ぶらぶら人生

心の呟き

6月終わる

2018-06-30 | 身辺雑記
6月30日

6月終わる。
2018年の半分が去る。

なんとか無事に、
半年が過ぎた。

が、一区切りということで、
遺言書の見直しをしておく。

久しぶりにPCで、
訂正などしようとして
単純な操作がうまくゆかず
戸惑ったり……。
なんとかやり方が思い出せたけれど。

自分自身の
頼りなさにがっかりする。

これが半年の、
進歩ではなく、
後退の実態。
(日々、老いを深める感じだ。)

さらに半年後は
どうなることか?


木の間の桔梗の花。


百日紅の花。

雨の一日。

家の庭にも、桔梗の花

2018-06-29 | 小庭の四季

M歯科医院の庭に咲く桔梗を見て
帰宅後、家の庭を確認したところ、
かわいそうに、
生い繁った臘梅と椿の木陰に、
窮屈な格好で花を開いていた。
明日は咲くだろうと思える蕾、
固い蕾蕾もある。

狭い庭なので、
私の庭歩きにも不都合なほど
木が茂っている。

(毎年来ていただく
庭師のOさんに早速電話した。
7月4日に来てくださるそうだ。)

それまで、桔梗にも
我慢してもらわなくてはならない。
太陽の恵みも、もらえないまま。







今日咲いた梔子の花。
美しい時間のなんと短いことか。
純白の花びらが、
すぐ薄茶色を帯びてしまう。


実二つ(椿と白山吹)


白椿の実



白山吹の四つ寄り添った実が
小豆色に輝いている。

写真は昨日撮ったもの。
今日は嵐模様の梅雨天気。
午前中には、竜巻注意報が、
出ていた。



半夏生のある庭

2018-06-28 | 身辺雑記
6月28日
M歯科医院で、
歯の定期検査を受ける。

この季節、
M歯科医院の庭に
半夏生の花が咲くころでは
と思いつつ出かけた。

予想に違わず、
鯉のいる池の右手前に
半白の葉が見え、
花穂が垂れている。

待っていた半夏生に会えた。
季節の花を、次々と追いながら
私の老いの日々を生きている。







カウンターの花。



今年の六月は、
あちらこちらで、
様々な紫陽花を見た。

花瓶に生けられた
紫陽花の中に
初めて見る種類があった。
濃い紫赤色の小花の集まり。
なぜか白い花弁の花が一つ。



もう一つの花瓶には
黄色い花(菊芋?)と桔梗の花。



もう桔梗が咲いているのかと驚く。
(半夏生の庭に、桔梗も、ところを得て咲いていた。)

入り口の華やぎ。











梔子と藪柑子の花

2018-06-28 | 小庭の四季
6月27日

帰宅してみると、
梔子の花が咲いていた。
すでに咲き終えたもの、
開花間近なもの、
固い蕾など 、
さまさまである。


今日の一番美しい花。


藪柑子の花。
地面に向かって
俯いて咲く。
いつも、かくれんぼしている。
目立ちがりやでないのが好き。


サルスベリの花、咲き始める。
格別、好みの花でもないけれど
庭の彩り。

『月山』を読む

2018-06-27 | 身辺雑記
 森敦 作『月山』は、1973(昭和48)下半期の芥川賞受賞作。
 森敦(1912・1・22〜1989・7・29)77歳没。

 高齢(62歳)の受賞ということでも話題となった。
 が、のち(2013年)には、もっと高齢(75歳)の黒田夏子さんが『abさんご』で受賞された。

 黒田さんの小説は横書きであった。その新しい試みにも驚いた。
 私自身、ブログは横書きにしているけれど、日本語表現(特に自筆)の場合は、縦書きが自然だと思っている。だから手紙や葉書を横書きしたことは一度もない。
 黒田夏子さんが、自作に横書きを選択された意味もよく分からなかったし、受賞作としての良さも理解できなかった。私の頭が老いて、読解する力が衰えたせいもあるだろう。
 文章の細部に輝く宝石のようなものを感じることはあったけれど。

 黒田夏子さんの作品を読んだのを最後に、最近の芥川賞受賞作品は読んでいない。小説そのものを読むことが少なくなった。エッセイの類が多い。

 (河口の部屋での生活を始めるようになって、かつて読んだ小説を読み返すことが少々増えたのは、自由な時間を得られるようになったせいもあるのだろう。)

 <蛇足の方が長くなってしまった。>

 昨日、『月山』を再読した。
 「です・ます調」の文体で、主人公の語りの形式で書かれている。昔読んだ印象は薄れており、新しい作品を読んでいるかのように新鮮であった。
 作品の舞台となっている月山を中心とした地方(出羽三山、鳥海山、庄内平野一帯)を一度だけ旅したことがある。私の場合は、夏旅であったが、小説では、雪深い集落での冬ごもりが描かれている。現代離れした世界ではあるが、それだけに懐かしい。土俗的な雰囲気も、確かな筆致で描かれている。
 この小説の会話には、方言が多用されている。それが少々私にとっては読みづらかった。耳で聞く朗読や会話では、それなりに方言の持つ味わいが楽しめる。が、活字で読むときは意味を解しかね、本筋ではないところで、読解に時間がかかりすぎ、それが少々難儀だった。しかし、これは非常に個人的な思いであり、方言が作品にもたらす情趣も否定はできないだろう。
 
    
(どうでもいいことなのだが、森敦さんの生月日は私と同じで、没月日は母と同じである。ちなみに、父の亡くなった月日は、中原中也と同じ10月22日である。)



今日は、凶会日。
人生には予期せぬことが起こるものだ。
気分を転じるしかないが、
うまくできるかどうか。





上二枚、朝、8時半の空。(自室より)
尋常ならざる雲の動き。




上二枚、夕方6時。(自室より)
終日暗雲。


夕方6時15分。(自室前の廊下より)
水平線上に光の筋。

散歩4 ホタルブクロの花ほか

2018-06-26 | 散歩道
6月26日

散歩途中の花と樹木。


ホタルブクロ
ゆかしい名前であり、
童心に誘(いざな)ってくれる花。


ヒノキの葉に似ている、と思いながら、
舗道に近い庭先の木を見上げた。


沢山の毬果がついている。
初めて目にするものであった。

部屋に帰り、
持参している
『日本の樹木』を調べる。

<サワラ>か<コノテガシワ>の
どちらかであろう。
(いずれも、庭木として植えられるようだ。)

参考資料(『日本の樹木』より)

サワラ(ヒノキ科ヒノキ属)


コノテガシワ(ヒノキ科コノテガシワ属)



散歩3 朱色の花

2018-06-26 | 散歩道
6月26日

散歩中に、
朱色の、二つの花に会う。

柘榴(ザクロ)の花




凌霄花(ノウゼンカズラ)の花




<朱色>=<初夏の色>
と、言えないだろうか。
夏の異称に「朱夏」という表現もあるし……。




散歩2 花と蝶

2018-06-26 | 散歩道
6月26日

散歩の帰り道。
無花果畑の傍に
背の高い、紫色の洋花があり、
白い蝶が止まっていた。



その蝶は、私の気配を無視して、
次の花へと飛び移っていった。

大きな自然の中で、
動いているのは蝶と私。

散歩1 サボテンのある庭

2018-06-26 | 散歩道
6月26日

午前中、大サボテンの庭まで散歩してこようしたら
雨となった。

昼食の後、
また降り出しそうな空模様を気にしながら
散歩に出かけた。
傘と帽子、両方を持って出るつもりだったのに、
二つとも忘れて出てしまった。
思いほか、薄曇りの日差しがこたえた。

大サボテンの蕾。
(ピンク色が萎れている。
意外に花は小さく
短命なのだろうか?)

まだ蕾らしいものが数個ある。
花に巡りあるといいのだが……。






サボテン以外の花々。
計画的に花が育てられている。
花好きなのは、ご主人なのか奥様なのか。
まだ家の方にお会いしたことがない。













フリクションの芯を求めに

2018-06-25 | 散歩道
6月25日

買い物散歩に出かける。
フリクションの芯を求めるため、
文華堂まで。
行きはバスで。

バス停で待つ間の暑いこと。
この夏一番の暑さであろう。
今日は、全国的に気温が高かったようだ。


草刈りされた後に、また大金鶏草。
強靭な植物だ。




上掲の植物の名前を知りたく、
図鑑やインターネットを調べてみるけれど、
まだ植物名不詳。


文具店<文華堂>前の花。
数独の解答用に使う芯がすぐなくなる。
「替芯07」を多めに買ってくる。




舗道脇に咲いていたアベリア。
また、アベリアの季節がやってきた。
この名を口にするときには、
まず「アベマリア」を思い出し
そのあと、「マ」抜きをする。
「アベマリア」が思い出せなくなったらおしまい。


「あけぼの本町」の停留所で下車する予定であった。
<つぎとまります>と表示されたのに
バスは止まらない。
ボタンの押し方が悪かったのかと、
自分を疑う。
が、運転手さんのうっかりミスであった。
恐縮される運転手を責めるわけにもいかない。
「散歩を楽しみます」
と言いつつ、「あけぼの西町」で下車。

文華堂までは、かなり引き返さなくてはならない。
コメダ珈琲店も通り越してしまった。
舗道が熱射されていて、いっそう暑い。
コーヒーでも飲んで行きましょう、とお店に入る。


変わったものを注文して後悔した。
温かいコーヒーが一番。

コメダ珈琲店の周囲の木々。






文華堂での買い物を済ませ、
タクシーで施設に帰る。


 24日、Kさんが冷凍寿司を届けてくださったとき、<大サボテン>は、どこにあるのかと、尋ねられた。方向音痴の私だが、その場所は教えることができた。もう幾度も、散歩コースに選んでいるので。
 車で帰る途中、眺めて通られた様子。
 「黄色い花が一つ咲いていました」
 と、メールに記してあった。

 昨年の秋ころであったろうか。
 バスの車窓から実をつけているサボテンに気づき、歩いて行けるだろうかと散歩を試みた。バス停の数からすれば、三つ目をすぎたところなのだが、歩数計では、わずか1000歩、往復で2000歩のところ。個人邸の庭に大サボテンはある。
  私の目で、花を確かめたくて、買い物散歩を思いついたのでもあった。
 車窓から、ピンク色が見えたが、それが花かどうかは確認できなかった。
 夕方、散歩に出かけてみたかったけれど、暑さの異常な日であり、無理はしないことにした。

 Yさんのおられた16号室に、新たに90歳の女性の方が入居された。杖にすがって歩いておられる。
 Kさんがアパートに移られたので、私85歳が、施設4階では一番若い。(*^_^*)