司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

河野行革相がハンコ使用廃止を要求

2020-09-24 12:10:30 | いろいろ
TBSニュース
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4085235.html

「23日に行われた「デジタル庁」創設に関する関係閣僚会議では、河野大臣から行政の手続きに伴い必要とされるハンコについて、速やかに廃止したいとする考えが示されました。」(上掲記事)

 明らかに意味がない押印慣行は,どんどん廃止してもらいたいが,書類によっては,いわゆる認印による押印であっても,「OKした」ことの確認として,有意である場合もあり得る。

「廃止ありき」ではなく,厳しい目での仕分けをして欲しいものである。

cf. 令和2年6月26日付け「はんこ議連」が,はんこ制度の継続を訴える動き
コメント

「電子署名,法的懸念を解消」

2020-09-19 19:33:08 | 会社法(改正商法等)
日経記事(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64018130Y0A910C2000000/

「政府見解では「他人が容易に同一のものを作成することができないと認められる」という「固有性の要件」を満たせば、事業者型の電子署名サービスも法的に有効であるとした。固有性を満たす一例として、本人認証の際にスマートフォンなどに送信したワンタイムパスワードの入力を求める2要素認証を挙げた。」

 とはいえ,電子契約至上主義ではなく,

「契約金額などのリスクとメリットを比べて、どのレベルの電子契約にするのか、書面以外の契約は不可とするかといった一定の基準をつくるのが重要だ」(上掲記事)

ですよね。
コメント

東芝,議決権行使書の期限までの不到着問題,信託銀行の不手際?

2020-09-19 17:27:58 | 会社法(改正商法等)
ロイター
https://jp.reuters.com/article/toshiba-agm-idJPKBN2691LI

「議決権行使書の集計業務を担う三井住友信託銀の子会社「日本株主データサービス(JaSt)」では・・・・・3、5、6月の繁忙期は、集計時間を確保するため、通常時と異なり、本来の配達日の前日朝に受け取る「先付け処理」をしており、本来の配達日を到達日として扱っている・・・・・30日に持ち込まれて有効な議決権として集計されなかった議決権が5万8747個だった。郵便局から31日付の交付証を受領しており、集計対象外にした。日本郵便は、該当する行使書は遅くても30日には三井住友信託銀に到着していたと考えられ、レシートの押印は翌日の日付で得ていたとしている。」(上掲記事)

「本来の配達日の前日朝に受け取る「先付け処理」をしており、本来の配達日を到達日として扱っている」

????? 意味不明である。

 先の記事で,

「万一,株主名簿管理人である信託銀行には期限までに到着していたが,内部の事務処理の不手際でカウントされないことになったというのであれば,大問題であるが。」

と書いたとおりであったようだ。

cf. 令和2年9月4日付け「東芝,株主総会の議決権行使書の一部が期限までに到着せず」
コメント (1)

「会社法人等番号」を登記事項に

2020-09-19 10:38:38 | 会社法(改正商法等)
 現在,法制審議会で議論されている「民法及び不動産登記法の見直し」において,会社等の法人が不動産の所有者である場合に,「会社法人等番号」を登記事項とすることが検討されている。公示の観点から,よいことである。

「所有権の登記名義人が会社法人等番号(商業登記法第7条に規定する会社法人等番号をいう。以下同じ。)を有する法人であるときは、当該法人の会社法人等番号を新たな登記事項として公示するものとする」(部会資料38-42頁)

cf. 法制審議会民法・不動産登記法部会第16回会議(令和2年8月4日開催※)
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900001_00023.html

平成27年8月11日付け「不動産登記において「会社法人等番号」を登記事項として追加してはどうだろうか」

 商業登記においても,例えば会社分割に関する事項については,同様に「会社法人等番号」を登記事項とすることを検討すべきであろう。

cf. 平成25年12月14日付け「会社法人等番号の新たな活用について」
コメント (1)

電子署名は「ためらう必要なし」

2020-09-18 08:18:41 | いろいろ
ビジネス+IT
https://news.yahoo.co.jp/articles/c23ee2047e868e563d3890d24a5e9b84d45e9041?page=1

 昨今の電子署名の普及の背景事情等について詳細にまとめられている。
コメント (1)

運転免許証のデジタル化

2020-09-17 22:38:20 | いろいろ
日経記事(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63991500X10C20A9CR8000/

 スマホを紛失したり,損壊したりした場合に,機種を新しくするとき,デジタル免許証の再交付(?)は,スムーズに行くのであろうか?

 簡単過ぎると,デジタル免許証の乗っ取りが容易となるし,ハードルを高くし過ぎると,再交付に難渋することとなるであろう。
コメント (1)

行政改革目安箱(縦割り110番)

2020-09-17 22:16:08 | いろいろ
行政改革目安箱(縦割り110番)
https://www.taro.org/kaikaku110

 河野太郎行政改革担当大臣のHPに早々に設置された。
コメント

犯罪による収益の移転防止に関する法律における顧客等の本人特定事項の確認の際に本人確認書類として各種被保険者証等が用いられた場合の被保険者等記号・番号等の取扱いに関する留意事項等について

2020-09-17 11:30:23 | いろいろ
犯罪による収益の移転防止に関する法律における顧客等の本人特定事項の確認の際に本人確認書類として各種被保険者証等が用いられた場合の被保険者等記号・番号等の取扱いに関する留意事項等について by 警察庁刑事局組織犯罪対策部組織犯罪対策企画課長
http://www.gifu-gyosei.or.jp/digigigyou/83c200812-2.pdf

 各種被保険者証等に記載された被保険者記号・番号、組合員等記号・番号、保険者番号等(以下「被保険者等記号・番号等」という。)について、健康保険事業又はこれに関連する事務の遂行等の目的以外で告知を求めることを禁止する「告知要求制限」の規定が設けられ、本年10月1日から施行されることとなっているところ、各種被保険者証等を本人確認書類として顧客等の本人特定事項の確認を行う際の留意事項等については、下記のとおり。

〇 本人特定事項の確認の際の留意事項について
「犯罪収益移転防止法における顧客等の本人特定事項の確認に際して、本人確認書類として各種被保険者証等の提示を求めることは可能ですが、当該各種被保険者証等の被保険者等記号・番号等を書き写すことがないようお願いいたします。この場合において、当該各種被保険者証等の写しをとる際には、当該写しの被保険者等記号・番号等を復元できない程度にマスキングを施した上で確認記録に添付するようお願いいたします。

 各種被保険者証等の写しの送付を受けることにより本人特定事項の確認を行う場合、あらかじめ顧客等に対し被保険者等記号・番号等にマスキングを施すよう求め、マスキングを施された写しの送付を受けるようお願いいたします。また、被保険者等記号・番号等にマスキングが施されていない写しの送付を受けた場合については、被保険者等記号・番号等を復元できない程度にマスキングを施した上で当該写しを確認記録に添付するようお願いいたします。

 なお、各種被保険者証等が本人確認書類として用いられた場合における、犯罪収益移転防止法施行規則第20条第1項第17号に掲げる記録事項については、当該各種被保険者証等を特定するに足りる事項として、その名称に加えて、発行主体及び交付年月日等を記録する必要があります。」

cf. 令和2年8月8日付け「本人確認の場面における医療保険の被保険者等記号・番号等の告知要求制限について」
コメント

書籍と消費税込みの総額表示

2020-09-17 07:47:46 | いろいろ
朝日新聞記事
https://digital.asahi.com/articles/ASN9J71WPN9JUCVL00L.html?iref=comtop_8_08

 来年4月から総額表示に移行するということで,出版業界では大問題となっているそうだ。
コメント

「上場子会社の少数株主保護に向けた取組み」

2020-09-16 17:58:36 | 会社法(改正商法等)
大和総研グループ
https://www.dir.co.jp/report/research/law-research/securities/20200915_021766.html

 横山淳「上場子会社の少数株主保護に向けた取組み 東証の研究会、中間整理を公表」が掲載されており,「支配株主及び実質的な支配力を持つ株主を有する上場会社における少数株主保護の在り方等に関する中間整理」のポイントがまとめられている。

cf. 令和2年9月1日付け「支配株主及び実質的な支配力を持つ株主を有する上場会社における少数株主保護の在り方等に関する中間整理」
コメント