さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アシガバード その1

2019年12月05日 | 海外旅行
地獄の門を出発してトルクメニスタンの首都のアシガバードに向かいました。

道路が広くなって、アシガバードが近づいたことを知りました。



アシガバードの街に入る前に洗車が行われました。広い洗車場が設けられていました。これは法律で定められており、泥だらけの状態でアシガバードに入ると罰金を取られるといいます。



他の町でも見た画一的な家が並んでいました。



遠くに見えてきたのはアシガバードの空港のようです。空港は撮影禁止ですが、この距離なら大丈夫でしょう。



ロータリーの真ん中に置かれた巨大なモニュメント。上に乗っている騎馬像は誰のものか判りません。



街中に入って大統領府の近くを通るときは、撮影禁止ということで、おとなしく外を眺めていました。

そこからほどなく、宿泊するGRAND TURKMENに到着しました。部屋に入ることなく、歩いて近くのレストランに向かって昼食をとりました。



ホテル脇の公園。きれいに整備されていました。



昼食後は、アシガバード国立博物館、郊外のニサ遺跡、アハルテケ(汗血馬)の飼育場の見学を行いました。

その途中で見る街中のモニュメントや建物がアシガバードの見どころになっていました。







ロータリーの真ん中には、たいてい立派なモニュメントが置かれていました。



独立公園に置かれた独立記念塔。



塔の下に置かれているのは、昔の王様でしょうか。



独立記念公園前の建物。立派な建物です。





道路沿いには、大理石を使った白い建物が並んでいます。



大理石はイタリアから輸入したもので、アシガバードは世界一大理石建築物が多いことでギネス登録されているといいます。



変わった形の建物も多く見られました。



トルクメニスタン国立博物館前には、国旗掲揚ポールの「アシガバート・フラッグポール」が置かれています。一時は世界一の高さを誇ったといいますが、各国でポールや国旗の大きさを競っているため、現在は世界一の座から陥落しています。

トルクメニスタン国立博物館の展示物については別項目で。



ニュートラリティ・アーチ。トルクメニスタンの永世中立国承認(1995年)を記念して建設された高さ75mの記念碑です。



頂上には、トルクメニスタン初代大統領「サパルムラト・ニヤゾフ」の金色の像が置かれています。



官庁の建物のようです。





これは観覧車。



丘の上にも何やら塔が置かれていました。

アシガバードは、大理石が輝くきれいな建物が並んでいますが、問題は道路を歩いている人がほとんど見られないということです。道路の清掃員の方がよくみかけました。街並みを眺めていると、住民の生活感のないことが異様に感じられてきました。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 地獄の門 ... | トップ | さすらいの風景 アシガバー... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突然のご連絡失礼致します。 (aoki)
2019-12-25 20:03:34
突然のご連絡を大変失礼致します。
私、東京でテレビ番組を制作しております、青木と申します。

この度は、私共が制作しております番組にて、さすらい人の独り言様のブログのお写真ならびに文言を使用させて頂きたく、ご連絡をさせていただきました。

ご検討頂くことが出来ましたら、
ぜひ詳細をお伝えしたいと存じますので、
大変お手数をお掛け致しますが、
一度下記メールアドレスにご連絡を頂戴できますでしょうか。

青木
notufo6912★gmail.com(★はアットマークに変更してください)

ご連絡をお待ち申し上げております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

青木

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事