大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

懇親ゴルフ(土井卓美)

2016年10月31日 17時27分59秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


12名の固定メンバーで春と秋に1泊ゴルフに行っていることは既に何度か取り上げています。
そして当初は北海道2回、宮崎1回など遠方での2ラウンドを楽しんでいたのが、段々近場になり、1.5Rから1Rになったことも何年か前に書いていると思います。
カラオケの好きな人が殆どで、思う存分に歌えれば満足というのと、正直1Rで精一杯連チャンなどトテモ々々というのが実情です。
私もやりましたが昔は幹事がいろいろ段取りをして、これがなかなか大変でついに引き受ける人がいなくなりました。
結局優勝者が次回の幹事で、次の日程まで決めることにしたのでその後も続いています。
ところが10月27~28日の今回は諸事情で4名が欠席、8名2組だけになりました。
もう止めようかという話や新しい人を入れるかなどの案もチラチラはしていますが、取り敢えず来年は4月27~28日にやることに決まりました。


暑いほど好天の美濃関C.C.


関観光ホテルの夕食と歓談


ホテル前の長良川・小瀬鵜飼いの出発点
コメント

鎌倉めぐり(土井卓美)

2016年10月28日 19時09分08秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


先日の浅草での同期会はゴルフ組を除いて朝食後解散だったので、折角久しぶりの東京一日をゆっくり過ごすことにしました。
「はとバス」の「東京ステーションホテルの館内見学とフランス料理のフルコース・国立西洋美術館展・国会議事堂見学」のコースを選択して申し込みましたが、参加人員不足で催行停止になりました。
それではと他を探していたら「鎌倉と江の島」見学のコースがありました。
機会があったら一度訪ねてみたいと思っていた所だったので、こちらに方向転換しました。
朝は晴れていたのに次第に曇ってきて、午後は一時小雨もパラつきましたが傘をさすほどのこともなく全行程を終了しました。
同じ古都でも京都の「優美」に比べ鎌倉は「質実剛健」の気風を感じさせました。
帰途首都高速の渋滞で一般道にコースを変更するというハプニングもありましたが、少しの遅れで無事東京駅に帰りつきました。
そのまま弁当と缶ビールを買って「のぞみ」に揺られて名古屋まで帰ってきました。


ホテルの窓から見る日の出


東京駅前朝の通勤風景


建長寺


鶴岡八幡宮


鎌倉大仏


長谷寺


江の島神社参道


車窓から見る横浜の夜景






コメント (4)

喜寿の同期会(土井卓美)

2016年10月26日 16時50分58秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


一昨年秋名古屋で同期会を開いて10月24日の今回までの2年間に5名の仲間が亡くなりました。
年齢的に仕方がないといえばその通りかも知れませんが、その数の多さに些か驚いています。
そして今回も31名の参加予定が直前の事情で27名となりました。
今回が最後になる気配が濃かったのですが、次回を大阪が引き受けてくれて継続が決まりました。
しかし2年の間隔は長すぎるということで1年に短縮、来年京都でやることが決まり一同大いにホッとしました。

私は概略次のように述べて乾杯の音頭を取りました。
「・・・・錦秋の今宵よき日、ここ浅草ビューホテルに27名もの参加を得て同期会を開催出来ますことは偏に東京の幹事諸兄のご尽力の賜物であり深く感謝申しあげます。
さて、第10回という節目の大会を喜寿の祝も兼ねて開催出来、尚且つかくも多くの同期が集まって互いの健康を祝い、懇親を深めることが出来るということは考えてみれば大変なことだと思います。
即ち幸運と家族をはじめ多くの周りの人達に恵まれたからこそ可能だった訳で、今茲に改めてそのことに思いを致します。
ではその思いも込めて我々山口大学経済学部第10期生、母校と鳳陽会、そして多くの周りの人々、その全ての健勝と多幸を祈念して乾杯をしたいと思います、乾杯!!」


浅草ビューホテル


窓の正面にスカイツリーと浅草寺


乾杯の音頭を取る私


1次回の締め、「寮歌」・「逍遥歌」斉唱


2次回


ホテルから見る夜景、スカイツリーも薄っすら


記念写真、私は最前列左端








コメント

金木犀と室生犀星(土井卓美)

2016年10月22日 18時12分37秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


今日は曇り空で暑くもなく、寒くもない過ごし易い秋の一日でした。
そして今は金木犀が花盛りです。
しかし今年は何故か花は目にしても香りに接することが殆どありません。
何時もなら先ず香りに気が付き、まわりを見まわしてそこに花を見つけるのですが、逆のパターンで尚且つ近づいてもあまり匂いません。
急に自分の嗅覚が衰えたとも思われないのですが・・・・

そして今日は知人のブログに木犀に関する興味深い記述がありましたので以下にその一部を無断で引かせてもらいます。
「・・・・樹皮がサイ(犀)の皮膚に似ており金色の花を咲かせるので「金木犀」なのださうです。中国では木犀のことを「桂」と書くことからキンモクセイを丹桂、金桂と呼びます。中国の桂林と言へば奇岩が多く、山水画のやうな景色が見られるので有名なところです。「桂林」とは「木犀」の林で、風光明媚に加へて、木犀のたくさんある所を意味します。」

私はといえば金木犀は子供の頃に松茸の取り時を教えてくれていたことと「室生犀星」と同じ字があるくらいの認識しかありませんでした。
犀星も今ではあまり馴染がなくなりましたが、折角ですから、おー、あの詩なら聞いたことがあると思う人も少なくないだろう詩を引用します。
「ふるさとは/遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの/よしや/うらぶれて異土(いど)の乞食(かたい)となるとても/帰るところにあるまじや」


花盛りの金木犀


南京櫨も色づきはじめました
コメント

ドラフト会議と菜園(土井卓美)

2016年10月20日 21時18分08秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


今日で3日連続のいい天気でGゴルフも3日連続半袖で参加、3日連続のホールインワンを達成しました。
今日はまたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議があり、テレビで見ていました。
将来は誰にも分りませんが現時点での有力投手の多くがまたパ・リーグの球団に指名されました。
我が阪神の戦略には全くガッカリしました。
外れ1位でも2巡目でもおそらく間違いなく獲得出来たであろう選手をバカ正直に1位指名しました。
他球団に1巡目で指名される恐れがあったとしたら、事前調査力の極端な不足という他ありません。
しかし全球団、全選手にとっても結果が出るのは数年先のことになるので、今年の選択を今批判することはできませんがどうも賢明だったとは言えないような気がしています。

菜園について段々力が入らなくなってきたことについては先述しましたが、取り敢えず草取りと整備だけは済ませました。
それにしても畑作業の疲れが年々増してくるのを実感します。
ちゃんと畝立てまですると何も作らないのは勿体ないような気がして今日、文字通り「遅蒔き」ながら大根、蕪、ホウレンソウの種まきをしてきました。


この1部分だけを使いました。


畑の隅の蜜柑が色付き始めました。


コメント

忘れること(土井卓美)

2016年10月18日 17時12分54秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


今日は予報通り季節外れの暑い一日となり、Gゴルフも詩吟の稽古も半袖でも暑過ぎるくらいでした。
稽古が終わってお師匠さんと弟子の1人と3人で昼食に行きましたが、車で数分の所で安くて美味しいという店でした。
2人はよく知っていましたが私は初めてで、近くの店でも案外知らない所もあるのだと思いました。

新聞を読んでいたら警察から電話がかかってきました。
用件は仮免許証の有効期限が今日で切れるということで、2分後には本免許証を貰って帰ってきました。
更新手続きをして、免許証を貰いに行くことをすっかり忘れていた為です。
このことに限らず忘れることが多くなりました。
忘れるパターンにも2つあり、1つはまだ先のことでまだいいだろうと思っている内に忘れてしまって慌てたり、やり過ごしたりすることです。
今回の件とか俳句の投稿だったり、各種の申し込みだったりがこの部類です。
もう1つは、もの忘れと確認したことを短期間に忘れてしまうことです。
ものの置き場所、覚えた漢字や新しい言葉の意味、目薬を点したかどうか、その他いろいろありますが、最近特に多いのが俳句の兼題(前もって出される題)を忘れることです。
数年前にはなかったことで、情けないことでもあり、仕方のないことだとも思っています。


小菊
コメント

回顧(ゴルフ他)(土井卓美)

2016年10月14日 18時53分05秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


先日Facebookに4年前の思い出として、私の投稿した写真がUPされました。(本文末の写真です)
おーっと懐かしさがこみ上げて早速本ブログの2012年10月分を開いてみると、ありました10月12日の欄に4年前の大10同期会の写真の数々が。
記念写真で何故か私は宴会では最前列の、ゴルフでは後列の左端に写っていました。
何故こうも直接心に響いたかと、おそらく今回で最後になるだろうと思われる第10回と喜寿を兼ねた大会が10月24日に東京で開催され、参加者は30名、ゴルフの参加者はたったの6名と聞いているからです。
私は冒頭の乾杯の音頭役を要請され引き受けました。
それにしても4年間でのゴルフ参加者の激減ですがこの年では仕方がありません。

今月は27~28日も12名の仲間の一泊ゴルフがありますがこちらもエントリーしていた内の2名が本人の病気と身内の不幸で参加出来なくなりました。
私も含めて我々のゴルフ現役時代は終わりに近づいています。


コメント (2)

スマホの活用(土井卓美)

2016年10月12日 18時34分15秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


今年の4月に普通の携帯電話からスマホに変えたことは既述の通りですがその後の様子です。
友人の話で月々の使用料が安いのがあり、パソコンの殆どの機能も揃っているというので料金が変わらず用途も広いのならと取り敢えずは変更に踏み切りました。
使用形態は以前と変わりません。即ち出先で待ち合わせする時とバスか電車に乗って出掛ける時以外は固定電話の横に置いたままです。
使用勝手もよくありません、掛ってきた電話も何回か画面を押さないと繋がらず、これまでにも何回か切れてしまってこちらから掛け直ししました。
そんな訳で掛ってくることもこちらから掛ることも少ないのですが、それでも急ぎの連絡が必要な時もあるのでと複数の知合いから、携帯の電話番号に送る「ショートメール」をやるように云われ、始めました。
先方は少し助かったようですがこちらは困り気味です。
先ず小さい画面を押して文章を作るのがパソコンと比べてはるかに困難です。
しかし相手が携帯は常に見ているがパソコンは滅多に開かないという場合は止むを得ません。
そして昨日はそのメールが相手に届かず原因も判りませんでした。
今日有料の「電話サポート」に問い合わせたらアプリの変更がされていないのが原因とのことで更新してくれました。
これで大丈夫だというのでやってみたら同じ状態で届きません。
再度「電話サポート」に問い合わせると「件名」が入っているので、これを消して下さいとのこと、「件名」を消して再送しやっと届きました。ヤレヤレです。

コメント (2)

俳句大会(土井卓美)

2016年10月10日 21時37分11秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


長く厳しかった残暑が影をひそめると今度は足早に秋が迫ってきました。
今朝などはもう1枚ひっかけたくなる程で、Gゴルフもさすがに半袖の人は1人も居ませんでした。

午後は合併前の旧尾西市の我々の地元句会が主導する市民俳句大会がありました。
特選には「市長賞」その他の賞が用意されています。
この大会も年々人数が減ってきて今年は僅か30名の参加に過ぎませんでした。
高齢者は増えてきているのに俳句やGゴルフを新たに始めようとする人が一向に増えてこない理由はよく分かりません。
身近な人から誘われるという機会があまり無いのが一因だろうとは思われますが・・・・・

私は例年通り披講(読み上げる役)を担当しました。
肝心な自作の俳句の方は全く手が付いておらず、今日の投句(提出)5句は全句共昨日1日でやる気になって、というよりやらざるを得なくなって何とか纏め上げたものでした。
それでも特選にはなりませんでしたが、俳誌を主宰するプロの選者の選にその内の3句が入ったのは幸いでした。
それともう1つ、私が10月8日の俳句教室で添削した生徒さんの句が結構点を稼いでいたことも気分を良くしてくれました。










コメント

「ホームトレード」(土井卓美)

2016年10月07日 17時35分03秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリックをお願いします


今年は遅がけに台風が次々に発生して近づいたり上陸したりするケースが多くなっています。
幸い当地では今までに被害らしい被害は報じられていません。
私的なことではGゴルフの中止になる日が増えたこと位で、これは身の回りの整理や体を休めることに役立っていて、むしろ有難い状況となっています。
また身近な現象では例年よりはるかに毛虫の発生が多く、桜の葉が悉く食い荒らされ殆ど丸坊主になっています。
従って今年の桜紅葉は望むべくもありません。

一昨々年、一昨年と絶対額は取るに足りませんが「ホームトレード」がそこそこ儲かっていましたが、昨年あたりから潮目が変わってきました。
昨年の実績はその前々年、前年の約半分一寸でした。
そして今年に入ると5月まではそれでもまだ前年の半分位で来ていましたが、6月は買い数件、売りが無く従って利益も0、7月は+14k¥(ほゞ0円)、8月、9月は売り買い共に無く全くの開店休業の状態となっています。
売らない限り評価損は出ても、実際の損失が出る訳ではないので値上がりを気楽に待つしかありません。


常連客
コメント