ぶらぶら人生

心の呟き

10月の最後

2017-10-31 | 身辺雑記
10月31日 火曜日
台風の襲来もあり、
天候に恵まれない10月であったが、
今日は、晴れ晴れとした秋日和となった。

朝陽も夕陽も美しく、
気分も晴れやかに、
10月を終えることができた。

日の出(部屋の窓から)








落日(散歩の途次にて)






河口の部屋では、
太陽の位置で、一年の巡りを
如実に感じることができる。

『遠い山なみの光』

2017-10-31 | 身辺雑記
10月31日 火曜日

数独の解答を得ようと、
無味乾燥な数字を眺め暮らすのも
結構楽しい。
しかし、連日、それを続けると、
ちょっと虚しい気もしてくる。

今日は、読書の日とした。
カズオ・イシグロ著『遠い山なみの光』を読了。
(ハヤカワ文庫・2001年9月15日発行 2017年10月18日 13刷)



私の求めた本は、今年発行の13刷目。
ノーベル賞受賞後に発行されたものである。

作者が長崎生まれという経歴が、
カズオ・イシグロさんの本を読むきっかけとなった。

一気に読ませる作品であった。
人間の複雑な内面が、よく描けている。
主人公の女性だけでなく、登場人物の全てに、
存在感がある。
特に、友達の子どもの<万里子>や主人公の娘<ニキ>等など。
会話の多い小説だが、
その会話の一言一句が吟味されている。
心理描写も、人物の会話や動作で、うまく描けている。

小野寺健(翻訳者)の表現のうまさもあるのだろう。
翻訳文を読んでいるとき、
ときに感じるぎこちなさがない。
諸国の言葉で訳されても、
この作品であれば、普遍的な輝きを放つ作品であろうと感じた。


<確かにそういうものだなあ>と思いつつメモした表現。
その1)
どんなに恐ろしい心の傷でも、肉体の傷と同じようにつきあえるようになるものだ。

その2)
記憶というのは、たしかに当てにならないものだ。思い出す時の事情次第でひどく彩りが変わってしまうことはめずらしくなくて、わたしが語ってきた思い出の中にもそいうとこがあるにちがいない。

光る影

2017-10-31 | 散歩道
10月31 火曜日

夕方、散歩に出かけ、
色々な光るものと出会った。


空港に到着間近の飛行機。


細い飛行機雲を伴う機影。


5、60羽の鳥の群れ。
雀ほどの大きさに見えたが、
雀が、見事な球体ととなって飛ぶことがあるだろうか?
(写真は、その見事さを捉えていない。)


白い静かな輝き。


高島と穏やかな白波。

空と海と

2017-10-31 | 散歩道
10月30日 月曜日

4時半過ぎ、外気に触れて散歩を楽しむ。
空には白い半月。
海には厚みのある白い波。


海辺に出るとき、振り返って眺めた月。


帰途、正面に眺めた月。




高島と海面に盛り上がる白浪。

以下、高津川の夕景。



ねぐらに帰る鴉の群。
水面近くを飛翔。
カメラを向けたときには、
大方が、空に向かって飛び去っていた。


繋留された船。

以下落日の景。









今日も、無事に生きられた。
自分の意思だけでは生きられない。
目に見えない力で、生かされているのだろう。
若い時と違って、
老いの身には、絶対に明日があるという確実性が乏しい。

今回、河口の部屋に戻ってみると、
配膳車に、赤い字で<欠食>と書かれた札があるのに気づいた。
夫婦部屋にお住まいの、N夫妻の奥様が入院なさったという。
脚と耳が弱っておられたが、素敵な笑顔の方だったのに……。
詳細なことは分からないが、早く退院なさることを願うばかり。

数独病

2017-10-29 | 身辺雑記
10月29日
外は雨。
終日、数独病にとりつかれる。
<世界一難しい数独>!
「その1」のようなわけにはいかない。

フリクションで書いたり消したり、
用紙を改めてまた試みる。
幾度も幾度も。
人生の迷路を行き悩んでいるかのようだ。
ときどき光明は見える。
が、やはり行き止まる。

この問題を作った数学者に、
ダメダメと笑われているような気がする。

しかし、私自身の根気強さにも、
我ながら感心したりあきれたり……。
残生の少ない老女には、
まだまだなすべき大事なことがあるだろうに!

夕べ近くなって
やっと天候回復の兆し。
(部屋から眺めた空と海)





カメムシのお出迎え

2017-10-28 | 身辺雑記
1028日 土曜日

戻ってきた河口の部屋の窓に、
黒い虫が止まっている。
内側?
外側?
どちらかしら?
と思いつつ、窓辺に寄る。

外側にいるカメムシであった。
どうも好きになれないカメムシさまのお出迎え。



カメムシが多い年は、雪がよく降るとか。
どんな冬になるのだろうか。

数独=ナンプレ

2017-10-27 | 身辺雑記
10月26日 木曜日
今日、山口に行き、書店にも立ち寄った。
書店の棚から、「数独」の本が消え、
「ナンプレ」ばかり。

<超難問>の「ナンプレ」を求めた。(写真)




ソコロシステムズのSさんが提示してくださった<世界一難しい数独>の2問目が、まだ解けない。
かなり根気強く、20回、試行錯誤を試みたが、"できた‼︎ "と、欣喜雀躍も束の間。
どこかに数字の重なりがあるのだ。

まだ諦めてはいないが、しばし休息。
1問目に比べれば、そのレベルの高さがかなり違う。
数字選択の可能性が、あまりに多すぎるのだ。

超難問とある「ナンプレ」も、相当難しいのかと思ったところ、数字の数こそ少ないが、解答のプロセスを誤らない限り(安易な判断をしない限り)、難なく解ける。(最初の問題を解いただけだが…。)

「ナンプレ」とは?
省略語である。
ナンバー(number)」と「プレース(place)」の頭の部分を繋げた言葉。
なるほどと理解はできたが、なぜ「数独」ではいけないのだろう。

「数独」の生みの親は、日本人である。
鍛治真起という方。(ニコリの設立者)
数独を解き始めて間もないころ、鍛治真起著『数独はなぜ世界にヒットしたか』を読んだ。
その本に、「数独」という語は、世界で通用する語句となったと、書いてあった。
それなのに、今「ナンプレ」とは?!
私には、「数独」の方がなじみやすい。

くだらないこだわりだろうか?

(書店で、カズオ・イシグロさんの本を見つけ、3冊求めた。)

秋の色

2017-10-26 | 小庭の四季
10月25日 水曜日(撮影日)

日毎に秋色となる植物たち。
私にとっては、
その微妙な変化が楽しみである。


前庭の石蕗とムラサキシキブの実


南天の実


万両の実


藪柑子の実


楓(温暖のせいか、毎年色づきはよくないけれど……)


仕事人

2017-10-25 | 身辺雑記
10月25日水曜日

25日の朝、
M業者が、溝掃除に来てくださった。
3人の方が、
45分をかけて、
綺麗にしてくださった。
ピカピカの溝になった。(下の写真)

仕事人とは、こういう人を指すのであろう。
仕事を依頼した人を満足させるような
見事な仕事をする人!

<仕事人内閣>とかは、
何もしないうちに、たちまち解散。
さて、これからどんな満足が、
国民に届けられるのか?!



家前の溝


家横の溝


家裏の溝

散歩がてら

2017-10-25 | 草花舎の四季
10月24日 火曜日

庭掃除で疲れたので、
昼食は草花舎で。

常連客のKさん、Sさんに会い、
おしゃべりしながら、チーズパンをいただいた。
気づいたときには、
お皿の中は空っぽだった。


食後のデザートとコーヒーの残り。
(食欲だけは衰えない。)


年齢差は大きく離れているけれど、Sさんとは高校が同じである。
厨川先生の話が出た。
国語の女先生で、私にとっては担任の先生でもあった。

「日本で、厨川姓は、厨川白村と私の家系だけです」
と、授業中に話されたことを覚えている。
魅力的な雰囲気をお持ちの先生であった。

思い出は多いが、就中、自習を課された日のことが忘れられない。
先生は、独特な味のある文字で、黒板に、北原白秋の歌を一首書かれた。

春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外(と)の面(も)の草に日のいる夕(ゆうべ)

先生は、感想を書くようにとの課題を出して、教室を出られた。
どんな作文を書いたかは全く思い出せないが、「春の鳥……………」の歌は、このとき繰り返し口ずさんでいるうちに暗誦した。
厨川先生のイメージや文学的な雰囲気とともに、この歳になるまで忘れられない思い出である。
(この件については、以前にもブログに書いた。)

Kさんは、歌に関心をお持ちのようだ。
北原白秋や若山牧水の人口に膾炙した歌や歌人の人柄などについても語り合った。

歌談義など、実に久しぶりのことだった。

草花舎の、今日の趣き。


















入口の花。