばかりのコゴミ。

その味の魅力にとりつかれてかのように買い漁ったコゴミ。

売っていた店屋でこれもあった。

これもというのはコシアブラ。

名前は存じているが食べたことはない。

あったからには買わなきゃならん。

こうして揃った三銃士・・ではなく、四重草。

香りが美味しい。

葉っぱも軸も香りがすごい。

鼻にもってきたときよりも口にした方がもっと香りが増す。

そう云ったのはかーさんだ。

こんなぎょうさん買ってきても食べきれない。

どうすんの・・・と云われていたが、とにかくよく箸が動く。

美味しいからすごく動くという今夜にご飯は口にしない。

だからよく食べるのか・・・。

香りが強いということはそれだけアクがあるということだ。

天ぷらにしてもアクが強いのがフキノトウだ。

辛子酢味噌でいただいてもそのアクの強さにはまいる人も少なくない。

その点、この中でアクがもっとも感じないのはウドだ。

ぬるっとした食感が美味いのはワラビとコゴミ。

クセのないのがコゴミだ。

どれが一番美味しいといえば難しい。

悩ませる質問はほっといて食欲が・・・・。

3月中旬はツクシ。

4月中旬がワラビ。

これまでずっと思い続けてきた味わいの旬の春の山野草。

ここにタラの芽がないのが残念だが・・・どれをとっても美味すぎる。

たいへん満足したが、「コシアブラ」をどうしても「コシノアブラ」と呼んでしまうのが可笑しかった。

(H29. 4.28 SB932SH撮影)
コメント

山野草買い付けツアー

2018年04月18日 09時34分31秒 | だんらん
今日は天気も良いが、どこへ行くとか、目標も目的地もまったく決めていない。

いきあたりばったりでもいいやと思って車を走らせる。

そうだ、と思って車を走らせた目的地は大宇陀道の駅直売所。

求める産直の品物は何か。

季節が丁度いい食べられる山野草である。

大宇陀道の駅直売所で買った商品はコゴミにウド、コサブラ、ユキノシタのセット売り。

1パックが330円だった。

道の駅直売所に来たならちょっと立ち寄りたい処がある。

すぐ近くの大宇陀万六である。

平成29年1月29日に取材した万六のカンセンギョ(稲荷寒施行)である。

その行事に参加されていた男性は和菓子屋の志を乃屋・野口昇栄堂のご主人である。

下調べに立ち寄った日は10日ほど前の21日

灯りが点いていたので暖簾をくぐった。

取材したカンセンギョの写真をさしあげたくて、この日に立ち寄ったのである。

さしあげたらたいそう喜んでくれはった。

お礼に作りたての苺大福を渡そうとしやはる。

写真のお礼やと云われても・・代金を渡そうにも受け取ってくれないから、ありがたく頂戴することになった。

苺大福は三つ入り。

おふくろにかーさん、私の3人に丁度いい数。

ありがたくいただいたら、とても美味しい。

こんなに美味しい苺大福を食べるのははじめてだという二人。

もちろんといいたいが、私は苺大福そのものが初めて。

いや、とにかくむちゃ美味い。

そういえば、下見に訪れたときは桜餅をいただいた。

これも絶品の美味さ。

このときも美味さに感動したものだった。

ご厚意で二つの味をプレゼントしてくださった志を乃屋・野口昇栄堂。

この場を借りて御礼申し上げる次第だ。

ちなみに和菓子屋さんがある街道は松山街道の一番南にある。

その街道に佇む昔ながらの郵便ポストが懐かしくて写真を撮った。

大宇陀を離れてどこへ行く。

ふと頭に過ったコイノボリ。

その途中にあるスーパーはときおり入店しては品定め。

特にお気に入りは売り場一角にある宇陀産の野菜売り。

これまでも買ったことはあるが、この日は時季が丁度いい食べられる山野草。



大宇陀道の駅直売所で1パック買ったやないかと云われそうだが、ここも立ち寄ったら、あるある、たくさんの商品があるA-COOP榛原店。



ついつい買ってしまった商品は120円のコゴミに140円のコシアブラ。



お安いからついつい籠に入れてしまう。



美味しそうな150円のタラの芽もあるが、もうやめとき、の声が聞こえてきそうなので断念。

当店舗はクレジットカードで支払いができるのが嬉しい。

また、来たいと云えば店員さんがA-COOPカードを作れば、と云って会員加入を勧める。

65歳以上であれば毎月の15日は10%引きで使えるポイントカード。

県内各地のA-COOPで利用できるし、年会費は不要で有効期限の縛りもない65歳以上が利用できるリーフクラブカードを作ってもらった。

榛原を離れて帰路の途中に昼食を摂った針テラス。

ここにも産直とれしゃき市場がある。



パック入りの宇陀産コゴミは120円。



榛原産コシアブラは200円。



曽爾産ワラビは140円。

変化球もんは天理産のアイスプラント。

最近は「よってって」も売っている流行りの野菜は120円だったが、どういう料理にすればいいのやら、である。

(H29. 4.28 SB932SH撮影)
コメント

我が家のヤーコン料理はサラダに鶏肉炒め

2018年04月13日 09時30分06秒 | だんらん
この日は明日に誕生日を迎えるおふくろを招いて我が家で晩食。

こいつはすっごく美味しいでと紹介したかった我が家のヤーコン料理。

今夜も2品。

一週間前の19日はサラダ。

20日は肉炒め。

今夜は一挙2品のサラダと鶏肉炒めが食卓にのった。

まったく同じではなく食材が異なる。

前回のサラダの添え物はプチトマト。

今回は一般的な大きさのトマト。

甘くて美味しいトマトはジューシー。

今回はトマトだけでなく大和小泉店「よってって」で買っておいたスナップエンドウ。

これがむちゃ美味い。

そろそろ出てくると思っていたら棚に並んでいた。

数週間前、他店舗で見たが高かった。

時期がまだ早いから高めの値段。

すぐには飛びつかずに時期を待つ。

待って正解の値段で2袋も買った。

一つはケース入りで140円。

もう一つは袋入りで130円。

量もそこそこ入っている。

スナップエンドウは茹でるだけで食べられる。

味付けはマヨネーズオンリー。

それがあれば甘味が増す。

今夜のサラダは前回同様の自家製ドレッシング。

これが美味いんだな。

こんな食感は味わったことがないというおふくろ。

そりゃそうだ。

ヤーコンはどこのスーパーにも売っていない。

私が知る範囲では大宇陀の道の駅か京都南山城村の産直ぐらいだ。

作付している農家さんが少ないのだろうか、とにかく大手であろうが、中小であろうがスーパーで見たことがない。

もう一品は鶏肉炒め。

前回は牛肉炒めを食べていた。

美味しく食べたヤーコン料理はどうすればおふくろに食べてもらえるか、である。

おふくろは豚肉が食べられない。

豚肉を加工した食品の一切が受け付けられない。

ソーセージ、ハムなんてとんでもない。

チャーシューが入っているラーメンなんぞ、とてもじゃないがあかん。

匂いだけでもあかんから我が家にやってきたときは臭い消し。

そこまではいかなくとも豚の「ブタ」は一言も口にできない。

であれば、どうするか。

牛よりもっと合う具材がある。

それが鶏肉だった。

旨みは牛肉よりも鶏肉の方が合う。

鶏は鶏でもミンチはいただけない。

皮付きのぶつ切りが最も良い。

そう思って今夜の料理は鶏肉炒め。



シャキシャキ感と同時に柔らかい肉汁とともに味わえる一品は乙な味。

やや厚めだがニンジンを加えたキンピラ風にしたのが良かった。

(H29. 4.26 SB932SH撮影)
コメント

今夜のヤーコンは牛肉炒め

2018年04月02日 09時25分17秒 | だんらん
ヤーコンは薄くスライス切り。

余りもの残り物の細切れ牛肉とちゃっちゃと炒め物。

甘辛く味付けするだけの一品に名はない。

これがむちゃ美味いのである。

キンピラゴボウよりもシャキシャキ感。

その食感がたまらない。

甘辛炒めの牛肉よりもヤーコンの方に舌が唸ってしまう。

はっきり言って見た目は悪い。

とても美味そうには見えない。

ところが口に入れたとたんに、これって・・美味すぎる。

今夜のおかずは朝も食べた。

もったいないからと残した半分は晩酌のお伴。

ビール(※発泡酒)がぐいぐい進む。

(H29. 4.20 SB932SH撮影)
コメント

今夜のヤーコンはサラダで登場

2018年03月31日 10時05分39秒 | だんらん
今夜のおかずの一品はヤーコンサラダ。

細切りしたヤーコンは湯通ししない。

生そのものである。

で、あるが多少の水洗いもしている。

揉む必要はない。

水に晒してサッサと水切り。

それだけだ。

貰い物のレタスに買い置きプチトマト。

このトマトは甘いものもあればそうでもないものも。

さっぱり感の酸っぱさもあるプチトマト。

どれに当たるのか口に入れてみないとわからない。

それはともかくドレッシングはごまだれ。

酢にエクストラバージンオイルを絡ませて作った。

たっぷりかけて食べてみる。

あー、たまらない食感に奥歯が嬉しそうに噛んでくれる。

ヤーコン自身には味はない。

あえていうなら薄い、薄い、とても薄い芋のように思えるが、芋でもない。

表現できない味覚にシャキシャキ感が相乗効果を発揮する。

(H29. 4.19 SB932SH撮影)
コメント

大量にいただいた貰い物新鮮野菜を食す

2018年03月29日 09時05分05秒 | だんらん
前日にいただいた大量の新鮮野菜。

野依のMさんが自宅の畑をあっちこちへと回遊されて収穫した野菜は多品種。

キャベツ、レタス、キクナ、菜ばな、カラシ菜、ほうれん草、三つ葉、ブロッコリーにコゴミの9種類。詰めてくださるナイロン袋は三つにもなった。

どれもこれも嬉しい貰い物。

特に嬉しいのはコゴミだ。

そのコゴミは家の裏地で生えている。

先代が植えていたコゴミは春の恵み。

とても美味しいものを残してくれたのが嬉しいと笑顔で分けてくれる。

二十歳代のときから山野草にはまった。

植物図鑑も買って知識を得た。

山に入って見つけた山野草に見惚れている。

泊まった民宿で配膳される料理に舌鼓。

さまざまな味を覚えた。

山の恵みは今でも身体にしみついているし目に焼きついている。

今では山間辺りにある行事取材に出かけては在所の自然に魅入って佇んでいる。

ところが、だ。

コゴミの味覚は噂で聞いてはいるものの食べたことがない。

いつかは食べたいと思っていた云十年間。

目の前に差し出されたコゴミに身体が震えるほどに興奮して持ち帰った。

帰るなり伝えた言葉。

コゴミは天ぷらで食べたいである。

そうして出来上がった今夜のおかず。

皿に盛られたコゴミの天ぷらに伝えた言葉は早く食べたい。

食べたいけどちょっと待って、ね、と言いつつケータイ画像で撮っていた。

食卓を彩る採れたて野菜の一つに菜ばな。



黄色いお花も美味しいし、若い茎が柔らかいのでたまらない。

茹で菜ばなはからし酢味噌で食べるのが一番。

酢味噌だけでは物足りなさを感じるからそうした。

もう一品は冷ややっこ豆腐に乗せた茹でキクナ。



大きめのかつお節を振りかけてチューブから絞り出した生ショウガをたっぷりのせていただきます。

どれもこれも春の味。

特にコゴミは極上の春をいただいた。

思っていた以上のヌルっと感がたまらない。

軸の方はサクッと感がする。

二つの味わいにこれもまた舌が唸る。

優しくて、嫌みがまったくないコゴミは油炒めでも試してみたい。

とはいってもこれだけ。

あかん、どこかで売っている処を見つけなくては・・。

(H29. 4.17 SB932SH撮影)
コメント

ヤーコンはどんな料理でも美味しくいただける

2018年03月11日 09時36分44秒 | だんらん
今夜は定番の天ぷら。

ヤーコンを初めて食べたときの感動は今でも忘れない。

たまたま貰ったヤーコンの食感に魅力をもった。

それからといえば売っているお店を探し回る始末。

実際にヤーコンを初めて知ったのは数年前だ。

いや、もっと、もっと前かもしれない。

形は悪いし色艶もない。

まるでぐちゃっとしたサツマイモのようや、と思っていたぐらいだ。

買いもしないから食べもしない。

スーパーでは見たこともないヤーコンはどこで売っているのか。

魅力にとりつかれた私は捜し回した。

その結果は道の駅とか産地直売所。

採れたて野菜がいっぱい売っている大和小泉店の「よってって」では見たことがない(※その後に見つかったがいっとき)。

4月末に閉店したご近所の「おいしい市 豊国」で売っていたが買うことはなかった。

何故か。値段が思った以上に高かったから買わずにいる。

ときおり出かける針テラスの「産直ごーごー」も売っていたが、栽培している農家さんは少ないようで品出しに遭遇することはなかった。

確実に売っているとわかったのは南山城村北大河原本郷農林産物直売所。

京都府であるが、我が家から30分程度で着く木津川市。

そこから20分足らずで行ける直売所。

3日の節句の日の取材帰りに立寄ったら売っていた。

もう一つは宇陀市大宇陀の道の駅。

ここでは形も綺麗な、しかも大きめのヤーコンを売っていた。

冷蔵庫に入れなくとも外気温で長期間の保存がきくヤーコンを買ったのは先月の3月15日。

いつでも食べたくなったらそこから取り出して料理にとりかかる。

私は、ではなく、かーさんだ。



というようなことがあってやっと食卓にあがったヤーコンの天ぷら。

見た目はサツマイモそのもの。

向こうにあるのは大葉。

これがなければ満足感を得られない。

我が家の天ぷらは野菜天の盛り合わせ。

そりゃぁ、エビ天もイカ天も食べてみたいが、野菜が一番良い。

お腹が堪えないからそれで良い。

今夜の天ぷらのも一品はゴーヤの天ぷら。

ゴーヤオンリーではなくチクワとタマネギを混ぜたかき揚げである。

これもまた美味いんである。

後日に再び食卓にあがったヤーコン料理。

サラダに牛肉炒め。

なんでも合いそうな野菜のような気がする。

(H29. 4.11 SB932SH撮影)
コメント

今夜の食事はハッスル3で買い求めたアウトレット揃え

2018年01月21日 09時41分32秒 | だんらん
晩飯を一人で喰うことはたんまにある。

年に一度か、それとも・・・。

そんなときには決めていたお気に入りの惣菜を狙う。

スーパーに出かけることは週に2、3度ある。

多い時には4度になることもある。

行き先々のスーパーに立ち寄ることも多い。

必ずといっていいほど目を通すのは惣菜売り場。

買ってすぐに食べることができるデキアイの商品。

冷凍もんではなくお店の人たちが作っている調理もんである。

惣菜にはフライもんや天ぷらもんもある。

晩食は飯を喰わないから弁当類は買わない。

飯は飯でも酢飯は美味い。

酒の肴に寿司の味は魅力的だ。

ただ、どうしても腹に堪える。

晩食に飯を喰わなくなったのは何時のころか。

もう何十年も前になる。

結婚したてのころは喰っていたような気がする。

それがいつしか言いわけを作った。

晩食にビールや酒はつきもの。

それがなけりゃ一日の〆にはならない。

ビジネスマン時代はツレらと飲み会。

仕事を終えてちょっと行こか、である。

そんな夜であっても帰宅すれば酔いは醒めている。

飲みなおしに500mlの缶ビールを一本。

元気ハツラツだった時代は630mlの瓶ビールが数本並んでいた。

いっときは休肝日を設けていたが、いつの間にか消え失せた。

今もそうである。

医師からは休肝日の指示はない。

γ-gtbの値も気にかかるが美味しいもんは美味しい。

カラカラに乾いた喉を潤す缶ビールは発泡酒になったものの美味いもんは美味い。

やめられない、とまらない、である。

さて、今夜の食事は一人。

我がが食べたいものだけを通院帰りに買ってきた。

購入店は天理市田町にあるハッスル3。

最近になってよく出かけるスーパーだ。

商品棚を見て、これだと思って手にした商品は4品。

一つはビンチョウマグロの柵造り。

自宅で包丁切りしていただく。

二品目に買った商品はフライもん。

税抜き150円の豚ロース串カツだ。

三品目に買った商品はロースに続いてまたもや豚。

フライではなく味付け料理の豚トロ。

味付けはネギ塩を書いてあったから発泡酒にぴったんこ、である。

これだけあって税抜き価格が201円。

内容量はこれぐらいで十分。

これで済むかと思いきや、ついつい手がでてしまったなすの煮びたし。

炊いた茄子の色が鮮やか。

美味いのに決まっとるんやないかと思う。

盛ったパックにたっぷり漬かっている。

味は濃いめに違いない。量もまあまあで税抜き198円。

合計すれば724円。

一人夜宴にささやかながら食にする。

さて、お味はどうか・・・。

一番目に口にするのはいわずと知れたお造りだ。

和歌山県産のビンチョウマグロはトロトロ。

白いケン筋はあるが口の中で溶けてしまう。

包丁でぶつ切りしたがぐちゃぐちゃになってしまった。

二番手は豚トロだ。

味は表記された通りのネギ塩味。

味は美味いがトロ過ぎた。

脂でギトギト。

何枚も食べられるもんではない。

途中で厭いてきた。

発泡酒で口をさっぱりさせてまた一枚、一枚。

噛み応えのある豚トロは歯が唸る。

堅いのではなくすっと切れるという感じだ。

三番手は豚串カツ。

味があるのでそのまま食べても良いのだが、マヨネーズ或はウスターソースが〆てくれると思って冷蔵庫を開ける。

マヨネーズは底をついていた。

それならウスターソース。

味がしっかり馴染んで美味さを引き出す。

豚はロース。

串にタマネギもあるから甘さで包んでくれる。

脂っこくもない豚串カツがむちゃ美味いのである。

四番目は口直しに和風の味を楽しむ。

出汁で煮たなすび。

味はとんとんぐらいか。

旨みがないように思える煮びたし。

出汁そのものにないように思えた。

ひと通りの味具合を味わったら、あとはこれの繰り返し。

それにしても小食になったものだ。

無理やり胃袋に詰め込んで大丈夫なのか。

翌朝、起きたら胃袋はすっからかんになっていた。

(H29. 3. 7 SB932SH撮影)
コメント

我が家のしめ飾りに添え物

2017年10月07日 07時20分27秒 | だんらん
大晦日に我が家の玄関を飾ったしめ飾り。

それに貰ったばかりの藁作り亀さんを添えた。

私が送った賀状を見た人から電話があった。

「今、カメラのキタムラ奈良南店に来ている。写真展を拝見させてもらったが、おらへんから電話した」という。

今年のカメラのキタムラ写真展は1月3日から始まった。

賀状にもそう書いていたから見にきたという。

ありがたいことである。

自宅からは10分ぐらいで着く。

おられた人は大和郡山市白土町に住むN夫妻。

年賀に届けてあげたいと思って、この日の朝に作った稲穂付き藁作り亀さんを持ってきた。

自家製の餅いただいた年賀がとてもうれしい。

亀さんを括り付けた画像をFBで公開したら知人のMさんが言った。

亀があれば鶴も・・。

二つが揃えば目出度い。

ご希望を叶えてあげたく、家にあった小さな、小さな折り鶴をちょこんと乗せた。



そこでしゃれっ気の一句。

「目出度さの 鶴は折れま先年 亀はあり万年」。

句の字数がおかしいかもしれないが・・・。

(H29. 1. 3 SB932SH撮影)
(H29. 1. 4 SB932SH撮影)
コメント

我が家の正月二日目はすき焼き団欒

2017年10月06日 09時14分15秒 | だんらん
正月二日目も民俗取材。

地元の大和郡山市内で行われた正月のフクガユ取材の際にご家族が食べてくださいと云われてよばれたフクガユ(福粥)にお節料理。

美味しくいただいたお腹はぱんぱん。

お昼はどこかで食べようと思っていたが、無理・・。

そんなわけで午後の取材は各地で行われている砂の道を拝見してきた。

たっぷり取材に聞き取りもある程度を得ることができた。

満足な二日目の取材で帰宅したのは午後4時も過ぎていた。

この日の朝に電話を架けてきた甥っ子が座っていた。

一昨年に母親を亡くした甥っ子は兄弟二人。

弟は結婚しているが子供はいない。

兄はつき合っていた女性が阪神大震災に巻き込まれた。

それからずっと独り身で母親を世話してきた。

一昨年は賀状をだせない服忌の年。

大晦日直前出した賀状を見た甥っ子が電話をしてきた。

おふくろがおるし息子もおるからここへおいでと誘ったら飛んできた。

久しぶりに顔を合わせる甥っ子はよくしゃべる。

そんな姿が嬉しいというおふくろ。

今夜は賑わいのすき焼きを囲むことになった。

晩食に残り物のおせち料理はなかった。

たぶんにそうなるであろうと思っていた。

そのこととは関係なく今夜の晩食は牛のすき焼きだ。



年末大晦日に買っておいたすき焼き牛は2店舗買い。

2頭買いではなく2店舗買いである。

一カ所は「産直市場よってって大和郡山店内」にあるお肉屋さん。

二カ所めは奈良県中央卸売市場にある「㈱ビッグウエーブフーズ」。

4人が食べるすき焼きに牛が追い付かない。

焼いても焼いても(実際は炊いても炊いてもだが・・)追いつかない牛のすき焼きが美味すぎる。

普段よりも値を張った櫂がある味覚に感動する。

これぐらいで感動するぐらいだから我が家の舌もたいしたことない。

普段はどんな牛肉を食べているんだと云われそうだが・・・。

すき焼きに買っておいたぶりの切り身を皿に盛る。



帰宅直後に家でさばいたブリの半身。

包丁を入れるたびに脂でギトギト。

切れ、滑りがすぐにダメになる。

その都度、包丁にまとわりついた脂を取り除いてさばく。

造りにするのは腹身。

脂がのってむちゃ美味い。

背身はどうするかと云えば照り焼き用にする。

皮を付けたままで一枚、一枚切ってラップ包み。

おふくろに持ち帰ってもらえるようにそうしておく。

話はすき焼きに戻そう。

いつもより早い時間にスタートした正月二日目のすき焼き料理に堪能する。

何かがおかしいと感じたのは野菜を食べたときだ。

白菜や白ネギではなくタマネギである。

白ネギはともかく白菜は煮れば煮るほど水が出る。

水が出れば味が薄くなる。

薄くなるからすき焼きのタレは追加にタプタプ。

水増しからタレ増しである。

それを防ぐには白菜ではなくタマネギである。



我が家は何十年も前からタマネギすき焼き。

これを覚えたのは淡路島。

テレビが伝えていた淡路島のすき焼きである。

淡路島のタマネギは甘味がある。

すき焼きにぴったしである。

しかも水分が少ない。

少ないから水増しにならない。

甘味があるタマネギだからすき焼きと相性が良い。

食べなおしはいつやってくるのだろうと思いつつ今夜の味に浸っていた。

(H29. 1. 2 SB932SH撮影)
コメント