“科学技術書・理工学書”読書室―SBR―                 科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書/ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「資格は力」(左門至峰著/技術評論社)

2019-01-17 09:27:41 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:資格は力~情報処理技術者試験・IT資格試験 連勝の勉強法~

著者:左門至峰

マンガ:モリ淳史

発行:技術評論社 

 「なぜ資格をとるのか?」 SEの仕事には資格は必須ではないし、資格をもたない優秀なSEも数多くいる。しかし,資格には取るに値する「力」が、「価値」がある。同書では、仕事でくすぶり続けていた著者が「資格の肩書がほしい!」と奮起し、次々とIT資格を取得し実力を付けていった経験から、「資格の意義」を語る。そして,連戦連勝の勉強法や合格のコツもあますところなく伝授する。 成功と失敗の両方の経験を生かし、試験セミナーも数多く開催している著者ならではの実感のこもった合格への実践術とともに、資格取得を通してスキルアップを図ることの大事さも伝える。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「画像処理の統計モデリング」(片岡 駿、大関真之、安田宗樹、田中和之著/共立出版)

2019-01-16 09:30:35 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:画像処理の統計モデリング~確率的グラフィカルモデルとスパースモデリングからのアプローチ~

編者:照井伸彦、小谷元子、赤間陽二、花輪公雄

著者:片岡 駿、大関真之、安田宗樹、田中和之

発行:共立出版(クロスセクショナル統計シリーズ 【8】巻)

 同書では、確率的グラフィカルモデルの統計的機械学習理論について、画像処理とパターン認識に応用例を絞りつつ概説することから始める。特にパターン認識では、クラス分類問題という視点において、多値ロジスティック回帰モデルと制約ボルツマンマシンという2つの確率的グラフィカルモデルを通し、深層学習の基礎となる数理を紹介する。その上で、グラフ構造の疎(Sparse)性という深層学習とは真逆の性質を元に急速に展開しつつあるスパースモデリングという新しい研究領域の最近の理論的基盤の深化の様子を、連続最適化問題という視点から解説する。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ビッグデータ統計解析入門」(照井伸彦著/日本評論社)

2019-01-14 09:10:25 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:ビッグデータ統計解析入門~経済学部/経営学部で学ばない統計学~

著者:照井伸彦

発行:日本評論社 
 
 機械学習やデータマイニングといった代表的なビッグデータの分析手法を、統計学や計量経済学との違いを明確にしながら解説する。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「フリーソフトを用いた音声処理の実際」(石井直樹著/コロナ社)

2019-01-10 09:36:18 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:フリーソフトを用いた音声処理の実際

著者:石井直樹

発行:コロナ社

 「音声工房を用いた音声処理入門」を一新し、音声あるいは音の信号の処理を、無償で入手できるフリーソフトを使って解説。処理の種類や精度、処理結果の表示方法など、読者が実施したい処理に適するソフトを選択する指針も与える。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「イラストで学ぶ ディープラーニング<改訂第2版>」(山下隆義著/講談社)

2019-01-07 09:31:49 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:イラストで学ぶ ディープラーニング<改訂第2版>

著者:山下隆義

発行:講談社

 いまの姿を的確に、時代を見据えた、きちんとした大改訂。リカレントニューラルネットワーク、GAN、深層強化学習の「章」が新たに加わった。物体検出、セグメンテーション、可視化への活用も充実し、フレームワークの最新事情も反映。50ページ以上増強。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「Pythonによるデータ解析入門」(山内長承著/オーム社)

2018-12-31 09:29:15 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:Pythonによるデータ解析入門

著者:山内長承

発行:オーム社

 同書は「Pythonによる統計分析入門」の多変量解析編に相当するものだが、前著のより発展的な内容として、ネットワーク解析まで扱っている。Pythonの基本を学びながら、より実践で活用できるデータ解析を習得できる。Pythonの解析ライブラリを使った独習書として、多次元データの解析、アソシエーション分析、ネットワーク解析などを丁寧に解説し、実務的な課題にも応用できるようになっている。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ワンス・アポン・アン・アルゴリズム」(Martin Erwig著/共立出版)

2018-12-28 09:31:08 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:ワンス・アポン・アン・アルゴリズム~物語で読み解く計算~

著者:Martin Erwig

訳者:高島亮祐

発行:共立出版

 同書は、「計算」にまつわる様々な概念を、日常生活やよく知られた物語にたとえて描いている。「ヘンゼルとグレーテル」は森を抜けて家に帰るためのアルゴリズムを実行しており、「恋はデジャ・ブ」は決定不可能な問題の話であり、「シャーロック・ホームズ」はデータ構造を駆使して事件を解決している。「ハリー・ポッター」の世界の魔法は型と抽象化を通して理解でき、「インディ・ジョーンズ」は探索の複雑さを体現していることになる。議論されている内容は、アルゴリズム、記号と表現、データ構造、P=NP問題、言語・構文・曖昧さ、制御構造とループ、再帰、停止性問題、型、アルゴリズムの検証など多岐にわたる。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「サイバーセキュリティ入門」(羽室 英太郎著/慶應義塾大学出版会)

2018-12-27 09:56:05 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:サイバーセキュリティ入門~図解×Q&A~

著者:羽室 英太郎

発行:慶應義塾大学出版会

 スマホのアプリ、テレワークのセキュリティ、クラウドの個人情報……。個人や家庭、企業や組織のセキュリティ管理を的確に行うためには何が必要なのか?スマホやパソコンのユーザー、企業の経営者、セキュリティ部門担当者、これからセキュリティ担当を勉強しようと思うひとなどなど…。すべての立場の方を対象に、Q&A と豊富なイラストで、押さえておくべきセキュリティのポイントと基本を視覚的に理解しながらやさしく解説。スマートフォン、IoT、仮想通貨、フィンッテックなどなど、急速に普及が進むITサービスなど、最新のトピックもおさえた、信頼できるサイバー・情報セキュリティ入門書の決定版。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本」(まーてい著/技術評論社)

2018-12-21 09:32:45 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本

著者:まーてい

発行:技術評論社 

 3DソフトZBrushによるモデリングを解説した、初めての人にも安心の解説書。前半では、ZBrushの各種機能の使い方を丁寧に解説。後半では、題材としてフィギュア原型作りを取り上げ、ZBrushを使って実際にモデリングしていく。各機能を実際にどう使うのかはもちろん、モデリングのポイントや注意点などまで説明しているので、基本がしっかりと身に付く。最新のZBrush 2018に対応し、ZBrush 4R8および2018の新機能についても解説。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ITナビゲーター2019年版」(野村総合研究所ICTメディア・サービス産業コンサルティング部著/東洋経済新報社)

2018-12-19 09:27:30 |    情報工学

 

<新刊情報>

 

書名:ITナビゲーター2019年版

著者:野村総合研究所ICTメディア・サービス産業コンサルティング部

発行:東洋経済新報社

 5Gによって加速するデジタル変革のなか、何を守り、何を捨てるのか? eスポーツからxTech市場の広がりまでを徹底予測。

コメント