アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

ミキモト最後のジャンボツリー

 | Weblog
 前回に続いてクリスマスツリーの話題です。30年以上にわたって銀座の冬の風物詩として親しまれてきたミキモト本店のジャンボクリスマスツリーが本店の建て替え工事のため今年で最後となり、連日大勢の人たちが訪れて最後のツリーを目に焼き付けています。ジャンボツリーは1976年以来毎年、高さ10㍍以上のもみの木に飾りつけをして本店前のミキモトガーデンプラザで11月からクリスマスまでの間点灯され、銀座を訪れる人たちを楽しませてきました。今年も北海道から本物の木を根付きのまま運んで来たそうで、37本目の今年のイルミネーションのテーマは「つなぐ」。これまで銀座の街とミキモトをつないできましたが、今回は今と未来をつなぎます。

 6500個のLEDによるイルミネーションと根元にはパールネックレスをかたどった光るオブジェが設けられ、明治から現代までのツリーとミキモトのアーカイブ映像が流れます。11月15日の点灯式には大勢の観客が詰めかけ、子供たちの点灯に大歓声が上がったといいます。ミキモト本店は老朽化したため来年から建て替え工事にかかり、2017年にグランドオープンの予定だそうです。ツリーの展示は12月25までで、終了後は東京近郊の公共施設に抽選の上寄贈する予定です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一足早く雪景色のツリー

 | Weblog
 29日の東京は前日とは打って変わって曇り空の朝を迎えました。今にも降りそうな天気なのに、予報は気温が20度まで上がりそうと言ってます。ウソでしょ、どう見てもそんなことは信じられないと折りたたみ傘を持って散歩に出ました。ちょっと寒い感じで、案の定途中で雨が降り始め、ちょっと強くなった時に傘の支柱がポッキリ。これまたウソでしょとビショビショになりながら急いで帰還、とんだ目に遭いました。午後から天気は持ち直しましたが、練馬は14度近くまでしか上がりませんでした。来週からはもう12月、寒気が入ってぐんと寒くなるそうで、雪の降る地域もあるとのことです。

 東京はさすがに雪はまだ先のことになりそうですが、一足早く白銀の世界を感じてもらおうと、東京駅前の東京中央郵便局の商業施設「KITTE」に雪が積もったように雪化粧したクリスマスツリーがお目見え、人気を集めています。ツリーが飾られているのは1階アトリウムで、高さは14.5メートルと屋内では日本最大級のものです。KITTEホワイトツリーは11月からクリスマスまでの40日間され、記念写真を撮るための撮影スポットも用意されており、連日ツリーの前でポーズを取る人たちが絶えません。夕方からはライトアップされるほか、12月20日から5日間、雪化粧したツリーの前で、ジャズグループやボーカルグループによるクリスマスの雰囲気を盛り上げるKITTEクリスマスライブが日替わりで午後6時から開かれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小春日和

 | Weblog
 東京は先週金曜日から良い天気が続いています。23日も練馬は朝は6度を下回る冷え込みでしたが、日中は気持ちの良い晴れ間が広がり気温も18度まで上がり暖かでした。こうしたお天気を小春日和(こはるびより)といいますが、明日も好天のようですから今年最後の3連休は言うことのない天気に恵まれましたね。小春とは陰暦の10月のことで今では11月に相当し、高気圧に覆われまるで春先のような暖かい天気が続くことからこう呼ばれるようになったそうです。アメリカにもインディアンサマーという言葉があり、小春日和と同じような意味でつかわれますが、一日だけ春のような暖かさの場合はそうは呼ばれず何日かこのような天気が続くことが条件だそうです。

 ただ気を付けなければいけないのは、日中と朝夕の気温の差が大きいことで、土曜日などは練馬では午後3時から5時までの間に5度も気温が下がりました。併せて湿度も低くなっているので風邪を引きやすい条件も整っています。昼、暖かいからと薄着で出かけると、夕方は震えて帰ることになりますので注意が必要ですね。

 花の少なくなったこの時期に皇帝ダリアが見頃です。木立(こだち)ダリアとも呼ばれますが、高さが3~4㍍にもなり見上げる花も20㌢ほどの圧倒的な迫力のあるダリアですから、皇帝と呼ばれるのもわかります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“ミニ東京駅”のプロジェクションマッピング

 | Weblog
 12月20日に開業100周年を迎える東京駅はさまざまな記念イベントが繰り広げられていますが、スペシャル・オープン・ウィークとして東京ステーションギャラリーでは「駅の美術館で楽しむ13日間」が開かれています。丸の内駅舎の北口ドームにあるギャラリーは駅舎創建時の躯体レンガを露わにした展示室のある美術館です。今月30日までの期間中は、東京駅が出来た頃の丸の内を体感できる模型や丸の内駅舎の保存復原工事の記録などの展示があるほか、目玉コンテンツのひとつとして丸の内駅舎の1/20の模型を使ったプロジェクションマッピングの上映が行われています。

 丸の内駅舎を利用したプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」は12年冬に実施され大きな話題を集めました。実際に建物の表面に画像を投影するにはシュミレーションが欠かせないということで、事前に駅舎中央部の色や凹凸を精密に再現した1/20の模型を使ってテストを重ねてから行われたそうです。あまりの人の多さに予定を短縮したりなどもしましたが、見逃した人も多かったことから模型を使った「TOKYO HIKARI VISION」の上映を実施することにしたものです。スケールこそ小さいのですが次々に投影される画像の迫力はなかなかで、ワタシも前回も逃した一人ですので見に行きましたがあっという間の10分間でした。
入館料は200円(高校生以下は無料)です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう健さん

 | Weblog
 ただでさえ気忙しくなる季節に年末総選挙まで加わるという年の背に、突然飛び込んできた俳優高倉健さんの訃報は日本中をびっくりさせたことでしょう。映画はあまり見ないという人も、健さんの名を知らない人はないといえるほど存在の大きな俳優さんでした。オレがオレがと自己主張する輩がひしめく中で、寡黙ながらもひと際存在感を感じる、男の中の男と言われる九州男児でしたね。映画俳優でただ一人文化勲章を受章した際に会見で喜びを語る映像を見ましたが、これからも頑張らなければと言いながらも本当に嬉しそうな表情でした。83歳という、まだ逝くには早い歳でした。

 19日、東京・練馬区の東映東京撮影所に隣接するシネコンT-JOY大泉では午後1時から献花台が設けられました。飾られた大きな写真は人情味あふれる健さんの眼を瞑った横顔でした。献花台にはフアンの長い列ができ、一人ずつ静かに花を手向け最後の別れを告げました。健さんといえば任侠映画で知られますが、趣の変わった代表作の「幸せの黄色いハンカチ」の舞台は、私も一時仕事で住んだことのある北海道夕張市であるのも何かの縁かなと思うと早過ぎる訃報が残念です。合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラと黄葉

 | Weblog
 秋を心行くまで楽しもうと思っていたらいつの間にか冬になったような日が続いています。東京はそこそこの天気が多いのですが、練馬ではこのところ連日最低気温がひと桁の冷え込みです。日中、日射しがある時は暖かさを感じますがそれでもシャツだけでは心細く、何か一枚羽織らないと寒いですね。何年か前まではこの時期でも結構薄着で過ごせましたが、トシを取るにつれ寒さに弱くなってきているのでしょうか。そういえば夜も今年は初めてパジャマを着るようになりましたが、これまでは考えられないことで、ああトシを取ったんだなぁと一抹の寂しさを覚える今日この頃です(いつまでも若くないんだよ、そろそろ自覚しなきゃね)。

 それでも日々の散歩には汗から解放されてちょうどいいくらいです。木々もぼつぼつ色づき始めていますが、少し鮮やかさに欠けているように感じます。まあ街中ですからこんなものかとも思いますが…。近くのもみじ山では十月桜がちょうど見頃で、薄いピンクの花とようやく黄色に色づいた木の葉のコラボにほっこりします。咲いてから一週間ほどで終わってしまう春のサクラと違って、十月桜は開花期間が長くしばらく楽しめるのがいいですね。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

光の正体って何だ?

 | Weblog
 宇宙から地球に降りそそぐ光。光がなければ真っ暗闇の世界で、私たちがモノを見られるのは光が存在しているからですが、当たり前のように感じている光って一体何なのか、その正体に迫る特別展が上野・国立博物館で開かれています。立冬の7日、上野に出かける用事があったので、ついでに「ヒカリ展」を見学してきました。今年から来年にかけては、天文学の父でオーロラの名付け親ともいわれるガレリオ・ガリレイ誕生から450年、アインシュタインの相対性理論発表から100年など、光研究のメモリアル・イヤーだそうです。

 ヒカリ展は「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、目に見える光(可視光)だけでなく、電波や赤外線、紫外線なども含めた広い意味での光を扱い、太陽や星、光る生物、鉱物など自然界に存在する様々な光を集め、その魅力や不思議に迫ろうというもので、少々難しい部分もありますが子供から大人まで楽しめる企画展です。さまざまな光の波長で輝く星を最新の望遠鏡や観測衛星が捉えた宇宙の光の波長ごとに分けた天文マップや、神秘の光で魅了するオーロラの輝きが伝えるメッセージなどが入り口。ルビーやオパールなどの光る鉱物の妖しい光や光る魚、近年開発された光る花から、蛍光タンパク質の応用研究で生み出された「光るシルク」などまで幅広い光の世界が繰り広げられます。このシルクで作った十二単の舞台衣装や光る繭でデコレーションしたクリスマスツリー(写真)もあります。

 入場料は大人1600円、小・中・高生600円で、来年2月22日まで開催中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーインパルス

 | Weblog
 3連休の最終日の3日、まずまずの晴天に恵まれた関東地方でした。航空自衛隊入間基地では入間航空祭が開かれたので久しぶりに行って来ました。お目当てはブルーインパルスのアクロバット飛行でしたので、少々遅れて出かけましたが、お昼頃現地に着いた時は歩くのもひと苦労するほどの大勢の観客で大混雑でした。これまで何度か航空祭には行ったことがありますが、これほどの混雑は初めてのような気がします。エプロンに展示してあるさまざまな航空機は写真を撮るのにそれほど苦労したことはなかったのですが、今日は近くに行くこともままならず結局撮影はあきらめました。

 ブルーインパルスの飛行は上空ですからそれほど苦労はないのですが、問題は飛行のスピードですね。何度か実際に見ていますが満足する写真を撮るのは本当に楽ではありません。持っているカメラが高級機でないこともありますが、時速800㌔以上の高速で飛ぶジェット機を追いかけるのは大変です。ずっと上空を飛んでいる時はまだいいのですが、比較的近くを飛ぶときは文字通りアッと言う間に目の前から姿を消してしまうので…ネ。国内では唯一のアクロバット飛行チームのブルーインパルス、パイロットたちは普段たゆまぬ努力をしているのでしょうが、何度見てもすごい技術に圧倒されます。次から次へと披露される曲技飛行の数々に、それこそアッという間の一時間でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

絵本の世界をのぞいてみませんか

 | Weblog
 今日から11月。今年も残すところ後2か月ですからまさに光陰矢のごとしですねぇ。年頭にあれもこれもと欲張った目標の内実現したのはと振り返ってみたけど、いつもながら思い当たるものはありません。我ながら情けないやら、不甲斐ないやら。これも毎年のことで、もうすぐ迎える来たるべき年の初めにもきっと指を折っていることでしょう。そんな中で、毎日のウォーキングは出来ていたのはせめてもの救いかも知れません。目標の地球半周、2万㌔まであと1700㌔ですからこれを達成するまでは歩き続けて行きましょう。

 石神井公園ふるさと文化館の分室を久しぶりに覗いてみましたら、絵本の森へようこそ~練馬区ゆかりの絵本作家、児童画、児童文学者たち~という企画展が開催中でした。赤ちゃんが初めて出合う本は絵本で、小さい時のことを思い出しますね。訪ねた時は誰もおりませんでしたが、書籍や原画を通して、子供たちが親しんできた絵本の世界がそこにありました。練馬区ゆかりの絵本作家7人の絵本や松谷みよ子さんら9人の児童文学者の方々の本などが展示されています。恐らく誰もが一度は聞いたことのある、いわさきちひろさんや馬場のぼるさんも区ゆかりの絵本作家です。ITの普及で本を読む人が少なくなっていると言われてますが、赤ちゃんにとっては絵本は栄養剤のようなものです。ちょうど読書週間でもありますし、連休中にお子様と一緒に訪れてみてはいかがですか。

 分室は石神井公園に隣接した石神井松の風文化公園にあり、11月24日まで開かれています(月曜は休館)。入場無料。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加