大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

今年をふり返る・インターネット通販(土井卓美)

2012年12月30日 16時09分32秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

朝からの雨が止むことなく降り続いています。
従って何処にも出掛けず通販で買ったパネルヒーターと電気膝掛けのスイッチを入れっぱなしにして部屋に閉じ込もっています。
Gゴルフその他でその日の内になかなか読み切れなかった新聞二紙も昨日から夕刊が無くなり午前中に読み終えました。
ゆっくりとした時間の中で新聞や本を読むことが非日常的なことになっていることに我ながら驚いています。


今年も安さと実用性と試しの面白さでインターネット通販を何度か利用してみました。
食料品はまず普通でそれ程良かったという程のものはありませんでしたが、他のものはユーザーの評価なども参考にして注文しているので値打ちに入手出来ています。
一番価格的に助かっているのはプリンターのインクで純正品の1/3か1/4位の安さで使用上の問題は全くありません。
家電品も品番が判っているので量販店で品物と価格を確かめてから買えばかなり安く、配達も早く、もし不具合があればすぐ代品と交換してくれるし、豊富な品種の中から選べるのでお奨めです。
ゴルフ用品は夏用と冬用のズボン、発熱下着、手袋、ボールを買いましたが何れも安くて使い勝手も良く嬉しくなって周りに吹聴しています。
下の写真は今日の午後届いた¥320で落札したタラバ蟹の足2kgです。
「安い!」「やった!」と思ったのですが後でよく見るとクール便と梱包代が¥3000必要でした。
それで同梱なら送料無料という「しゅうまい」50個を追加注文しました。(¥800)
それでも占めて¥4120なら値打ちのような気はしていますが実際の評価は食べた後に定ります。



   折込みに朝刊重き年の暮

   年末のちらしぶ厚く折込まれ

   赤黒黄多き年末ちらしかな

   皆様よいお年を。
 

コメント

今年をふり返る・俳句(土井卓美)

2012年12月28日 16時51分48秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

午後になって雨が降りだし、時々は雪がまじるようになりましたが午前中は風もなくて穏やかな天気でGゴルフの今年の打止めでした。
喫茶店も今年の最後でメンバーの7人全員が揃い、飛び入りも1人あって8人が同じ席を占め賑やかでした。
その内の1人が先日コーヒーのチケットが入った財布のような入れ物を落としました。
中身が何と13の喫茶店のチケットばかりで2万円相当だったというのですが誰に拾われたのか出て来ませんでした。
それが今日喫茶店に届けられていて、諦めていた本人は大喜びで、テーブルの上に13種類のチケットを展げて見せ、8人全員のコーヒー代も奢ってくれました。

さて今年の我が俳句をふり返ってみて一言でいうなら「低調」でした。
作る気になって集中すると何句かは出来るのですが、そうする機会が少なく、句会や投稿の締切り前に無理して作るケースが多く、日常自然の中で作ることの少なかったのが反省点です。
唯一つ大きな収穫がありました。
それは会員5人(東海2、北陸1、中国2)のインターネット句会が軌道に乗り、率直で忌憚のない意見交換を通して多くのことを学び得たことです。
「NHK俳句」に載ったのも次の4句だけで今年の低調ぶりをそのまま反映しています。

   父の供(とも)して門松の竹伐りに(3月号・三村純也選)

   原発の建屋無残の寒さかな(3月号・高野ムツオ選)

   観劇へ電車待つ間の余寒かな(5月号・大石悦子選)

   同胞(はらから)の残るは二人門火焚く(11月号・大石悦子選)
コメント

医療よりも予防(土井卓美)

2012年12月26日 22時36分37秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日も晴れてはいても風の強い寒い一日でした。
年末で本来なら詩吟の稽古はない日ですが、今年一杯で止める私のために一緒に稽古をしてきた教室のGF達がお師匠さん抜きで自発的に集まって送別の昼食会を催してくれました。
その席で私が7年間お世話になりましたと言ったら即座にそれは違うと指摘され、帰って手帳で確認してみたら6年間でした。
昔の記憶はわりとしっかりしているのですが最近のことがいい加減になって困ったものです。
食事をしながらも話したのですが高校の頃に習った漢詩はほぼ完璧に覚えているのに、稽古で覚えた詩は錬成会での発表が終わったら一週間位後にはコロッと忘れています。
教本を見ればすぐに記憶が甦るのですが、教本なしで諳んじることは出来ません。

その時の雑談でも今中高年の年金世代は時間的にも経済的にも比較的余裕があるらしく、詩吟仲間の誰もが絵、習字、俳句、フラダンス、水泳、バドミントン等の他のことも兼業でやっていますが、詩吟は少数派で馴染みが薄く、新会員獲得の上層部からの圧力はきついがなかなか難しいようです。
それに比べて絵画教室などは募集の努力はしなくても人が集まって来るとのことです。
何を選んでも、いろいろ学べて楽しめることは福祉や介護、医療費の軽減に繋がるので非常に結構なことです。
私の場合も「健康のためにも」続けたらどうかと言われましたが、総合判断で止めることにしました。
コメント

年賀状の作成・PARTⅢ(土井卓美)

2012年12月24日 15時45分54秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日はよく晴れていますが最高気温6度の予報通り、風も強く寒い一日となっています。
それでも朝のGゴルフには皆さん元気に集まって来られました。
しかしやっていてもさすがに寒く、早く終わって早く喫茶店に行きたいといった雰囲気が支配していました。
それで今日は何時もの店ではなく、茶碗蒸しの付く店に行くことにしました。
その店に行ったのですがサンドイッチかホットドックとゆで卵が出て来てお目当ての茶碗蒸しが出てきません。
誰もが今日は休日で、休日には茶碗蒸しは付かないということに気が付いていなかったのです。
ウッカリ、ガッカリというよりそれだけ平和でのんびりしていて結構なことだと思われます。

さて年賀状の方ですが、「筆王」の方はどうも使い勝手が悪く上手く行きません。
家人が近くの本屋で買ってきた「世界一かんたんな年賀状」の作り方のCD(¥499)でやってみたら、こちらの方がまだまともに行ってそこそこのものが出来ました。
結局こちらを主に、「筆王」の方でも折角だから少し刷りました。
これから裏面のコメントと表面を自筆で書く作業になりますが、いよいよ時間的に追い詰められてきました。
尚余談ですが先日城谷君と打ち納めのゴルフに行った時猿の一団を見かけびっくりしました。

   年の瀬やコースを過(よ)ぎる猿の群
コメント

冬至(土井卓美)

2012年12月21日 22時24分54秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日は冬至でしたが全国的に曇り空で日の出も日の入りもはっきりしなかったようです。
冬至について広辞苑は「二十四節気の一。太陽の黄経が270度に達する時で、北半球では、正午における太陽の高度は一年中で最も低く、また昼が最も短い。太陽暦では12月22日頃。日南至。」と記していて大方の人々の理解と一致します。
この日を境にまた日が長くなってくるところから「一陽来福」ともいわれます。
日脚は伸び始めますが気温の変化は光の変化に遅れ、本格的な寒さは冬至を過ぎてから一月下旬の「大寒」の頃にピークとなります。
光の変化からいうと冬至は冬の真ん中ですが寒さはこれからということで「冬至冬なか冬はじめ」などともいわれます。
そしてこの日粥、南瓜、蒟蒻などを食べ、柚子風呂に入るのは全国的な風習のようです。

私は木曽川河畔によく遊びに行くので日暮れの頃は右岸の羽島市に居ることが多いのですが、同市では毎日必ず入相時に防災無線のスピーカーからお寺の鐘と「夕焼け小焼け」のメロディーを流します。
夏場では7時半頃に聞こえてきますが今日は何と4時半頃でした。

   腹に入る入相の鐘冬至の日
コメント

ゴルフの打止めとパソコンの不具合(土井卓美)

2012年12月19日 15時22分41秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今年も残すところ10日余りとなりましたが昔と違って特別な感慨や気忙しさはありません。
寒さは段々と厳しくなってきていますが日常は自然に流れている感じです。
12月7日のコンペで今年のゴルフを打止めにする積りだったのですが、調子も回復気味、寒さもまだそれ程でもない上に片道約1時間の藤原G.C.の食事付き¥6600(70歳以上)という案内が来て、城谷君と他2人を誘って昨日出掛けて来ました。

昨日は火曜日で本ブログ更新の予定日でもあったのですが何故か文字入力が出来なくなりました。
ゴルフから帰って知り合いに電話で問い合わせ、その指示に従ってやってみましたが解決せず、結局購入店「グッドウィル一宮店」に電話したら「Alt」キーと「変換」キーを同時に押すように教えられ、そうすることで一発解決しました。
知識のない者はある者に比べて何倍も何十倍も余分な労力を強いられることがよく分かりました。

さてゴルフの方は丁度昼食時に雨がぱらついた程度で風も殆どなくこの時期としては上々の天気でしたが、前半は大乱調、OB3発で50台、後半もまともに当たることは少なかったのですが何とか40台に留めることが出来やれやれでした。
唯特筆すべきは、最近のゴルフでは後半が前半より悪いのが普通で体力、精神力、スタミナ不足でどうしようもないことかと諦めかけていたのですが、ついにそれを克服した形になったことです。
何事もいい方に解釈して来年に繋げようと思っています。


美しい難ホールを前にした城谷昌介選手

コメント

趣味仲間の高齢化(土井卓美)

2012年12月15日 19時56分33秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日は衆院選挙運動の最終日で、これまであまり声を聞かなかった街宣車も「最後のお願い」を繰り返しながら走っています。
昨日は某候補の奥さんがGゴルフの会場に来て全員と握手をして行きましたが、その時の話によると当地区では名前が売れているがこの地区は面積も人口も全体の約十分の一で本人は他の方を中心に回っているということでした。

また今日は地元句会の今年最後の会を何時もの「歴史民俗資料館」の会場が取れず市役所分庁舎5Fに会場を移して行いました。
実に何年ぶりかで男性の新規加入者がありました。
しかし従来からのメンバーの高齢化もかなりな程度に進んでいて、耳の聞こえ難くなっている人も数人いて同じことを何度か言わなければならなかったり、選句にもたもたして少し余分な時間がかかったりすることも段々と多くなっています。
それでも80歳近くで作句し、自転車に乗って参加されるのだから立派なものです。
趣味が生き甲斐と健康の維持に大きな役割を果たしているのがよく分かります。
この会での私は最若手の方ですがゴルフ仲間内では最長老の方で、今のところはどちらにも別に支障を感じていませんが、今日の句会のリーダーの挨拶のように「体に気をつけて」出来るだけ長く続けて行きたいと思っています。
コメント

選挙の1コマと情報(土井卓美)

2012年12月13日 11時24分34秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今日もいい天気で日陰を除いて雪は溶けていますが、グランドの方はまだ使える状態にならずGゴルフは中止のままです。
選挙期間中ですが何故か街宣車はあまり回って来ません。
ここは選挙区の端の方なので各候補とも中央部の人口の多い所に集中しているのでしょう。

昨日ある所で雑談していたら元女教師が候補者があの子とは言われるまで気がつかなかったのでびっくりしたと言っていました。
本人を知っているのかと聞いたら、知るも知らないもあの子のお母さんが「息子が机の中にエロ本を溜め込んでいる、どうして良いか分からない」とオロオロしながら相談に来たことがあったそうです。
それでも頭は抜群に良かったそうで東大を出て郵政省のキャリア官僚になりました。
話が弾んで、弟は出来が良くなかったが東海TVに就職できたのは兄の関係があったからだろうとか、奥さんはタカラヅカの元男役スターだとか、母親が今一所懸命に挨拶に回っているがこれまでお高くとまっていたので地元の反応は冷たいとか・・・・・
それでも安定している高級官僚の地位を捨てて立候補したのは偉いという話になったら、市役所OG(元課長)がキャリアでも本流からは外れていたようなのでその辺のこともあったのではないかという見解を示しました。
一般の人の受け取る情報は限られていますが、女性、それも出歩く機会の多い中高年女性は実にいろんなことをよく知っていて感心させられます。
コメント

自公政権復活の予想(土井卓美)

2012年12月11日 11時58分14秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

昨日は朝起きてみて思わぬ雪にびっくりでした。
予報は晴れだったのに初雪が10cm以上積もって尚終日降ったり止んだりしていました。
岐阜県坂祝町の区会場の主からの電話では当地は止んでいて道路の雪も溶けているので実施しますから出て来て下さいとのことでしたが、そんな風で欠席止むなしとなりました。
今日は朝から晴れているので大方の雪は溶けそうですがグランドは白いままで当分は使えそうにありません。
そうなると午前中の日程が狂ってきますが今朝は電話があって、喫茶店に行って来ました。

近くの席に親しい市会議員が来ていて少し話しましたが、今回彼は自民党の候補を応援しているので楽勝だろうといったら、皆さんそういわれるので気の緩みで棄権が多くなる可能性があり油断できないといっていました。
普通だったら先回小選挙区で海部元首相に勝った民主党の現職が圧倒的に強いはずだったのですが、民主党への逆風と自民党への追い風で今回は立場が逆転しています。
因みに自民党の候補は元海部首相秘書の地元の県議です。
全国的にも民主党の退潮が著しく、自民党優位の状況のようで、おそらく自公政権復活となりそうです。
元のしがらみや利権の復活も目に見えています。
しかし選挙民が選んでそうするのですから仕方のないことです。


昨日の雪
コメント

高齢者のゴルフ(土井卓美)

2012年12月08日 12時55分45秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

岐阜県可児市の日本ラインG.C.は一般道で約1時間の所ですが歴史も古く落ち着いて風格のあるいいコースだと思います。
今年最後のコンペは昨日当所で行いました。故障者や都合の悪い人も結構あって11名だけの参加でした。
料金も他と比べると若干高く平日¥10080(70歳以上)でしたがそれだけの値打ちはあります。
調子も少しづつ戻ってきている感じなので密かに優勝を狙って出陣、前半はボギーペースでしたが、後半8打と10打のホールがあり2桁キープが精一杯でした。
結果はグロスで4位、ネットで2位タイ(年齢差で3位)とまずまずでした。
成績一覧表を見ると前半より後半のスコアが良かったのは優勝者と最下位の2人だけ、後は全員スコアを大きく落としていました。
コースの難しさもあるかも知れませんが、年齢からくるスタミナ不足の方が大きいのではないかと思います。

大10同期会の在名4人の内花田君は今年亡くなり、石井君も肩の故障で去年からゴルフが出来ず、城谷君と私だけが存えて続けており12月18日に一緒にやって今年のゴルフを打ち止め1、2月の冬眠に入ります。
気候にも怪我や体調にも逆らわず安全第一にやっても後どれだけやれるかわかりませんが、一年でも一日でも長くやれればと思っている次第です。
コメント