パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

イントゥ・ザ・ウッズ ★★★

2015年03月15日 | アクション映画ーア行
「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカル。ブロードウェイで上演され、トニー賞を受賞したミュージカルを基に、『シカゴ』『NINE』などのロブ・マーシャルが映画化。魔女をオスカー常連のメリル・ストリープが演じるほか、ジョニー・デップ、エミリー・ブラントらが出演。ハリウッドが誇る人気も実力も兼ね備えたスタッフやキャスト陣による作品に魅了される。
あらすじ:魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。

<感想>元ネタは1987年に初演されたブロードウェイミュージカル。「ウェスト・サイド・ストーリー」のスティーブン・ソンドハイムが作詞・作曲、朋友のジェームズ・ラパインが脚本を担当。日本では2004年に宮本亜門の演出振り付けで上演されている。
ここからネタバレですので、内容を知りたくない方はご遠慮下さい。
昔、パン屋の主人の父親に魔法の豆を盗まれた魔女は、復讐にパン屋の子供の妹をさらい「ラプンツェル」となずけて塔の上に幽閉し、パン屋の若夫婦に不妊の呪いをかける。お婆さんにパンを届けるために、パン屋によりガツガツとパンを貪り食う少女赤ずきん。

森の中でジョニデ扮するオオカミの誘惑に負けて、花畑で花を摘み寄り道をする赤ずきん。もうこれで、ジョニデの出番は終わりですからね。
お婆さんの家に行くと、すでにお婆さんはオオカミに食べられ、お婆さんに化けたオオカミがベットに寝ていた。パンを全部食べてしまいプクプクの真ん丸の赤ずきんもオオカミに食べられてしまう。
そこへパン屋の主人が来て、オオカミのお腹をナイフで裂き、お婆さんと赤ずきんを助けてくれる。お礼に赤いマントをパン屋の主人に上げる。普通は、赤ずきんとお婆さんはオオカミのお腹から出してもらい、替わりにオオカミのお腹には石コロをたくさん入れて上げる。というそこは省いてしまい、そのオオカミの毛皮でマントを作ってもらう赤ずきんなんですから。

と、ここまでくると主人公は、魔女にパン屋の若夫婦ということになっており、後は白い牛なのだが、爺さんのコートのポケットに入っていた豆を、ジャックの持っている白い牛と交換してもらう。ジャックは、豆を持って帰って母親に叱られ豆を庭に捨てて寝てしまう。すると次の朝には、豆の蔦が天まで届きジャックは登って行き、金貨5枚を盗んでくる。そして、パン屋の主人にその金貨5枚と牛を返して欲しいと頼む。

シンデレラも森で母親の墓の前で嘆き悲しんでいると、母親の精霊がシンデレラを美しく変身させて舞踏会へと行かせる。城では、王子がシンデレラにぞっこんで、12時になる前に急いで帰るシンデレラを追い掛け、階段に黒いタールを垂らして靴が、・・・酷い王子だった。それでも、その片方の靴で姫を探す下りも、意地悪な継母が、自分の娘に靴を履かせるため足を削って履かせるのにびっくり。一応、それでも靴が入ったのでお城へと、これで贅沢三昧の生活ができると喜ぶ継母。
「ラプンツェル」の話も、本当は魔女が娘のように愛情を感じ始めていたのに、裏切ったと彼女の長い髪の毛を切ってしまう。王子が助けにくるも魔法で荊の柵を作り、王子がそこへ突っ込んでしまい失明してしまう。それを見たラプンツェルが森へ逃げて沼地に住む。巨人が襲ってきて、怖がる彼女の声を聞き目の見えない王子が近寄り、ラプンツェルの涙で王子の目が見えるようになる。

お伽噺の王道ストーリーを皮肉った名作舞台劇を、おとぎ話の帝国ディズニーが映画化したもので、やはり見どころは魔女役のメリル・ストリープでしょうかね。そして、豪華キャストが美声を披露する本作のキモは、それぞれの願いが叶ってからの後半部分にあります。
豆の木を育てたジャックを追って、巨人が来襲したり、厳しい現実を突きつけるダークな展開になっています。巨人が来襲しているのに、地震だこれは、大丈夫という王子が楽観的で笑える。それも、シンデレラの王子と、ラプンツェルの王子が、兄弟で歌うのに、胸を開けて胸毛を見せ大らかに歌い上げるシーンには笑いが込み上げますから。

魔女の呪いを解きたいパン屋の夫婦を軸に、「シンデレラ」「赤ずきん」「塔の上のラプンツェル」「ジャックと豆の木」など童話キャラが、深い森でリンクするところが面白いです。
結局は、パン屋の夫婦に子供を授かるための4つのアイテムを探してこいと命令する魔女なのだが、夫婦がなんとか見つけて来て、それを白い牛に食べさせ、牛の乳を飲むと魔女の呪いが消えて美しいメリル・ストリープになるという。
しかし、いい加減も甚だしく、白い牛は死んでしまい、それでも死んだ牛を生き返らせて、赤いマントとラプンツェルの黄金の髪の毛、金色の靴と、黄色い髪の毛の代用品に、とうもろこしのヒゲでもいいと牛に食わせるあたりも、コメディですから。
シンデレラも王子のクリス・パインの女タラシにがっかりし、パン屋の女房もシンデレラの王子に口説かれてメロメロだったり、巨人の女を倒すのに、誰が一番悪いのだと罵り合いをしたり、罪の擦り付け合いだ。本当だったらハッピーエンドを迎えるおとぎ話なのに、少々皮肉ったようなブロード・ウェイ・ミュージカルの映画版。ですが、それはまるでパロディ・コメディ作品になっていた。夢ばかり見ていられない教訓がチクリと胸を刺すこと請け合いですから。
2015年劇場鑑賞作品・・・52 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« シェフ 三ツ星フードトラッ... | トップ | 博士と彼女のセオリー ★★★★ »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

35 トラックバック

森の中ならなんでもアリ。(爆)~「イントゥ・ザ・ウッズ」~ (ペパーミントの魔術師)
子供に恵まれないパン屋の夫婦が呪いを解くためにアイテム集めをする話だと思ってたんですが。 ・・・実は魔女自身にかけられた呪いを解くためだったんかいっていう。(;´∀`) 話がここまでで終わってたらわりとすんなり(いや、かなり強引にあれこれ持ってきてま...
『イントゥ・ザ・ウッズ』 2015年3月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イントゥ・ザ・ウッズ』 を鑑賞しました。 私は悪くは無いと思いますが、ガッカリする人は多そうだ(笑) 【ストーリー】  魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔...
『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
むかしむかし、パン屋の夫婦は子供を授からないことに長い間悩んでいたが、ある日訪ねてきた隣家に住む魔女から、それは自分がかけた呪いの所為だと聞かされる。その呪いを解くためには「白い牡牛」、「赤いずきん」、「黄色い髪」、「黄金の靴」の四つが必要だと言われ、...
イントゥ・ザ・ウッズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 出た!セリフが歌って、冒頭からドン引き。
劇場鑑賞「イントゥ・ザ・ウッズ」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の幸せとは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201503140000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック -デ...価格:3,780円(税込、送料込) ★アメリカ版★...
イントゥ・ザ・ウッズ/メリル・ストリープ (カノンな日々)
シンデレラや赤ずきんなどの童話スターたちのその後を描きトニー賞を受賞した人気ブロードウェイ・ミュージカル作品を名匠ロブ・マーシャル監督がメリル・ストリープ、エミリー・ ...
イントゥ・ザ・ウッズ (試写会) (風に吹かれて)
めでたしめでたしのあとも人生は続く 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/woods3月14日公開 ブロードウェイミュージカルの映画化 監督: ロブ・マーシャル  「
イントゥ・ザ・ウッズ (心のままに映画の風景)
子供が欲しいと願うパン屋の夫婦( エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン)。 ある日、隣に住む魔女(メリル・ストリープ)から、子宝に恵まれないのは、自身がかけた呪いのせいだと教えられる。 呪いを解くためには、“ミルクのように真っ白な牛”(ジャックと...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 (或る日の出来事)
おとぎ話のクロスオーバー。
イントゥ・ザ・ウッズ/『おもしろさ』の仕組みについて (映画感想 * FRAGILE)
イントゥ・ザ・ウッズInto the Woods/監督:ロブ・マーシャル/2014年/アメリカ メリル・ストリープ様のひとり勝ちにも理由があると思います。 TOHOシネマズシネマズ日劇 スクリーン1、J-18で鑑賞。スルー予定でしたが『デップを期待していくとガッカリするけれど...
イントゥ・ザ・ウッズ (Akira's VOICE)
『木を見て森を見ず』体感ムービー。  
『イントゥ・ザ・ウッズ』 (こねたみっくす)
ミュージカル映画なのにリズムがない! ディズニーへのアンチテーゼが盛り込まれたブロードウェイミュージカルをディズニー自らがロブ・マーシャル監督を迎えて製作したこの作品 ...
イントゥ・ザ・ウッズ (本と映画、ときどき日常)
監督 ロブ・マーシャル 出演 メリル・ストリーブ     エミリー・ブランド     ジェームズ・コーデン 子宝に恵まれないパン屋さんの夫婦。 実は魔女に呪いをかけられていた。 その呪いを解くために準備するもの… 赤のずきん 真っ白な牛(ジャックと豆の...
『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014・アメリカ)って何なの?馬鹿なの? (23時の雑記帳)
ネタバレあります! ↓ 「シンデレラ」「赤ずきんちゃん」「塔の上のラプンツェル」「ジャックと豆の木」をくっつけたらどうにかなるんじゃね?と思って作りはじめたら、どうにも ...
『イントゥ・ザ・ウッズ』 (beatitude)
長年子どもを授からないことに悩んでいたパン屋の夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)は、その原因が魔女の呪いにあったことを知る。ある日、突然訪ねてきた魔女(メリル・ストリープ)から「呪いを解くためには、森に入って〈白い牛、赤い頭巾、黄色い毛、金の...
イントゥ・ザ・ウッズ (だらだら無気力ブログ!)
ディズニー作品で童話のキャラが出るから、アナ雪みたいに子供が楽しめるかと思ったけれど、コレ、子供は全然楽しめないな。
『イントゥ・ザ・ウッズ』 (時間の無駄と言わないで)
童話版スーパーロボット大戦みたいな映画。 各作品がクロスオーバーしながら原作を追って、原作を片付けたら協力してオリジナル展開へ。 でも「ハッピーエンドのその後」って触 ...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~“おとぎ話の主人公たち”のその後・・・・~ 2014年  アメリカ映画   (2015.03.15公開)配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン   上映時間:125分監督・製作: ロブ・マーシャル原作ミュージカル・作詞・作曲: スティーヴ...
イントゥ・ザ・ウッズ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ロブ・マーシャル 出演:メリル・ストリープ、ジョニー・デップ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティーン・バランスキー、リラ・クロフォード、ダニエル・ハットルストーン、マッケ...
イントゥ・ザ・ウッズ 字幕版(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[イントゥ・ザ・ウッズ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:吉 2015年11本目です。 【あらすじ】 子供がなかなかできずに悩んでいたパン屋夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)のもとに謎の魔女(メリル・ストリープ)が...
『イントゥ・ザ・ウッズ』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ウッズ」□監督 ロブ・マーシャル□脚本 ジェームズ・ラパイン□キャスト メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、        アナ・ケンドリック、クリス・パイン、ジョニー・デップ■鑑...
イントゥ・ザ・ウッズ (そーれりぽーと)
スティーヴン・ソンドハイムのヒット・ミュージカルをディズニー資本で映画化した『イントゥ・ザ・ウッズ』を観てきました。 ★★★★ オリジナルのミュージカルは未見。 数々のお伽話を長編アニメ映画化してきたディズニーが映画化したのだから、キャラクターの容姿を...
イントゥ・ザ・ウッズ (映画的・絵画的・音楽的)
『イントゥ・ザ・ウッズ』を吉祥寺オデヲンで見てきました。 (1)暇ができたので映画館に行ってみようと思っただけのことで全然期待していなかったのですが、ミュージカル物としたらこんなところなのかな、でもあまり出来の良くない作品ではないかなと思いました。  本...
森へ~『イントゥ・ザ・ウッズ』 (真紅のthinkingdays)
 INTO THE WOODS  パン屋を営む夫婦(エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン)は、子宝に 恵まれないことを悩んでいた。自分たちに魔女(メリル・ストリープ)の呪い がかけられていると知った二人は、呪いを解く4つの品々を魔女に捧げる ため、...
映画:イントゥ・ザ・ウッズ Into the Woods 名作のhappy ever afterのその後を描く 異色のディズニー映画 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ミュージカルの映画化らしいが、ほとんど無知識のまま鑑賞。 登場するのは、ディズニーのおかげで?有名になったキャラたち、が大集合! それらは、 ・シンデレラ ・赤ずきん ・ジャックと豆の木 ・ラプンツェル それぞれの運命がからみあいつつ、各々の定番物語が展...
「イン・トゥ・ザ・ウッズ」 (ここなつ映画レビュー)
赤頭巾ちゃんがおばあさんをお見舞いに、ジャックは牛を売る行き道に、シンデレラは舞踏会に行けない悲しみを母の墓前にぶつける為に、ラプンツェルはその中の住まいで、そしてパン屋は魔女の呪いを解く物を見つける為に、みんながみんな、それぞれ森に入っていく。イン...
イントゥ・ザ・ウッズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 最近のディズニーは勧善懲悪のおとぎ話を壊すことに力を入れているような気がします。本作はその最たるもので、ディズニーのファミリー向け作品を期待していったらびっくりするでしょう。ただ、おとぎ話部分とシビアな部分の食い合わせがあまり良くないような気がしまし...
映画「イントゥ・ザ・ウッズ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2015/3/19、109シネマズ木場。 1番シアター。良い席の2列目、I列を選択。 * メリル・ストリープ、アナ・ケンドリック、エミリー・ブラント、 ジェームズ・コーデン、クリス・パイン。 * 物語は日頃の生活に何らかの不満を抱いている人たちの歌で始まる...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 森が象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
おとぎ話やディズニーのアニメでお馴染みの「シンデレラ」「赤ずきん」「ジャックと豆
もう1つの おとぎ話 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を鑑賞しました。 試写会にて 魔女の呪いのせいで子どもがいないパン屋の夫婦は 子どもが欲しければ「赤いずきん」「黄色い髪」「白い牛」「黄金の靴」 これらを森から持ち帰れと魔女に命じられ森へ向かう 時を同じく 赤...
「イントゥザウッズ」 (Con Gas, Sin Hielo)
おとぎの住人だって、人間だもの。 Yahoo!映画の評価を見ると散々な本作。確かに登場人物の紹介を兼ねる冒頭から違和感が満載なのである。 シンデレラを演じるA.ケンドリックは好きだし美人だと思うが、輪郭やパーツがシャープなので、スーツ姿などでは映える一方で、....
イントゥ・ザ・ウッズ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
赤ずきんちゃんやシンデレラなどおとぎ話の主人公 たちが共演し、豪華キャストが演じるミュージカルを 基にした映画『イントゥ・ザ・ウッズ』が公開され ましたので観に行ってきました。 イントゥ・ザ・ウッズ 原題:INTO THE WOODS 製作:2014アメリカ 作品紹介 「...
イントゥ・ザ・ウッズ (いやいやえん)
【概略】 世界中で愛されるグリム童話を現代版にアレンジしたストーリーに登場するのは、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん、ジャックと豆の木のジャックなど、願いを叶えたはずの“おとぎ話”の主人公たち。そして、彼らを待ち受けていた驚くべき運命とは…!? ミュ...
イントゥ・ザ・ウッズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【INTO THE WOODS】 2015/03/14公開 アメリカ 125分監督:ロブ・マーシャル出演:メリル・ストリープ、ジョニー・デップ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティーン・バランスキー、リラ・ク...
映画評「イントゥ・ザ・ウッズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ロブ・マーシャル ネタバレあり