大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

老人クラブの総会と花見(土井)

2009年03月30日 07時27分24秒 | Weblog
毎年桜の開花時期を見通して日程を決め開催されますが、その予測は年によって合ったり合わなかったりします。
昨年は確か花吹雪の時だったと思いますが、今年は昨日で、まだ二分咲きでした。

私は年中行事に参加することはあまりないのですが、会長が隣家の人であることと地域の人との付合い上「新春互礼会」と「総会兼花見」には顔を出しています。
昨日も神社の境内の会館に100名を越す会員が集まり、地元選出の市会議員の一言挨拶もあり、型通り事業報告と会計報告があり承認されました。
事業報告では2泊旅行、1泊旅行、日帰り旅行2回の他夏祭り協力、作品展、ボランティア活動その他が披露されて、高齢化が進む地域の人達の一つの拠り所となっていることが感じられました。
会長がまた気の利いた間に合う人で、資料も用意して分かりやすく話をされ、最終目標はPPC(ピンピンコロリ)だと結ばれました。

花見は参道脇の駐車場にシートを敷いてやりましたが暖かい天気に恵まれました。
弁当とビール、お茶が各自に配布されました。
弁当の手配先も会員の評判を参考に色々当たって決めるそうで、去年の評価がイマイチだったとかで、今年は違う所で通常1200円のものを大量注文ということで900円に値切ったそうですが好評でした。
誰が何処から手に入れてきたか「越乃寒梅」の一升瓶も用意されていました。

   二分を愛(め)づ老人会の花見かな
コメント

小沢続投とWBCの選手達(土井)

2009年03月27日 11時47分40秒 | Weblog
小沢一郎が秘書の起訴にも拘わらず続投宣言をし、民主党も幹部連中の中に取って代わるだけの人材が無く承認せざるを得ませんでした。
当然ながら起訴という事実がありながら、自分は間違ったことはしていない、捜査のあり方こそが問題だという主張に多くの国民が納得する訳がなく、今にも自民党にとって代わりそうだった勢いは急降下すると共に民主党への期待度も激減しました。
かといって麻生内閣の支持率も低迷のままで、国民の多くは誰がやっても同じことだし、それよりも早く景気が回復して欲しいという諦観と希望的願望をもつだけになってしまいました。

そんな閉塞感が漂う中でWBCの優勝は久々に全国民的な明るい話題となりました。
実況は見ていなくても、何度も繰り返して放映されるハイライトシーンを見ながら気分を良くし、良かった、良かったと素直に喜びました。
そして原監督や活躍した選手達の記者会見での発言や態度が実に率直で、堂々としていて、立派だったのを見て、改めて、良くやってくれたという感を深くし、喜びの度合いも増してきました。

この選手達も今は各チームに帰り練習に励んでいます。
もうすぐレギュラーシーズンも開幕し、プロ野球ファンの日々の楽しみが一つ増えます。

コメント

WBC二連覇と詩吟バス旅行(土井)

2009年03月25日 16時59分51秒 | Weblog
昨日は素晴しい天気の一日でした。
詩吟の一宮地区の教室で、市役所のバスがチャーター出来たので滋賀県へ日帰り旅行に行って来ました。
美人で長身の先生はスタイル雑誌から抜け出したパリジェンヌのような出立ちで参加されました。

先ず大津市南部の「寿長生の卿(すないのさと)」に行きました。
現地で近江の教室から数名加わりました。
早咲きの桜と遅咲きの梅が一緒に咲いていました。
ここは和菓子の老舗・叶匠寿庵の経営で広い敷地の中に梅園、自然林、工場、食事処、茶席、展示場などがあり、季節柄享保雛などの古い雛飾り等も展示されていました。
ベテランのガイドが園内を案内してくれました。
食事とお茶事で4200円でした。

次に程近い三井寺に行きました。
一行の中に携帯ラジオを持参した人が居て、食事の時から車中、三井寺とWBCの経過のポイントを「同点で延長戦に入った」、「イチローのヒットで2点入った」などと皆んなに知らせてくれました。
三井寺で「勝った!」という大きな声を聞いた時は一同思わず歓声を上げました。
その場所は琵琶湖と瀬田の唐橋を見渡せる眺めのいいところだったので、全員で気分良く、湖に向かって「近江八景」という律詩を合吟(斉唱)しました。
次いで、開催中の紫式部・源氏物語展を見て帰路に着きました。
コメント

薄型テレビ購入(土井)

2009年03月23日 22時02分28秒 | Weblog
昨日は雨、今日は成田空港初の航空死亡事故を起した程の強風の一日となり、特にすることもなかったので買い替えのTVを見に出掛けました。
先日も記したように今のTVがボツボツ寿命に近づいてきたので、適当なのがあれば買う積りで昨日の午後はジョーシンとケーズ、今日の午後はエイデンとコジマとヤマダを見て廻りました。

メカには弱い方なので、「42インチ」、「フルハイビジョン」、「倍速」、「ハードディスク内臓」、「二画面」に条件を絞って探してみました。
この内の「二画面」は滅多に使うことはないのですが、大相撲の一番いい場面と日曜日の「笑点」の大喜利が必ず重なるので、この時は重宝だと思うだけのことです。
そしてこの条件にピッタリ合うのが東芝の「42H7000」という機種だということが分かり、この製品を中心に価格を比較してみたら、驚くことに店によって随分違い、最高と最低では約4万円の差がありました。
結局エイデンの5年保証付現使用品処分費用込み173360円に決めました。

パソコンと同様にTVもモデルチェンジが激しく、約6ヶ月だそうで、この製品も昨年10月に新製品として売り出したものが、もう在庫処分価格だということでした。
序でにTV台ですが、27000円のものがTVとセットで買うと18000円に割引出来るというので、保留にしておいて近くの家具店に行って台を見てみましたが適当なのがなかったので、その台も一緒に買うことにしました。
コメント

耐久消費財のこと(土井)

2009年03月21日 07時52分33秒 | Weblog
今乗っているシーマは既に10年で、約9万キロですが毎年レジンコーティングをしているので外観は比較的きれいです。
十年一昔とよく言いますが、昔は山口での同期会の度に乗って帰ったり、遠出もよくして大型車の乗り心地を楽しんでいましたが、最近は様子が少し変わってきました。
遠出の機会は少なく、毎日乗っているのも近距離が殆どで、キロ当たりの走行距離も伸びず5~6kmと燃費の負担も少なくなく、小回りや駐車の容易性等を考えたら次は小型車にしようと思案中です。
ホンダの新ハイブリッド車に続いてトヨタもプリウスの新型を出し、旧モデルも価格を下げて並行販売するというのでこの辺りが狙い目かなと思っています。

テレビも価格の急降下を見込んで待っていたら今やインチ当たり5000円を切って更に下降傾向を見せているのでボツボツいいかなと思っています。
そうしたら今のアナログがくたびれてきて、時々画面が乱れたり、色がおかしくなって更新を迫るようになってきました。
アメリカ市場並みのインチ・3000円を期待しているのですが、そこまでもつかどうかの状態になってきました。
コメント (2)

新聞の切り抜き(土井)

2009年03月19日 07時39分10秒 | Weblog
情報の収集と整理のための有効な手段の一つとして、多くの人が利用されているようです。
私はといえば、切り抜いてもその整理が下手なのと、後から見直して参考にする機会も殆ど無いことからあまりやっていません。
それにインターネットの普及であらゆる情報が手軽に入手できるようになったので「切り抜き」の価値も相対的には下がってきていると言えるでしょう。

唯、毎日新聞の一面に毎日「季節のたより」という小欄があり、カラーの浮世絵と俳句が一句、それに坪内稔典が気の利いた解説をしています。
例えば今日19日の句は「春の夜の足のぞかせて横坐り  日野草城」
稔典解説は「今日の絵の美女、横坐りをしたら草城の句のようになるだろう。「くちびるを許さぬひとや春寒き」「春の夜や檸檬(れもん)に触るる鼻のさき」「春愁を消せとたまひしキスひとつ」も草城20代の作」でした。

私はこの欄だけは毎日切り抜いてA4の用紙に9枚ピッタリ貼り付けてカラーコピーし、ホッチキスで留めて毎月、地元句会のメンバーの内の7人に差しあげていますが大変喜ばれています。

ご存知のようにプリンターのカラーインクは意外なほど早く減り、価格も高いので一寸した負担になります。
しかし純正の半値以下の再生インクが売り出されており、この前その6色セットを買ってきて、既にその内の2色を使っていますが、何の支障も無く助かっています。
コメント

畑のことなど(土井)

2009年03月17日 08時04分28秒 | Weblog
昨日の句会に会員の一人が土筆の酢和えを作ってきてくれ、皆んなで季節の味を楽しませて貰いました。
早速「土筆」が席題となり「歯切れ良き土筆の酢和え給はれり」の句が出されました。
合評で私はこの句の眼目は貰ったことではなく、歯切れの良かったことだと思うので、順番を入れ替えて「給はりし土筆の酢和え歯切れ良き」としたらどうかと提案しました。

句会場の主に昨年貰って畑の隅に挿した無花果の小枝が枯れずに根着きもうすぐ芽吹きそうですが、昨日もう一本今度は既に根を着けている小苗貰ったので今日二本目を植えます。

また昨年秋に植えた水仙の球根が2月になっても芽が出ないので、買先のホームセンターに聞いたら「おかしいですね、もう花が咲く頃なのに、レシートがあったら払い戻しします」ということでしたが、昔のレシートなどある訳がありません。
代わりに球根の入っていた袋を3袋植えたところに挿しておいたので、それを抜いて持っていったらバーコードで確認できて千何百円か返してくれました。
ところが、ところが、3月になって次々に芽が出てきて、今では蕾もつけてきました。

冬野菜も終盤で、先週は人参の残りを全部抜き、その跡と大根の跡の一部にじゃがいもを植えました。
ブロッコリーも一部は花になってきていますが、レタスは巻き上がるのにもう少しです。
コメント

連続優勝ならず(土井)

2009年03月13日 19時28分46秒 | Weblog
今日、予報ではお昼の前後から降りだすとのことだったのですが、スタート前の9時頃から降り始めました。
全員揃ったところで○(やりたい)、△(どちらでも良い)、×(止めたい)の無記名投票をしたら△が一番多く、○が×を一票上回ったので決行しました。
(結果的には小雨で推移し、やって正解でした)
私は幹事で、当然ながら1組目でスタートしましたが出だしからトリ、トリ、ダボと叩き秘かに狙っていた連続優勝を諦めました。
しかし徐々に調子が戻り、上がり4ホールはボギー、パー、バーディー、パーにまとめることが出来、アウトは47で通過しました。
インも4連続ボギーのスタートだったのでまた欲が出てきたらまた調子が狂い、2オンを狙ったショットがバンカーにつかまり、5打目に脱出の8オン2パットの10で完全に脱落しました。
結局上がってみたらグロス3位、ネット4位で賞金にもありつけませんでした。
今回は体調不良で遠ざかっていた人の復帰と、新たに退職した人の新メンバー2人が加わりました。
次回を6月4日の日本ラインC.C.と決め、幹事を優勝者に引き継ぎました。
この会の今後については、新たに退職して加わる人よりも、体調その他の理由で止める人の方が多くなりそうで、メンバー同士ではお互い出来るだけ長く続けようと話し合っています。
コメント

株安は困りもの(土井)

2009年03月11日 18時20分43秒 | Weblog
今日はさすがに大きく反発しましたが、このところの株安は困りものです。
米国では12年振りとか、我国では26年振りとかで、昨日はバブル崩壊後の安値を更新しています。

景気が悪い時に株が下がるのは当たり前で、取り立てて言うこともないのですが、昨今の株の動きは少し極端過ぎるような気がします。
原油の値段にしてもそうですが、莫大な投機資金の流入によって暴騰するかと思えば、いざマイナス要因が出たとなると、その資金の引き上げと共に大暴落します。
投機筋は早め々々に行動するので大きな損失を蒙ることは少ないようですが、マスコミの煽るような報道や証券会社の口車に乗せられた一般の投資家の大方は損失が大きく、それでもじっと我慢するしかありません。
株の値下がりは国、会社、個人全ての資産即ち富の減少であり、皆の幸福を減少させます。

景気対策が盛んに論議されていて、需要の喚起、消費の拡大が焦眉の的ですが、資産即ちお金が増えれば人は黙っていても使うのだから、定額給付金もその一助にはなるでしょうがタカが知れています。
平均株価が数千円上がれば会社や個人のお金はもの凄く増えて消費の拡大、景気の好転に繋がります。
だから何はともあれ政府は株が上がるような施策を打たなければなりません。
コメント

弥生(土井)

2009年03月09日 13時13分58秒 | Weblog
陰暦三月の異称として広く知られています。
弥生(いやおい)、即ち草木がいよいよ生い茂るという意味から春たけなわの時候で陽暦では四月ごろに当たります。
しかし弥生の節句としてお雛様は三月に飾り、皐月の節句の武者人形は五月に飾られるのが普通になっている今日、弥生は三月と皐月は五月と同義に解されることもありますが、本来の弥生は晩春の候を指していたようです。

陽暦三月は何故か国や公共団体、学校や企業の多くの年度末となっていて、皆その帳尻を合わす作業に追われています。
道路の掘り返しがあちこちで見られるのも一つの風物詩になっています。

陰暦と陽暦にニュアンスの差があるように、締め切りについても個人は年末を、団体は年度末を基準にしているように微妙な感覚の違いを残したままでここ迄来ており、これから先も続いて行きそうです。
またこれが面白いところで、いろんな違いがあるからこそそれに対応してやっていけるので、世の中の何もかもが一様になることほど困りもので、興醒めなことはありません。

   金魚田のはやなまぐさき弥生来ぬ   澤田緑生

家から数十分の弥冨市は全国有数の金魚の産地として有名です。
これから競市も盛んになりますが、まだ見たことがないのでいつか行って見たいと思っています。
コメント