アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

センダイヤザクラ(仙台屋桜)

 | Weblog
 強風に雨、夜には雷までと荒れた天気の後の東京は、3月最終日の31日は青空の広がる良い天気に回復したものの強い北風がまだ残り気温ほどは暖かさを感じませんでした。前日に満開になったサクラは連日の強い風で散ってしまうのではと心配しましたが、それほど影響はなかったようなのはうれしいことです。冬の間から気象情報会社が競って開花予想までして、咲けばこぞってお花見といった行事が繰り広げられるサクラは、日本人にとって相当思い入れの強い花ですよね。会社勤めを終え、暇を持て余す身にとっては、宴会風のお花見は縁がなくなりましたが、あっちこっちへ足を運び花を愛でています。

 サクラと言えば今ではソメイヨシノが主流で80%を占めているそうですが、日本にあるサクラの種類は600種を超えるといいますから、これはこれで驚きです。何度か紹介している牧野記念庭園(練馬区東大泉)には、その中のひとつでそれほど多くは見られないセンダイヤザクラがあり、ソメイヨシノと隣り合って咲き競っています。何でも高知市内の商家仙台屋(旅館という説も)の庭に咲いていたサクラの木に日本の植物学の父といわれる牧野富太郎博士が「センダイヤザクラ」と命名したそうです。ヤマザクラ系統といわれるこの花はちょっとピンクがかっています。写真の奥の方に見える満開のソメイソシノの白っぽい花と比べると色の濃いのがわかるでしょう。サクラの時期はこの花を目当てに訪れる人も多いといいます。

 高知の親木が枯死してしまったので、牧野庭園の木が国内では最も大きく、古い木だそうです。この木からの接ぎ木で各地に仲間が増えているということで、区内では光が丘の春の風公園にもセンダイヤザクラがあるそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カタクリ2

 | Weblog
 一昨日は雨で冷える一日でしたが、この二日は気温も上がり初夏のような天気の東京。まだちょぼちょぼだったサクラもこの陽気で一気に見ごろになった所も多いようです。29日、カタクリの自生地で有名な練馬区・大泉町一丁目の清水山憩いの森を訪ねてみましたが、サクラに合わせるようにこちらも四分咲きになりました。ガイドさんの話では4月上旬が一番の見頃といいますが、春に三日の晴れなしと言われるように明日はまた西から雨が広がってきそうです。せっかくの日曜日、花が咲いたのにまた雨ではお花見の計画を立てている方は残念ですね。週明けは天気は持ち直すそうですが曇りが多く、花冷えとまではいかないものの気温も下がり気味という予報が出ています。

 清水山憩いの森は、昭和49年に白子川沿いの斜面にカタクリが多く自生しているとの地元民からの通報で練馬区が調査を進め、貴重な自然を保護する必要があるとして整備し区が管理しています。北向きの斜面に自生しているカタクリは30万株といわれ、23区で最も規模の大きい自生地で毎年多くの人が訪れる名所となっています。花の期間中はガイドさんが常駐し説明してくれます。ちょっと気がかりなのは、カタクリは日差しがないと花が開かないので、曇りがちの週明けからの見頃の時期にどうなるか、です。うまく開いてくれるといいのですが…。練馬区のホームページの「練馬の案内」からその日の様子が見られますので、確認してからお出かけになるといいです。写真の右下の園内は牧野記念庭園のカタクリです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラ東京でも開花!

 | Weblog
 東京は昨日に続いて25日も春本番のポカポカ陽気になりました。練馬では最高気温が22.5度と今年の最高になり、シャツ一枚でも過ごせる暖かさでまるで初夏のようでした。北上しているサクラ前線はついに東京までたどり着き、気象庁はこの日午後、靖国神社の標本木で5輪のソメイヨシノの開花が確認されたとして開花を宣言しました。東京の開花は平年より一日早く、昨年より9日遅いそうです。昨年はかなり予想より早く咲いたのでびっくりしましたが、今年も気象会社が25日の開花予想を発表していた時は「本当にそんなに早く咲くかな」と半信半疑だったのが見事的中、恐れ入りました。

 靖国が咲いたのならこちらもと、地元の早咲きの木の様子を見に行くと、何と5輪どころではなくたくさん咲いていました。ワタシの住んでいる練馬区の大泉学園は西武線の駅前から埼玉県の境界まで2㌔以上のサクラ並木の大泉さくら通りが続き、満開になるとサクラのトンネルになります。大半はまだつぼみなんですが、例年、同じ場所の2,3本の木が早く咲くので、一足先に花が見られます。30日頃には残りの木も開花し見ごろになることでしょう。30日は大泉さくら祭りのイベントがありますが、今年はドンピシャですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「春」でいいかな いいとも!

 | Weblog
 あれだけ寒く、2度も大雪が降った今年の東京。何年か前までは暖冬であまり寒さを感じることはなかっただけに、この冬はきつかったです。ほとんど着ることもなかったパジャマを引っ張り出して…。3月になっても寒い日が多く、春は来るのかいなと本気で心配してましたが、このところやっと暖かくなりましたね。24日、練馬では最高気温が19.8度まで上がり4月中旬頃の陽気になりました。この先の予報を見ても20度前後の日が多いようですので、これはもう春本番といってもいいでしょう。これまでコートが手放せなかった毎日の散歩も軽装でOK、ウォーキングには最適の季節がやっと到来です。

 暖かさが本物になると、木々や野辺の草花も一斉に咲き出しますね。いつの間にかコブシの花が木を覆い、モノトーンの世界がカラフルに変わる一年で一番心の弾む時期です。どっかの国みたいに視界のきかない空と違い、青空が広がり、澄んだ空気を胸いっぱいに吸って、歩いていても気持ちの良い散歩です。ユキヤナギも小さな白い花を咲かせ、レンギョウの黄色もいいですね。公園の水辺を歩いていると、あれ、ユキヤナギに似ているが薄っすらと赤い色も見える花が…。初めて見たような気がするので、さっそく画像をアップして「はなせんせ」に「何の花?」と質問して教えて頂きました。「ピンクユキヤナギ」というそうです。花はユキヤナギと同じく白ですが、つぼみと花弁の裏側が赤です。純白のユキヤナギも雪を連想していいですが、こちらも日本人好みのような気がします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カタクリ一番花咲いた!

 | Weblog
 21日は春分の日。春のお彼岸の中日でもあり、3連休の初日でもありますね。東京は前日の冬のような寒さの雨降りから一転、青空の広がる良い天気になりましたが、発達した低気圧の影響で北日本は時ならぬ大雪だそうです。サクラの開花も近いというのに、雪かきをしなければならないほどの雪に見舞われた地方の方々には心よりお見舞い申し上げます。春分の日は昼と夜の時間がほぼ同じくらいで、この日を境に昼の時間の方が少しずつ長くなっていきます。日が長くなるに伴い、暖かさもだんだん増してくるといいのですが、寒の戻りもありますからまだ油断はできないのがこの時期です。

 午前の散歩の途中、牧野記念庭園に立ち寄ってみました。入口にあるオオカンザクラは満開で、通りがかりの人も上を見上げて思わずにっこりです。季節の花がいろいろ楽しめる同庭園ですが、まだちょっと早いかと思っていたカタクリがたった一輪ですが、咲いていてびっくり。今年の一番花です。ほかにも蕾を付け間もなく開花しそうなのもありました。土、日は気温もさらに上がりそうですから花開くことでしょう。同じ練馬区のカタクリ自生地で有名な清水山憩いの森も25日頃には咲くのではとのことでしたが、この分では早くなるかもしれません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日比谷公園でクォーゼイ

 | Weblog
 日本を食おうぜ!をテーマにした「地元めしフェス クォーゼイin 日比谷」が20日から東京・日比谷公園大噴水広場で開かれています。しばらく続いた天気からこの日は生憎の雨、しかも冬に逆戻りしたような寒さという悪コンディションでの開幕になりましたが、全国25都道府県から出店した100ブースが雨をものともせず営業を始めました。都心に用事があったので、出かけたついでに会場を訪れてみました。さすがに雨、風ではお客さんの数もそれほど多くはありませんでしたが、それでも食の祭典とあって、待ちかねた人たちがお目当ての食事を楽しんでいました。

 会場は北海道、東北、中四国、近畿、九州・沖縄、中日本の各ゾーンに分かれ各地の自慢の地元めしが勢ぞろい、また北海道から九州まで24種類のご当地ラーメンや地ビールのコーナーもあり、どれを食べたらいいか迷ってしまうほど。このほか認知度が上がるにつれて偽物も出回るようになったというB-1グランプリも本物を味わってくださいと参加し、歴代ゴールドグランプリ受賞団体や今話題の団体などが各地から出店したB-1グランプリコーナーもあります。目を引いたのは食の王国北海道で32店が出店、お馴染みのカニやウニなど海産物やジンギスカン、鹿肉のステーキからスイーツまでそろっています。わたしはあまり食べる機会がなさそうな「あまちゃん」で人気を集めたまめぶ汁で温まりましたがおいしかったです。

 会期の3連休中はお天気にも恵まれそうですので、食いしん坊はぜひお出かけになってはいかがですか。特設ステージでのイベントもあります。入場無料です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンシュユ

 | Weblog
 関東地方にも昨日、春一番が吹きましたね。ちょっと用事があって出かけたのですが、そんな華奢でもない身体が持っていかれそうな強い風でした。立春から春分の間に、その年で初めに吹く南寄りの強風を春一番といいます。何となく春の訪れを告げる、ウキウキするような気分になる呼び名ですが、海上の漁師さんにとっては恐ろしいものだそうです。ちっちゃな台風のような強い風ですから無理もありませんね。春一番の吹いた後は天気が悪くなると言われますが、今年もその通り東京の19日は昨日の4月の陽気から一転、少々寒いほどの天気になりましたし、20日は雨で気温も10度そこそこで冬の服装が必要だそうです。

 それでもその後は持ち直すようですから、来週からは春を満喫できるようになるでしょうか。季節の花もいろいろ咲きそろいつつあります。満開の梅にまじって黄金色に輝いて咲いているのはサンシュユです。中国原産で日本には江戸時代に伝わったといい、サンシュユという変わった名は中国名山茱萸の音読みだそうです。背の高い木ですので遠くから見ることが多いのですが、近くに寄って見るとひとつの花序に20から30の小さな花が付いていて、ちょっと変わった形の花であることがわかります。葉より花が先に咲き、早春を代表する花のひとつでハルコガネバナとも呼ばれますが、この名付け親は牧野富太郎博士だそうです。また秋にはグミのような赤い実をつけるのでアキグミとも呼ばれます。

 都内随一のカタクリの自生地、大泉町の清水山憩いの森ではカタクリの葉が出そろい25日頃に花がは咲き始めそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅草寺の伝法院公開されてます

 | Weblog
 ようやく春めいてきました。東京の代表的な寺院、浅草の浅草寺は平日も多くの観光客でにぎわっていますが、普段は閉園されている伝法院が今公開されています。伝法院は浅草寺の本坊で、寛永年間(1624~44)幕府の作業奉行を務め茶人でも有名な小堀道州により築堤された回遊式の日本庭園と、安永6年(1777)に建築された客殿や玄関、明治4年築の大書院、大僧正の居間などがあり、これらを総称して伝法院といいます。庭園は江戸時代から明治時代までは法親王ご兼体寺の庭といことで秘園とされていたといい、現在も原則的には非公開になっており、平成23年に国の名勝に指定されています。

 浅草寺では普段非公開の伝法院を春の時期に一定期間公開しており、今回は14日から5月7日まで特別展示館に収蔵されている大絵馬など数々の寺宝と庭園拝観を実施しています。展示館では浅草寺の歴史ゾーンで縁起絵巻を中心に寺の歴史を紹介、大絵馬ゾーンでは幾度もの火災や震災をくぐり抜けてきた貴重な絵馬250点の内主要な作品を展示、作品の大きさにも圧倒されます。庭園は1万平方㍍の広さで、サクラの時期にはまだちょっと早いですが、中央の池の周囲を歩くとさまざまな景観が楽しめます。池に映った逆さ五重塔も見事ですが、少し高い所からは五重塔とスカイツリーのツーショットも望めます。二つの塔が並んでみられるのは浅草でもそう多くなく、庭園越しはまさに絶景です。

 拝観料は大人300円で、収益はすべて東日本大震災の義捐金として贈られるそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

郵便配達体感ゲームも… 郵政博物館

 | Weblog
 “心ヲツナグ 世界ヲツナグ”をコンセプトにした郵便や通信のれきしと文化を展示した郵政博物館が、東京スカイツリータウンの新しい名所として人気を集めています。昨年8月に閉館した逓信総合博物館の後を受けて今月1日、スカイツリータウンイーストヤードの9階に新たに開館したもので、郵便や通信関係の重要文化財を含む貴重な資料約400点を展示しているほか、デジタル技術を駆使した体験型コンテンツで“伝える気持ち”を体感できるといいます。

 「始の世界」はプロジェクションマッピングを使い、郵便、電信、切手の歴史が移り変わっていくさまをイメージ映像で表現し、「手紙の世界」コーナーでは昔の飛脚状といった珍しいものから前島密宛ての大久保利通の書状など、また日本に現存する最古の自動郵便切手葉書販売機やエンボッシング・モールス電信機など歴史的資料が目を引きます。最大の売りは「切手の世界」でしょう。国内最大の33万種の切手が自由に閲覧できるように展示されています。世界各国の切手が勢ぞろいで、デジタル切手帳で見たい所の切手がすぐに検索できます。7つの体験型コンテンツでちびっ子たちに大人気なのが郵便配達シュミレーター「gogoポストマン」で、バイクで配達に向かう体験が画面を通じて出来ます。

 開館記念特別展として大正から昭和にかけて少女雑誌の挿絵で少女たちの人気を集めた蕗谷虹児の原画や雑誌の展示会も開かれています(企画展は5月25日まで)。いまも絶大な人気を誇る「ふるさと切手」の名品「花嫁」はじめ珠玉の作品の数々はオールドフアンにとっては懐かしいものでしょう。入場料は大人300円、子供150円。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の妖精 ユキワリイチゲ

 | Weblog
 やっと暖かさが…12日は西日本から東日本にかけては気温が上がり、春本番のような陽気になりましたね。北陸地方では春一番が吹いたそうで、東京・練馬では午後2時には17.4度と久しぶりに15度を超えました。このところ天気は良くても気温はそれほど上がらず風の冷たい日が多く、3月中旬とは思えない寒さが続いていましたが、これだけ暖かくなると散歩も軽装で足取りも軽くなります。東大泉の牧野記念庭園では、開きそうでなかなか開かなかったユキワリイチゲがやっと咲きました。陽射しがないと開花しないのですが、これまでは日が照っていても冬のような寒さもありずっとつぼみのままで縮こまってましたが、たっぷりの陽射しと暖かさで見ごろになりました。

 ユキワリイチゲは西日本に多く見られる早春を代表する花のひとつで、この後咲きだすカタクリと並んでスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる直径4㌢ほどの可憐な花です。花は白に薄っすらと紫や青をひいたようで、上品な色合いは待ちに待った春を実感します。実は、花弁に見えるのは萼片なんだそうです。漢字で書くと雪割り一花、一華ともいいますが、一つの茎に一輪の花が咲くイチリンソウです。この時期にしか見られない妖精に会うために訪れた人も多く、カメラを構えていました。庭園ではこれからアマナやサクラに歩調を合わせるようにカタクリなどが開花を迎え艶やかさを増します。

 せっかくの春なのに13日は低気圧の通過により大雨の荒れた天気になりそうで、雨の後また気温が下がるといいます。ちょっと落ち着きがない天気ですが、それでもこれまでのように真冬並みの寒さではなさそうですから季節は着実に春に向かっているといえるでしょうね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加