“科学技術書・理工学書”読書室―SBR―                 科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書/ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

科学技術テレビ番組情報◆NHK「サイエンスZERO」/TBS「夢の扉+」/BS朝日「奇跡の地球紀行」/他

2015-11-30 09:51:51 |    ◆TV番組◆

 

<テレビ番組情報>

 

NHKテレビ Eテレ  サイエンスZERO    毎週日曜日 午後11時30分~0時00
                                再放送毎週土曜日 昼12時30分~1時00分

12月6日(日)  祝!ノーベル賞(2) 梶田隆章さん特別出演! ニュートリノ振動に迫る!

 ノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章さん。受賞理由は「ニュートリノ振動の発見」だ。ニュートリノ振動は質量がないと説明できない現象で、質量が0とされていた素粒子物理学の常識を覆す大発見だった。ニュートリノ振動とは何なのか、ニュートリノに質量があるとはどういうことなのか。梶田さんをスタジオに招き、自ら徹底解説!ニユートリノ振動の謎をとことん科学的に掘り下げる。

ゲスト:梶田 隆章 (東京大学宇宙線研究所長)

出演者:竹内 薫 (サイエンス作家)/南沢奈央 (女優)

TBSテレビ   夢の扉+    毎週日曜日 午後6時30分~7時
                      BS-TBS:毎週木曜日 午後11時~

12月6日(日)  女性社長の“ジリ貧町工場”復活作戦
            主婦が社長に転身し、“ジリ貧町工場”を“町工場の星”に!
               女性目線の経営改革で、“1000分の1ミリ”の職人技を守る!

ダイヤ精機 社長 諏訪貴子

 「モノづくりの町」、東京・大田区。ピーク時には9000軒以上あった町工場の数は、いまや、約3500軒に…。苦境に立たされる企業が多いなか、業績を回復させ、国内外から視察が絶えない、“町工場の星”と呼ばれる会社がある。諏訪貴子社長率いる精密金属加工メーカーのダイヤ精機。その経営手腕は、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の大賞に選ばれるほどだが、
もともとは、会社経営の経験などない“普通の主婦”だった―。11年前、父の急死により、“ジリ貧”の会社を急きょ継ぐことになった諏訪。しかし、工場の職人たちは反発。そして、リーマンショック。次々と苦難が襲い掛かった…。孤立し、追い詰められた彼女を支えたのは、シェークスピアの言葉―「人には幸も不幸もない。ただ、考え方次第」”1000分の1ミリ”の職人技を継承するため、諏訪がとった戦略とは?そして、会社を成長へと導いた、女性らしいアイデアが光る改革とは―?

BSフジ   ガリレオX    毎週日曜日 午前11:30~12:00 (隔週新作)

12月6日(日)  嗅覚研究最前線(再放送)

 普段あまり意識することはないが、私たちの生活の様々な場面で出会うことになる「匂い」。これまで“動物とフェロモン”などの研究はあったが、“ヒトと匂い”の関係になると、あまり研究が進んでいなかった。動物の「嗅ぐ」と人間の「嗅ぐ」はどう違うのか? 私たち人間が、ある匂いを嗅ぐと懐かしさや親近感を抱くのはなぜなのか? 匂いの「良し悪し」を判別するのは生得的なのか後天的なのか? 匂いの知覚と脳の関係はいかなるものなのか?最新の嗅覚研究から見えてくる「匂い」の不思議に迫る。

主な取材先:東原和成(東京大学大学院)
        小早川達(産業技術総合研究所)
        小林剛史(文京学院大学)
        飯嶋睦(東京女子医科大学)
        鈴木隆(高砂香料工業)

NHK-BSプレミアム  コズミックフロント☆NEXT   毎週木曜日 午後10時00分~11時00分
                                   再放送 翌週水曜日 午後11時45分~0時44分

12月3日(木) 金もダイヤもザックザク!大宇宙の宝探し

 金などの貴金属、ダイヤモンドなどの美しい鉱物は人々をとりこにし、いにしえより“宝”として重宝された貴重な存在であった。ところが最近の研究で、宇宙にはこうした“宝”が想像を超えるほど大量に存在することが明らかになってきた。「金はどうやって作られたのか?」「いん石にはどのようなものが含まれているのか?」という謎に挑んだ科学者たちは、観測技術の進歩に伴い、驚くべき事実を次々と発見している。貴金属や宝石は、宇宙の成り立ちと深い関わりがあることが明らかになっている。

BS朝日 ネイチャードキュメント 奇跡の地球紀行    毎週土曜日 午後7時~8時54分

12月5日(土)  休止

12月12日(土) 大河メコンに生きる〝聖なる象〟
              秘境ラオス!神秘の巨大洞窟と世界遺産
 
 今回の舞台は、東南アジアに広がる「母なる川」メコンに抱かれた秘境の国、ラオス。中国、ベトナム、ミャンマー、タイ、カンボジアの5つの国に囲まれ、49の民族が存在するラオスは、その昔「百万頭のゾウ」を意味する「ラーンサーン」を国名に冠したこともあるほど、ゾウが宗教や林業など、さまざまな形で人々の生活に密接に関わっている。 今回の案内人は、間寛平さん。アースマラソンで世界を駆け巡った間さんも、ラオスを訪れるのは今回が初めて。野生のゾウを保護するエレファントキャンプや、街全体が世界遺産に登録され、大小70余りの寺院が密集している、ルアンバパーンで行われる朝の托鉢(たくはつ)、無数の仏像が鎮座する絶壁に掘られたパークウー洞窟など、初めて接する文化と自然に驚きの連続!

NHKテレビ Eテレ  地球ドラマチック    毎週土曜日 午後7時00分~7時44分
                              再放送 毎週月曜日 午前0時00分~0時44分

12月5日(土)  イースター島 モアイ像の謎に迫る

 太平洋に浮かぶ絶海の孤島、イースター島に立ち並ぶ巨大なモアイ像。長い間、多くのなぞに包まれてきた。そんな中、一つの像からなぞを解く手掛かりが見つかった!背中に、あるシンボルが刻まれていることがわかったのだ。また、島に上陸した英国人の日誌から、彩色されていたことや、ほとんどの像が倒されていた事実も判明。当時の気象状況など、島の歴史をひも解きながら、モアイ像のなぞに迫る。(2014年イギリス)

コメント

★炭素ニュース★理研と東工大、地球の液体外核の炭素量に制約があることを発見

2015-11-27 10:44:36 |    ★炭素ニュース★

 理化学研究所(理研)と東京工業大学の共同研究チームは、炭素を含んだ液体鉄炭素合金の縦波速度を70万気圧、2,800ケルビン(K)という超高圧高温下で測定し、地球の液体外核では炭素が極めて乏しいことを発見した。

 共同研究チームは、試料を高圧高温状態にして融解させるレーザー加熱式ダイヤモンドアンビルセル装置と大型放射光施設「SPring-8」に設置されている、微小な原子の振動を検出できる高分解能非弾性X線散乱分光器を使って液体鉄炭素合金を作成し、縦波速度を70万気圧、2,800Kという超高圧高温下で測定することに成功した。

 その結果、液体外核には、炭素が最大で1.2wt%しか存在していないことが明らかになった。これにより、液体外核の10 wt%程度を占める軽い成分の多くは、炭素以外の元素で占められていることが分かった。

 液体外核に含まれる軽い元素の種類と量を特定できれば、地球磁場を生成していると考えられる核ダイナモのメカニズムや、地球形成時の金属核分離時の状況などの理解が一層進むことが期待できる。

コメント

★科学技術ニュース★核融合科学研究所、世界で初めて重水素の乱れのシミュレーションに成功

2015-11-27 10:44:11 |    情報工学

 
 核融合科学研究所は、スーパーコンピュータシステム「プラズマシミュレータ」を更新し、これにより、これまで以上に大規模なシミュレーションが可能となり、世界で初めて、大型ヘリカル装置(LHD)の重水素のプラズマ中に発生する波や渦といった乱れをシミュレーションすることに成功した。
  
 その結果、軽水素に比べて重水素のプラズマでは乱れが抑制されることが明らかとなり、重水素実験におけるプラズマの高性能化を予測するとともに、その機構を解明する成果を挙げた。
 
 このプラズマシミュレータの性能は、プラズマ・核融合科学研究の専用計算機としては、世界一。その全性能を駆使して得られた今回の成果は、今後のLHD重水素実験におけるプラズマの高性能化の研究につながるもので、さらに、最新鋭のプラズマシミュレータの利用によって核融合研究が飛躍的に進展することが期待される。

コメント

●科学技術書<新刊情報>●「不規則系の物理」(米沢富美子著/岩波書店)

2015-11-27 10:43:40 | ●科学技術書・理工学書 <新刊情報>(2018年5月4日以前)●

 

<新刊情報>

 

書名:不規則系の物理~コヒーレント・ポテンシャル近似とその周辺~

著者:米沢富美子

発行:岩波書店

 結晶のような周期性をもたない凝縮系を,不規則系とよぶ.周期性欠如の故に困難とされた不規則系の理論構築。その困難を乗り越えて提案されたコヒーレント・ポテンシャル近似(CPA)は、完成度の高さと普遍性の広がりで、不規則系研究の金字塔とされる。さまざまなアプローチから到達したCPAは「発見され,再発見され,再々発見され続けた理論」だ。そのCPAの徹底解説が同書の目的である。

コメント

★炭素ニュース★温室効果ガス衛星「いぶき」、月別二酸化炭素の全大気平均濃度公表

2015-11-26 10:13:14 |    ★炭素ニュース★

 環境省、国立環境研究所(NIES)及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した世界初の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データを使って、地上から上空までの「地球大気全体(全大気)」の二酸化炭素平均濃度を算出したところ、月別平均濃度は季節変動をしながら年々上昇し、平成27年5月に約398.8 ppmを記録した。さらに推定経年平均濃度(季節変動を取り除いた2年程度の平均濃度値 )は平成27年7月に約398.2 ppmに達したことがわかった。

 このままの上昇傾向が続けば、月別平均濃度や推定経年平均濃度はともに、遅くとも平成28年中に400 ppmを超える見込み。

 これは、「いぶき」の観測によって地球大気全体の平均濃度が400 ppmに近づくことを初めて示すことになり、衛星による温室効果ガス観測の重要性を表すものと言える。
  

コメント

★科学技術ニュース★NEDOと田淵電機、カナダで太陽光パネル・蓄電池併用インバータシステムの実証運転

2015-11-26 10:12:49 |    エネルギー

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と田淵電機が共同で取り組んでいる、カナダのオンタリオ州オシャワ市での初のスマートコミュニティ実証事業において、11月20日(現地時間)、太陽光パネル・蓄電池併用のインバータシステムの実証運転を開始した。

 同事業は、同市内の30戸の家庭に太陽光パネルと蓄電池を1台で制御可能なハイブリッドインバータシステムを設置し、2016年度末まで、停電時における非常用電源としての活用と系統安定化を検証するもの。

 再生可能エネルギーと共存した災害に強い住宅モデルを確立し、さらに他地域への展開を狙ったビジネスモデルの構築を目指している。

コメント

●科学技術書<新刊情報>●「地球の履歴書」(大河内直彦著/新潮社)

2015-11-26 10:12:27 | ●科学技術書・理工学書 <新刊情報>(2018年5月4日以前)●

 

<新刊情報>

 

書名:地球の履歴書
 
書名:大河内直彦

発行:新潮社(新潮選書)

 科学の発達とともに、私たちは少しずつ地球の生い立ちを解明してきた。戦争や探検、数学の進歩や技術革新などのおかげで、未知の自然現象の謎は氷解したのだ。海面や海底、地層、地下、南極、塩や石油などを通して地球46億年の歴史を8つのストーリーで描く。講談社科学出版賞受賞のサイエンティストによる意欲作。

コメント

★科学技術ニュース★2期連続でスーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得

2015-11-25 19:59:44 |    情報工学

 理化学研究所(理研)と東京工業大学、アイルランドのユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、九州大学、富士通による国際共同研究グループは、ビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングであるGraph500において、スーパーコンピュータ「京(けい)」による解析結果で、2015年7月に続き第1位を獲得した。

 大規模グラフ解析の性能は、大規模かつ複雑なデータ処理が求められるビッグデータの解析において重要となるもので、今回のランキング結果は、「京」がビッグデータ解析に関する高い能力を有することを実証するもの。

 なお、2位は、米 ローレンス・リバモア研の Sequoia(IBM)、3位は、米アルゴンヌ研のMira (IBM)であった。

コメント

●科学技術書<新刊情報>●「書ける! 理系英語 例文77」(斎藤恭一・ベンソン華子著/朝倉書店)

2015-11-25 19:59:16 | ●科学技術書・理工学書 <新刊情報>(2018年5月4日以前)●

 

<新刊情報>

 

書名:書ける! 理系英語 例文77

著者:斎藤恭一・ベンソン華子

発行:朝倉書店

 欧米の教科書を例に,ステップアップで英作文を身につける。演習・コラムも充実。〔内容〕ウルトラ基本セブン表現/短い文(強力動詞を使いこなす)/少し長い文(分詞・不定詞・関係詞)/長い文(接続詞)/徹底演習(穴埋め・作文)。

コメント

科学技術テレビ番組情報◆NHK「サイエンスZERO」/TBS「夢の扉+」/BS朝日「奇跡の地球紀行」/他

2015-11-23 10:34:01 |    ◆TV番組◆


 <テレビ番組情報>

 

NHKテレビ Eテレ  サイエンスZERO    毎週日曜日 午後11時30分~0時00
                                再放送毎週土曜日 昼12時30分~1時00分

11月29日(日) 祝!ノーベル賞(1)大村智さん 微生物から薬を生み出せ!

 ノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智さん。オンコセルカ症などの画期的な治療薬「イベルメクチン」を開発し、10億人以上を病魔から救った功績が評価された。「微生物の力を借りただけ」という名言を残した大村さん。微生物が薬を作るとはどういうことか。なぜ10億人を救うような薬となりえたのか。イベルメクチンが寄生虫を撃退する絶妙のメカニズムと、微生物研究の最前線を徹底紹介する。

ゲスト:高橋 洋子 (北里大学 北里生命科学研究所 創薬資源微生物学 寄附講座 コーディネーター)

出演者:竹内 薫 (サイエンス作家)/南沢奈央 (女優)

TBSテレビ   夢の扉+    毎週日曜日 午後6時30分~7時
                      BS-TBS:毎週木曜日 午後11時~

11月29日(日)  日本から“超音速旅客機”復活を!
              日本から、コンコルド以来の“超音速旅客機”復活を!
                 騒音を大幅低減へ~JAXAが挑む世界初の実験に密着!

JAXA D-SENDプロジェクトチーム プロジェクトマネージャ 吉田憲司

 “マッハ2”=時速2450kmのスピードで、世界の都市を現在の半分の飛行時間で結んでいた超音速旅客機「コンコルド」。しかし、雷のような爆音“ソニックブーム”が生じるため航路は限られ、燃費の悪さも手伝って、2003年に引退に追いやられた・・。このソニックブームを大幅に低減できる機体を設計し、超音速旅客機を日本から復活させようと挑んでいるのが、吉田憲司率いるJAXAの開発チーム。実現すれば、現在7時間半かかる目的地に、4時間で到着!世界の航空事情が一変する可能性を秘めている。

BSフジ   ガリレオX    毎週日曜日 午前11:30~12:00 (隔週新作)

11月29日(日) 嗅覚研究最前線

 普段あまり意識することはないが、私たちの生活の様々な場面で出会うことになる「匂い」。これまで“動物とフェロモン”などの研究はあったが、“ヒトと匂い”の関係になると、あまり研究が進んでいなかった。動物の「嗅ぐ」と人間の「嗅ぐ」はどう違うのか? 私たち人間が、ある匂いを嗅ぐと懐かしさや親近感を抱くのはなぜなのか? 匂いの「良し悪し」を判別するのは生得的なのか後天的なのか? 匂いの知覚と脳の関係はいかなるものなのか?最新の嗅覚研究から見えてくる「匂い」の不思議に迫る。

主な取材先:東原和成(東京大学大学院)
        小早川達(産業技術総合研究所)
        小林剛史(文京学院大学)
        飯嶋睦(東京女子医科大学)
        鈴木隆(高砂香料工業)

NHK-BSプレミアム  コズミックフロント☆NEXT   毎週木曜日 午後10時00分~11時00分
                                   再放送 翌週水曜日 午後11時45分~0時44分

11月26日(木) 観測史上最古!超巨大ブラックホール 誕生の謎(再放送)

 近づく星、ガス、そして光さえ飲み込んでしまう暗黒の天体、ブラックホール。2011年、地球からおよそ130億光年離れた宇宙の彼方に観測史上最古のブラックホールが発見された。その質量は一般的なものと比較すると1億倍以上という超巨大サイズだ。大きな星が大爆発を起こした後に誕生するブラックホールは、まわりのガスや星々を飲み込みながら成長する。しかし、宇宙初期に誕生し、わずかな期間にこれほどに巨大化するのは難しいと考えられてきた。今、世界各国の科学者たちが最新の観測とシミュレーションから研究を進めているが、そこにはブラックホールと銀河の驚くべき関係が明らかになった。一体どのようにして超巨大ブラックホールは生まれたのか、未解明のミステリーに迫る。

BS朝日 ネイチャードキュメント 奇跡の地球紀行    毎週土曜日 午後7時~8時54分

11月28日(土) 休止
12月5日(土)  休止

12月12日(土) 大河メコンに生きる〝聖なる象〟
              秘境ラオス!神秘の巨大洞窟と世界遺産
 
 今回の舞台は、東南アジアに広がる「母なる川」メコンに抱かれた秘境の国、ラオス。中国、ベトナム、ミャンマー、タイ、カンボジアの5つの国に囲まれ、49の民族が存在するラオスは、その昔「百万頭のゾウ」を意味する「ラーンサーン」を国名に冠したこともあるほど、ゾウが宗教や林業など、さまざまな形で人々の生活に密接に関わっている。 今回の案内人は、間寛平さん。アースマラソンで世界を駆け巡った間さんも、ラオスを訪れるのは今回が初めて。野生のゾウを保護するエレファントキャンプや、街全体が世界遺産に登録され、大小70余りの寺院が密集している、ルアンバパーンで行われる朝の托鉢(たくはつ)、無数の仏像が鎮座する絶壁に掘られたパークウー洞窟など、初めて接する文化と自然に驚きの連続!

NHKテレビ Eテレ  地球ドラマチック    毎週土曜日 午後7時00分~7時44分
                              再放送 毎週月曜日 午前0時00分~0時44分

11月28日(土) 人間はどこまで賢くなれるか?

 天才の脳は凡人と違うのか?現存するアインシュタインの脳を解析すると、空間をつかさどる部分が大きく、通常は3つしかない部分が4つある。全米記憶力選手権の優勝者からは、記憶力を飛躍的に高める方法が披露され、リポーターは40の単語を10分で覚えることに成功。さらに、プレッシャーを軽減するための秘けつも公開!さまざまな角度から脳の不思議を解き明かし、実生活に活用する手立てを探る。(2012年アメリカ)

コメント