ぶらぶら人生

心の呟き

紫の暮色

2017-10-01 | 散歩道
10月1日

午後、河口の部屋へ戻ってきた。
夕方、海辺を散歩した。
部屋の鍵と、スマホだけを持って、
2000歩の散歩。

暑くもなく、寒くもなく、
風の小さな揺らぎさえもなく、
心地よい夕べであった。

紫の暮色」である。
山口誓子を読んでいて、
紫の暮色を野分いそぐなり
という句に出会った。
これは、秋の句である。
「紫の暮色」が、印象に残った。

春夏秋冬の暮色の色合いは異なるだろうか?
と。
ネオンの耀う都会の暮色と違って、
田舎には、それぞれ季節ごとの暮れ色がありそうだ、と。

今は秋。
誓子の句のとおり「紫の暮色」である。
海辺を歩き、川沿いを歩いた。
島を眺め、磯に打ち寄せる波を眺め、
釣り人たちを眺めながら……。


高島


海上に漁船






海辺の釣り人(親子)


河口の釣り人たち

朝のサンスベリア

2017-10-01 | 身辺雑記
10月1日



解説どおり、朝のサンスベリアの花は閉じていた。
棒状の、蕾の形となって。
花茎の下に、小さな水滴💧。

昨夕来、サンスベリアは、新たな姿を見せ続けている。