アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

練馬区の伝統工芸展

 | Weblog
 28日は一足飛びに冬になってしまったようで寒かったですねえ。昔の会社の仲間たちとの会があったので上野まで出かけましたが、帰りは冷たい雨で結構濡れました。日頃の心がけが悪かったわけでもないでしょうが、まるで忘年会の頃のような寒さでした。今日はまずまずの天気で、秋が戻ってきてよかったです。西武線練馬駅直結の練馬区立産業プラザcoconeriで練馬の伝統工芸展が開かれているので行ってきました。区内には昔ながらの伝統工芸が脈々と息づいており、その種類も江戸表具、東京手描き友禅、江戸刺繍、彫金、江戸染小紋、陶芸、螺鈿蒔絵など14業種に及んでいます。

 区ではこれらの全国的にも誇れる工芸品を認識してもらい、伝統の心と技に直接触れてもらおうと毎年、展示会を開いており今年で28回になります。会場では見事な工芸品の数々の展示のほか、練馬区伝統工芸会の会員が製作実演、いろんな質問に答えてくれ様々な体験が出来るコーナーもあり、販売も行っています。江戸の粋と洗練された美が息づく東京友禅は、動きのある大胆な流れの構図と単彩表現の中に本物としての深みと重厚さにあふれ、見る人を惹きつけています。40年もの間手描き友禅に取り組み、都会は感覚の気品を追求している生駒暉夫さん(写真)によると、完成まで小さいものでも一か月、大きい作品は数か月以上もかかるということです。午前10時から午後6時まで、30日まで開催されています。

 
コメント

ことし“最後”の?夏日

 | Weblog
 このところ気温の低い日が多かったのですが、26日は良い天気になりました。東京では朝はひんやりするほどでしたが、日が高くなるにつれて気温も上がり最高気温は練馬で26.4度と6日ぶりに夏日が戻ってきました。富士山では平年より大分遅く初冠雪を記録したそうですが、こちらからは残念ながら少しもやっていて見えませんでした。10月もそろそろ終わるという頃に、25度を超える夏日になるのは珍しいことでしょうか。前日は20度に届かなかったのですから、幅があり過ぎますね。体温調節が難しい高齢者や小さい子供は風邪を引きやすくなりますからご用心です。

 来週はもう11月ですから、夏日になることはなさそうです。週間天気でも週末はまた雨が降り、それ以降も秋らしい涼しい日が続きそうですからちょっぴり寂しくなります。最後になりそうな“暑い日”をしっかり楽しんでおこうと、今日は普段より少し多く歩きました。近くのもみじやま公園では、紅葉はまだまだですが、十月桜は満開になりました。花はソメイヨシノより小ぶりですが、ピンクがかっていてとてもきれいです。早々に散ってしまう春のサクラと違って結構長い間咲いているので、うまくいけば紅葉とサクラのコラボが見られるかもしれません。
コメント

天気は良いけど、ちぃと寒いねぇ

 | Weblog
 週明けの24日は珍しく一部を除いてほぼ全国的に秋晴れの好天でしたね。ただ、その分放射冷却の影響で朝の冷え込みは一段と強まりました。東京も抜けるような青空が朝から広がりましたが、都心の最低気温は11.9度、練馬では11.1度と寒い朝になりました。日差しは十分なのでシャツだけで午前中に散歩に出ましたが風が冷たく、困るほどではなかったものの上着があった方がいいくらいでした。ちょっと寒いけど、天高く広がるる青空は空気が澄んでいるこの時期特有のもので、高所からの眺望は素晴らしいでしょうね。

 というわけで、大泉学園駅直結のグラン・エミオ屋上庭園に久しぶりに上ってみました。4階ですからそれほど高くはないのですが、それでも目の前のパノラマはなかなかで池袋のサンシャイン60とはるか遠くの東京スカイツリーのツーショットも見られました。なんといっても相当の距離なのでくっきりとはいきませんが、普段のぼうっとした景色とは明らかにちがいます。

 友人から家庭菜園で収穫したというサトイモを頂いたので、山形の秋の郷土料理いも煮を作りました。日本酒も調達、今晩は風呂上りに一杯やりながらいも煮を楽しむことにします。明日もまたぐっと冷え込むと言いますからあったまって寝ましょう。
コメント (2)

ロボットが外国人観光客に対応

 | Weblog
 人工知能技術を活用したサービスの研究に取り組んでいるJR東日本では、対話型のヒューマノイドロボットを使った外国人観光客への質問応答の実証実験を行っています。このロボットは、商業施設などで接客・案内サービスを行うことを目的に日立製作所が開発した「EMIEW3」で、東京駅丸の内北口の「JR EAST Travel Service Center」にディスプレイとともに置かれており、対話する外国人観光客に合わせて、日本語、英語、中国語で質問に答えます。ロボットからの音声案内加えて、ディスプレイ上に画像や動画で表示されるのでわかりやすいと好評だそうです。

 ロボットが対応する主な質問は、東京駅を発着する列車の案内や駅構内、周辺施のコインロッカー、トイレなどから外貨両替所まで幅広く、観光面では東京スカイツリーや浅草、皇居などの名所も紹介します。今月28日まで実験を続け、利用状況調査などからサービス内容を評価し、駅空間でのロボットによる接客サービスの実用化に向けた検討を進めるということです。それにしても人工知能を活用した多岐にわたるサービスが受けられる時代はすぐそこまできているんですね。
コメント

コスモスと青空と

 | Weblog
 10月も中旬から下旬に差し掛かろうとしています。20日は北海道を除いて概ね良い天気に恵まれたようで、気温も上がり季節外れの暑さになったところも多かったですね。東京も練馬では最高気温が28.1度と9月上旬並みの天気でした。朝から雲一つない青空が広がり、気温が上がっても湿度が低いため爽やかな散歩日和です。コスモスが今見ごろで、澄みきった青い空を背に風に揺れる花々は一幅の画のようで、しばらく眺めていても飽きません。夏のような、秋のようなとても気持ちの良い時間が流れていくのも好天のせいでしょうねぇ。

 こんな天気がしばらく続いてくれれば言うことないのですが、こればかりは意のままにならないもので来週は曇りがちで気温も20度に届かない日があるようです。23日は二十四節気の霜降で、北国や山間部では霜が降りる頃です。北海道では平地でも雪が降ったそうですから、日に日に秋も深まっていくのでしょうが、これからは紅葉の季節になりそれも楽しみのひとつですね。
コメント (2)

久しぶりに夏の名残

 | Weblog
 爽やかな秋の天気には程遠い日が多かったですが、18日は久しぶりに気持ちも弾むような好天に恵まれました。西日本では30度を超える暑さになった所も多く、東京も最高気温が26.3度と夏日になりました。今月前半はそこそこの気温が多かったのに、10日以降は晴れ間がたまにのぞく曇りの日が多く気温も20
度に届かない肌寒い日が5日もありました。それだけにこの日の暖かい朝と抜けるような青空は、なにか儲けものをしたように感じたのはワタシだけではないでしょうね。

 午前の散歩は半袖で十分、肌をなでる風も心地よく、日向は暑いほどで日陰を選んで歩いたのは何日ぶりでしょう。秋というよりは夏の名残を肌で感じました。遠足日和とあって公園は幼稚園や保育所の子供たちがいっぱいで、元気な声が弾んでいました。途中に見た枇杷の木にはセミの抜け殻がまだ残ってました。夏の置き土産ですが、セミの声が聞かれなくなって久しいのに、風に飛ばされることなく…強いんですねえ。明日は今日ほど気温は上がらず涼しそうですが、秋が深まるにつれて暑さが恋しくなるのはおじさんのいつものわがままです。
コメント

地球の裏側からようこそ パラグアイフェスティバル

 | Weblog
 秋とは思えない寒さになったり、ちょっと暖かくなったりと不順な天候が続いていますが、16日は二日続きで良い天気になりました。東京・練馬ではこの日イベントが目白押しで、秋らしい好天に恵まれにぎわいました。西武線練馬駅周辺ではアニメカーニバル、遊園地としまえんではねりま祭が、そして光が丘公園では地球の反対側にある遠くて近い国南米パラグアイの文化やグルメを楽しんでもらおうと、パラグアイフェスティバルが開かれました。

 のぞいてきたパラグアイフェスティバルは、外務省や在日パラグアイ共和国大使館などの後援で毎年、この時期に開かれている国際色豊かなイベントで、今年で5回目とすっかり定着しています。特に今年は日本人のパラグアイ移住80周年にあたるそうで、同じ南米のブラジルやメキシコからも参加してにぎやかな祭りになりました。会場のけやき広場には数々のパラグアイ料理の店が出店、あたりには肉を焼く煙が漂い、おいしそうな香りに引き寄せられた人たちで飲食コーナーは大賑わい。伝統工芸品の販売もあり、特設ステージではパラグアイの伝統楽器アルパによる音楽演奏(写真)が次々に披露され、中南米特有の迫力ある演奏やダンスに大きな拍手が送られていました。
コメント

自衛隊観閲式 本番前に統一訓練

 | Weblog
 13日は寒気が流れ込んでいるため全国的に冷え込みました。東京もどんよりした曇り空で、風も冷たく秋というよりはもう冬といった寒さで、日中も20度には届きませんでした。11月の気温だそうです。さて、11月1日は自衛隊記念日で、これを記念していろんな行事が行われる予定ですが、今月23日に陸上自衛隊東部方面の朝霞訓練場で中央観閲式が開催されます。当日の式次第をそっくり再現する、方面統一訓練が13日に同訓練場で公開され、入場券を頂いたので行って来ました。

 中央観閲式は、陸、海、空自衛隊が参加、総理大臣も出席する一大イベントですが、入場券がなかなか入手するのが大変でこれまで見たことがありませんでした。統一訓練は内容が同じで観覧スタンドも当日と同じ設定ですので、雰囲気は十分に味わえました。各自衛隊員の一糸乱れぬ行進や、車両部隊、航空隊の編隊飛行などが披露され、スタンドを埋めた観覧者から拍手が送られる場面も。普段はあまり目にすることもない婦人自衛官のそろった行進も見られました。それにしても身支度はしっかりして行ったつもりでしたが冬のような寒さで、見学する方もちょっとこたえました。
 
コメント (2)

シモバシラ

 | Weblog
 この二、三日曇り空で時折雨といった天気で、どうも気分もすぐれません。先週の6日には30度超えの季節外れの暑さでしたが、雨が降った後はすっかり空気が入れ替わってしまって、北から下がってきた寒気にすっぽり覆われているようです。連休最終日の10日、東京ではひんやりした朝で、日中も気温は20度に届きませんでした。体育の日でしたから各地で運動会などの行事が行われたことでしょう。スポーツにはちょうど良いくらいの天気だったかもしれませんね。しかし北海道では雪の便りも聞かれましたので、着実に秋は深まっているようです。

 散歩の途中で寄ってみた牧野記念庭園では、花はほとんど終わりでしたが、小さなシモバシラがぽつんと咲いていました。寒くなって見られる霜柱はまだ先のことですが、このシソ科の花はその霜柱とまんざら関係がないわけではないんですね。花がそのように見えないこともないですが、12月ごろすっかり枯れた頃、根はしっかり活動を続けるため茎の道管に水が吸い上げられ、外気温が氷点下まで下がるとその水が凍って氷柱ができます。いわゆる霜柱とは違いますが、氷柱が霜柱のように見えるのでこの名がついたそうです。明日の朝はさらに冷え込みが強まるといいますから、うっかり風邪などひかないように気を付けましょう。

 
コメント

新銀河鉄道999出発進行!

 | Weblog
 三連休初日の8日東京は雨模様の天気。一日ずれていたらせっかくの五輪メダリストの銀座凱旋パレードも水を差されていたわけで、よかったですね。やっぱりパレードは晴れでなきゃ。今でも余韻が残ってます。今日は西武線の豊島園駅に来ました。2014年に惜しまれつつ引退した、西武鉄道の「銀河鉄道999デザイン電車」が装いを一新、新銀河鉄道999電車として復活することになり、デザインした松本零士さんを迎え豊島園駅で出発式が行われました。

 初代の銀河鉄道999電車は、西武池袋線沿線の大泉学園に住む原作者の漫画家松本さんの「夢に出てきそうな電車を走らせることで、電車に乗る楽しみを発見してもらいたい」という思いと、アニメによる地域振興を目指す練馬区、沿線の魅力アップを図りたい西武鉄道の意向が合致、松本さんデザインの3000系電車が2009年からスタート。沿線住民らに親しまれましたが、同14年暮れに惜しまれながら引退しました。その後、復活してほしいという声が高まり、松本さんが20000系車両をキャンパスに新たに描きおろしたデザインで生まれ変わった「新銀河鉄道999電車」として8日から運行を再開することになりました。

 新電車は前の青色から、練馬区オリジナルの「ねりまグリーン」をベース色に、999のキャラクターであるメーテルや鉄郎、キャプテン・ハーロックなどが描かれています。同日は出発式でテープカットの後、臨時電車として池袋駅まで走り、折り返し西武球場前駅まで運行して同駅で車両展示などのイベントが行われ、多くの人たちでにぎわいました。2019年3月末までの予定で、池袋線、新宿線で運行します。【写真は西武球場前駅に向け疾走する新銀河鉄道999電車】
コメント (1)