趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

骨折をして見えてくる風景

2015年03月04日 14時14分38秒 | つぶやき
固定に最低4週間あとはリハビリ・・・。元通りに歩けるようになるのはいつの事か・・・。

今日の記事は、悲しんでいても仕方が無いので、今の状況を楽しむ方法は何かないか?などと妄想した結果脳裏に浮かんだ事です。

僕、は歩く速度はかなり速いです。走るのは遅いですけどね。兎に角社会人になって、電車の乗継やら何やらで、自然に早歩きの癖が付いてしまった・・・。なにせ学生時代に住んでいたのが田舎なんで、1本乗り遅れれば次の電車は1時間後・・・すべてがアウト。

また地下鉄の乗り継ぎも悪く、こちらもギリギリではアウト。ギリギリに滑り込むともっと余裕を持って出勤しろ!と上司に怒られる始末・・・。1本前って1時間以上前の電車しかないんですけど・・・。

兎に角、自分の生まれた町から名古屋への通勤・通学は不便でした。

そんな思い出は置いといて、ギブスに杖のスタイルでは部屋の中の移動も一苦労。普通に歩く時間の数倍はかかる。ゆっくり、ゆっくり1歩づつ歩くわけだが、まるですり足みたいw。

しかし、こうやってゆっくり歩くと普段目に付かない部分(壁とか床とか)に自然と目が行く。

「あれ?こんなとこに傷あったけ?」とか「げこんなところにホコリの塊が」とか「ここ、カビ生えてるじゃん」とか、普通に歩いたのでは気づかない部分が何故か見えてくる・・・。

さ、さ、さーと風のように歩いたら見えなかったのに・・・。

それでもせっかちな正確はなかなか直りませんがね・・・。

そんなわけで、普段歩かない速度で歩くと色んな事に気づけるようになるかも?というお話です。

年老いた母や友人と歩いたりする時もゆっくり歩いているつもりだったのですが、それでも早かったようで・・・。今なら丁度いいかなぁ・・・。

つーか、松葉杖では散歩どころでは無いんですけどね。

春になったら桜の下を杖無しで歩きたいものです

コメント