アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

歌舞伎座タワーの屋上庭園

 | Weblog
 JPタワーで東京駅の電車ウォッチングを楽しんだ後はもうひとつの新しいタワー、東銀座に新開場した歌舞伎座タワーの屋上庭園と歌舞伎座ギャラリーに足を延ばしてみました。前に訪れた時はギャラリー開設の工事のためタワーに上ることが出来なかったので初めての体験です。こちらも大変な人出で地下鉄駅から直結している地下2階の木挽町広場は混雑していました。ここは劇場に入らなくても行ける空間で、お食事処、お土産処や喫茶、入場券売り場などがあり歌舞伎座の雰囲気が手軽に味わえるところです。ここからタワー5階の庭園まではエレベーターで上るのですが長~い行列が出来ていましたが、これも我慢、我慢。

 庭園はさほど広くはありませんが周りのビルの谷間にぽっかりできた四季を感じる回遊式の日本庭園で、ビルの屋上にあるとは思えない静かさです。枝垂れ桜をシンボルツリーに、石灯籠なども展示され茶会もできるそうです。この庭園を望む屋内にあるのがギャラリーで、築地に出かけた際には公演のない日でも気軽に立ち寄ってもらい歌舞伎の世界に触れてもらおうと開設されたそうです。季節ごとの企画展を開催することになっており、現在は「歌舞伎の美 春」が開催中。舞台でよく目にする桜の吊り枝や豪華な舞台衣裳、小道具などが展示されており、歌舞伎をまだ見たことがない人にも楽しめる内容になっています。この日は新開場して初の興業になった四月大歌舞伎の千秋楽でしたが、舞台後方のガラス張りの小部屋から公演中の舞台、客席を特別に見せてもらうことが出来ました。ギャラリーの入場領は500円、庭園は無料です。ギャラリー内は撮影不可のため画像で紹介できないのが残念です。
コメント (2)

KITTEガーデンで電車ウォッチング

 | Weblog
 ゴールデンウィークの前半は北海道では何と雪だそうですが、東京は良いお天気に恵まれています。どこへ行っても大変な人です。行楽日和ですからみんなどっかへお出かけで電車も都内も比較的空いているのかと思ったら、2日目にもかかわらず電車も街も大混雑でした。先日オープンした東京駅前の日本郵便の大型商業施設JPタワー、前回は用事のついでにちょっと覗いただけでしたのでもう一度出かけてみました。食事や買い物は絶対混んでいるに違いないのでパスして、今日の目的は東京駅が一望できるという6階の屋上庭園「KITTEガーデン」です。

 東京駅に近いせいか相変わらずすごい人気で、エスカレーターやエレベーターは長蛇の列です。気の短いのは自慢にもなりませんが、ちらっと見ただけでもうやめようかと思ったのですがせっかく来たのだからとじっと我慢し、待つことに。やっと上がれた屋上庭園は東京駅を上から見下ろす格好で、プラットフォームのほぼ全体が見え、場所を移すと復原工事が終わり新たな観光スポットとして大人気の赤レンガの丸の内駅舎と駅前広場、ビル街が見えます。線路方面は絶えず電車が行き交い奥の方には新幹線のホームも見え、東海道新幹線の発着が見られます。東北新幹線は逆の方に向かいます。奥の白い部分は今秋にも完成予定の八重洲のグラントウキョウサウスとノースを結ぶペディストリアンデッキのグランルーフで、手前には丸の内駅舎の一部もみられます。ここからの電車ウォッチングはのんびりできて時間を忘れますよ。
コメント (2)

練馬発 金子ゴールデンビール

 | Weblog
 25日は久しぶりに日本列島の多くの所が赤に染まり各地で気温が上がりました。東京も主なところは22度を超え爽やかな初夏の天気で過ごしやすかったですね。そろそろ夕方のビールがおいしくなる季節です。各地にご当所ビールがある時代になりましたが、訪れる先でその土地ならではのビールを味わえるのはうれしいことですね。いつも飲んでいる銘柄とはまた違った味が楽しめるのは日本酒の地酒も一緒ですが、呑兵衛にはたまりませんねぇ。練馬にも練馬金子ゴールデンビールという地ビールがあります。

 何と、国産初のビール麦は練馬区が発祥なんだそうです!それが「金子ゴールデン」というビール麦で、名に33年、現在の練馬区豊玉の金子丑五郎氏が六条大麦の「四国」と米国ビール麦の「ゴールデンメロン」が自然交雑したものの中から作り出したそうです。倒れにくく少量の肥料でも生育が良く、一時は関東一円で栽培され、国産ビール醸造の発展に貢献したといいます。その後、醸造に時間がかかることから使われなくなり、麦も生産されなくなりましたが、味わい深い金子ゴールデンを復活させようとJA東京あおばと区内の農家が生産に取り組みました。練馬区も新しい区の農産物ブランドになるように支援しています。

 この麦を使って醸造するビールは、苦みをおさえたほんのり甘みのある味で、シャンパンのようなキメ細かな泡とりんごのような香りが特徴です。醸造に時間がかかるため大量生産には向いていないそうですが、瓶内発酵するので長期熟成が可能になり、瓶詰後数か月はホップの効いた爽やかさが、その後は徐々に香味に複雑性が増し、3~5年後には果実のような味わいが楽しめるそうです。330ml1本580円で練馬地区振興センター(3999-7851)、大泉学園のこぐれ村(3925-3113)などで購入できます。練馬にお出での節はぜひお試しください。
コメント

ツバメ

 | Weblog
 週が明けてやっと暖かさが戻ってきたようですが先週末は寒かったですねえ。この時期になってもエレベーターのように気温が大きく上下するとは思ってもみませんでした。さすがに東京では雪の降ることはないでしょうが、まだ気温の下がる日はあるかもしれませんね。ツバメが飛んでいるのを見ましたが、せっかく渡ってきたのに冬のような寒さにはびっくりしたことでしょう。それにしても以前に比べるとツバメを見かけることが少なくなったように感じますが、みなさんは如何ですか。

 だいぶ前になりますが、高架になった西武線の石神井公園駅がまだホームが地上にあった頃はホームの屋根の下にはたくさんのツバメの巣があり、毎年この時期になるとツバメで“にぎわって”いました。糞が落ちないように巣の下には台があったので、電車を待つ人たちもせっせとヒナに餌を運ぶツバメたちを温かい目で見ていたものです。こんなに騒々しい所によく巣作りするものだと思っていましたが、ツバメたちは外敵から守るために敢えて人間の近くにいるんだそうです。今では見られなくなりましたがツバメを見るたびに懐かしく思い出します。

 日本野鳥の会では毎年、ツバメの生息について全国調査をしていますが、昨年の調査でも4割の人が「減った」と報告しているようです。河川の護岸工事が進み、コンクリートの建築物が増えるなどツバメにとっては棲みにくい環境になっているのでしょうが、毎年日本に戻ってきて欲しいですね。
コメント (2)

季節、戻り過ぎだよ~

 | Weblog
 ゴールデンウィークも近いというのにこの週末はとんでもない天気になりましたね。サクラや季節の花が例年よりかなり早く開花し、暖かい天気が続いてこのまますんなり春から初夏へと移りゆくのかと思っていましたが、どっこいそうはいきませんでした。週の初めころから週末は寒の戻りがあるとの予報が出ていましたが、ここまでとはね。上空を覆っている寒気の影響で日曜日は全国的に冷え込み、東京も冷たい雨が降りしきり昼近くなっても気温は6度にも届かず、真冬と変わらないような寒さでせっかく咲き出したツツジも濡れて冷たそう。寒の戻りといっても一気に2月まで戻るとは戻り過ぎです。

 長野県の松本にいる娘から電話があり「雪が降っているよぉ~」とのこと。真冬でもそれほど雪の降ることは多くない松本ですから、せいぜい散らついているのだろうと思ったら積もっているといいます。これは大事(おおごと)です。今年はりんごも例年になく早く花が咲き、摘花も進んでいる生産農家にとっては大事な時期で、遅霜に見舞われても大変なのに降雪ではどうにも手の打ちようがありません。天候のことですから仕方がないといえばそれまでですが、出だしで痛烈パンチを食らって今年はどうなることか心配です。

 東京都心の最高気温が10度に届かないとなると、4月の下旬としては66年ぶりの珍事になるそうです。夕方になって練馬や府中では何とか10度に届きましたが、都心はどうだったんでしょう。
コメント (2)

スズラン

 | Weblog
 17日は変な天気でした。東京など東日本から西日本にかけては気温が上がり初夏のような天気でしたが、東北北部は春、北海道は冬だったようです。練馬では午前中に20度を超え暖かいというよりは夏の雰囲気でしたが、相変わらず強い風が吹きまくりました。時期的に風の強い時ではあるのでしょうが、そろそろいい加減に穏やかな天気になって欲しいです。道路脇の小さな花壇でスズランの花が咲いていました。え、もうそんな季節になったのかというのが実感です。

 日本では中部以北の主に高地で見られる花ですが、スズランといえばどうしても北海道の花のイメージがあります。北海道ではもう少し後に咲きますが、独特な芳香とともに爽やかな初夏の代表的な花ですね。白い小さな鈴のような可愛らしい花ですが、スズランといっても蘭科ではなくユリ科で別名を谷間の姫百合ともいいます。もう一つの異名キミカゲソウ(君影草)は花が葉の下に咲き影に隠れるように見えるから、だそうです。フランスでは5月1日がスズランの日だそうで、この日にスズランの花束を贈られた人は幸せになるといいます。

 ただ、こんな可愛らしい清楚な花でも有毒植物です。花を生けた水でも毒がありますから注意が必要です。
コメント

シロヤマブキ

 | Weblog
 14日も東京はまずまずのお天気ですが風が強いですね。低気圧に向かって南風が吹き込んでいるせいで気温は練馬では21.8度と暖かいのですが、強い風は歩いていてもいやです。今年はこんな風の強い日がずっと続いていますが、何が原因なんでしょうね。今年だけでなくここ何年かそんな状態が続いているような気がします。温暖化が進んでいるのも原因のひとつでしょうか。北極海の氷が年々融けて小さくなっているというニュースを時々聞きますが、そんなことも影響しているかもしれませんね。お天気は来週は比較的暖かい日が多いようですが週末は寒の戻りがあるようですので、体調を崩さないようにまだ注意が必要です。

 散歩道ではヤマブキが咲いていますが今日はシロヤマブキを見かけました。黄金色のヤマブキも春を感じていいものですが、シロヤマブキもいいですね。どちらもバラ科の花で、シロヤマブキはヤマブキの一種と思っていましたが別の属なんだそうです。こちらの花弁は4枚ですがヤマブキは5枚とはっきりとした違いがあります。自生しているのは関西の限られた地域だけで、公園などで見られるシロヤマブキは植栽されたものだそうですが、知りませんでした。
コメント

宇宙ツツジ

 | Weblog
 どうも天気が安定しません。-30度という寒気が列島上空に居座っているそうで11日は全国的に気温がぐんと下がって寒い一日です。関東は寒気に包まれてはいませんが結構寒かったですね。東京も練馬では最高が12度ちょっとほどですから春というより冬に近く、歩いていて久しぶりに空気がひんやり感じました。さて、サクラも終わり、といっても八重桜はまだ見頃ですが、ツツジの季節に代わってきています。文京区の根津神社では早咲きツツジが咲いているそうですが、今日は練馬区の平成つつじ公園に宇宙ツツジを見に出かけました。

 いつもは各種のツツジが満開の頃行ってみるのですが、この頃には宇宙ツツジは終わりかかっているのでパッと咲いているところが見たいので早目にしました。まだちょっと早かったものの、お目当ての宇宙ツツジは満開でした!このツツジは群馬県館林市のヤマツツジで、同市出身の日本初の宇宙飛行士向井千秋さんが1994年(平成6年)にアメリカのスペースシャトル・コロンビア号に種子を持ち込んで宇宙での生活を体験させ、帰還後に栽培させたものです。練馬区では平成18年に一株譲ってもらい同公園で育てています。朱・紅色が特徴のヤマツツジはきれいですね。宇宙ツツジは商標登録されており東京の昭島市、長野県の松本城にも仲間があるそうです。
コメント (2)

緑色のサクラ

 | Weblog
 日本列島を縦断した爆弾低気圧(近頃はこうは呼ばないで猛烈低気圧というようです)はまだ北海道の近くに居座り、大きな被害をもたらしているようです。関東でも大雨と強風で被害があったのですが、皆さんの所では如何だったでしょうか。沿岸部に被害が多かったようで、23区でも内陸に近い練馬区はそれほど猛烈ではありませんでした。むしろ過ぎ去った後で吹き返しの風が強く、昨日、今日8日と強い風に見舞われましたが、被害が出るほどのこともなかったようです。長持ちしていたサクラもさすがにあらかた終わりですが、代わって八重桜など遅咲きのサクラが出番を迎えています。

 大泉中央公園の近くには珍しい緑色のサクラが咲いています。練馬区のお花見まっぷでは御衣黄(ギョイコウ)と紹介されていますが、ちょっと見た目には薄い緑色が特徴のウコンザクラのようにも見えます。この2種類の緑のサクラはなかなか見分けがつかないそうですが、いずれにしてもどこにでもあるわけではないので、ピンク色のサクラを見慣れた目には新鮮に映りますね。緑色になるのは葉緑体のためだそうで、御衣黄は栽培品種なんだそうです。ツツジも咲き始めましたし、天気の安定するこれからはいろんな花が楽しめる季節になりますね。
コメント (3)

嵐の前に…

 | Weblog
 6日は寒の戻りの特異日だそうですが、今年は寒の戻りどころか爆弾低気圧が日本列島を南から北へ突き抜ける大荒れの天気になりそうです。朝は九州で大雨のようで、これが時間とともに北上するというのでメディアは厳重な注意を繰り返し呼び掛けています。午前中、東京はまだ雨も降らず風もそれほど吹いてもいなかったので、嵐が来る前にと散歩に出かけました。もう枯れてしまったかと思っていた清水山憩いの森のカタクリはまだかなり見られました。日差しがなかったので開ききれずといった花が多かったものの、サクラ同様に今年は長いこと頑張ってくれています。

 スーパーなどは早い時間に買い物を済ませ午後は家でじっとしてようという人が多かったのでしょう、猛烈な混雑ぶりでした。そんな中、公園ではちびっ子たちの声がこだましていました。ミニサッカーに興じる子供たちは元気いっぱいでいいですねえ。この頃はまだ荒れた天気になりそうな気配はあまり感じられなかったのですが、練馬でも3時頃から雨が降り始めました。それほど強い雨でもなく、風もたいしたことはないのですが、沿岸部では暴風警報が出ている所も多くこれからこちらにも暴風雨がやってくるのでしょうか。夜半から明日にかけては注意が必要ですね。
コメント