“科学技術書・理工学書”読書室―SBR―                 科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書/ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「Excelで操る! ここまでできる科学技術計算<第2版>」(神足史人著/丸善出版)

2018-11-12 09:29:37 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算<第2版>

著者:神足史人
 
発行:丸善出版

 初版に同じく「科学技術計算の90%はExcelで対応できる!」をコンセプトに、理工系の数値計算はExcelでできることを豊富な実例をもとに紹介するとともに、今改訂では,理工系のみならず用いる確率論的モデル解析や固有値計算・主成分分析を追加。最小2乗法、ラグランジュポイントの探索、3接円計算、鉄筋コンクリートの応力計算、非線形連立方程式、非線形最適化問題、固有値計算、正規乱数による株価シミュレーションなどの計算が行える。時事問題には原発事故にまつわるシミュレーションも追加し、Excelで行える応用できる範囲の大きさをますます強く体感できる。同書掲載の例題に用いたExcelファイルの一部をまとめたzip圧縮ファイルをダウンロードできる。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「素数の未解決問題がもうすぐ解けるかもしれない。」(ヴィッキー・ニール著/岩波書店)

2018-11-08 09:26:41 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:素数の未解決問題がもうすぐ解けるかもしれない。

著者:ヴィッキー・ニール

訳者:千葉敏生

発行:岩波書店

 「間隔が○○以下の素数のペアは無数にある」。さて○○に入るのは? 7000万、4680、そして600……。はたして数学者たちは,双子素数予想の「2」にたどり着けるのか。ゴールドバッハ予想、フェルマーの最終定理など、周辺のさまざまな問題に寄り道しつつ、全世界を巻き込んだ共同研究の行方を追う。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ビジネスマンが一歩先をめざす ベイズ統計学」(朝野熙彦編著/朝倉出版)

2018-10-26 09:44:50 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:ビジネスマンが一歩先をめざすベイズ統計学~ExcelからRStanへステップアップ~

編著者:朝野熙彦

発行:朝倉出版
 
 文系出身ビジネスマンに贈る好評書第2弾。丁寧な解説とビジネス素材の分析例で着実にステップアップ。〔内容〕基礎/MCMCをExcelで/階層ベイズ/ベイズ流仮説検証/予測分布と不確実性の計算/状態空間モデル/Rによる行列計算/他

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「サイコロから学ぶ 確率論」(小林道正著/裳華房)

2018-10-16 09:29:12 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:サイコロから学ぶ 確率論~基礎から確率過程入門へ~
 
著者:小林道正

発行:裳華房

 同書は、一般的な確率論の本とは異なるアプローチで、定理の前に偶然現象の解説をし、「厳密な理論と証明」を示した後に、「実際の偶然現象での意味、実験結果との対応を考える問題」を挙げて、身の回りの確率現象を例にしながら理論的な定理の意味を解説するという工夫を行った。これによって、多くの理工系学生が確率論を学んでいる際に感じる「この定理はどういう意味なのか?」という疑問も少なくなり、見通し良く確率論を学ぶことができる。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「数学テクノロジー入門」(岡田勘三著/近代科学社)

2018-09-17 09:12:33 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:数学テクノロジー入門~画像技術を支える数学

著者:岡田勘三

発行:近代科学社(MIシリーズ:進化する産業数学2)
 
 情報帯域が最も広い画像というものに着目し、その関連技術の確立に数学・統計学が果たしてきた役割と技術を紹介。Part1では、応用事例を理解するために最低限必要な数学(直交関数展開、フーリエ解析、線形代数)や統計学について準備。Part2では、画像関連技術のうち、画像データの記憶装置のデータマネージメント技術、信号再生技術に加え、電子透かし技術、画像復元などの画像表現・処理、そして医療分野における画像形成技術を、数学を応用する視点で解説。
 
 

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「数学パズル大図鑑Ⅱ」(イワン・モスコビッチ著/化学同人)

2018-09-04 09:34:54 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:数学パズル大図鑑Ⅱ~名問・難問を解いて楽しむパズルの思考と歴史~

著者:イワン・モスコビッチ

監訳:東田大志

訳者:櫻井香織

発行:化学同人

 あなたの脳を刺激する古今東西から集めた傑作315問。誕生期に作られた古典的パズルから、現代の傑作パズルまで、古今東西のパズル315問を集めたパズル本の決定版。問題を紹介するだけでなく、歴史的背景や、そのパズル特有の思考法の解説、関係する数学者の人物伝などの知識を、古代から順に歴史を追って紹介し、パズルファンの知的欲求を最大限に満足させる。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ファジィ時系列解析」(渡辺則生著/共立出版)

2018-08-14 09:27:18 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:ファジィ時系列解析

著者:渡辺則生

発行:共立出版(統計学One Point 【8】巻)

 ファジィ理論と統計とのかかわりについて説明した、ファジィ理論が有用なツールになることを理解できる一冊。同書を通してファジィ理論を統計へ応用する際の足掛かりが得られるだろう。同書は、初等的な集合論、確率・統計に関する基本的知識があれば十分で、時系列解析およびファジィ理論を知るために最適な入門書。
  

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「学問の発見」(広中平祐著/講談社)

2018-08-06 09:29:10 |    数学

書名:学問の発見~数学者が語る「考えること・学ぶこと」~

著者:広中平祐

発行:講談社(ブルーバックス)

 広中平祐氏の自伝的数学啓蒙書。「学問とは何か」「学ぶとはどういうことか」「数学とは何か」など、数学や科学するときの最も大切な基本姿勢を教えてくれる1冊。広中平祐氏が特異点解消問題を解決して、1970年にフィールズ賞を受賞した経緯にも触れられていている。

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「Pythonによるベイズ統計モデリング」(Osvaldo Martin著/共立出版)

2018-08-02 09:29:36 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:Pythonによるベイズ統計モデリング~PyMCでのデータ分析実践ガイド~

著者:Osvaldo Martin

訳者:金子武久

発行:共立出版

 同書ではPythonのインストールからPyMC3による統計モデルの実装、チェック、拡張まで解説。理論的な説明は必要最小限にして、また数式による説明は概念をより理解できる場合に限っている。Pythonプログラミングやベイズ統計学についての知識がほとんどない人でも、同書のコードを実行することを通して、ベイズ統計モデリングの概念やデータ分析にベイズ統計をどう応用するか、といったことが実践的に学べる。
  

コメント

●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「数学者的思考トレーニング 複素解析編」(上野健爾著/岩波書店)

2018-07-20 09:34:41 |    数学

 

<新刊情報>

 

書名:数学者的思考トレーニング 複素解析編

著者:上野健爾

発行:岩波書店

 現代数学では、リーマンのゼータ関数をはじめ複素数の導入が理論の展開に不可欠な場合が多い。なぜだろうか。複素数の基本性質から複素関数の微積分、コーシーの定理、応用としての楕円関数やテータ関数までを扱うなかで、その理由と背景が浮かび上がる。大学入試問題など具体的問題を解きながら、数学的に考えることの醍醐味が得られる。

コメント