大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

大都市と地方都市(土井卓美)

2011年10月31日 15時09分25秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

昨日は名古屋市昭和区鶴舞の「名古屋市公会堂」を借り切って「曾山流樹徳吟詠会・再興二十五周年記念吟詠大会」というのがあって盛会裏に無事終了しました。
私など下っ端は稽古もろくにせず、ぶっつけ本番に近い状態で始めの方で、大勢で一曲合吟しただけで後は客席で見物するだけでした。
服装も男性は黒の略礼服に金色のネクタイだけという比較的簡単なものでしたが、役員の先生方は紋付袴で決めていました。
女性の一般は揃いのブラウスとカーデガン、スカートですが先生方は全て和服でした。
偉い先生方や幹部の人達は服装だけでなく、準備や稽古も大変だったようです。
やる方は大変でも見る(聴く)方は退屈で、私は近くに住む友人に来てもらって、途中で抜け出し、昼食とコーヒーをご馳走になりながら時間を潰しました。

終わってから夕食は女性の仲間4人とボストン美術館の入っているビル2Fのバイキングに行きました。
予約なしに行ったので約40分待たされました。
料金は¥3800(65歳以上は¥3000)で、見た目にはかなり色んな物も用意されているのですが味の方はこれといった美味しいものはありませんでした。
はっきり言って値段だけの値打ちが無かったということですが、客は一杯だということは周りの人口が多いからでしょうし、値段が高いのは場所代が高いからでしょう。
その点地方都市に住んでいると空気もよく、喫茶店のサービスだけでなく、どの飲食店でも価格に対する値打ち感を出さなければ客が来ないので、店は大変ですが客は大助かりです。
コメント

年賀状と喪中はがき(土井卓美)

2011年10月29日 16時46分17秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

まだ10月だというのに早々に喪中はがきが1枚届いてその早さにびっくりしました。
受け取るには少々早いような気がしますが、準備はそろそろする必要のある時候になってきました。
スーパーやホームセンター、郵便局等ではパンフレットを置いて盛んに宣伝しています。
郵便局の例では豊富なデザインと価格帯の上に文章や書体を選べるようにしたり、10月末までなら15%、11月末なら10%割引と早期受注を期したり、窓口の担当者が声をかけてPRするなどやる気満々です。
物品の販売やこれらの行動には小泉郵政改革の実効が感じられます。
それに釣られたのも半分、PCが思うように使いこなせないのも半分で私も今年は郵便局に注文しようかと思っています。

それと喪中はがきについてですが、偶々見ていた先日の毎日新聞の投稿欄に「喪中はがきは悪しき風習」という意見が寄せられていて感心しました。
私もそうでしたが、世間の殆どの人が当然のことのようにこの風習に従っています。
しかし考えてみれば、喪中はがきを出して毎年来ている賀状の受け取りを拒否するよりは、例年通り送ってもらった方が嬉しいし、喪中はがきを機に賀状のやりとりが途絶えることもあります。
自分で賀状を出すことに抵抗があれば、正月を過ぎてから寒中見舞いを出してそのことを伝えれば相手もすんなりと納得してくれます。
いろんな考え方があると思いますが、私は喪中はがき廃止論に賛成です。
コメント

知人の句集(土井卓美)

2011年10月27日 12時25分33秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

最近といっても前者は2年前、後者は先週のことですが、句集の送付を受けました。

「マドンナ」は完成とほぼ同時に本人が亡くなり、句集は娘さんが自分で持って我が家に届けてくれました。
私は定年退職後地元の句会に入れてもらって俳句を再開しましたが、彼女は会の女流NO.1で、以来10年にわたって句会や吟行、少人数の句会や自宅での小句会等で直接懇切な指導を受けました。
亡くなる直前の最後の見舞いには私が会を代表して行きました。

   土木科のマドンナとして卒業す

   癌よりも恋に死にたし花石榴

「独酌」は現役バリバリの作者からです。
彼は私よりかなり若いのですが、気の毒に奥さんを亡くされています。
本人は自営業を営みながら句会の会場を提供してくれている他、筍山や天然鮎漁、鵜飼や蛍狩り等に招待してくれます。
個人的にも非常に親しく、果物やその苗を貰ったりしています。
また入手困難な西瓜栽培用の敷き藁も毎年調達してくれます。

   妻の琴仏間に立てて年送る

   独酌の鮟鱇鍋を噴きこぼす

コメント (1)

NHK大河ドラマの里(土井卓美)

2011年10月25日 13時56分10秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

昨日は「日帰り親睦Gゴルフ大会」で滋賀県長浜市余呉に行って来ました。
毎日やっている仲間の恒例行事で48名が参加しました。
4人の幹事役が頑張って企画、運営を進めてくれるので、皆さん喜んで一日を過ごすことができ、個々人の健康と親睦そして経済効果の増進に何某かの貢献をしました。
ウィークデーの喫茶店や食事所、ゴルフ場や観光地などに占める年金世代の比率は年々高まっており、受け入れ側もその需要の取り込みに懸命の努力をしています。

折りしも長浜は「江」のふるさと、「江・浅井三姉妹博覧会」というのをやっており、帰りに見学しました。
NHKの大河ドラマの舞台となる地は一躍有名になり(終わるとまたすぐ元に戻る)、大勢の人が押しかけるので、地元では如何に短期間に多くの多くの金を落させるかに知恵を絞りますが、今回はNHKとの連繋が上手くいったみたいで、ドラマで着た衣装や出演俳優の色紙、歴史やドラマの説明パネル、銅像や「市」や「江」のアルバイトモデル、特産品の販売所とかなりの工夫が見られました。
ツアーの参加費は¥5800、博覧会の入場料は¥500(団体扱いで¥450)でした。


ウッデイパル余呉Gゴルフ場


ラウンドしたパートナー


博覧会場


ツーショット





コメント

健康と仲間(土井卓美)

2011年10月21日 17時16分51秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

先日のゴルフツアーは12人の予定が1人欠席の11人になりましたが、その為に私がメンバー中の最年長になりました。
同窓会でも同窓コンペでもその他の会合でも最若手の部類だったのが何時の間にか長老の部類に入ってきつつあることに些かの感慨を禁じ得ません。

当然のことながらいろんな仲間の内で次々に亡くなる方や体調不良で退会される方が出てきます。
また先日のコンペでも1人が腰痛で途中棄権したり、何らかの薬やサポーターを付けたりして本当の万全ではない人が殆どでした。
私が何の薬も服用していないと言うと、例外とか化け物とかストレスが無いからとかやっかみ十分にひやかされました。
しかし、メール連絡で集まってゴルフをして、泊まって騒いで、またゴルフをして、次の幹事(優勝者)と日程だけを決めてまた勝手に帰っていくということが出来ることの幸せと有り難さは全員が肝に銘じています。
この先何時誰に何があるかは誰にも分かりませんが、各々が健康を保って仲間付き合いが長く続くことを願うばかりです。
因みに私の秋の定期健診は検便検尿ともマイナス、検査16項目は全て基準値でした。
コメント

懇親ゴルフツアー(土井卓美)

2011年10月19日 20時21分17秒 | Weblog


職場OB12人の有志で春秋1回の1泊ツアーに行っています。
これ迄北海道2回や宮崎、賢島などに行き、今回で8回目になりました。
最近は乗り合わせを含め車で行ける所が普通になり、18、19日三重県津市ココパリゾートクラブ・白山ヴィレッジG.C.のキングコースとクイーンコースのプレイ、ホテル・アザリア泊まりで、欠席が1名あり、11名で行って来ました。
ここはリゾート施設でも最近の景況を映して、非常にお値打ち料金になっており、外国人客を含めて、多くの客で大変な盛況です。
東海地方より関西圏の顧客が多いようでした。
我々の場合は1泊2プレイのセット料金が約¥25000、それにすき焼き夕食時の飲み物代、貸切カラオケルーム用のビール、ウーロン茶、つまみの大量持込代、賞金に当てる会費が¥4000と¥30000弱で上がりました。
2日共素晴らしい天気で皆大いに楽しむことが出来ました。
私は2人の乗り合わせ(高速代、ガソリン代、運転代で¥3000支払い)で行き、成績は秘かに期したスコアを大きく下回りましたが、ドラコン、ニアピン各1、ブービー賞(グロスは7位)を獲得し実入りは期待以上でした。


準備


練習グリーン


ホテル


ホテルからコースを見る


ホテルから見る日の出


夕食


カラオケルーム



コメント   トラックバック (1)

続・続・新しいパソコン(土井卓美)

2011年10月15日 16時15分52秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

今日明日は全国的に雨のようで、この雨の後は一気に秋の気配が深まると伝えられています。
そういえば扇風機や冷風扇、電子蚊取器もそのままの状態なのに朝夕は肌寒さを感じるようになってきました。
しかし残暑の厳しかった印象は強いものの、今日からは10月も後半に入る訳ですから当たり前といえば当たり前の話です。

さて木曜日に販売店に持ち込んだパソコンについてですが、今日の10時頃、仕事を依頼された別の担当者から出来ましたという連絡が入りました。
早速受け取りに行き店頭で試してみたら、一部に不具合がありましたがその場で直してくれました。
帰って改めてやってみると注文した部分は全て調整されて以前と同等になった上に、新しい機能も加わって非常に使い易くなりました。
いろんな機能のほんの一部しか使っていないのですが、通常の用途にはこれで十分です。
今回の調整も先回同様無料でやってくれました。
コメント

続・新しいパソコン(土井卓美)

2011年10月14日 15時57分57秒 | Weblog
ウィンドウズ・「XP」を使い慣れていましたが、速度が遅くなったのに耐え切れず「seven」のパソコンに代えたことは既に記しました。
確かに早くなって、その分では目的を達したのですが、どうも使い勝手が今一か今二で販売店に2回持ち込んで調整してもらい、何とか使用は出来るようになりました。
すると今回メールの相手を登録しようと右クリックしたら「このメールアドレスをアドレス帳に追加する」という項目にフィルターがかかって機能しません。
販売店の担当者と電話でやりとりしても埒が明かず、他にも調整してもらいたい所もあったので昨日は3回目の持込をしました。
担当者がやっても上手く行かず、遂に置いて帰りました。
その担当者は金、土、日曜日が休みで、他の者に依頼しておくという電話が昨夕ありました。
金曜日の午後の今現在直ったという連絡は来ていません。

今みたいに雨が降っている時などはPCがあればつい開いていろいろ見てしまいますが、無ければ他の事が出来るといういい事もあります。
この投稿は息子のPCを使っていますが、やはりスピードは少々遅くなっています。
コメント

市民俳句大会(土井卓美)

2011年10月11日 11時35分06秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

10月9日(日)当地の市民俳句大会がありました。
会場は庁舎の六階大会場で数名の欠席投句を含め41名が参加しました。
参加は自由(会費¥800で弁当とお茶付き)で市の広報でも呼びかけていますが、集まる顔ぶれは毎年あまり代わり映えがしません。
しかも若い人が全く出て来ないのが少々残念です。
はっきりは分かりませんが全員60歳台以上と見受けました。

余談になりますが詩吟は詩吟で健康に良いそうですが、俳句もいろいろ頭をひねるのでボケ防止に結構役立っているようで、かなりな高齢の方でも非常にしっかりしておられます。
私は昨年に続いて披講(読み上げる役)を担当しました。

これ又余分なことですが「銭飛ばす親族同胞(うからはらから)村歌舞伎」が選者(「白絣」久保武主宰)の特選3席に入りました。
コメント

子供歌舞伎(土井卓美)

2011年10月09日 11時01分51秒 | Weblog
人気ブログランキングへ

岐阜県内にはあちこちに古い劇場や舞台が残っており、夫々の地域で伝統的に踊りや狂言、歌舞伎など今に引き継いでいます。
何年か前には加子母村「明治座」の子供歌舞伎を見に行きましたが、昨日は各務原のそれを見て来ました。
舞台となった「村国座」は築130年の国指定重要有形文化財で、平成の大修理を終えたばかりです。
先ず驚かされたのが天井に何条にも張られた寄付の吊り札で、開演中も次から次へとロープを渡して張り出していました。
金額は30万円から数千円で、見たところ数百枚、1000枚にも届こかという勢いでした。
出演者は全部小学生ですが長い台詞も良く覚えて、立派な衣装で上手に見得を切ったりもしていました。
演技が終わると投銭や菓子の袋が飛び交うのは加子母村の時と同様でした。


正面全景


開演前(寄付札の一部も)


内部


花道での口上


投銭(はな)乱舞カーテンコールの村芝居
銭飛ばす親族同胞(うがらはらから)村歌舞伎




コメント