田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

熊本アースクウェーク~トイレ事情2

2016-05-23 17:03:33 | ヒゲの毒舌
此処のブログで、避難所でのトイレ事情の一端をご紹介しました。
それから、数日しての週刊文春。
何と “ 熊本避難所でのトイレ事情 ” の特集がありました。
まあ、なんて受けの悪い分野の取材をしたモンだ。 気に入った!?
しかも、普段はスクープ専門(?)の文春さんが、クソまじめに取材していたからです。
驚き! (笑)

その文春の記事で触発されて、ヒゲもイメージした物を紹介したくなった。
と云うのも、ヒゲ達世代には、汲み取り式便所の経験があるからです。
そんな訳で、今日はヒゲおじさんが、うんとウン築を語るの巻きです。 (汗・汗)

もしヒゲが元気で、しかも避難所に同世代が多くいたら ・・・・・
ヒゲ 「 みんな! 聴いてくれ。
     設備が少ないから水洗のトイレは、女性と障がい者の人たちに使って貰らおう。
     俺たち野郎共は、大の時には外に穴を掘って、昔の汲み取り式便所みたいに使おう。
     小の時には、塀に向かって立ちションしよう。 」
「 オーウ 」
「 じゃあ、校庭の裏庭に、スコップ持って行こう。 みんなで深~く穴を掘るぞー。
  その穴に、二枚の厚手の板を渡すンだ。 板と板の間は、うーん! 30cmほど空けよう。
  これで準備OK。 後は、段ボールで仕切りを作れば上等舶来! 」
         ≪ 野宿の時、こういうのも使うらしい ≫
少年 「 ヒゲ隊長、大変です。 トイレットペーパーが品薄になってます。 」
ヒゲ 「 なーに、心配ご無用。 何か菓子箱みたいなのを、先ほどの穴の先に置いてくれ。
     そして、避難所で読み終えた熊本日日新聞を四つ切りにして、箱の中に。
     週刊文春のグラビアで無い紙の部分もこの箱に。 」
少年 「 コレって、何に使うンですか? 」
ヒゲ 「 よっしゃ! オイちゃんが教えたる。
     先ず、この二つの板に股がり、しゃがみ込んでフン闘するだろう。
     その間、空いてる両手で、この新聞紙をモミモミと揉みほぐして用意して置くんだ。
     すると新聞紙は柔らかくなり、尻を拭く時痛くないんだヨ。 」

   「 後は、木の枝にアルミの手洗い器をぶら下げるとOKだ。
     ほら、朝ドラ 『 マッさん 』 のシーンで見ただろう。
     新婚時代の家の縁側に、バケツ型の陶器が下がっていたのを。
     下の突起を手でちょいと押すと、適量の水が流れて、手洗いが出来ると云う優れもの。
     そうか? 今の時代、手に入れるのは無理か。 」
                           
それより、今の少年達が、塀に向かって立ちション出来るか、心配だなぁ?
男の子には、大事な立ちション文化!
ヒゲ達世代は、その放出された距離の長さを競ったりしたもんだが。
そのプロセスで、放物線の軌道を学び、適切な砲弾の発射角度を体現するという、男には必要な経験だ。(笑)
        
ヒゲの長男、小学生時の海釣り体験にて。
         
カァちゃんもヒゲも、こういうトイレは使ったことありです。

     人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ムカつくニュース・ベスト(... | トップ | 暴走オヤジ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長く高く (batten)
2016-05-25 00:07:21
なつかしい汲み取り
古い木造の古町小、梅雨時はオツリの危険が大でした。

立ちションは、より長くより高くの難しい競技です。
右手の掴み具合と腰の突き出しに下腹部の筋力がミソですかね・・
自分の身長ぐらいまで噴射してトバシルが顔になんて、半世紀前の思い出です。

クソにミソが付いてしまった東京オリンピック
立ちション競技を自国の推薦競技で取り入れたらどうでしょう。
ドーピング検査も同時に出来るし。
『JTC』 日本立小便協議会
会長は、髯の殿下ならぬヒゲオヤジで決定。


トバシル? (ヒゲ)
2016-05-25 13:15:49
トバシルとは、久しぶりに聞いた気がします。ヒゲ達は、汁=しゅるのイメージで、トバシュルと訛っていました、笑。そんなトバシルをネタにした、田園での
即席連句会の話しをずいぶん前のブログに。背景は田舎のトイレ。大型爆弾を投下するや、オツリを貰わない様に尻を上げるのが肝要です。すると、顔も上がり、横を向くと窓が。窓からはナニゲに隣家の寝室が見えたのです。何と隣の夫婦が営みの真最中の光景だったと云う連句に堕ちたのでした。女性も一緒なのに、酒もまわっていたとは云え、思いも寄らない展開での狂句の席でした、汗。

コメントを投稿

ヒゲの毒舌」カテゴリの最新記事