マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

スーパーで売るお迎えの牛に送りの午

2018年10月11日 09時34分48秒 | 民俗あれこれ(売り場の民俗歳時記編)
今年もお盆の祭具がスーパーで売られている。

いつごろからお盆の祭具をスーパーで売るようになったのか記憶にない。

いつのまにか、「売っているなぁ」と思ったぐらいだから意識していなかったに違いない。

意識しだしたのは県内の民俗・習俗取材をするようになってからだ。

お盆の在り方にある特に民間信仰である。

アラタナもそうだが、先祖さんを迎える手段は違えども宗派問わずにされているのではないだろうか。

ただ、宗派によってはこうでなければならない、というのもある可能性がある。

すべてのお家の調査をするわけにはいかないのであくまで推定であるが・・。

これは住まいする家の近くにあるイオンタウン富雄南のスーパー山陽マルナカで売られていたものだ。

胴体に飾った着物?は何であろうか。

たぶんにお迎えの午に送りの牛だと思うが、これはどこの地方のものであろうか。

私が拝見した奈良県の先祖さんの祭り方にはない。

この商品はどの地方で作られたのか。

ラベルを見ていないからなんとも云えないが、売っているスーパーは岡山県が本店の山陽マルナカ。

もしかとして岡山県の習俗なのであろうか。

そうであれば奈良県の習俗とは一致しない。

買っていく人はそのことを知らずに購入することが考えられる。

大晦日になれば大どころか中小スーパーから小売店まで正月しめ飾りを売るようになっているが、地方固有の形は見たことがない。

ということは一般的な形のしめ飾り。

それであれば問題はないが、お盆の在り方では異文化。地方独自、宗派独自、家独自であった在り方が、崩れてしまうことが考えられる。

仕入れ担当者はそういう地方文化をご存じなのであろうか。

(H29. 8.12 SB932SH撮影)
コメント

箸中・北橋清月堂の土用入りの土用餅

2018年09月03日 09時39分14秒 | 民俗あれこれ(売り場の民俗歳時記編)
箸中に今年も季節がやってきた「土用入りの土用餅」。

売り切りごめんだけに土用入りの当日は早い目に口にする。

(H29. 7.16 SB932SH撮影)
コメント

スポーツミツハシ富雄南店の七夕短冊の願いごと

2018年08月20日 08時50分28秒 | 民俗あれこれ(売り場の民俗歳時記編)
今夜は七夕。所用に立ち寄ったジョーシン富雄南店。

用事を済ませて階段を下りようとしたら笹飾りが目に入った。

近寄ってみればジョーシンではなくスポーツミツハシが設営した七夕さん。

買い物に来られたお客さんが願いを込めて書いてもらえるようにテーブルに短冊を置いていた。

笹はプラスチック製だが短冊は色紙。

ペンもあるから、願いも書いてあるだろうと覗き込む。



黄色い色紙に書いてあった願いごとは「テニスがうまくなりますように!!」だ。

他にも「目標70kg」の願いもある。

重量挙げなのだろうか。

スポーツミツハシに願掛けした短冊はどうされるんだろうか。

子どものころは大阪市内の北島地区でしていた七夕の願い。

60年も前のことだから朧気だが、短冊は笹ごと大和川に流した。

それから数日後。

大雨が降った翌日だったような気がする。

上流から流れてきた短冊願いは笹ごと、大和川の砂浜に流れ着いていた。

上流が豪雨のときは決まってなんやかやが流れてきた。

どんぶらこ、どんぶらこ、と流れてきたのはスイカだった。

金魚もおった。

上流は大和郡山やで、と親から聞いたが、子どもにとっては、そこ、どこ、っていうぐらいの地。

その大和郡山は現居住地。

大和川が縁を繋いでくれた、と思っている。

(H29. 7. 7 SB932SH撮影)
コメント

アピタ大和郡山店の七夕短冊の願いごと

2018年07月31日 10時09分00秒 | 民俗あれこれ(売り場の民俗歳時記編)
7月2日に立ち寄った大手スーパーオークワ系のプライスカット店。

店舗は地元馴染みの奈良県の大和小泉店。

売り場は魚介類。

明石蛸ではなく海外産の蛸は蒸し蛸。

普段でも売っている蛸であるが、そこにあったPOP表示は「半夏生(はんげしょう)」にどうぞ、というわけだ。

生まれ育った大阪市内に住んでいたころから夏にはお馴染みの蛸。

我が家ではキュウリ揉みの蛸酢だった。

ワカメを入れる蛸酢は今でも食べているが、半夏生を意識したことは特にない。

ここまで読まれた方はタイトルと違うやないかと云われそうだが、それはシリーズに入る糸口。

撮らせてもらった写真は地元大手スーパーのアピタ大和郡山店の入口にあった七夕の笹飾り。

そこにあったテーブルに短冊が置いてある。

来店客が目につくような場所に設置してあるものだから、次々と願いごとを書いている。

書き終わったら笹に括り付ける。

圧倒的に多いのは子どもさんがおられる家族連れ。

稀にお母さん一人で書いておられる場合もある。

実はこの日は2度目の七夕目撃。

午前中に見たスーパーは田原本町にあるスーパーセンターオークワ。

そこも七夕の短冊願いを書く場所があった。

幼稚園や保育園では前日くらいにすると思うが・・。

つい最近、FBカバーに夏越しの水無月餅をアップしたが、これもまた和菓子屋さんで売っている季節商品。

昨年は箸中の和菓子屋さんで売っていた季節商品の土用餅にどさくさ餅も買って食べたことがある。

歳時記の一つにある食べもの民俗がある。

昨今は年末に売る注連縄もあればお盆のお供えもある。

店屋売り場に見る日本の民俗歳時記は間口が広がっているような気がしてならない。

目についたときには記録して撮っておきたい店屋の売り場の民俗はいっぱいありそうだが、洋もののクリスマスやハロウインは取り上げない。

日常的に売られているものも除く。

一年では終わりそうにないスーパーなど店屋さんにある民俗文化の歳時記を見つめていきたい・・・不定期シリーズの始まり・・・。

(H29. 6.25 SB932SH撮影)
コメント