ぶらぶら人生

心の呟き

今日の花

2018-09-19 | 小庭の四季
           また施設に戻るにあたって。


           
              花盛りのシオン

        
          クリーム色の曼珠沙華、花数増えて

        

        
              赤い曼珠沙華
       次回、帰宅の頃には、どの程度、花開いているだろう?

シオン、咲き始める

2018-09-09 | 小庭の四季
 シオンが咲きはじめた。
 秋らしさを感じさせる花である。

 (昨日来、雨となって気温が下がった。急な気温の低下に体が順応してくれない。
 暖房はいくらなんでもと思いつつ、下着を着たり厚めの長袖ブラウスに着替えたり……。)

        

        

        
         シュウメイギクも咲いたが貧弱である。

             その他、庭に咲く花。
         
                タマスダレ

         
                ノボタン

         
            地面を染めたノボタンの花弁

         
                シモツケ

         
               ムラサキゴテン
 シモツケとムラサキゴテンは、咲き終わったかと思うとまた咲く。その繰り返し。

               
           一本だけ咲いてくれたニラの花


 今日は雨が降ったりやんだり。
 止み間には庭に出てみる。
 
         
              ナンテンの実と雨滴

         
                楓と雨滴


イヌホオズキ

2018-09-09 | 小庭の四季
 8月30日のブログに書いた、庭の珍客(?)が「イヌホオズキ」と分かった。
 妹からその名前を聞き、調べてみたところ、間違いなさそうだ。

 名前の一部に「ホオズキ」がつくなら、普通のホオズキのように、実(み)は萼に包まれているのだろうかと調べたところ、ごくごく普通の球形であった。

 昨日、家に帰るとすぐ、庭の珍客を見にいった。
 過日咲いていた花は、緑色の実に変わっていた。(下の写真)

        

 今後、この実は、次第に黒味を帯びるらしい。
 私にとっては、初めて見る植物であったが、昔から道端などにいくらでもある植物らしい。有毒植物とか。花はとても愛らしいのに!

    (8月30日に撮った写真を再び掲載しておく。下の写真・2枚)
        

        

 「イヌ」という接頭語のついた植物は実に多い。
 家の庭にも、「イヌマキ」「イヌツゲ」がある。

 「否(いな)」が音変化して「イヌ」になったのでは、という説もあるらしい。
 私の印象としては、なんとなく本物より劣るもの、にせものくさいもの、といった感じに思える。が、真偽のほどはわからない。

 「イヌホオズキ」も「ホオズキ」も、<ナス科>の植物であることは間違いない。

思いがけないの出会い

2018-08-30 | 小庭の四季
 昨日、木の実を眺めながら、庭をぶらぶらしていると、シュウメイギクの一本が伸び悩みつつ、蕾をつけているのに気づいた。昨年までの元気はない。一雨あれば、多少は元気を取り戻してくれるだろうか?

         

 シュウメイギクの傍に、見かけない植物が小さな花をつけている。白い実をつける万両同様、鳥が種を運んでくれたのだろうか。名前はわからないが、花が愛らしい。花に比べれば、葉は大らかである。

         

         

         
        うつむいている小さな花を覗き込んで、スマホに収めた。
               片手を花に添えながら。
           花芯に黄色い花弁が見える。(ピンぼけながら)

         
        (今朝、カメラで撮影。少しピンぼけが解消した)


 イヌマキの高い梢に、小鳥までやってきて、私を喜ばせてくれた。枝移りしながら、何かしら啄ばんでいる。
 『野鳥』の本を調べてみたが、よく分からない。メジロやスズメのような小型であった。囀りもせず、屋根の上に飛び去った。

         

         


        
          今朝のノボタン。5個中の1つ。

 家で暮らす時は、部屋を移動したり庭に出てみたり、気づかないうちに体を動かしているらしい。
 腰につけている万歩計が、<3000>近くになっていた。

実の表情

2018-08-29 | 小庭の四季
      花が乏しく、今日は木の実の色づきを見比べて遊ぶ。

             ムラサキシキブの実
        

              シロシキブの実
         

               ナンテンの実
        

              マンリョウの実(赤)
         

              マンリョウの実(白)
         
          こちらの方が、赤より力強い感じだ。

              クロガネモチの実
         

               シロヤマブキの実
         

 ヤブコウジやジャノヒゲの花も咲いていたのに、実を見つけることができなかった。
 熟す季節になって、赤や濃紺の実が見つけられたら嬉しいのだが……。

乾いた庭

2018-08-27 | 小庭の四季
           私の不在中に、新たに咲いていたのは、
             タマスダレとヤブツルアズキ。

                タマスダレ
         

 裏庭に3個の花。
 花壇にも咲くはず、と前庭に回ってみると、花がないばかりでなく茎も葉もない。
水不足で、根まで枯れてしまったのだろうか?

 見つかったのは、穴蜂の穴が数個。追っ払う主の不在を知ってか知らずか、せっせと穴を開けたらしい。産卵の目的であろうか?
 今日も猛暑。穴を塞ぐ元気もない。

               ヤブツルアズキ
         

         

         

 蔓性のヤブツルアズキに気づいたのは、いつのことだっただろう?
 名前を忘れそうなので、スマホにメモしたはずである。以前使っていた<らくらくホーン>の時だったように思う。もちろん、今のスマホにも、その名は記録されている。
 野生の植物は、暑さにも強いのだろう。蔓を伸ばしてあちらこちらに咲いている。
 その傍らにあるホトトギスは枯死の気配。群生しているはずなのだが、一斉に暑さにまいっている。

                  ノボタン
             

  ノボタンも3個。例年に比べ、花が小ぶりである。これも水不足のせいだろうか?

                 追記

           今朝、施設で見た朝6時丁度の空。
         

一日花

2018-08-21 | 小庭の四季
 昨年までは、8月〜12月にかけて、花が咲き続けたノボタン。
 しかし、この花は寒さに弱く、今冬の厳寒にあって枯死寸前となり、辛うじて生き残った木なので、多くの花を期待できない。
 花数が少ないので気づいたことだが、ノボタンは「一日花」である。
 蕾が少ないので、花の咲かない日もある。昨日は、花のない日であった。

            今朝は、高い位置に二つ咲いた。
                今日だけの命。

          

          

 一日花の写真を添付しつつ、林芙美子の「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」をつぶやいていた。
 目をあげると、盛夏さながらの明るい日差しが、窓の外に満ちている。

 何気なく、タブレットで林芙美子について調べた。
 嬉しい記事にであうことができた。

 「林芙美子」が花子に贈った一編 『花のいのちは〜』の原詩碑完成
      <サンデー毎日2015年5月1日号>

 上掲の詩句は、桜島の碑にも刻まれていて人口に膾炙したものであるが、その詩句の原詩は、村上花子に贈られたものであることを初めて知った。
 その原詩では、<苦しきことのみ多かりき>とはなっていない。
 以下のとおり。

    風も吹くなり
    雲も光るなり
    生きている幸福(しあわせ)は
    波間の鴎のごとく
    縹渺とただよい
    生きている幸福(こうふく)は
    あなたも知っている
    私もよく知っている
    花のいのちはみじかくて
    苦しきことのみ多かれど
    風も吹くなり
    雲も光るなり
 
 2015年、鹿児島市の城山観光ホテルに、<原詩碑>が、林芙美子の甥に当たる方によって建立されたという。(ホテルの名前を聞いて、懐かしく思った。まだ詩碑のなかったころ[10余年前]に、一泊したことがある。規模の大きなホテルであった。)

 原詩の方には、救いの明るさがある。<苦しきことのみ多かりき>ではなく、<苦しきことのみ多かれど>となっていて、苦しさのなかに幸せもあることを肯定的に認めていて、ホッとする。
 初めと終わりにリフレーンされた「風も吹くなり 雲も光るなり」の自然景も心を和ませる。

花の少ない庭

2018-08-10 | 小庭の四季
 昨日の昼過ぎ帰宅した。
 庭を歩くと、かつての熱暑は少々影を潜め、気まぐれに、すーと爽やかな風が吹きすぎる。今なお、「猛暑」「高温注意」のことばを聞かぬ日はないけれど、どこかに秋の子が潜んでいるらしい。

 甲子園では、高校野球の熱戦が続いている。グランドにもスタンドにも若さが弾けている。投げたり、打ったり、走ったりする選手。そのグランドに、トンボがよぎる。アキアカネであろうか。晩夏の風情? と、嬉しくなる。

 庭に出ても、目を楽しませくれる花は少ない。

        
            桔梗はまだ咲き続けている。
              地に倒れながら。

           
          ノボタンは蕾を膨らませてはいるが
          さて、開花はいつになるのだろう?

           
               高砂百合
       前庭には、14、5本の高砂百合が生えていたが、
    家を留守にすることが多く、駆除剤を噴霧することもしなかった。
          そのため、花芽が蝕まれてしまった。
            美しい花の咲くはずがない。
       草取りをしてもらったとき、全部引き抜いてもらった。
        横庭に残されていた1本が、花をつけた。(上の花)

        
              花壇のミニバラ

        
                ランタナ
         蔓延りすぎるので、好きになれない植物。

もうひと月の辛抱?

2018-08-01 | 小庭の四季



パソコンを使って、8月をデザインしてみた。
(8月の文字をもう少し大きくし、
色も工夫すべきだった。
私は、仕事は早いが雑であるのが欠点。)

前庭の楓に紅葉が混じっていたので、
秋への移ろいへの儚い期待をかけて。
今日も、全国的に猛暑とか。


ノボタンが無事に咲くらしい。
蕾をいくつか見つけて嬉しくなる。


サルスベリの花、真っ盛り。


桔梗の花。まだ二つ三つ蕾がある。


裏庭の楓も一部赤くなる。



暑さボケ?

2018-07-20 | 小庭の四季
春を告げる花、
シデコブシが、
暑さの中で
蕾を膨らませている。
その数は、20個あまり。

夏ボケしたのだろうか?
全く気候は似ていないのに、
どうしたことだろう?





無事開花したとしても、
夏にふさわしい花とは
到底思えない。