アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

ホンダジェット 歴代エンジン初公開

 | Weblog
 季節外れの暑さが続いてますねぇ。東京では27日、練馬でも30度超え。25度以上の夏日が5月に入って19日となり、観測史上初めてのことだそうです。海の向こうのインドでは45度だそうですから想像を超えます。熱めの風呂みたいなもんですから、どうしようもないですね。お隣の埼玉県和光市で、先月初飛行が公開されたホンダジェットに搭載されたエンジンをはじめこれまで開発が進められてきたホンダのエンジン4基が公開されているというので行って来ました。途中、汗を拭き拭き、暑かったです(フゥ~)。

 ホンダが開発したのはビジネスジェットと呼ばれる超小型機で、5~6人乗り、2000㌔前後の近距離移動に適した飛行機で、滑走路の短い飛行場でも楽に利用できます。ホンダがジェットエンジンの開発研究に取り組んだのは1986年からで、取り入れた空気を圧縮して燃焼させプロペラを回転させるターボプロップから90年代後半には蓄積した技術をもとに小型化したターボファンエンジンを開発、HFX-01エンジンで大型機を用いた高空試験も実施。さらに独自技術で開発したHF118-2エンジンは2003年にホンダジェットプロトタイプに搭載、飛行に成功しました。

 さらに改良を進め、GE社と共同開発しより小型化、低燃費、快適性にすぐれたエンジンとしてホンダジェットに搭載され実用化にこぎつけたのがHF120です。これらは和光市にある本田技術研究所で開発されてきたもので、和光市の要請にホンダが応え展示会が実現したものです。開発初期のエンジンが一般に公開されるのは世界初とのことで、同市市民文化センターで6月1日まで公開中です。入場無料。
コメント

有楽町で全国の手土産が一堂に

 | Weblog
 日曜日は雨降りで気温も下がりそうとの予報でしたが、東京はうまい具合に外れてくれて良い天気になりました。有楽町の複合商業施設、東京交通会館が開館50周年を迎えるのを記念して「全国手土産じまん~物産館いいモノめぐり~」が開かれており、郷土芸能披露やゆるキャラたちのパレードもあるというので、好天に誘われのぞいてみました。

 交通会館は有楽町駅前に1965年6月18日にオープン、地上55㍍の回転ラウンジレストランや展示場などのほかすぐ近くを走る新幹線が見える3階の屋上庭園があり、銀座に近いとあって人気を集めました。現在はパスポートセンターがあるほか、全国の都市のアンテナショップも多く入居してさまざまなイベントも開催されています。50周年の記念イベントは地域交流をテーマにした物産展で、34軒の地域ショップが駅前広場に店開き、それぞれの自慢の手土産を販売したほか、メーンステージでは参加各県のっ観光PRもありました。郷土芸能では沖縄のエイサーや高知のドリームよさこいなどが披露されたほか、ご当地ゆるキャラの紹介パレードも。普段あまり見られないゆるキャラたちが見物の人たちに盛んに愛嬌をふりまき喜ばせていました(写真)。

 6月19日から7月5日までは「写真でたどる有楽町の記憶~交通っ会館が歩んだ50年」の写真展が会館3階のグリーンルームでひらかれまs
コメント

日暈(ひがさ)

 | Weblog
 まだ5月だというのに台風が早くも7つも日本列島に近づいたり、真夏並みの暑さが来たりと変てこな天気が続いていますが、今年の夏も猛暑になるんでしょうかね。22日には東京をはじめ各地で太陽の周りに輪が出来たような現象が見られました。日暈(ひがさ、にちうん)と呼ばれる大気光学現象で、太陽に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れるものです。対流圏上層に発生し氷晶(大気中に出来る氷の結晶)から成る巻層雲の氷晶がプリズムとして働き、光が氷晶の中を抜ける時に屈折されることにより生じるのだそうです。

 ワタシが見たのは午前11時過ぎでしたが、だいぶ前から観測されていたようで日暈とともに下の方にほぼ水平な虹が見える環水平アークも見えたようです。月の周りにも出来ることがあるそうで、これは月暈(つきがさ、げつうん)と呼ばれます。虹のようにも見えることから白虹(はっこう)とも呼ばれ、古代中国では白虹が太陽を貫くことは、兵乱の兆しとされたそうです。頻繁に起きる現象ではありませんが、前にも見たことがありますので極めて珍しいということでもなさそうです。太陽に暈がかかると天気は下り坂になるといわれますが、東日本は明日は雲の多い天気になりそうです。
コメント

石神井の照姫まつり

 | Weblog
 17日の東京は朝から青空の広がる好天に恵まれ、浅草では三社祭のフィナーレを飾る神輿の宮出しが行われ熱気に包まれました。三社祭りは毎年出かけていたので、たまには地元の祭りにと今日は石神井公園で開かれた照姫まつりに行って来ました。照姫は室町時代の伝説上の女性で、石神井城(練馬区)の落城の際に滅んだといわれる城主豊島泰経の後を追って三宝寺池に身を投げたという二女。練馬区では悲劇の照姫を偲んで昭和63年から毎年、照姫まつり実行委員会とこの時期に照姫まつりを開催しており、練馬を代表する祭りになっています。

 まつりの主役、照姫と豊島泰経公、奥方の三役は毎年区民から公募して決めており、今年の照姫は石神井町の戸田鮎菜さんが務めました。かつては女優の中原ひとみさんや小林綾子さんも照姫役になったこともあったそうです。祭り会場は石神井公園で、数々の模擬店が出店して祭ムードを盛り上げ朝から大賑わい。新装なった野外ステージで舞台演技や三役はじめ一般から選ばれた参加者たちが石神井城落城の物語を演じました。この後出陣式で鬨の声を上げ、照姫を先頭に(写真)きらびやかな時代装束と甲冑を身にまとった約100人の大行列が石神井公園駅まで街中を練り歩きました。今年は練馬区と友好都市の長野県上田市からも赤備え甲冑隊で知られる真田陣太鼓保存会も六文銭の旗印で行列に参加しました。
コメント (2)

浅草三社祭が開幕

 | Weblog
 浅草に夏を告げる三社祭が14日の本社神輿の神霊入れの儀で開幕、15日は名物大行列が浅草の街を練り歩き、祭りムードを盛り上げました。大行列はお囃子屋台を先頭に、無形文化財神事びんざさら舞、鳶頭木遣、シラサギの舞いが浅草組合前から馬車道通りー雷門通りー仲見世を経て浅草神社境内まで歩き、沿道には多くの人が詰めかけました。仲見世通りから浅草寺の間は修学旅行の生徒たちなど文字通り見物人であふれ、行列を見るのもひと苦労です。午後2時過ぎに浅草神社に着き、神社拝殿で神事びんざさら舞が奉納されました。びんざさら舞は、五穀豊穣を祈願して行われる舞で、田植え行事を芸能化したもので鎌倉から室町時代に大流行したそうです。

 夕方には各町神輿に御神霊(おみたま)をお移しする神霊入れの儀が神社拝殿、幣殿で行われました。16日は祭りの華神輿の連合渡御が行われます。午前10時の例大祭式典の後、神社境内に集合した浅草氏子44町の町内神輿がお祓いを受けたうえで一基ずつ発進、町内へ繰り出します。そして17日は3基の本社神輿の宮出し、各町を渡御して最高潮を迎えます。午前11時から午後6時まで、馬車道通りでお祭り広場も開かれ、浅草は祭り一色に彩られます。
コメント

電車の見える風景

 | Weblog
 北陸新幹線の開通、東北線、常磐線から東海道線への直通運転になる上野東京ラインの実現など、新線の話題から大阪や上野から北海道の札幌を結ぶ寝台特急「トワイライトエクスプレス」「北斗星」のさよなら運転と、電車の話題の多かった上半期でした。来年春には函館から東京まで北海道新幹線が開通の予定で、まだまだ話題は尽きないようです。モータリゼーション全盛の時代にあっても鉄道フアンは依然として多く、こうしたイベントの際には駅や撮影スポットにはいつも驚くほど多くの人たちが押し寄せます。いつになっても鉄道には人を惹きつける魅力があるのでしょう。

 ワタシも列車に乗ってあちこち旅をして回ったり、重い機材を抱えて遠いところまで出かけたりするほどのマニアではありませんが、鉄道大好き人間の一人ではあります。ですから、わざわざとはいかないまでにも機会があれば列車を選んで乗ったり、街中で列車の良く見えるスポットに出かけしばらく眺めていたりするのが好きです。写真はお茶の水の聖橋からの風景で、高架を走る中央線とちょっとだけ地下から顔を出す地下鉄丸ノ内線がいいです。たくさんの電車が見られるスポットとしては、日暮里駅の脇の橋からの眺めがお勧めです。ここは山手線、東北線、常磐線、東北・上越・北陸新幹線のほか京成線の電車がひっきりなしに走るので、退屈することがありません。
コメント (2)

神田祭最高潮!

 | Weblog
 東京に初夏の訪れを告げる夏祭りのトップを切って開かれている神田祭は10日、祭りの華神輿の宮入りを迎え祭りは最高潮に達しました。神田祭は江戸の総鎮守神田明神の祭礼で、山王祭、深川祭と並んで江戸の三大祭りといわれ、江戸時代には祭礼行列が江戸城内に練り込み将軍の上覧があったことから天下祭とも称されます。また大阪の天神祭、京都の祇園祭とともに日本三大祭りのひとつでもあります。二年に一度本祭りが行われ、今年はその年にあたるほか、大手町から現在地に遷座してから400年になる奉祝の年にもあたることから奉祝大祭としてより盛大に行われています。

 祭りは7日に開幕、9日には神幸祭、附け祭りが行われ数千人規模の大行列が神田:日本橋界隈を神田明神まで練り歩き、10日は朝から各町内に勢ぞろいした氏子の神輿が各地区を巡行した後続々と神田明神へ宮入り。神社境内は人でごった返し、終日熱気であふれかえっていました。東京ではこの後、15日から浅草神社の三社祭りが開幕するなど夏祭りのシーズンに入ります。


 
コメント

そろった!

 | Weblog
 ゴールデンウィークもそろそろ終わり。といってもこっちはいつもゴールデンウィークみたいなものですが。それにしても今年の連休は良い天気が続きましたね。手元にデータがないので、はっきりしたことはわかりませんがちょっと記憶にないほど珍しい“記録”かも知れませんねぇ。どこへ行っても混雑でしょうから、もったいなかったけどずっと東京にいました。日課の散歩は欠かしませんが、今日、帰ってから歩数計を見ると数字が並んでいました!1歩足りませんが、計画しても出来ることではないので気持ちよかったなぁ。これまでの累計は19444.23㌔、ウォーキングを始めた頃の目標の地球半周20,000㌔まであと少しまで近づいてます。

 6日は立夏、暦の上では夏の到来ですが、結構暑い日が続いたので、やっと暦が追いついたかという感じですね。それにしても夏の声を聞いたばかりというのに、もう台風が発生しているというからびっくりです。直接、日本に影響はありませんでしたが既に6号だって。まだ遠くにいますがコースによっては日本に近づくかもしれないといいますから、注意が必要かもしれません。
コメント (2)

光が丘公園でモンゴルの祭典

 | Weblog
 真夏のような天気が続いている今年のゴールデンウィーク、行楽地はどこも大にぎわいのようですが練馬区の光が丘公園では3日、4日、けやき広場でモンゴルの祭り「ハワリンバヤル2015」が開かれました。ハワリンバヤルとはモンゴル語で春祭りという意味で、在日モンゴル人留学生たちが主体となってモンゴルの伝統や文化を紹介しお互いの友好親善の一助にと、同公園でイベントを開催してから15年目。今ではゴールデンウィークの行事としてすっかり定着、日本最大級のモンゴル祭りとして毎年5万人の人出でにぎわいをみせています。

 展示エリアには、モンゴル遊牧民ならではの独特な住居「ゲル」もお目見え。一年中移動しながら遊牧するため丈夫で、組み立て式になっており、中心には天窓があり煙突をつけるそうです。実際に入ってみると意外に明るく、静かで落ち着き、穏やかな遊牧民の暮らしの一部を体験できます。モンゴルの伝統的な楽器馬頭琴の演奏もありました(写真)。もう一つのゲルには日本の書道とモンゴルのウィグル文字で書かれたことわざが展示され、意外に似ていることがわかります。モンゴル語と日本語はルーツが同じアルタイ語なんだそうです。

 このほか出店コーナーにはモンゴルの肉料理の代表であるボーズやホーシュールをはじめとした数々の出店が並び、珍しい料理が人気を集めていました。また芝生ではモンゴル相撲も行われ、日本の相撲とは違った迫力に喝采が送られていました。相撲大会のズポンサーである横綱白鵬関も姿を見せ、選手に声援を送っていました。
コメント

八十八夜

 | Weblog
 連休もいよいよ後半、いいお天気が続いています。2日は八十八夜、暦の雑節のひとつで立春から数えて88日目で、春から夏への変わり目になります。雑節とは、二十四節気、五節供などの暦日のほかに、季節の移り目の目安になる特別な暦日の総称で、お馴染みの節分、彼岸、土用、二百十日など9つあります。八十八夜の別れ霜とも言われ、この時期は気候も安定し遅霜の心配もなくなる頃で農作業も本格化する時期ですが、突然の遅霜に襲われることもあるため八十八夜の泣き霜との言葉もあります。そして6日は立夏、暦の上ではこの日から季節は夏になりますが、今年はもう既にあちこちで真夏日を記録するなど、季節は
先に進んでいるようですね。

 近くに茶畑はありませんが茶所の狭山あたりでは八十八夜を迎えて一番茶の茶摘みが盛んなことでしょう。この日に摘んだ新茶を飲むと、一年間無病息災で過ごせると言い伝えられています。またこの時期は目に青葉 山ほととぎす はつがつお と詠われたように新緑の美しい、一年で最も爽やかな季節ですね。流通の発達した現代では、初がつおはもっと早い時期から食卓に上るようになりましたが、頬をなでる心地よい薫風とともに新緑から深緑までさまざまな緑が目に染みる景色が楽しめるのはこれからです。写真はコデマリ、小さな花の集まりが手毬のように見えることからこう呼ばれます。似たような名のオオデマリは見かけも全く違う別の種です。

コメント