フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

世界的宗教

2017-08-03 17:12:13 | 日常雑感

 この暑いのに、2人連れで”ものみの塔”の宣伝に歩いている。

キリスト教の1宗派であるらしい。聖書を見ながら説明をする。

宗派によって聖書の言葉も違っている。カトリック等では、「主」と言う言葉を用いているようであるが、

ものみの塔では、”エホバの神”と使っているようである。

「神が存在すると言う証明も、存在しないと言う証明も出来ないでしょう。だから信じることが難しい。」

と言うと、「目に見えないから存在を信じないのなら、空気や電気は目に見えないから存在しないのですか?」

ときた。一緒にしたらいけない。空気の成分や電気の科学的証明はされている。

イマイチかみ合わないところがある。一番かみ合わないのは、

ハルマゲドンで、人間の何万人かは神になり、悪い人は死に、良い人は地上に残り、

それ以後は争いのない平和な世界が来る。苦しみも哀しみもない神の支配される楽園が、来るとのことである。

苦しみや悲しみに裏打ちされているから、喜びや楽しみがあるのではないか!

闇があるから光が嬉しいのではないかと反論すると、今の世界は6千年に渡って、

サタンに支配されているから、闇と光もサタンに支配された考え方だそうである。

もうすぐハルマゲドンが起きて、エホバの神が支配する世界になるとのことである。

ものみの塔は、世界の人々に浸透している。世界の宗教になり、争いのない世界が来るとのことである。

色々の考え方が会って面白い。自分はサタンに支配されたままの世界で終わるのが、安定している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加