大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

自然の運行と人の営み(土井卓美)

2015年06月29日 06時33分45秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

うるう(閏)秒のことが一寸した話題になっています。
誰がどんな方法で観測し調整するのか知りませんが、人智の素晴らしさと自然界の運行の確かさに今更ながら感心させられます。

昨日は天気晴朗なれども波高しではなく風強き一日でした。
こんな日は汗も出難く、蚊も自由に飛び回れないのを幸いに久しぶりに2時間半位畑に出て草取りをしました。
夏の雑草の成長の早いこと、数日で大きく育ちますがこれに上から斜めに鍬を打ち込んで根を持ち上げ、後は手で引き抜いて根の土を払い、場所を決めて積み上げます。
追肥もやりました。
魚粉、菜種かす、骨粉の配合肥料ですが農協では10kg詰しか売っていなくて、ホームセンターに廻り5kg詰を買いました。

丁度一ヶ月前の5月29日、本欄でプランターの花が虫にやられたことを書きました。
取りあえず手で取って、その後も取り切れないようだったら不本意ながら薬剤を使わなければと思いながら見ていました。
しかし少し手を貸しただけで見事に盛り返してきて花をつけだしました。
そしてこれからが本番という勢いになり多くの蕾を宿しています。
上の写真が今のナデシコフリル、アナガリス、ゼラニウム、下が一ヶ月前のものです。




















コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆっくりが一番の幸せ(土井卓美)

2015年06月26日 10時57分45秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

朝からの雨でゆっくりしています。
ふと気が付けば6月も後1週間足らず、ということは今年も早や半分の月日が過ぎようとしていますが、この半年間何があって何をしただろうかと自分に問いかけても俄かには答えが出て来ません。
これから先は暑さも増し、夜明けは早く遅くまで明るい真夏の日々がしばらく続くのだという感覚があります。
しかし実際には6月22日の夏至を境に日は既に短くなりつつあるのですから我々の感じ方はそれとして、自然界は確実にその運行を継続しているということでしょう。

何年か前までは朝から雨だと、○○(店の名前)、9時、どう?などと電話があってこの地方特有の喫茶店のモーニングサービスに集まっていました。
それとは別に年に何度かは車1台か2台で食事にも出掛けていましたが、そんなことも段々となくなってきています。
気が付かないままに人々の営みがゆっくりと変わってきているということですが、実はそのことが一番有難いことだと熟々思っています。
今朝の新聞にも闇サイト殺人事件の死刑囚の刑が執行されたことが大きく載っていますが、事件や事故に巻き込まれたらその悲惨さは筆舌に尽くせません。

自然の恵みを受けて畑では今年もスイカやトマトが順調に育っています。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人生の秋(土井卓美)

2015年06月24日 06時49分25秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

今年の4月からは地域の役職も全て卒業し念願の完全無職になりました。
まだ数ヶ月でその後のペースが確立したとまではいえませんが、その数ヶ月を振り返ってみるとやはり少しの変化は感じられます。
ズボンのボタンがかかり難くなったので試しに体重計に乗ってみると、何と何年ぶりか何十年ぶりかに体重が2~3kg増えていました。
食事についていえば量は減っていると思いますが、この時だけはテレビを見ながらゆっくりと時間をかけてとるようになりました。
それと甘いものが目の前にあっても手が伸びず、羊羹など何日もそのままになっていることがあります。
反対に一口食べるとそれだけでは済まず次々とつい食べ過ぎてしまうこともあります。

精神的な余裕は体の余裕まで誘引するらしく動きも緩慢になりがちです。
それと根をつめて何かをしていると疲れがくるのも早くなりました。
朝早く目が覚めるので日中のひと時猛烈に眠くなる時があります。

昨日はこの前のコンペ以来はじめてクラブを握りました。
一般道でも1時間足らずの岐阜中央C.C.にはじめて行きました。
山間の18ホールズ・パー63のコースですが、割引料金でカート・食事付で3千円台、年寄りにはこれで充分です。
パートナーは好スコアでしたが私は足の痛みが出だして完走はしましたが一寸々々でした。
練習意欲もなくなり、体力も衰える一方でこの後どの位続けられることでしょうか?


赤マークは75歳以上です


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

忙しかったり暇だったり(土井卓美)

2015年06月22日 06時06分55秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

昨日の日曜日午前中は雷を伴うかなり激しい雨が降りました。
午後には回復して晴れ間も見られるようになりましたが、結局一日中家から出ることなく読み残していた金曜日からの新聞2紙、「NHK俳句」・6月号、PCに目を通していました。
娘が父の日のプレゼントを届けにきましたが用事があるらしくすぐ帰りました。

一昨日の土曜日は朝からGゴルフと喫茶店、午後は地元の句会、夜はパソコン教室と休む暇も無く、食事の時以外は家に居ませんでした。
勿論風呂もビールも抜きでいい休肝日になったのかも知れません。
地元句会のことについてはこれ迄にも何度か話題にしていますが、今回の参加者はこれまでの最低を更新して12名となり、段々と危機的様相を呈するようになってきました。
多くの人が来られなくなりましたが現存メンバーも2人を除いては私より年長、古株です。
高齢による退会はやむを得ないことですが、参加されている皆さんは一般の同世代の人に比べると元気さが違います。
長年の経験と精進も伊達ではなく、リーダーの先生もこの句会は他所と比べても非常にレベルが高いと褒めておられます。
そんな中で今回は珍しく拙句に人気が集まり、2人の先生からも会員からも好評でした。
先生の講評にも後ろ向きな句より、明るい元気な句を作って下さいという1項がありました。

      甚平もアロハも似合ひ爺(ぢい)元気
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結核と孫と紫陽花(土井卓美)

2015年06月19日 06時21分05秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

最近時として復活(?)の報道に触れることもありますが結核は天然痘(痘瘡)同様に征服された病気と考えられるようになっていました。
しかしそれも比較的近くになってからのことで、我々の若い頃はよくある病気の1つでした。
かく言う私も30歳の誕生日は結核療養中の病院で迎え、退院後も10年位は闘病を続けながらの生活を余儀なくされました。
病気に罹るのは勿論本人に大きな責任がありますが、環境や周囲の事情も大きな要因となります。
そして不幸にして病気になったら今度は治るんだ、早く治すんだという本人の意志の強さが回復を早める大きな要素になるというのが経験則です。

同世代の人のお孫さんの多くは成人されています。
これは何とはなしの感じですが親が若くして結婚した家庭では子供達の結婚も早く、反対に親の遅い所は子供達も遅い傾向があるような気がします。
そんなことで私の所では曾孫然たる状況です。
孫育ての先輩達から今が一番可愛い時ですねと言われます。
一昨日もどれが主目的か分りませんが、おそらく全部でしょう押しかけて来て、花、食事、勉強を見せる目的を達して帰って行きました。
下記はその時の家の近く御裳神社の紫陽花です。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懇親ゴルフコンペ(土井卓美)

2015年06月17日 11時38分50秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

Gゴルフや地元俳句会では会員の死亡や健康上の理由による退会が相継ぎ、どちらも私が入会した約10年前に比べ会員がほゞ半数になりました。
それに引きかえ団塊とそれに続く世代が退職期にあたる職場OBの懇親ゴルフの会は若手の参入が増えほゞ倍増となりました。
コンペは3ヶ月に1度で、昨日は雨が心配されましたが、結局1日中降らずこの時季としては絶好の天気となり、GOLF5C.C.四日市コース(旧東急四日市C.C.)に5組17名が集いました。

さすがに優勝者のグロス79をはじめ上位は若手が占めました。
私は年長ランク第2位、体も気力も思うように行きません。
それでもショートホールはパー、バーディー、パー、ボギーと1オン逃しの罰金も1つ、ニアピン賞も1つそして狙ったB.B.賞も獲得、送迎者への運転謝礼も余裕で払えました。
帰途木曽川の堤防から川面に影を落とす夕日が眺められました。

今朝テレビの番組欄を見るとNHK・BS1の夕方6時から2時間、再放送で「山口大学・いでよグローバル人材・長州5傑ロンドン留学」というのが目につきました。
あまりテレビは見ないのですが今夜は見てみようと思っています。


クラブハウス玄関


レストランから見る練習グリーン


スタート前の説明


コースの途中、周りの山々は墨絵のようにかすんでいる


夕日


同上






コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

師匠(先生)と弟子(生徒)・そのⅡ(土井卓美)

2015年06月15日 06時00分17秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

家元制度の稽古事や建築、陶芸、絵画その他の芸術・職人の世界では今でも師匠と弟子の呼び名もその上下関係も普通に存在しています。
そして絶対服従の関係も維持されているようです。
何時の世でも何処の世界でも指導するもの(師匠)と教わるもの(弟子)の関係は存在しますが、業界によってその性格、関係には濃淡があります。
最も現代化の進んでいると思われる会社や官庁等では上司、先輩と部下、後輩となりますが今でも成功者の回顧談などで「私の仕事のお師匠さんは○○さんで、私の今日があるのは・・・・」などの表現は決して珍しくありません。
師匠という言葉には敬愛の念が込められているからだろうと思います。

普通師匠と弟子が同じ土俵に上がることは稀ですが俳句の世界では稀ではなく通常で、句会では主宰も会員も匿名で投句し、誰の句か分からないままに選をし、批評し合い、最後に作者が名乗りを上げるのが通常のやり方です。
この場では全員平等の立場に立つという主旨で、名乗りも相手を呼ぶ時も肩書きの付いた「姓」を省いて「名」だけでするのが普通です。

弟子は修練、努力を重ねやがて師匠を越えて行くのが師匠への最大の恩返しで、師匠は如何に多くの優れた弟子を育てるかが本分だとされています。

最後に上記の関係で一つ気になっていることがあります。プロ野球のコーチ(指導者)は昔は実績のある大物が多かったように思いますが、今では私の知る限りでは大半が実績の無い、現役時代は1軍半位の選手だった人で、テレビに映るのはヒットを打って1塁に出た選手を英雄のように迎え、召使のように死球避けのレガースを受け取る姿です。
ホームランでも打とうものなら態々1塁から走ってきてホームベースで恭しく迎えています。
監督が使い易い人を選んでいるからでしょうが、こんな有様で選手を叱ったり教えたりすることが出来るのでしょうか?


プランターのゼラニューム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師匠(先生)と弟子(生徒)とお茶

2015年06月12日 11時55分14秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

通常の週は月曜日ですが第2週は師匠(先生)が本部の研修に行かれるので、木曜日か金曜日への変更を前月中に決めています。
という訳で今月は今日の午後あとしばらくで詩吟の稽古に出掛けます。
弟子(生徒)は私と女性4人ですが、皆さん音感もあり自宅に帰っても随分練習されるそうで、見事に稽古をこなされて錬成会その他の大会にも意欲的に参加されます。
稽古は先生の自宅の居間で、全員の発声練習ー個別指導ー休憩(お茶と雑談)ー個別指導の約2時間です。
個別指導は生徒の方が長く持たないので、短い時間で次の生徒に移り何回転かします。
他の人の稽古中も参考になるので全員で熱心に聞いています。
生徒は大きな声を出すとすぐに疲れてフーフーいって早く休みたい気分になります。
そんな時に「最後にここのとこ」とか「もう一回ここのとこ」などと引っ張られます。
ヤレヤレと思って腰を下ろすと「まだ座っちゃあダメ」という声が飛んできます。
各人の実力に応じて上級者にも初心者にも分りやすく指導してもらえるので有難いです。
しかも始から終りまで声を出し続けての指導で声もかれず、指摘の適切ななことは余程の力の差がなくては出来ないことです。
私などは自分で声を出しているより先生の模範吟を聞いている時間のほうが長いくらいです。
その先生が自分でお茶の仕度をされていたので、先月からお茶は自分達で持参することにしました。
お茶の持参は地元の句会では数年前から実施しており、坂祝町の句会では大きなペットボトルと紙コップです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨晴と木曽川河畔(土井卓美)

2015年06月10日 16時28分14秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

梅雨のうちの半日か一日、または1、2時間晴れることを梅雨晴とか梅雨晴間などといいます。
今日がまさにその一日で窓を開けただけでは追っ付かず車もエアコンをかけっぱなしにして走りました。
明日はまた雨の予報が出ていて、久々のゴルフの予定も入っていますが、少しくらいの雨なら暑過ぎるより楽なためパートナーからキャンセルしようという連絡は入って来ていません。

木曽川の堤防と新幹線脇のGゴルフ場の木々も新緑から本緑になり、いい日陰を提供してくれるようになりました。


木曽川に架かる鉄橋を渡る新幹線、正面中央にかすかに見えるのが伊吹山


木曽川の堤防と看板、右は川辺の林と鈴鹿山系


競技前の準備体操


競技中

     並べ干すシャツの白さ(多さ)よ梅雨晴間

白さか多さか、どちらがいいのか判断に迷います。
このように迷う句はどちらにしても駄句にしかなりません。
もう少し時間をかけて想を練れば少しはましなものが出来るかもしれませんが、この文章を書きながらの即席ではこの程度です。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨を好む(土井卓美)

2015年06月08日 21時09分55秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

6月8日の今日ほゞ例年のペースで、東海地方も梅雨入りが宣言されました。
午前中愛知県知事杯争奪のGゴルフ大会はパラパラと来ただけで無事終了しました。
終わってから行った喫茶店はモーニングサービスの時刻が過ぎていて、お好み焼きの態勢に入っていました。
これ幸いと久しぶりに「天むす」とお好み焼きの少し早めの昼食となりました。
食事の後私は彼女達と別れて独り岐阜県坂祝町の句会に出掛けました。
高速と一般道でやや長いトンネルを抜けた山間の地の会場で、今日の参加者は9名、帰りは雨の中でした。

午前中はGゴルフ、午後も何かと出掛けることが多くなかなか落着いて俳句を作る機会や時間がなく、今回も今朝慌てて作ったものと行く途中の作と席題2句で御茶を濁してしまいました。
それでも次の3句はそこそこ評価されました。

     句の整理写真整理の梅雨入り(ついり)かな

     甚平もアロハも似合ひ爺(ぢい)元気

     廃屋の傾く軒や七変化

梅雨は日本独特の短い雨季で日本には四季ではなく五季があると言う人もあるようですが肯定も否定もできません。(する必要もありませんが・・・・・)
そして世間一般では梅雨はじめじめして嫌な季節であるとされていますが、私にとってはより多くの自由な時間を与えてくれ、心身に余裕を与えてくれる風情のある好ましい季節なのです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加