大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

混沌の弥生尽(土井卓美)

2011年03月31日 15時37分49秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

言うまでもなく今日は3月31日で我国では多くの会社や官庁、学校関係等の殆どの年度末となっています。
今は新暦を使用していますが、旧暦の3月31日は新暦では5月3日に当たります。
そしてその時分になると春も終りにさしかかる候で、古来人々は春を惜しむ気持を「暮の春」「暮春」「行く春」「春惜しむ」「惜春」「三月尽」「弥生尽」等の言葉で表しています。
春は元々楽しく明るい季節であるだけに、それが尽きようとする時それを惜しむ感慨の表現とも言えましょう。
旧暦に基づくこれらの表現は新暦による今日の生活とどうマッチさせるかですが、今、行く春とか春惜しむなどと言っても春はこれからの時で全くちぐはぐになるので、実際の5月初め頃にこの表現をすればすんなり納まります。
しかし暦の月そのものは十二月の師走がそのまま定着しているように、「三月」「四月」「五月」は「弥生」「卯月」「皐月」で違和感なく受け容れられているようですが「六月」の「水無月」は実態とずれています。

さて現実に目を戻すと、中東のデモによる無血革命はリビアに波及し、ここでは同一国民同士が血を流し合う内戦に発展し、長期戦の様相を呈しています。
我国でも大震災に原発事故が重なり、震災の方は徐々にでも復旧への足取りが進められていますが、原発の方は解決の見込みすら立っていません。
本来なら春の明るさの訪れる候ですが今年は我慢の時となっていて、各種のイベントやお祭なども自粛ムードで一杯です。
当地ではこれから県議選、市議選が相継ぎますが選挙カーでの連呼も控えるような話になっているようです。
今はこんな状態ですが日本人の智慧と力は予想よりも早くこの苦境を脱するだろうと祈り、確信しています。

弥生尽の今日初めて庭の桜がその枝先に二、三輪の花をつけました。


コメント

ギャンブルの不首尾と反省(土井卓美)

2011年03月29日 07時41分40秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

先週23日(水)の本ブログへの訪問者は127人、閲覧数は208回でした。
週間単位でも訪問者649人、閲覧数1042回はおそらくこれまでの最高だろうと思います。
取るに足りない拙文をお読み頂き有難うございます。
「ええ格好しぃ」の態度を通し、無様なことは避けてきた嫌いはあると思います。
しかしゴルフの原則のように「あるがままに」が一番大切であることも認識はしている積りではあるのですが・・・・・・。

さて昨日の午後からのことですが、あるオークションを知り早速挑戦してみました。
先ず登録をし、入札に必要なコインを購入します。
1回の入札に1コイン(77円)が必要なので1万円ばかり購入したのですが、その方法も目新しいもので、PCで申し込み、13桁のナンバー数字を貰いコンビニで「スマートピット」という装置を利用して現金払いするもので、客(私)は現金を払うだけで住所も名前も必要ありません。コンビニから2分位かけて帰ってくると既に入金の報せが届いていました。

いろんな商品や高額な商品券が出品され信じられないような安値で次々に落札されます。
一件でも落札すれば十二分に元は取れると張り切って臨みました。
しかし素人の悲しさなかなか上手く行きません。
入札者にはプロ級のベテランが多数居るのは分かりますが、私には数人で組んで素人を排除している場合も結構あるのではないかと思えました。
つきっ切りという訳ではなくても午後の大半と夕食後の数時間でコインを全部使い果たして結局パーでした。
パチンコなら数時間で数万円簡単にすってしまうという話なので、それに比べればオトナシイものですが、反対にやりたいこと、やるべきことを差し置いて長時間をムダにしたことになるのである程度の空しさ、悔しさ、残念さは残りました。
やはり初めてのことで夢中になり熱くなりすぎたのが失敗の原因だろうと思います。
株でもそうですが、素人が玄人たちの端っこで少しでも利を上げようと思えば元金も時間も余裕を持って周囲を見ながら、損をしてもいい範囲で、運よく儲かったら幸いという感覚でやるしかないと実感しました。
そこでもう一回コインを買ってその姿勢で再挑戦してみたいと思っているところです。
コメント

欲望と自然の摂理(土井卓美)

2011年03月25日 20時53分59秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

「大抵のあったら便利は無くて済む」という川柳を読んだ時うまいと感心し、以後記憶に残っています。
人々の便利さ、快適さへの欲求には限度が無く、最初は一部特権階級だけのもだったものも日が経つに従って上流から中流やがて一般大衆のもへと拡がってきます。
時の特権上流階級はまた新たなものを求め、それも時代と共にまた一般大衆へと普及していくという歴史をくり返しています。
こうして文化も産業も発展して社会が豊かになってくるのだから結構なことなのですが、そこには落とし穴も潜んでいます。
今回の東電の原発事故もその大きな一つの表れであると言えましょう。

どれ位のペースだったら大丈夫なのかという絶対的な基準がある訳ではないので難しいのですが、人々の欲望が拡大するのは止められず、それが余りにも急である場合には供給する側がどうしても無理をしなくてはならなくなります。
かつては歩いたり、公共交通機関を利用していた人々の多くが自家用車を持つようになると石油の需要が急拡大し、CO2による環境破壊に繋がってきます。
エアコンやその他の電化製品の普及は電力供給の急拡大を必須のものとし、その為にはCO2の発生も少なく効率の良い原子力発電が最も求められるものとして登場してきた訳ですが、それは従来の水流を利用するとか、石炭や重油、液化天然ガスを燃やすという自然現象の利用と違って、核分裂あるいは核融合といった本来なら自然界にあり得ないことを人工的に行うもので、謂わば自然界の摂理への挑戦ともいえるものです。
人々の欲望を満たす為にこのようなことが、知らぬ間にかなり自然に、行われるようになってきている現在の恐ろしさを改めて知らされた思いです。
原発の新設、増設はこれで一先ず据え置かれるか、延期あるいは中止されるものと思われますが我々の代以降の世代の人の為にも自然との共生について、今一度原点に立ち帰って見直しをしなければならない時期にきているようです。

コメント

締切りの効用(土井卓美)

2011年03月23日 18時32分32秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

現役の営業担当だった頃毎月の締切りに四苦八苦していました。
今はその思いから開放されて久しくなっていますが、逆に懐かしく思い出したり、時には夢の中で大いに焦っていたりすることもありますが、同様の経験をお持ちの方も少なからずあるのではないでしょうか。

仕事の締切りからは解放されても日常生活のそれからも開放されている訳ではありません。
まぁ好きでやっていることなので誰に文句を言う訳でもなく、むしろ自分でそれを楽しんでいる傾向にあるとも言えないではありません。
やることが鈍くなったのが一番大きな原因だとは思いますが、そんなこんなで最近では二紙の朝夕刊をその日の内に読みきれず一部を翌日回しにすることも多くなりました。

このブログの更新も自分に課した3回/週のペースを何とか維持しています。
コンペが近づけばそれに合わせた調整もしなければなりません。
因みに3/18の今年の初コンペはそれなりの練習をし、優勝の挨拶まで頭に入れて臨んだのですが、大乱調でブービー賞となりました。ただドラコン2つの内の1つを獲得したのがせめてもの慰めでした。
俳句も句会や投稿の締切りは確実に来るのでクリアーしなければなりません。
今もそこから帰って来たところですが、来月10日の昇段試験に備えて詩吟の特訓中です。

こうしてみると仕事でも遊びでも締切りは、それに向かって意識と努力を集中させ、生活のリズムとペースを維持するかけがえのないものだと改めて感じさせます。
自らにある目標を課し、その時、その時の関門をクリアーしながら生活のペースを維持していければと思っています。
コメント

マスコミの偏重報道(土井卓美)

2011年03月21日 16時18分36秒 | Weblog
人気ブログランキングへ
暑さ寒さの区切りとなる春分の日ですが、それにしては肌寒い一日となっています。
朝の内降っていた雨は上がっても、日は射さず風も強くて出掛けたい気分にもなれません。
被災された人を思えばそんなのんきなことを言っている場合ではないのは分かっていますが、先回も少し触れたように、だからといって格別なことが出来る訳でもなく、団体を通じてと個人としてささやかな募金をした他は自分の生活ペースを守る他はありません。

今朝の毎日新聞一面「余録」に韓国の有力紙「朝鮮日報」の日本通の記者のことが載っていました。
震災発生直後にソウルから急派され、東京でレンタカーを借り、通れる道を選びながら28時間掛けて仙台に着いたそうです。
現場の無残な光景に息をのみ、家族を失っても静かに耐えて秩序を保つ被災者の姿に胸を打たれたそうです。
しかしもっと北部の複数の避難所に援助の手が届いていないのを見て怪しんだというのです。
外国人が自力で行ける場所に救援の手が届いていないのは何故だと。「マニュアル化されたシステムが想定を超える災害の中で融通性を欠き、初動の救援が遅れた」といった記事を書いたそうです。
「日本を批判する気はない」といいながら「ただ、あまりにももどかしい」と付け加えたとも紹介されています。
全く的外れとは言わないまでも、一国の一流紙の記者としてはその見識を疑わざるを得ません。
個人なら何とかすれば28時間も掛ければ現地にも行けましょう、しかし場所も人数も手掛りさえ摑めていない全ての人を即刻救う手を打てる筈がありません。
たまたま自分が行った先の現場を見てそのような記事にするのは、自国の日本を批判的に見る風潮に迎合するものと言われても仕方がありません。
通信手段が発達してきたとはいえ、中国や韓国の反日本的感情はこうしたマスコミに影響される部分が多いような気がします。






.
コメント

震災への配慮と英国王子結婚式への招待辞退(土井卓美)

2011年03月19日 17時43分05秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

東日本大震災の発生から一週間を経てその状況も徐々に明らかになり、復興への取り組みも確実に進行しています。
問題点も次第に明らかになり、食料品や生活用品等の不足の深刻さも伝えられていますが、こういう物資の不足や交通手段の破壊状態等については実態が明らかになれば、それ相応の手が打たれ、復旧回復に向けて懸命の努力がなされ、関係者の一致協力による早急な成果が期待されています。

難しいのは被災地や被災者と直接には関係の無い人々の関わり方です。
具体的に問題になっているのがスポーツの試合、音楽や芝居その他のイベント関係で自粛や延期、中止が相継いでいます。
被災直後で精神的にも物理的にも開催不可能な時は当然のこととして誰からも文句の出ようがないのですが、ある程度時間が経ってやろうと思えばやれる状態になった時の開催については賛否両論が相半ばして、どちらの意見が正しいと決め付けることは出来ません。
そんな状況下で選抜高校野球は予定通りの開催を決め、プロ野球はセ・パで違った決定をし、大相撲は未だ検討中というじょうきょうです。
私論としては自粛や遠慮のし過ぎは人々のの心を暗くし、勇気や活力までも奪いかねないし、また延期や中止をしても別に役に立つことを出来る訳でもないので、夫々が自分達で出来ることをして世の中を明るく活性化させる方向に行くべきだと思っています。

そして今回宮内庁が来月末の英国ウィリアム王子の結婚式の皇太子ご夫妻への招待を辞退することを明らかにしました。
妃殿下も健康を回復されて共に出席されることを多くの国民が望んでいた筈です。
それをまだ一ヶ月以上先の結婚式に参加して英国はじめ各国との親交を深める絶好の機会を自らの手で断って、国内に留まってもらうことを決めた役人の感覚は国民感情とずれていると言ったら言い過ぎでしょうか?
コメント

怠惰と我欲への警鐘(土井)

2011年03月16日 16時41分01秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

石原慎太郎東京都知事の天罰発言が取沙汰されていますが、これも例によってマスコミの恣意的な報道姿勢によるところが少なくありません。
真意を外して言葉尻を捉え、いわば悪意をもって、大衆受けを狙うやり方は今に始まったことでもなく、それをメシのタネにしている人も、それを喜んで受け容れる人も多いので仕方のないことですが・・・・・・・・・。

都知事の見識とその勇気ある発言は流石だと感心しました。
大震災と原発事故は未曾有の大災害で、被害者には心よりお見舞いを申し上げると共に同情と支援を惜しむものではなく、自分達で出来るだけのことはしてあげたいというのが殆ど全ての人の心情であることは間違いありません。
時期が時期だけに、また時の人であるだけに、無理矢理違った観点から報道されましたが、今回の災害を我国にの、ひいては全人類の現状に対する警鐘としたいという本音は素直に受け容れるべきだと思います。

政治も個人も我欲が前面に出過ぎて全体に対する配慮と貢献が影を潜めている現今の在り様に天が注意を与えたという主旨は十分に説得力があります。
個人単位では必ずしも必要の無い携帯電話を一時も離さず無駄な受発信をくり返したり、ゲームに熱中する若者を中心とする人々、政治も国民の為より政治家個人の思惑を中心に政党間の駆引きに終始する現状、電力会社は若干の同情の余地はあるにしても、住民の安全性と利益確保のバランスで安全性に対する取組みが甘かったことを証明しました。
しかし被災に対する日本国民の真摯な取組姿勢は海外のメディアも称賛しているようです。
警鐘に目覚めたという表現は当らず、そういう積りもありませんが、我国民の持つ優れた特性が改めて発揮され、被災から立ち直る日の一日も早からんことを祈るばかりです。
コメント

続・蕗の薹(土井)

2011年03月14日 19時15分31秒 | Weblog
毎月第二月曜日は「ライン川句会」で岐阜県坂祝町へ出掛けています。
今日もGゴルフ後の喫茶店を一人早めに抜けて行って来ました。
会場の知人宅裏の果樹の根元の蕗の薹が丁度採り頃になっている頃だと見当をつけて行ったのですが・・・・・・・・・。
その思いは昼食場所で待ち合わせた女性二人も同じで、何時もより早めに現場に到着しました。

思った程は出ていませんでしたが探せばそこそこには見つかり、3人で分けて持ち帰る分は十分に確保出来ました。
やはり温室栽培のものと違って香りが強く、手はアクですぐ真っ黒になります。
知人の話では持って帰って植えておけば、来年からは早速採れるようになるということだったので、お言葉に甘えて2株掘り起こして持ち帰りました。
彼に貰った無花果は翌年には大樹に成長して沢山の実をつけましたが、来年の蕗の薹は果たしてどんな様子を見せてくれるのか、また楽しみが一つ増えました。


採る前


採る前


私の分け前


持ち帰って畑の隅に移植した一株
コメント

遠い地震でも(土井)

2011年03月12日 17時44分05秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

娘のダンナの実家が岩手県一関市なので状況を確めるべく連絡をとるも、昨日は全く通じず、今朝になってその本人の所に「取敢えず全員無事」との連絡が入ったと報せてきました。
先ずは一安心ですが家屋の状況等は一切判らないままです。

私は昨日の午後は外出していて全く知らず、帰りの車の中でラジオを聞いて大きな地震があったことを知った訳ですが、その時はまさかこれ程までの被害になろうとは思いもしませんでした。
今朝の喫茶店での話では「関西大地震の時は激しく揺れたが、今回はゆーらゆーらとゆっくりゆれたので血圧が上がって目まいが起きたのかと思った」という人が二人もいました。
東海地震が起きても津波はこの辺までは来ないだろうとか、木曽川の堤防が切れたらどうなるか、いや堤防は補強工事をしっかりやっているから切れる心配はないだろうとか、液状化現象が起こりはしないだろうかとか地震の話で持切りでした。

それにしてもテレビに映し出される自然の脅威と被害の惨状には言葉も失います。
土俵際まで追い詰められていた菅政権も、追い詰めていた野党もここは一先ず矛を収めて救済と復旧に共に協力して取り組まなければなりません。
特に菅さんはリーダーシップを発揮するいいチャンスなのですが・・・・・・
被災地はまだ寒さも厳しく大変だと思いますが力を合わせて頑張って欲しいと思います。
我々Gゴルフの会員も微力ながら1000円/人の救援金を送ることを今朝の競技開始前に決めました。
「何時までもあると思うな親と金、無いと思うな運と災難」

   テレビには地震(ない)の惨状春寒し
コメント

今年2回目のゴルフ(土井)

2011年03月09日 11時56分59秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

18日に今年の初コンペがあるのでその調整も兼ねて、昨日は城谷君の知合いと私の知合いと誘い合わせて、富士OGMエクセレントクラブ御嵩花トピアコースという長い名前の所に行ってきました。
片道50分弱ですがこれまで機会が無く4人共初めてのコースでした。
スタートの1時間前に着いてゆっくりバイキングの朝食をとり、パッティング練習、混んでなくて予定の5分前にスタートしました。
昨日の雨も止んで薄日の洩れるこの時季にしてはまずまずの天気に恵まれましたが、ややトリッキーな上に、前の組が2人で間を空けられ、後の組も2人ですぐに迫ってくるし、同行の1名(79歳)の超慎重なプレーで、遊びのゴルフにしては全くの心穏やかとは行きませんでした。
後半は後の組を先にスタートさせるように提案しましたが反対があって実現せず、同じような状態になりました。
でも昼食も美味しいのがついて支払いが約7500円とは値打ちで、楽しいいい一日でした。

今年はやるだけでなくスコアの方も少しは拘ってみようと思っていますが、冬場でもあり、緒戦でもあってそう簡単には行かずOB3発、バンカーの3叩きなどのミスが出ました。
それでも常に私よりスコアの良い城谷君や私の友人も、同行の人も3桁だったのに対して、何とか2桁で上がれたのは収穫でした。
3人には前日畑から採ってきておいた葉つきの蕪を5個づつ持ってかえってもらいました。
コメント