さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 スバシ峠

2013年11月29日 | 海外旅行
タシュクルガンの町を出発し、カシュガルに向かいました。道路は良く整備されており、快適なドライブが続きました。



パミール高原をゆったりと川が流れています。



雪山の眺めが広がっていますが、パキスタン側と違って穏やかな姿をしています。





中国に入ると普通のトラックが走っており、パキスタンのデコ・トラが懐かしくなります。



原野の中に、時折り民家が現れます。



走るうちにムスターグ・アタ峰(7546m)が近づいてきました。



姿を変えていくムスターグ・アタ峰を眺めながらのドライブになりました。







ムスターグ・アタ峰から流れ出る氷河も眺めることができました。





出発したタシュクルガンの標高は3200mでしたが、バスは次第に高度を上げていき、標高4100mのスバシ峠に到着しました。広大なパミール高原のため、バスの走行中は高度を上げているという感じはありませんでした。

クンジュラブ峠とは異なり、ここではバスを下りて、ゆっくりと風景を楽しむことができました。

ムスターグ・アタ峰も近くから眺めることができました。



峠の先には、コングール峰(7719m)の山塊が大きく広がっていました。



車道脇の草原に上がってみました。前の日に標高4732mのクンジラブ峠に上ってから標高3200mのタシュクルガンで1泊したためか、標高4100mのスバシ峠では大きく深呼吸を続ける必要があるものの、歩き回れるといった感じでした。



道路脇の草原からスバシ峠にある道路標識をみたところ。

スバシ峠は、ムスターグ・アタ峰の山裾から続く広大な台地を越しています。



スバシ峠からのパノラマ写真。広大な風景としかいいようがありません。

クリックで拡大写真



スバシ峠から下っていくと、再び広大な高原の中の走りになりました。



車道脇には柵も設けられているので、家畜の放牧も行われているようです。



ムスターグ・アタ峰から流れ出る氷河。



コングール峰も近づいてきました。写真の左に写っているのが7719mの最高峰でしょうか。



ムスターグ・アタ峰の見え方も大きく変わってきました。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« さすらいの風景 タシュクルガン | トップ | さすらいの風景 カラクリ湖 »
最新の画像もっと見る

海外旅行」カテゴリの最新記事