“科学技術書・理工学書”読書室―SBR―                 科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書/ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「AIが人類を支配する日」(前野隆司著/マキノ出版)

2018-12-10 09:28:04 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:AIが人類を支配する日~人工知能がもたらす8つの未来予想図~

著者:前野隆司

発行:マキノ出版

 来るAI時代に何が起こり、何が起こらないのか?「単純労働がなくなる」「専門職もなくなる」「日本が負け続ける」「格差が拡大する」「忙しさが加速する」「ヒトが一番でなくなる」「永遠に生きねばならない」「人類が滅亡する」……風聞の真偽にロボット工学者が独自の視点で切り込んだ話題の一冊。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「Watson Studioで始める機械学習・深層学習」(赤石雅典著/リックテレコム)

2018-11-30 09:34:09 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:Watson Studioで始める機械学習・深層学習~ノンプログラミングでやさしく体験~  
 
著者:赤石雅典

発行:リックテレコム
 
 同書では、まずは最低限必要な基礎概念、その概念と製品機能との対応を丁寧に説明。続く実習では、最も初歩的な「教師あり学習」による「分類」をテーマごとに体験。IBM Cloudの無償枠で実際にWatson StudioやWatson Machine Learningを使い、ノンプログラミングで機械学習・深層学習のモデルを構築し、動かす。さらに巻末で、高校レベルの数学知識を補足する。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ゲームAIと深層学習」(伊庭斉志著/オーム社)

2018-11-02 09:24:48 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:ゲームAIと深層学習~ニューロ進化と人間性~

著者:伊庭斉志

発行:オーム社

 同書は、最近のゲームAI手法をさまざまな実例で解説するとともに、実際にゲームAIを構築できるような技法の習得を目指し、さらに、人工知能の最新の話題として、人間らしいゲームAIや深層学習、機械学習、強化学習についても解説。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「図解 人工知能大全」(古明地正俊、長谷佳明著/SBクリエイティブ )

2018-10-30 09:34:43 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:図解 人工知能大全~AIの基本と重要事項がまとめて全部わかる~

著者:古明地正俊、長谷佳明

発行:SBクリエイティブ 
 
 同書はAIへの取組みの第一歩として、たくさんのイラストや図解を用いることでAIに関する技術や現状をビジネスマンにわかりやすく伝えることを目的としている。 また、AIは非常に進歩か早いため、最先端の技術内容はすぐに陳腐化してしまう。そこで、AIの発展の歴史や理論的な背景を理解するために役立つ内容を盛り込むことにより、新技術に対する理解の助けになるようにしている。 本書の対象読者 ・人工知能を仕事に生かしたいビジネスマン ・今の人工知能の全体像を知りたい人 ・これから先の未来を考えておきたい人。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「人工知能プロジェクト『ロボットは東大に入れるか』」(新井紀子、東中竜一郎編/東京大学出版会)

2018-10-03 09:32:59 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」 

編者:新井紀子、東中竜一郎

発行:東京大学出版会

 5年にわたり大学入試に挑んできた人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」。同プロジェクトはMARCHレベルの大学に合格できるまでの学力を実現しながら、同時に現在のAIの限界を明らかにした.。AIは人間を超えるのか? 学科ごとの詳細な分析を通じて、AI研究の現在を一望する。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「人工知能に哲学を教えたら」(岡本裕一朗著/SBクリエイティブ)

2018-09-14 09:28:17 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:人工知能に哲学を教えたら

著者:岡本裕一朗

発行:SBクリエイティブ(SI新書)

 同書では、哲学だけでなく、テクノロジーやITまで幅広い分野に造詣の深い岡本先生に、「人工知能に哲学を教える」という設定のもと、「究極な問い」を立てながら、哲学はそれにどうこたえるか・・・の考え方を提示いただく。話題の人工知能と哲学を掛け合わせることで、「哲学のおもしろさ」を味わってもらえる1冊。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「発見・創発できる人工知能OTTER」(安藤類央、武藤佳恭著/近代科学社)

2018-09-14 09:27:36 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:発見・創発できる人工知能OTTER~論理パズルからのアプローチ~

著者:安藤類央、武藤佳恭

発行:近代科学社
 
 OTTERは、数学における定理やパズルの解法の証明を支援するソフトウェアで、述語論理を用いて解を導き出す。医療・金融システムの安全性構築、ウイルス検知などにも適用され、欧米では近年、高い評価を受けている。最大の特徴は、ユーザが与えた不完全な論理(情報)であっても、自動的に正しい推論を行うことができる点にある。同書は、OTTERが得意な論理パズルを具体的な解法プログラムとともに紹介しながら、自動推論・定理証明の方法を解説する。人工知能の研究者・技術者、必読必携の書。
 

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「フリーソフトではじめる機械学習入門(第2版)」(荒木雅弘著/森北出版)

2018-07-18 09:28:21 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:フリーソフトではじめる機械学習入門(第2版)~Python/Wekaで実践する理論とアルゴリズム~

著者:荒木雅弘

発行:森北出版

 機械学習の理論をわかりやすく解説。幅広い手法を網羅。Python/Wekaでアルゴリズムを実装。第2版では、Pythonによる実装例が多数追加されたほか、勾配ブースティング・リカレントニューラルネットワーク・深層強化学習などの近年話題のトピック追加をはじめとして、全面的に最新の解説にアップデートされている。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「しくみがわかる深層学習」(手塚太郎著/朝倉書店)

2018-07-12 09:30:22 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:しくみがわかる深層学習

著者:手塚太郎

発行:朝倉書店
 
 深層学習(ディープラーニング)の仕組みを、ベクトル、微分などの基礎数学から丁寧に解説。〔内容〕深層学習とは/深層学習のための数学入門/ニューラルネットワークの構造を知る/ニューラルネットワークをどう学習させるか/ほか。

 

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「AI 2045」(日本経済新聞社編/日本経済新聞出版社)

2018-06-26 09:33:45 |    人工知能(AI)

 

<新刊情報>

 

書名:AI 2045

編者:日本経済新聞社

発行:日本経済新聞出版社
 
 社長は代替可能、空気を読まずに人事評価、脳の働きをすべて再現、AIを使いこなせない弁護士は失格―。自動運転やロボット、工場の生産など、いたるところで人工知能(AI)が活躍し始めている。2045年にはAIが人知を超えるシンギュラリティー(特異点)を迎える。私たちはAIとどのように共存していけるかを考えなければならない時期に来ている。AIやロボットによって、人間の仕事の半分が代替される―。こんな予測を聞くと私たちは不安になる。本当にそうなのか。神か悪魔か、世界をどう変えるのか―。2045年に向けて飛躍を遂げようとしているAIの光と影を日本経済新聞記者が徹底的に分析。

 

コメント