マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

続、六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時42分18秒 | 山添村へ
ジンパイの舞。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時41分27秒 | 山添村へ
奉殿楽拝殿献奉。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時39分43秒 | 山添村へ
会所出幸。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時38分46秒 | 山添村へ
会所振舞。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時37分52秒 | 山添村へ
会所でヨバレ。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時36分29秒 | 山添村へ
ヒワヒワを先頭に渡御。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

六所神社宵宮奉殿楽

2006年11月30日 08時35分15秒 | 山添村へ
奈良県の東北部に位置する山添村東山地区辺りの各地では、秋祭りに際して神事芸能の田楽が奉納されます。

峰寺の六所神社で奉納されるジンパイは、峰寺、松尾、的野の3カ大字から一年交替で選ばれた渡り衆8人が演技します。

宵宮の日、トーヤ宅でヨバレをいただいた渡り衆は、お渡り前にお風呂をいただき身体を清めます。

素襖姿の装束に着替えると、ヒワヒワと呼ばれる弓を持った一老を先頭に、ガチャガチャの編木、笛、太鼓に鼓を手に持って、道中を演奏しながら同神社までお渡りをします。

到着した一同は同神社拝所の前に整列して拝礼を行い会所に上ります。

三カ大字の氏子総代を前に一老がお渡りで参ったことを挨拶しお神酒をいただきます。

ヨバレをいただいたあとに拝殿に赴きジンパイ(神拝)と呼ばれる奉殿楽(ホーデンガク)を奉納披露します。

笛や太鼓に鼓の吹奏が行われるなか、渡り衆のうち三人が楽器を床に置いて、扇で煽ぐ所作を行います。

奉納を終えた一行は、地区の人々に見送られてトーヤ宅へ戻っていきます。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

峰寺のキソウメンタケ

2006年11月29日 08時34分08秒 | 自然観察会
山添村峰寺の神社へ向かう道の傍らを見上げると、すくっと直立する黄色い姿を発見。

何だろうと思って記録しておきました。

後日、キノコに詳しい先生にその状態を伝えたたところたぶんソウメンタケの一種ではと。

図鑑を調べていくと「キソウメンタケ」と載っていました。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

峰寺のアキノキリンソウ

2006年11月29日 08時32分56秒 | 自然観察会
10月も半ばになるとアキノキリンソウが小さな花びらで秋を彩ります。

ここ山添村の峰寺でも神社へ向かう道の傍らに咲いていました。

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント

続、峰寺ジンパイ八人衆

2006年11月28日 09時06分31秒 | 山添村へ
ジンパイ八人衆奉殿楽所作。

一回目の右回りはゴミを吐き出し綺麗にして祓い清め。

二回目の左回りは福を招き入れる意味の所作。

富久者有知(ふくわうち:久しく富める者は知あり)、遠仁者疎道(おにわそと:じんに遠き者は道にうとし)に通じるものといわれています。 

(H18.10.14 Kiss Digtal N撮影)
コメント