大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

兵どもが夢の跡

2019年09月28日 17時44分44秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


今年の夏は異常とも思われる程の猛暑に見舞われました。
残暑も厳しいものがありましたがようやく秋の気配につつまれるようになりました。
その中にあって畑の方では西瓜、トマト共にほぼ満足のいく収穫が得られ、配給先に少しは喜んでもらえました。

収穫後の畑は足を向けることもない間に夏の雑草がジャングルのように生い茂ってしまいました。
そのままにしておく訳にもいかず、何度か涼しそうな時を見計らって蚊取り線香をぶら下げ汗まみれになって格闘し、周囲に迷惑のかからない程度にすることが出来ました。


10本のトマト苗を支えた支柱、脇芽を摘んで中心の1本を何か所か固定しました。


西瓜も20年近い経験からカラス対策、熟れ時の見極めも違わないようになりました。


今年はじめて実をつけた柑橘、熟れて食べてみるまで味は分かりません。
コメント

運動会

2019年09月26日 18時44分12秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


「彼岸明け」の今日はいよいよ秋になったかと実感させるように晴れて空気の澄んだ好天になりました。

Gゴルフの帰りにすぐ近くの高校で運動会をやっていたので、しばらく自転車を停めて若人の元気に活動する様子を見ていました。
走り高跳びは165cmを誰も跳べず160cmをクリアーした2人で勝敗を争いました。
「2年生のリレー競走です」と放送があったので見ていたら、女子の代表選手が1人でスタートし、次走者もまた1人でバトンを受けて走り続けました。
変わったリレーだなと見ていたら女子ランナーがゴールする寸前に男子の選手が一斉にスタートしました。
何周かする内に追いつめられましたが結局女子選手が逃げ切り見ていてホッとしました。

家に帰って気が付いたのですがこれまで聞こえていた場内放送や歓声が全く聞こえて来ません。
そういえば今年は毎年音に誘われて出掛けていた町内の盆踊りも気が付かない内に終わっていました。
近隣の住民からのクレームに対応するためには仕方がないのかもしれませんが年に1度のことだしちょっとどうなのでしょうか。
改めてみると周りには新しい住宅が随分増えています。





コメント

ランチ会

2019年09月24日 16時53分49秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


「秋分」の昨日は朝方の雨でGゴルフは中止になりましたが詩吟の稽古は予定通りあり、その後のランチも珍しく6名が参加し、内1名が使い切れないコーヒー券があるというので全員で喫茶店に移行しました。

22日(日)のランチ会はドタキャンもあって参加者は9名のみ、私が最長老だったのでいつまでも元気で居るようにと励ましを受けました。
聞けば夫々に体の不調が生じているようで、もう出て来ることが出来なくなった人も出てきました。
それでも参加出来た人は万全ではないにしても比較的元気で近況や世間話、今後のことなどゆっくりと話が出来ました。
会場を変える話もあって幹事や名古屋在住の人がいろいろ当たってくれましたが、昼間で個室で十分な時間が取れるという所が見つからず、当分は栄のアパホテル5Fの「伊勢」を使い続けることになりそうです。
会合の後も年寄り順に上から4人でまたNHK近くの喫茶店に行って懇談しました。


栄地下


同上


名古屋駅
コメント

「爽やか」とあまりそうではないこと

2019年09月21日 16時56分33秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


爽やかな季節になってきました。
今日は第3土曜日で地元句会の例会日、出席者は固定メンバーになってしまった8名、兼題は「爽やか]でした。
よく間違えられるのですが「爽」の字は「人」ではなく「メ」が4個です。
私が特選に頂いた句は「爽やかや約束ひとつづつ果し」でした。
また拙句「爽やかに百まで生きむ令和の世」には7名中4名が点を入れてくれました。

今日もそうでしたが電話が鳴ったので急いで取るとすぐに切れてしまいました。
こんなことが何度もあって電話器の調子が悪いのかなと思っていました。
ところが今日原因が分かりました。
これまで結び付けて考えもしなかったのですが、ある程度の時間を置いて某宅配業者の女性配達員が荷物を届けに来たのです。
在否を確かめる為だったと確信しました。
「これから〇〇時〇〇分頃にお荷物を届けに参りますのでよろしくお願いします」の一言が何故言えないのでしょうか。



コメント

命と死がテーマ

2019年09月19日 18時20分22秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


晴れてある程度気温が上がっても少し前までの不快な残暑と違って爽やかな候となり日中のエアコンも不要になりました。
果物の季節ともなり送られてきた葡萄を差し上げたり頂いたりもしました。

何時ものように乗せてもらって集合場所の会食の店に行くと休業していて急遽ホールに併設のレストランでのとんかつ定食とコーヒーになりました。
今回の参加者はご婦人4人と私でしたが公演の指定席は2人が前から3番目、私と後2人が13番目でした。
しかし期待していた通りに、名古屋から参加の「席取り名人」が開演直前の席替え時に瞬時にして前から2番目の中央部の並びの3席を確保してくれました。

出し物は鳥取市に実在する「徳永進医師」のホスピス「野の花診療所」をモデルにした「劇団民芸」の「野の花ものがたり」でした。
脚本が実によく出来ていて団員の熱演にも引き込まれ時の経つのを忘れました。
テーマがテーマだし、孫からの便りを貰った直後でもあって尚更でした。
同行の熟年ご婦人連も何時もとは少し違った感慨をもたれたように感じました。



コメント

感動・孫の成長

2019年09月17日 14時35分17秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


「敬老の日」に届くように葉書を書く学習指導が各地の小学校で行われたようで、岐阜と愛知の2人の知人が夫々その葉書をFBに載せていて微笑ましく拝見しました。
いくら何といわれても孫の可愛さは天下共通で、しかもそれを倍増させるような内容の便りが届いたとあれば、自分だけの喜びに留めるのは難しく廻りにも知らせたくなるのは自然のことだと思います。

自分のことや身内の自慢話を堂々と披露することがあまりみっともいいものではないことは重々承知している積りですが、実は私の所にも届いたのです。
宛先は私ではなく亡くなった「ばあちゃん」だったことに先ず驚きました。
小5にしてよくこの発想が生まれたものだと感心しました。
それに字そのもの、制限字数内に収めた構成も内容も私の想像をはるかに超えたもので柄にもなく感動してしまいました。
その感動の記憶として孫への感謝も込めて啓上させてもらいました。

コメント

自家製無花果ジャム

2019年09月14日 22時10分06秒 | Weblog
全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


もう10年位前のことになりますが畑で取り木した無花果の苗をあるお家の庭に移植したことがありました。
順調に育って実をつけるようになり、自分の畑の方の親木がカミキリムシにやられたこともあって、時々はその実を貰ったりもしていましたがここ数年はそれもなくなっていました。

今日は月に1度の「俳句教室」の日で生徒さん4人が集まり賑やかに(?)談笑しながら時を過ごしました。
教室の前のランチの席で、無花果ジャムを作ったので持って行きますかという有難い申し出があり、教室への途中で立寄って頂きました。
私は日頃食パンを食べる習慣がないことを言うと、ヨーグルトに入れて食べると美味しいし体にも良いと教えられました。
明日から早速実行に移します。



コメント

インターネット句会

2019年09月12日 17時29分58秒 | Weblog
全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


今日も晴れて気温も上がりましたが昨日までと違って風もあり、湿度も低く大変に過ごし易い1日となりました。

所属するインターネット句会の第223回(8月)句会の選句結果が配信されてきました。
今回の参加者は40名で夫々が全200句の中から自分の1番好きな句(特選)1句と、いいと思う句(並選)6句を選びました。
(選句の段階では作者が誰かは分かりません)

拙作では
   水替へる時生臭き金魚かな
が1人の特選と主宰の並選に入りました。
会員評:「風のそよぎのような一瞬の空気のゆらぎをとらえての一句成立。無駄のない表現でとても好きな感覚です。」
主宰評:「金魚の水を替える。その時感じた生臭さ。そこに命のヒントがあるのかもしれない。一瞬地球全体の命とその匂いが通じているように作者は感じたのではないだろうか。」

また私が特選に頂いたのは
   夫(つま)に子を預けて入る踊の輪
で私を含め特選3、並選4でした。



コメント

残暑と余生の楽しみ

2019年09月10日 23時16分01秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


9月だというのに猛暑の日が続いています。
それでなくても体力の衰えを実感する昨今ですから参っちゃいます。
今日もGゴルフ、詩吟、ランチ(4人)まではいつもと変わらなかったのですが、帰って来てからはさすがに何をする気にもならず昼寝になり、それも日頃の2倍の2時間になりました。

昨日のライン川句会の参加者は理容師さん、大手企業OB、紳士服販売大手OB、牧師さんと女性は美容院のママさんと一般女性に私の7名でした。
通常は終わればそのまま夫々に帰って行くのですが、昨日はまだ外が暑かったからかどうか分かりませんが誰も席を立たず自然に雑談の場になりました。
男性陣は比較的口数が少なく聞き役になっていましたが、いつの間にかママさんの波乱の半生を聞く独演会になっていました。
日頃は大人しく寡黙な方なのに昨日に限っては本人が「私どうしてこんなにしゃべってしまったのかしら」とびっくりされていました。
俳句の席ではすべて平等を旨として姓ではなく名で〇〇さんと呼び合いますが、俳句に限らずプライベートな人間関係でいろんな人からいろんな話が聞けるのも余生の楽しみの1つです。


鶏頭


日日草





コメント

ランチと美術展

2019年09月07日 18時34分12秒 | Weblog

全般ランキング←ランキングに参加しています、クリックして応援頂けると有難いです


残暑厳しくというか台風接近時特有の現象というのか今日も大変に暑い1日となりました。
こんな状態では畑の雑草取りも続きに手が付けられず中途半端なままになっています。

詩吟の後では2、3人から数人でランチに行っていますがその他の日はよく1人で出掛けます。
今日も自転車で、よく行く喫茶店に行ったら臨時休業になっていて止むなくもう少し先の店まで足を伸ばしました。
ここはコーヒーは時々行くもランチは今日がはじめてでした。
日替わりランチはボリュームたっぷりのポークソテイで味もまぁまぁ、コーヒー、デザートが付いて750円と値打ちだったので今後の候補の店に加えました。

帰り道ふと思いついて美術館に寄ってみたら近所の奥様の所属するサークルの年に1度で今回が12回目という発表会をやっていました。
ご本人も居られていろいろ案内と説明をして頂きました。
作品と一緒に写真を撮りませんかと奨めたのですが辞退されたので作品だけになりました。(左の2点がその力作です)





コメント