大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

格安ツアー(土井)

2006年02月26日 18時38分42秒 | Weblog
2・24 俳句仲間の昔若かった人達に誘われ日帰りのバスツアーに便乗の吟行に出掛けました。
曇り後雨のあいにくの天気でしたが袋井市の禅寺・可睡斎は有名な古刹で、堂内に冬ぼたんを多く育てており見物客が絶えません。静岡の日本平は富士山を望む景勝の地ですがこれは雨で視界殆ど無し、小さな梅園をちらっと見ただけでレストハウスのまずいコーヒーをすするのみでした。
まぁまぁの昼食付で最寄の一宮駅発着で3,500円とお値打ち料金でした。(トラベル日本社・「四季彩の旅」)
その代わり、社内販売や契約の土産物店に2箇所寄る等のことはありますが乗客の多くは、試飲、試食が豊富でそれも楽しみにしているようでした。
ツアーはツアーでマイペースの吟行と違ってあまり詩興は湧きませんでした。

     門前の商家の活気春立てり
     ぬれおかき販ぐ古刹の冬ぼたん
     堂内の二間を占めて冬ぼたん
     蝋細工めく冬ぼたん可睡斎
     鎮もれる七堂伽藍冬ぼたん
     視界閉ず日本平や春時雨
コメント

春の訪れ(土井)

2006年02月23日 12時20分08秒 | Weblog
豪雪に見舞われた今年の冬もようやく峠を越した感じの今日此の頃です。
昨2・22石井、土井プラス2名で今年の初ラウンドをしました。
ゴルフ5レディスの開催されるみずなみC.C.が2月の特別割引料金で乗用カート、昼食付
セルフで7、500円でした。
去年から今年にかけて雪による連続クローズの後だけに今回は小春日和に恵まれ、前の組、後ろの組の姿も殆ど見ることなく回れました。
サービスの昼食も美味しくいい一日でしたが、スコアの方はチョット・・・・
私の筆下ろしのドライバーは数回いい音がしましたが、まだまだクラブに振られている感じでした。
皆さんの地の春の訪れの様子、近況等本欄に便りをお寄せ頂ければと思っています。
コメント

トリノオリンピック(土井)

2006年02月20日 12時54分53秒 | Weblog
燕や鳩、雀、鴉、頬白、目白・・・等が集まって技を競う、確かに耳には「鳥のオリンピック」と聞こえます。
それにしても日本人選手が振るいません。こう情けない結果が続くと生放送を見る気もなくなり、ニュースの中の録画をやっているからついでに見るだけになってしまいます。
出足で躓いたのも一因かもしれませんが、それより何より実力が違い過ぎると思われませんか?
次から次へと当然のように予選落ちするのを見ていると、果たしてこのレベルの選手を派遣すること自体どうなのかとも思われてきます。
せめて、選手は決勝に進める程度の実力者にしぼり、貴重な財源(税金)は次回とか次の世代の強化に当てるという方向もあるのではと考えたりもします。
派遣することが次回に役立つという主張もあるでしょうが、それは若い人の場合で、予選通過レベルに達していないベテラン選手が多いのを見ると素直に頷きかねるところです。
まぁあまり勝手なことや固いことは言わずに女子フィギュアの三人娘に期待しましょう。
コメント

道具じゃあない(土井)

2006年02月15日 17時15分51秒 | Weblog
昨年後半、やや回復の萌しをみせていた我がゴルフですが、冬眠もかなり長くなったので先日久しぶりに木曽川の河川敷に行って振ってみたら、飛距離が全く出ず愕然としました。
体の何処かが悪くなったのかと心配もしていますが、年末年始の間に筋肉は固まりフォームもガタガタになったようです。
道具にも依るかもしれないと、数年来使っていたつるやのアクセルドライバーの代わりを求めて、これまた先日の午後半日を費やして、新品の店、中古品の店、新品と中古の両方を売っている店をハシゴし、試打もしてみましたが、素人の悲しさ、どれが良いのか見当もつきませんでした。
結局、フィーリングも良く、値打ち度NO.1と思われたヨネックスのサイバースターという新品(但し、高反発で新ルール不適合の2005年モデル)を買い、さてどうかなと打ってみたら殆ど変わりなし、やはり問題は打ち方にあるようです。
ぼつぼつ立て直しを図り、次の同期会懇親コンペ(関西)にはそこそこの状態で臨めるようにしたいと思っています。
コメント

はだか祭り(土井)

2006年02月12日 09時07分53秒 | Weblog
尾張路に春を告げる隣街稲沢市国府宮神社の儺追神事として知られる天下の奇祭は
1,200年以上の歴史をもち毎年旧暦1月13日に行われます。
今年は2月10日がその日に当り勇壮に伝統の絵巻を繰り広げました。
テレビで見られた方も多いと思いますが裸男が揉み合う時、皮膚の摩擦熱で火傷するのを防ぐためバケツで冷水を浴びせますがたちまちに白い湯気となって立ちのぼります。
昨日の新聞各紙は県警稲沢署調べとして、見物人14万人、参加した裸男9千人と伝えています。
祭りに先立って近隣の当番地区から大鏡餅(50俵)が、各地から鏡餅(5俵)が地区内の神社を経由して奉納されます。これも揃いの法被に隊列を組んで、鳴り物と掛け声でかなり勇ましいものです。
当地には2月8日の1時30分頃来てくれました。役員と当番で幕張やお供え、紙コップの酒などの準備を整えて待ち受けました。
私は奉納団(厄年会)の責任者と並んで参拝した後、数十人の乾杯の音頭をとらせて頂きました。
コメント

続・頭の体操(土井)

2006年02月07日 12時12分54秒 | Weblog
麻雀が呆け防止に良いと言われます。指先と頭の両方を使う効用からでしょう。
かつては週に何回か位にやったような時代もありましたがここ十数年は殆ど遠ざかったままです。
最近では若い人の麻雀人口も極端に減っているようです。代わりにという訳でもないでしょうが、世はあげて投資ブームの様相を呈しています。これも確かに脳細胞を刺激し老化防止の一助にはなるようです。
私も40数年来ささやかに続けています。ギャンブル性のあるもので勝ったり負けたりですがここまで自己破産もせずに来ているしこれからも細々と続けてみたいと思っています。先日のライブドアショックでは、下がった所で5銘柄買い、3銘柄はすぐに利食いし、残る2銘柄も幸い買値を上回っています。
このところ雨や雪や寒波などで家に閉じこもる機会が多く、その時はリアルタイムで生き物のように動くパソコンの画面をながめていると下らないTVよりよっぽど面白くなかなか
スイッチが切れません。
今日も悪天候で外出もせず、野村のインド株投信と、1・20に少し儲けて3,420円で売ったMARUWAを3,250円でまた買ってみました。
コメント

メール(土井)

2006年02月04日 23時24分00秒 | Weblog
発信者は小泉内閣から公共団体、会社、個人、正体不明者と様々で、内容も政治、経済、趣味道楽からあらゆる分野にわたりますがやはりお金目当てのものが多いようです。
しかし何と言っても王道で嬉しいのは知人からの便りに他なりません。それも写真入りとなると尚更です。残念ながら私はメカに弱く専ら貰うばかりで申し訳なく思っています。
そして一番困るのが例の迷惑メールです。女性だけの団体とか、セレブが相手するとか、
逆援助何十万円とかのインチキ丸見えの案内が1日に10通も20通も来ます。
今のところ根気良く消去していますが皆さんの所はどんな状態でしょうか?
何かいい方法があれば教えて頂きたいと思う今日此の頃です。
コメント (1)

凄いブログ(土井)

2006年02月01日 21時34分01秒 | Weblog
世の中には凄い人が居て凄い情報を発信し続けています。
去年のホリエモン絶頂期の頃既にそのインチキ性と違法性を看破して詳細に訴えて今日に至る山根治という人の「ホリエモンの錬金術」
強度偽装問題については、その情報源となっている(証人喚問で活躍した民主党の馬渕代議士のニュースソースとも言われています)ブログ「きっこの日記」
どちらも凄いが特に後者は何処で手に入れるのかその驚くべき情報に日本中が注目しています。興味のある方は検索ページから辿ってアクセスしてみて下さい。
コメント