大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

大晦日(土井)

2010年12月31日 12時03分33秒 | Weblog
昨日は小晦日、今日は雪の大晦日となりました。
朝外を見ると一面の雪景色、その後も降り続けていますが、時折は薄日が差したりして融ける方も多く、積雪は5~6cm位でしょうか。

大晦日は言うまでもなく月の最終日で、日中から日暮、真夜中にかけて新年を迎える様々な準備が各家庭でも社寺でも行われます。
大晦日は普通「おおみそか」と読みますが、もう一つの読み方が「おおつもごり」か「おおつごもり」かと俄かに聞かれると、あれっ、どっちだっけとなり易いことは以前にも一度書いたような気がします。
陰暦で月の最後の日を「月隠(つきごもり)」といい、これが略されて「つごもり」となったと理解すれば「おおつごもり」を「おおつもごり」と間違えなくて済みそうです。

以前7年間近所の神社の宮総代として、この日は日中の準備から元旦祭の深夜までお宮に勤めていましたが、今は外の雪の降り具合などを眺めている内に「樋口一葉」の「大つごもり」を思い出し、改めて一読してみました。
明治20年代の世相が、読点でのみ切れて繋がり、句点の少ない文章によく表されています。
底辺に生きる者の貧困、富裕者の驕り、家制度と善悪に対する意識の強さ等には隔世の感があります。
それから思うと現在の世の中は、精神的な面での薄弱さは気になるものの、豊かさが一般的となり済みやすくなっているのは間違いないと思います。

   皆さんいい年をお迎え下さい。
コメント

振り返る一年(俳句)(土井)

2010年12月29日 12時16分54秒 | Weblog
昨日の打ち納めゴルフは風もなく穏やかな晴天に恵まれました。
多治見北G.C.、友人と義息と三人でのラウンドで、全く寒さを感じない小春日和でしたが、終り頃には雲が出てきて、帰り道ではポツポツと降ってきました。
今日も朝内は曇り空に風が強く寒かったのですが、昼前から日が差してきました。

さて、今年の俳句についてはあまり見るべきものがなく、低調な年になりました。
宿泊吟行の機会はなく、日帰りは何度か行き、それはそれで有意義だったのですがこれまでの状況とそう変るものでもありませんでした。
「NHK俳句」やインターネット句会の締め切りを気付かずに過ごしてしまったこともありました。句会とゴルフが重なった場合はゴルフを優先しました。
趣味や稽古事の類は余程力を入れて取り組まないと、進歩は無く、退歩は早いということを実感している次第です。

句会で比較的評価されたものの一部と「NHK俳句」に掲載されたものです。

   若葉風安土城址の岩屏風
   春雨の波紋をすべる屋形船
   紫陽花の影を映して潦
   電話する口実もなし梅雨滂沱
   留守二日太り過ぎたる胡瓜かな
   居酒屋は憂さの捨場か衣被
   満ち足りて独り酌みをり衣被
   年金の暮身につく木の葉髪
   卓上の小さき聖樹や孫は来ず
   無念酒海鼠がこりと歯に沁みる

   図書館の煤逃らしき幾人か(NHK俳句2月号・三村純也選)

   草萌や平城京を一望に(同4月号・片山由美子選)

   山藤を撮る吊橋の揺れ止まず(同6月号・三村純也選)

   残業のしんどくなりぬ木の葉髪(同1月号・三村純也選)

コメント

年賀状(土井)

2010年12月27日 13時37分05秒 | Weblog
昨日一日かかってというより、午後に集中して年賀状を粗方書き終えました。
最近では年賀状を書くということはあまりなく、作るといった状態が一般的になっています。
表面も裏面もきれいなパソコンの字とデザインで作られているのが殆どです。
しかし差出人の自筆の文字の全く無い賀状はなんとなく機械的な感じで一寸物足らなさを感じさせます。
自分ではそう感じるので私はこれまでずっと宛名は自分で書き、裏面も少し間を空ける図柄にして、一言、二言書き添えるようにしてきました。

今年は家人の扶けを借りず自分でやってみたら、なかなかどうして難しいものでした。
市販のソフトを買うか、有料でダウンロードすれば比較的簡単に出来るようですが、それなしでやってみようとしたのです。
インターネットで無料ダウンロードのものも幾つかありましたが、技量不足で上手くいきません。
結局キャノンのプリンターを買った時の副産物の「宛名職人」というのに使えそうなのが見つかりました。
カット1つに、「謹賀新年」と「旧年中は・・・」という例文のついたものがあり、それから、例文を削除して使いました。
従って裏面は打ち込んだ自分の住所、氏名と小さなカットと謹賀新年の四文字だけ、大きく空いた所に相手に合わせた文を自筆で入れました。
機械音痴が幸いして、少しは心の感じられる年賀状になったのではないかと思っています。
コメント

振り返る一年(菜園・詩吟)(土井)

2010年12月24日 06時44分16秒 | Weblog
小松菜が幼芽の時虫に食われて全滅しましたが、その他の冬野菜は蒔き直した蕪、時期をずらして二度目を蒔いた大根、ホウレンソウをふくめて、白菜、キャベツ、ブロッコリー、春菊、レタス、人参、サラダ菜等僅かづつですが自家用には余る分が採れ続けています。
毎年最注力している西瓜の今年は夏場の異常な暑さの為か、収穫前に割れるものが多く出たり、その為に早く採り過ぎて味が薄かったりで、まともに甘かったのは数個に過ぎず、どちらかと言えば失敗の年でした。
唯、無花果が初めて十数個採れ、来年からへの期待が膨らみます。

元々音感が無く、付き合いと漢詩への興味だけで何となく続けている詩吟は、決定的な熱意と稽古不足の為に進歩・上達は無理と始から自分でも分かっています。
しかし今年から自分の吟を録音して聞き直してみると、余りにも酷いのに我ながらビックリして、先生の吟、自分の吟、と指導中の録音を聞き直しながら、少し真面目に練習してみました。
するとやればやっただけのことはあるらしく、少しはまともに近づいたようで、箸にも棒にもかからなかったのがほんの少し安定するようになったと云われました。
もう数年になるのにこの程度なのですから高は知れています。
コメント

冬至(土井)

2010年12月22日 11時02分48秒 | Weblog
昨夜来の雨も上がって小春日和となっていますが、今日は二十四節気の一つ冬至です。
立冬より数えて45日後で陽暦12月22日頃に当たり、今年は今日がそのまま当てはまります。
北半球では太陽が最も遠ざかり、昼間の時間が最も短い日であることは言うまでもありません。
今日を境にだんだんと日が長くなっていくのですが、感覚的には今日此の頃よりも、これから向かう真冬の方が朝晩共寒くて暗いように感じます。
それは寒さと一緒に感じるからで、実際には太陽による光の変化は確実に日脚を伸ばし始めます。
しかし気温の変化は光の変化に遅れ、寒さはこれからが本番で、1月5日頃の「寒の入り」、1月下旬の「大寒」へと向かっていきます。

冬至には粥、南瓜、蒟蒻等を食べる風習があり、冬至風呂、柚子風呂などもまだまだ全国的に広く一般に親しまれているようです。
冬至は湯治、柚子は融通に通じることからも捨て難い生活の一つのアクセントになっているのかも知れません。

   山国の虚空日わたる冬至かな   飯田蛇笏
コメント

振り返る一年(ゴルフ・Gゴルフ)(土井)

2010年12月20日 11時33分32秒 | Weblog
今日は朝からの雨でGゴルフは中止、喫茶店に行く電話も架かって来ず、ゆっくりしています。
昼からは晴れの予報ですが、まだ一面の曇り空で、雪でも降りそうな感じです。
今年も余すところ後10日余りとなり、何となく来し方というほどでもありませんが、色々振り返ってみようと思います。

一番の趣味というか楽しみのゴルフは、少し打ち方が分かってきて、練習や本番でも時々はいい当たりが出るようになりましたが、本番でのラウンドを通しては思わぬOBやパットミス等が相変わらずでスコアの向上はままならず、来年に課題を残しています。
年齢による衰えともう一年戦ってみようと思っています。

一番時間を割いているGゴルフは、ホールインワンの数を競い、1つ達成する毎に100円支払い、年度末に100個なら5000円、60個なら3000円と20個単位でその半額を還元し、またホールインワン、ハイスコア、その日のトップ賞の数で年間表彰していますが、今年の私は比較的良く、達成者が数名いるか、いないかのホールインワン年間100個が視野に入る80個に達しました。
年齢的には中堅どころになってきているようです。
コメント

パソコンの高速化ソフト(土井)

2010年12月17日 18時34分14秒 | Weblog
もし少しの興味とヒマがあったら、本ブログの12月1日付け「パソコンの起動速度」を見て下さい。
耳よりなニュースとして紹介しましたが、何時からどのようにしたら実際に利用出来るのかは明らかにされていませんでした。
それとは別に先日、PCを高速化出来るソフトを奨める宣伝が目に付き、4000円で出来るのならいいかと申し込みました。
ところがそれだけでは駄目で、次のソフトを購入しなければならないことが分かり、頭にきて、問い合わせると「ソフトは4つあり、順次奨めている」との返事です。
更に問い合わせを続け、どうやら後2つ買えば良さそうなので、乗りかかった船、更に2ソフトを追加購入しましたが、やはり所期の目的が達せられず、今も何回目かの問い合わせをしているところです。

「アセンティブ・ジャパン」という相談窓口でアメリカのフィラデルフィアに事務所があり、日本語でのメールですが、1日から2,3日かかることもあり、回答が来ても十分にこちらの意を汲まない点があったり、「30日以内のキャンセルは自由で、代金は返却します」という項目も回答の都度付けてはいますが、こちらとしては状況説明するだけでも大変で大迷惑しています。
おまけにリアルタイムの株価を知るために証券会社に登録していた銘柄の全部がこれまでのソフトの実行で消されてしまいました。
最終的に上手く行けばいいのですが、見通しは良くありません。
コメント

忘年会(土井)

2010年12月15日 20時37分00秒 | Weblog
今のところ他に予定がないので、昨夜は今年2回目にして最後の忘年会でした。
職場のOBで気の合った者が10人前後集まって、土曜日で普通なら休みのスナックをママとお手伝い1人で臨時に開業、貸切でやっています。
もう10年近く続いていますが、カラオケ主体で私は出番がなく、数年前から欠席の了解を貰っています。
態々名古屋まで出て行って、他人が歌うのを聞いて、寒い中を帰って来るのが気の進まなくなった要因ですが、年齢による気力、体力の衰えも影響していると思います。

それとは別に一宮市内在住のOBでやろうということになり、昨夜6人で一宮駅に5時半集合、その場で会場を駅前の「栄太郎」に決めました。
私が最長老で5人全部を良く知っていますが、集まってから自己紹介し合うような現役時代には仕事上全く関係の無かった人も居ました。
それでも同じ会社ということで話題に共通するものは多く、すっかり打ち解けて話が弾み、好きなものを好きなだけ注文して、飲んで食べている内にアッという間に3時間が過ぎました。
会計は1人4000円で130円のお釣りが来ました。
コメント

打ち止め(?)ゴルフ(土井)

2010年12月13日 18時34分10秒 | Weblog
まだ機会があるかも知れませんが、取り敢えずは今年の打ち止めとなりそうなゴルフに行って来ました。
予報では「遅くとも昼前には雨」ということで後半は雨覚悟でした。
大12の羽根君が直前に都合が悪くなり、城谷、私、私の友人の三人でのラウンドとなりました。
そして結局はスタートが早かった為、最後の数ホールで小雨に見舞われただけで、殆ど濡れずに回れるツキに恵まれました。
午後1時にはラウンドアップ、それからゆっくり昼食と入浴をして帰路には本格的な雨になっていたので我々より遅いスタートの組の人達は気の毒でした。

我家から1時間弱の岐阜県可児市・小萱OGMチェリークリークC.C.でコース、設備、従業員の態度等評判のいいゴルフ場ですが、何故早いスタートにしたかといえば、7時台限定の格安プランにしたからです。
朝食バイキング(和・洋、コーヒー、ジュース、デザート)、昼食(1360円まで無料)セルフ・乗用カートで7350円でした。

折角の機会だったので私は二人に菜園の野菜を各6種類(大根、白菜、ホウレンソウ、半球レタス、春菊、サラダ菜)昨日採り置いて、奥さんへの土産に持って帰ってもらいました。
コメント

小春(土井)

2010年12月10日 12時42分29秒 | Weblog
例によってGゴルフの後喫茶店に寄ってきましたが、同じ店に仲間が20人位来ていました。
今日は朝から風も雲もないいい天気です。
このような初冬の春のように暖かく穏やかな日を小春日、小春日和などといっています。
広く一般に使われ、親しまれている表現でそれでいいのですが、趣味的に少し詳しくみてみますと。

小春は陰暦十月の異称です。
それを陽暦にする場合、単純に一ヶ月ずらして十一月にするのではなく、45日位ずらし十一月の半ば過ぎから十二月に掛けての頃にする方が実情には合っているようです。
冬に向かって木枯らしが吹いた後には必ず、静かな晴天が2、3日続いてホッとした気分になります。
この心地良さを表す言葉がまさに「小春日和」ということになります。
言葉としての歴史も古く、中国の文章にもあり、我国では十四世紀に書かれた吉田兼好の「徒然草」の中に「十月は小春の天気」という一節があるそうです。

   玉の如き小春日和を授かりし   松本たかし
コメント