大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

「私の履歴書」に思う(土井卓美)

2014年01月31日 20時40分59秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

朝から晴れていましたが夜来の雨でグランドが使えずGゴルフ中止の連絡が入りました。
いろいろありましたが1月も今日で終わります。
月が終わるということは日経新聞の「私の履歴書」も本日で完結です。
1月は指揮者の「小澤征爾」でした。
毎回感じることは同じで、ここに登場する功成り名遂げた人は本人が天分に富み、努力を重ね、人間関係を主とする環境に恵まれた人達であるということです。
勿論本人の努力が大事で努力によって環境もいい方向に持ってきているのですが、やはり何といっても限られた数の成功者はいい星の下に生まれてきていることは否定出来ません。
蛙の子は蛙であるのが普通で鳶が鷹を生むことは稀にしかありません。

「私の履歴書」を読んで感じるもう一つのことはビジネスマンと文化学術分野の人とのタイプの違いです。
前者は昇進、成功を目標にして外部条件も整え懸命に努力を重ねています。
後者は自分の興味のあるもの一点に集中して外部との関係よりも自分本位に突き進むといった感じです。

今一つ政治家の場合がありますが、一般的に見ればビジネスマン以上に人間関係に気を遣い権謀術数も駆使しますが、ここに登場する位の大政治家になるとそれ以上に志を持ち、天下万民のことを思う厚い心があります。
本人の記述ですからある程度の強調はあると思いますが、その思いが本物でなければ多くの信頼を得て統治することは出来なかった筈です。


本文とは関係ありませんが県境の木曽川を渡る真正面が伊吹山です
コメント

年寄りの仕事(土井卓美)

2014年01月28日 18時31分20秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

一昨日の日曜日一日中冷たいかなり強い風が吹き続ける中我家の前のミニ開発地でモデルハウスの見学会をしていました。
来場者はあまり見かけませんでしたが中年のマスクをかけた男性が、持ち出した椅子に掛けたり立ったりしながら客待ちをしていました。
結局5時までそうして頑張っていましたが仕事とはいえ大変だったろうと思います。
その点年金世代の我々は楽をしている訳ですが精神的にはなかなかそうも行きません。
内にあっては健康問題、外に対しては種々の人間関係があります。

これが最後の地域へのご奉公と町会長を引受けましたが今度は我が町内から、5つの町内からなる字(あざ)の庶務やお宮の世話をする「年番長」と「会計」を出すことになりました。
その人選が大変でした。
これはと思う人や役員に当たってお願いしてもいろんな理由や勝手な意見で拒否されるばかりです。
1月中に決定しなければならず最後は私が町会長兼務で「年番長」をやり、「会計」は人格者の隣人に頼み込んで引受けてもらうという決着になりました。
来年の春無事双方の任務が終わったら精神的には随分楽になるだろうと思っています。
コメント

俳句で嬉しかったこと2題(土井卓美)

2014年01月26日 11時45分49秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

1983年生まれの「神野紗希(こうのさき)」という若い女流俳人がいます。
以前はNHK松山放送局制作の「俳句王国」という全国版番組の司会を局アナウンサーと一緒にやっていました。
非常にセンスのいい人でその清新な句も魅力的で番組を楽しみに見ていました。
その間一度会社の同僚が視聴者代表で出演したので、すぐに電話して話をしました。
その後司会者が変わり面白くなくなったので見なくなりましたが、今は番組自体もなくなっています。
その神野沙希が今度は本局制作の「NHK俳句」の選者になりました。
早速投句してみたら選ばれましたが、こういう系統の句は従来系の選者なら見向きもされなかっただろうと思います。

   日常に鳩や狸の轢死体(「NHK俳句」2月号・神野沙希選)

高校同期の女性の友人がそのブログに東京の夕景を写真と分かり易い文章で載せていました。
見事だったのでその場で浮かんだ一句をコメント代わりにしました。
それに応えるコメントがお世辞半分にしても一寸褒められすぎだったので無断ですが引用しました。
「だらだら書いても情景を的確に現せないのに、ぱっと17文字におさめててしまう。感服いたしました。日本語の、俳句の、素晴らしさ。これ程短い詩は、世界にありませんね。ありがとうございました。」
コメント

木曽川探訪・写真(土井卓美)

2014年01月23日 21時25分54秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日は天気に誘われて久しぶりに木曽川探訪に出掛けました。


愛知県から岐阜県に渡る濃尾大橋と御嶽山


渡る正面が伊吹山


渡って左折、右岸の岐阜県側の河川敷整備工事


対岸の愛知県側でも盛んににやっています。


堤防と川の間の雑木林


林の中に自生する万両


川から100m位の位置にある長さ数100mの入江


堤防を降りると川への道がある


その道を進むと川面が見えてくる


車はここまで、その先は歩いて左上の細い道を行く


鴨猟師テント小屋がある


小屋から川面にワイヤーが伸びている


ワイヤー先端の猟場、ここに餌を撒き寄ってきた鴨をワイヤーを引いて網を被せて捕獲する


向う岸に白く小さく見えるのは愛知県営の無料の渡船

堤防から川までの道は一般の人は入れない専用道路で、鴨漁師は鍵でゲートを開けて入り、その場で閉めて猟場に行き、帰りも開け閉めして行きます。
私はゆっくりと時間をかけて歩きました。
写真には撮れませんでしたが青鷺、白鷺、鴨、かいつぶり、鵯等を間近に見ることが出来ました。


コメント

余生と人生のバランス(土井卓美)

2014年01月21日 16時41分28秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

70台の後半といえば大方は現役を退いて第2、第3のステージにあると思います。
即ち我々の年代は所謂「余生」を送っているということになります。
寿命が伸びた現在ではこの余生が現役の時代と同じ位の長さになることも珍しくなくなりました。
現役のゴールは目安がついても余生の終焉は全く予想がつきません。
我々の場合最大公約数的には「オリンピックは何とか、リニアは無理」といったところでしょうか。

まだ先がどれ位あるか分からない現状ではありますが、これ迄生きてきた自分自身と周りの人を見る時意外な共通点があるような気がします。
それは人夫々に結構バランスがとれているのではないかということです。
世間一般の目では恵まれた人生、不運だった人生とその差は大きいものがありますが、金銭や健康に恵まれなかった人でも周囲の援助の下に大きな精神的な満足を得た人は少なくないだろうし、豪華な生活を送った人でも大変な気苦労と孤独感に苦しめられた人も多いだろうという気もします。
個々の人を見てもこのバランスは存在していると思います。
かつて大変な苦労と努力をしてきた人は後年には報われることが多いし、不真面目で他人に迷惑ばかりかけて生きてきた人は碌な死に方は出来ないというのも定説になっています。

中庸を生きてきた多くの人はこれからも小さな努力を重ねて心身のバランスをとって余生を送ることが出来ればこれが本当の幸せというものかも知れません。
コメント

初句会(土井卓美)

2014年01月19日 15時45分16秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

岐阜県坂祝町の初句会では会員の一人が初釜を点ててくれるのが恒例で、出席予定にしていましたが孫の誕生祝いと重なって行けなくなりました。
この句会では「席題」といって皆が集まった席で題を2つか3つ出し、その内の好きなものを即興で2句詠むやり方をしているので、「初釜」は席題の1つになったことだろうと思います。

地元の句会はこれ迄新年会と兼ねて開催していましたが今年は会員の減少、病気などの都合で普通の初句会として昨日実施しました。
出席者はほぼフルメンバーの16名でした。
ここでは「兼題」といって句会の終了時に次の会の題が1つ出されます。
句会には兼題(題詠)1句と自由題(雑詠)4句を持ち寄ります。
今回の題は「左義長(どんど、とんど、どんど焚く、飾焚く、注連焚く、吉書揚)」でした。
因みに2月句会の兼題は「猫の恋」です。
拙句「息災やどんど餅焼く顔馴染」もリーダーの先生の講評句に取り上げられました。
(ここでいう講評句とは先生がいいと思った句を5~6句選んでその解説をされる句のことです)
私が一番良いと思ったのは反対の内容を詠んだ「逝きて欠け病みては欠くるどんど焼」の句でした。
この句の作者は「日経」や「毎日」にも時々載っている実力者ですが私以外に点を入れた人は少数でした。
コメント (1)

年初めの動き・東京都知事選他(土井卓美)

2014年01月16日 18時13分37秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

年末から年始にかけては比較的穏やかに過ぎていましたが、今日からは1月も後半に入ってきていろんな動きが出てきています。
冬季オリンピックも直前となりましたが、この時期まで出場選手が決まっていなかったことはちょっとした驚きでした。
もうすぐオリンピックの話題で世界中も日本も持ち切りになります。

稀勢の里の横綱昇進が掛かる大相撲初場所も始まりました。
早くも初日に黒星を喫しファンを失望させましたが、その後持ち直して希望を繋いでいましたが今日も平幕に敗れて2敗になりました。
13勝2敗で優勝すれば久々の日本人横綱の誕生となり、これも国民的慶事となるのですがどうやら望み薄になりました。

そして多くの人にはそれ程関係がないのに最も注目を集めているのが東京都知事選です。
舛添さんの独走では面白くもなく、関心も少なくなるところ細川・小泉連合が名乗りを上げ俄然面白くなりました。
「脱原発」は都知事選のスローガンには適さないとか、何故に高齢の昔の人が今更出てくるのかといった批判もありますが、国家の将来を左右する重要なテーマであり、次の総選挙を待つまでもなく、この時期に国民の関心の集まる大規模な直接投票の場である都知事選を舞台に論戦が繰り広げられる意義は大きいと思います。
個人的には細川さんが勝って原発推進に歯止めをかけて欲しいところですが、こちらも今の状態では難しそうです。

コメント

孫の誕生日(土井卓美)

2014年01月14日 15時41分28秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

俳句の世界では孫の句が敬遠されます。
事実を詠んだ積りでもそこに情が入り込んでしまうことが多くなるからだろうと思います。
そうなると見る目が甘くなり、作品も情が絡んで鋭さが欠け所謂「孫俳句」として評価が低くなるという訳です。
だから孫のことは詠まず評価もしない方が無難だということになっているようです。
それだけ孫といえば何時の時代でも、何処の世界でも可愛いものだという左証でもあります。
因みに4人の仲間で続けているインターネットの1月句会に「孫が来て歌って踊る御慶かな」の句を出してみましたが誰も関心を持ってくれませんでした。
自分では可愛くて嬉しくて心に響くものがあったのですが、他の人から見ればそんなことは当たり前に近く別にどうこう言うほどのことでもないということになるようです。

孫の誕生日を祝うのは何処の家庭でも普通のことですが、その方法は所により家庭により色々のようです。
孫の父親の故郷岩手県の方では1歳の誕生日に一升餅を背負わせて歩かせるのが慣例のようで、上のお姉ちゃんの時に続いて今回の下の坊主の為にその餅を送って来ました。
固くなって切り難くなるのを予想して食べるサイズに切り分けて、再びラップで包んで元の形に仕上げてありました。
岩手のお爺ちゃんは写真でしか未だ下の孫の顔を見ていません。















コメント (2)

素人の少額株式投資(土井卓美)

2014年01月10日 17時26分11秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

午前中はあまり風もなくGゴルフもリラックスして出来ました。
午後になると風も出て、時々は雪も舞う予報通りの寒さになりました。
こうなると外に出る気にはならずPCに向かう時間が長くなります。
必然的に先回の話の続きになってしまいますが1時間以上も相場の画面を見ていました。
1月6日に買った株が4日間で約40%値上がりしたので買った400株中の100株を売ったら先日の丁度倍額の小遣になりました。
因みに売却後の高値はプラス29円、安値はマイナス118円、終値はマイナス38円でした。
実はこんなに上手くいくことは非常に珍しくツイているという他ありません。
この会社の名前も内容も経歴も全く知らなかったのですから尚更です。

年末に野村證券から「アイアール」という企業情報誌をサービスで送って来ました。
年末年始そのまま放っていたのを先日思いついてめくってみたら意外と興味のある内容だったので、紹介されていた企業の内これだと目を付けた2社を試し買いしてみました。
その1社が「大当たり」だったという訳です。
この情報誌(¥571)には「NISA」の解説や株主優待情報も載っており、素人投資家には参考になります。

Gゴルフ仲間で競馬の重賞レースだけを少額で楽しんでいる人がいて、若さを保つ一つの手段ともしておられますが、それと同じ感覚で社会と経済の動きに関心を持って見ています。
買った株が上がればあまり欲を掻かずに売り、下がっても気にせず次に値を戻すまで持っていることを徹底すれば、こと株に関してはストレスを感じることなく日常を過ごすことが出来ます。
コメント

日経平均株価と景気予想(土井卓美)

2014年01月08日 18時29分26秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日は久しぶりの雨になり、しかも朝から今まで降り続いています。
昼に一寸した用事で出掛けた他は新聞やPCを見ていました。
先回の本欄で日経の年頭恒例の主要企業40社のトップによる景気見通しの特集が今年は無かったことを記しました。
それに応えるように本日の日経中部版は中部の主要企業の経営者29人による2014年の景気見通しを載せていました。

それによると年末の対ドル円相場は回答全てが100円~110円です。
一方年末の日経平均株価も全てが15000円から18000円のレンジ内です。
唯一の例外がトヨタ自動車・豊田章男社長の「2万円以上を期待」というユニークな回答でした。
29社の代表による2014年末の日経平均株価の予想は平均値で「16885円」となっています。

さてその株価ですが6日、7日と大きく反落、続落して始まりましたが、今日は一転して大きく戻し年初からかなり激しい動きとなっています。
1時間以上続けて相場の画面を見ているとどうしても実際に売買をしてみたくなります。
12月17日に買った株が低迷していましたが、今日急に上がったのを幸いに売りました。
ゴルフ2回分の利益になりました。
額はささやかですが頭の体操になり、しかも実際に小遣銭にもなるのだから有難いことだと思っています。
コメント