アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

オカトラノオ

 | Weblog
 東京地方は今にも降りだしそうな曇り空ですが、湿度が高いとみえて蒸し暑いですね。予報ではこんな天気がしばらく続きそうです。まあ降らないだけいいのですが、九州、四国地方はまだ大雨が続いているようで大変です。この何日かで東京の一年間の降雨量に匹敵するほどの雨が降った所もあるといいますからたまりませんね。


 しばらく行ってなかった石神井公園を久しぶりに歩いてきました。いつものカワセミのスポットには相変わらずカメラの放列が敷かれてましたが、この日は姿が見えませんでした。アジサイやハンゲショウのほかに咲いていたのがオカトラノオです。垂れ下がるように咲く花が虎の尾のように見えることからこの名がついたそうですが、大きさは猫の尾くらいですかね。丘トラノオ、岡トラノオとも書きますが、湿地で見られるヌマトラノオに対して陸地にあるのでこういうそうです。ちなみにヌマトラノオはよく似ているけど下がらないで上に向かって伸びるそうです。


 1センチにも満たないほどの小さな花の集まりですが、一つ一つを見るととても可愛らしい花です。下のほうから咲いていくそうで先っぽはまだ咲いてません。サクラソウ科だそうですが、葉も楕円形のような先の尖った形でサクラソウのイメージはほとんどありません。


 話は変わりますが今晩は部分月食が見られるとのことですが、この厚い雲では月が現れそうにもありませんね。せっかくの天体ショーですが残念です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夕焼け

 | Weblog
 ニッポン勝ちましたねえ!ワールドカップ決勝トーナメント進出本当におめでとう!勢いがあったからきっと勝つと思ってましたが、いざ現実になるとうれしいですね。このところ暗い話題が多かったけど、日本の底力を世界に示すことができた、どえらく明るいニュースでした。ベスト4なんていわないで頂点目指してがんばってくださ~い。


 この何日か東京では夕焼けがきれいです。梅雨の最中なのに夕方は空が赤く染まって、それだけでいやなことも忘れそうな気持にさせてくれます。昨夕、西武線秋津駅で見えた夕焼けです。本当は前の日の方がもっと空の一角が赤くなりましたが、あいにくカメラを持ち合わせていませんでした。久しぶりに真っ赤な夕焼けでしたので残念でなりません。西の空が朱に染まり、視線を東に移すとやや青味の残る空にぽっかりと月が浮かび、何とも言えない自然の美しさにしばし時を忘れました。夕焼けって、明日いいことがありそうな、そんな気にさせてくれますよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UFO の日

 | Weblog
 関東地方は梅雨の晴れ間で今日はよい天気です。南九州の大雨は大変ですね。心よりお見舞い申し上げます。さて、6月24日、UFOの日だそうです。アンアイデンテファイド
フライング オブジェクト(未確認飛行物体)を略してこう呼ばれるのですが、なぜ今日かと言いますとアメリカの実業家のケネス・アーノルドという人が1947年(昭和22年)のこの日に世界で初めて空飛ぶ円盤を目撃した日で、それを記念して制定されたそうです。


 空飛ぶ円盤なんて懐かしい表現ですが、その後いろいろ目撃するケースがあり円盤状だけでない形の飛行物体が報告されたことから、未確認の飛行物体をUFOと呼ぶようになったわけです。アーノルドが目撃したのは自家用飛行機の操縦中で、9機のまばゆいばかりのお皿を反対に重ねたような物体で、信じられない速さで飛んだり、ジグザグに飛行したりしたそうでフライング・ソーサー(空を飛ぶ皿)と表現しました。世界各国で目撃されており、未だにそれが何であるかは解明されていません。


 宇宙人の乗り物(宇宙船)であるとか、タイムマシンで未来から来た人類の乗り物だとかいわれてますが、存在すら否定している人(国)も多いですね。写真はアメリカのハッブル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙で星が何千億個も集まった島宇宙がそれこそ数え切れないほど写ってます。気の遠くなるような数の星があるわけですから、その中には高等生物の住む星だって数え切れないほどあるはずで、ひょっとしたら宇宙人の宇宙船説も当たりかもしれませんね。


 今日はそんなわけで世界中で観測が行われる日ですが、あまり見上げる機会のない星空
をじっくり見てみませんか。どうせ地上はつまらない出来事ばかりですから…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏至

 | Weblog
 暑いですね!21日は二十四節気の夏至ですが、東京地方はちょうど梅雨の中休みといった感じの天気が続いていて暦通りの夏空でした。普段はこの時期、全国的に梅雨真っ盛りで一年中で一番昼の時間が長いのを実感出来ないことが多いのですが、今年は長い昼をたっぷり感じることが出来そうですね。12月の冬至の日(22日ころ。夜が一番長い日)と比べると、夏至の日の昼間の時間差は4時間50分にもなるといいます。


 この時期、アジサイが綺麗ですがハンゲショウ(半夏生)もぼつぼつ葉の“化粧”にかかるころです。ドクダミ科の草で日当たりのよい湿地に群生しています。半夏生とは夏至からから数えて11日目のことで、ちょうどこのあたりに葉の半分くらいが白くなるのでこう呼ばれるようです。また葉が半分、化粧したようになることから半化粧とも呼ばれます。夏の盛りにはもとのように白い部分が消えてなくなります。生育に適した場所が少なくなっていることから、地域によっては絶滅が懸念されているそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地デジ & mottainai

 | Weblog
 東北地方も本日梅雨入りして列島全体が梅雨です。東京は今日、朝は雨、午後は晴れて夏空という変な天気で、夕方はまた雨が降りそうだとか。湿度が高く汗かきの私はこの時期が苦手です。降っても晴れてもあまり外へ出たくなく、ブログの材料もなかなか手に入りません。で、今日は天気に関係ないテレビの話。なあんだ、という人は飛ばしてください。


 近頃テレビの画面頻繁ににアナログ放送は来年で終了…の文字が出てきてうっとうしくて仕方がありません。そうです、我が家はまだアナログのテレビです。なぜって、はっきり映ったりデータ放送を利用したりの必要を全く感じないし、まだ壊れていないのに買い替えるのは馬鹿馬鹿しいのです。今のキー局の番組で見るものなんかないじゃりませんか。チャンネルを変えてもどこも同じような顔ぶれのお笑いタレントのオンパレード。アナログでなんの不自由も感じません。


 じゃあアナログが停波したら買い替えるかって?ノン、本当にそんなこと強行できるのですか。壊れてもいないテレビをどうしろというのでしょう。何億台ものテレビをどう始末するのかについては当局は一切、明確なことを言ってません。買い替えで業者が引き取るもの以外にそれだけあるんですよ。役に立たないのですから不法投棄が続出しませんか。


 日本人が世界に誇れるmottainai精神にも反すると思うんですよ、僕は。十分に使えるものを捨て、大枚はたいて新しいのを替えなんてそりゃ無茶だよ。2台も3台もある家庭だって多いんですから。[写真は東京タワーの送信アンテナ。スカイツリーが完成するとそちらへ移るそうです]
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カシワバアジサイ

 | Weblog
 10日の東京は暑かったですね。立川でもお昼頃には気温が27度を超え、まさに夏全開といった感じです。本来ならもう梅雨の季節(平年の梅雨入りは8日だそうですが)なのに今年は梅雨入りは早くて来週くらいになりそうということです。ただ、気象協会の長期予報によりますと7月、8月の関東地方は例年に比べ曇りに日が多い見込みだといいますから暑い夏とはいかないかもしれません。アジサイが見ごろになってきました。雨の日の方がきれいに見える花ですね。


 練馬区のとしまえんではあじさい祭りが開かれていますが、普段なかなか見られない珍しいアジサイが勢ぞろいしており楽しめます。墨田区の向島百花園もここでしか着られない花がいっぱいでお勧めのスポットです。よく目にするのはまあるいセイヨウアジサイですが、近頃はカシワバアジサイをよく見かけるようになりました。葉が切れ込んでいてカシワの葉に似ていることから付いた和名だそうですが、原産地は北米だそうです。日本にも昔からあったようですが近年、栽培する人が増えたのでしょうか。


 花は小さい白い花がいっぱい集まってピラミッド形というかコーンカップに入ったアイスクリームのように盛り上がった独特な形をしています。通勤途中によく見かけるので携帯で撮ってみました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はやぶさが還ってくる!

 | Weblog
 壮大な宇宙ドラマが間もなく完結を迎えようとしています。7年に渡って宇宙空間を旅していた日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日、地球に帰還、小惑星「イトカワ」で採取した表面の砂などのサンプルの入ったカプセルをオーストラリアに着地させる予定です。


 「はやぶさ」は宇宙科学研究所(SAS)が2003年5月9日に打ち上げた探査機で、火星と木星の間にある小惑星のひとつに着陸させ、惑星表面のサンプルを採取、それを地球に持ち帰ろうという壮大なプログラムに挑みました。宇宙ロケットは大抵は化学燃料を噴射させて推進力を得て飛行しますが、はやぶさは電気推進のイオンエンジンという新しいタイプのエンジンの実証をしながらの旅でした。打ち上げ直後から4台あるエンジンの1台がトラブルに見舞われながらも05年に地球から3億㌔離れた小惑星「イトカワ」に無事到達、着陸してサンプルの採取に成功しました。


 予定通りなら07年には地球に戻るはずでしたが、05年帰路の途中またトラブルが発生4台のエンジンのうち3台が停止するという最悪のアクシデントに見舞われました。地上の技術陣が必死に問題解決に取り組み、地上からの指令で動かない2台のエンジンを組み合わせて1台分の推力を確保するという離れ業に成功、予定より3年遅れで地球への軌道に乗せることが出来たのです。今月3日、3回目の軌道修正を行い、まっすぐ地球に向かっています。この時の地球からの距離は約450万㌔、時速18000㎞で飛行を続けています。カット写真は月探査船「かぐや」が月に向かう折に地球から11万㌔付近で搭載していたNHKのハイビジョンカメラが撮影した地球ですが、はやぶさも間もなくこんな地球が見えることでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オサムシ

 | Weblog
 夏らしい日が続いていますね。っでも今日は上空に入り込んでいる寒気の影響で夕方からは不安定な天気になり、東京でも雷雨になるかもという有り難くない予報が出ています。出来ることなら外れることを祈ってますが、どうなりますか。それはともかく、今日6月4日はごろ合わせでしょうがムシの日だそうです。ムシって何だという人はいないでしょうが、意外と嫌いな人が多いようですね。


 写真のムシはオサムシで、昆虫の中でも“歩く宝石”ともいわれるそうですよ。そう言われれば光り輝く体はそう見えなくもないですね。世界中にはこのオサムシの仲間は750属25,000種もいるというから驚きです。国内だけでも20種いるそうです。このオサムシにこよなく愛着を持っていたのが若き日の漫画王といわれた手塚治虫さんで、自分のペンネームも治虫(本名治)としてオサムシと読ませたかったといいます。手塚さんらの呼びかけで虫の日が制定されたそうですから、筋金入りのムシ好きでしょう。


 またムシといえば昆虫以外にもいますよね。曰く、ムシの好かない奴とかムシの居所が悪いとか。ムシの知らせなんてのもよく聞きます。これはよくないことが起こる予感を言いますが、小沢さんとの会談の後親指を立てていたハトヤマさんもその後、ムシの知らせがあったんでしょうか…ねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重咲きドクダミ

 | Weblog
 朝晩は幾分気温が低いものの初夏らしいよい天気が続いています。今日から6月、衣替えの季節ですから早いものですね。梅雨前線もずっと南に下がっており、しばらくはこんないい天気が多いようですが、地球規模では火山が噴火したり、豪雨で被害が出たりと異常が続いているのが気がかりですが…。


 しばらくご無沙汰してました。ずっと東京には居たのですが、あれこれあったのでなかなか更新できないでいました。さて、東京では今、ドクダミが咲いてます。あの独特の香りというか、臭いが嫌だという人が多いようですが、それほど嫌いでもないよという人も結構います。名前が気の毒な花の類ですね。よく見ると可愛らしい花なんですが。名前は可愛いけど実は毒を持っている花もたくさんあるというのに…。毒花どころか乾燥した葉は利尿作用があるほか動脈硬化の予防にもなるという薬草です。雑草扱いされることが多いですが、加熱で臭気もなくなることから天ぷらで食べることもあるようです。


 十字架のような白い花に見えるのは実は花序ではなく総苞片と呼ばれる器官で、中央に伸びているしべのような黄色い部分がたくさんの花の集合体だそうです。どちらかというと日当たりの悪い所に群生することが多く、どこでも見られます。苞がいく重にも重なって咲いているように見える八重咲きドクダミはあまり見かける機会のない珍しい花ですが、日陰で咲いている様はなかなか優雅です。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加