ぶらぶら人生

心の呟き

五月ゆく

2018-05-31 | 身辺雑記
5月31日

私の5月が終わった!
ジューンベリーの5月も終わった。

愛らしい赤い実は、
ヒヨドリの餌となり、
熟すのを待たず、
大方なくなってしまった。


昨日の木には、まだ赤い実がかなりあったのだが………。


今日のありさま。
柄のみ残りて。
無念至極!
食べたいとは思わないが
熟すまで眺めていたかった。

5月下旬の花

2018-05-30 | 小庭の四季
5月30日

この季節には、
この時期の花が咲く。


未央柳
長い蕊が美しい。


ガクアジサイ
わずかに色づいて。


紫陽花
日々、色は移ろい……。


サツキ
気まぐれに咲いた花。


ドクダミ
コンクリートの囲みの中に。


シロヤマブキの実
四つ並んだ実は
少しずつ彩りを深める。
今日は今日の色。

ささやかな感動

2018-05-29 | 小庭の四季
5月29日

河口の部屋から帰り、
庭を一巡りする。

と、思いがけない発見!
野生えしたクロガネモチ
花をたくさんつけているのだ。






もともと、どこからか種が飛んできて
次第に大きく育った木なので、
関心もなく、見過ごしていた。
が、一昨年であったか、
秋、赤い実が数個なっているのに気づき、
急に関心を高めた。
実がなるということは、
花が咲くはずであると。
庭師のOさんに、木の名を尋ねたところ、
『クロガネモチ』だと教えてくださった。

しかし、昨年は、花も実も、目にしなかった。
年々、7月の剪定の際、
丈も枝も短く剪ってしまわれるので、
花に恵まれないのだろうか、と思っていた。

今年も、木は枝を大きく広げて
存在感を示している。
狭い裏庭で。



遠目に眺める限り、
花は木の葉の色に負けて、
目立たない。

が、近づくと無数に小さな花が咲いている。
単純だが、幸せ気分!
花が咲いたということは、
赤い実がなるということ。
秋が楽しみである。

クロガネモチは、
その名に、<金持ち>の意を含み、
縁起がいいのだとか。
年金暮らしは金持ちには縁がない。
が、花や実を眺められるだけで
心が金持ちになった気分である。

夕べの空

2018-05-28 | 身辺雑記
5月28日

夕食膳が部屋に運ばれ、
さて、夕食と思ったときに、
網戸から、飛行機音が届いた。

(窓を閉めていると、
無音の世界となる。
窓が防音壁となって。
網戸に変えると、
自然の音が届く。
ツバメやウグイスの声、
風の音も、飛行機の轟音も。)

慌てて、ベランダに出る。
虹を見るように
機影を見る。
虹もそうだが、
機影も長くはとどまってくれない。



夕食後、山の端に遊ぶ雲を眺める。



海辺の方向には青空が残っていて。



7時10分の落日。
雲の中に消える。



14夜のお月さまは眺められなかった。
雲の量が増えている。
北九州と山口には、梅雨入りが発表された。


××××××××××××××××


川崎洋の詩
今日読んだ詩の中で、紹介したくなった二篇。(「サッカー」と「ほほえみ」)

サッカー

アカンベエをしてみると
まぶたの裏がまっ白な歳
若者ーーという呼び方に
まず反発する歳

論理は
なにより
反発するキック力に
大きく支えられている歳

怒った顔が美しい歳

これからどこへでも行ける歳
もしかしたら
太陽系の外へさえも


ほほえみ

ビールには枝豆
カレーライスには福神漬け
夕焼けには赤とんぼ
花には嵐
サンマには青い蜜柑の酸
アダムにはいちじくの葉
青空には白鳥
ライオンには縞馬
富士山には月見草
塀には落書
やくざには唐獅子牡丹
花見にはけんか
雪にはカラス
五寸釘には藁人形

ほほえみ には ほほえみ



サッカー少年(青年)の若さの中に潜む特色が、詩人川崎洋さんらしい視点でとらえられている。
私のすでに失った世界。戻れない世界。

「ほほえみ」詩では、対になるものが、次々に系列なしに並べられ、なんだか頬を緩ませて様々なイメージを楽しんで読んでいると、最後は、<ほほえみ には ほほえみ>と結ばれる。私の頬の緩みに変化が生ずる。

曇り日散歩

2018-05-28 | 散歩道
5月27日

施設内の花









今日の海

大小二隻の浚渫船




高島と静かな海


魚待灯台のある岬


磯釣りの人


高津川と岸辺の花


道中の花々

ハマヒルガオ


コスモス(早くも…)


オオキンケイギク

トベラの蕾



×××××××××××××××××


脳の活性化を念じて、音読を始める。
起立して2ページを読んだところ、息苦しくなった。
音読は脳の衰えを防ぐ効果は大であろう。が、一方、体力を要することが分かった。
昔は、声を使う仕事をしていたが、今は発声に要する体力がない。
毎日、音読を続けることで、息苦しさが多少は改善するだろうか?

日々、自らの老いとの付き合い方を工夫しながら生きている。
今日は6時に起床し、ラジオ体操、数独2問を解答、音読を済ませた後、朝食。
初めて、朝食中に眠くなる。
赤ちゃんみたいだな、と思う。
今日、新たに追加したのは音読だけ。
それが過労となるとは!
情けない話だが、これが85歳の実態である。


読み・書き・計算

2018-05-27 | 身辺雑記
5月27日

2006年の教育テレビ<知るを楽しむ>
川島隆太『脳を鍛える』




気力の乏しい今日は、
上記の本を読み直し、
衰えるばかりの脳の
活性化について考える。

読み(音読)・書き・計算の勧め。

早速、一日の暮らしの中に取り入れようと思う。

河口の部屋での生活は、
「数独」2問を解くことから
一日をスタートとしている。
が、まず簡単な計算から始めれば、
「数独」解答の時間短縮につながるのかもしれない。

川島隆太さんの意見を信じて、
音読にも努めてみよう。
そのために、斎藤孝著『声に出して読みたい日本語』の
第一巻を持参しているのだから。
短時間でも、活字を音読することで、
脳の機能が活性化できるのならありがたい。

書くことについては、最近サボり気味の
『天声人語』写しを暮らしの中に取り入れよう。
(河口の暮らしの中に、
自由な時間がたっぷりあるので。)

読み・書き・計算が
三度の食事のように、
習慣化できれば、
頼りなくなりつつある脳の衰えを
多少は、くい止めることになるかもしれない。

※※※※※※※※※※※※

今朝、5時20分に目覚めた。
カーテンの隙間から
明るい日差しが届いている。

平家山の右肩から昇っていた朝陽が
気づけば、左肩に移動している。
私の部屋に、まともに差し込むようになった。
(朝陽を眺めたあと、
6時まではベッドで過ごす。)




同時刻の雲




廊下から見た落日

2018-05-26 | 身辺雑記
5月26日

窓越しの落日

夕食、入浴を済ませ、
真正面に沈む夕日を眺めた。

廊下に人気がないので、
夜着のまま、そっと窓辺に近づいて、
今日のお日さまに別れをする。

海上に光の帯ができていて、
それを辿れば、
お日さまに近づいて行けそうであった。






烏の群れが、夕焼けの空をよぎったが、
カメラの構えが追いつかなかった。
(写真は、その気配)


海上の光りの道は消え、
お日さまは、海上の雲に……。(19時20分)

川崎洋の詩「喜び」

2018-05-26 | 身辺雑記
今回持参した本の一冊



『現代詩人8 川崎洋』
パッと開いて出会った詩「喜び」。


一生に一度くらいは
ありきたりのそれと違う
脳天を突き抜けるような
超弩級の喜びが
ありますように

一人一人
誰にでも皆に

悲しみは
願わずとも
数え切れぬほどですから



確かにそうだな、と一瞬思った。
が、老女の私には、<超弩級の喜び>などなくてもいい。
ほんとうにささやかな喜びでいい。
出会った人の優しい微笑み、さりげない思いやりのこもったことば、草花のささやき、そして空に浮かぶ雲、お日さまやお月さまや星、私に静かに語りかけてくれるものがあれば、それが喜び。

今夕も、白いお月さまに会った。







石見の赤瓦

2018-05-26 | 身辺雑記
5月26日

今日の日差しは、
どちらかといえば柔らかい。
眩しくて、目を細めるほどのことはない。

眼下の赤瓦を眺める。



赤瓦の屋根の中に、黒やグレーの瓦も混じる。
しかし、7割(?)は赤瓦である。

小学校の低学年のころ、『石見かるた』で遊んだ。
その中に、

【なにおういわみのあかがわら】
<名に負う石見の赤瓦>

というのがあった。

「なにおう」ということばの意味もよくは分からないまま、
かるた遊びに興じた。

4階の高所から、赤瓦を眺め、
独特な照りの輝きに見とれながら、
幼い日を回想した。
75年も昔の幼き日のことを。

(明日に期待する思いは日に日に乏しく、
とかく回想に耽りがちな日々である。)

山口線で、益田に向かう列車に乗っていると、
徳佐を発車し、最後のトンネルを出て間もなく
津和野盆地が眼下にひらけ、
同時に、軒を連ねる赤瓦の風景が広がる。

常日頃は、私には<ふるさと>がない、
との思いを抱いているのだが、
赤瓦の色は、心になじんだ懐かしい色である。

私の右隣の部屋には、
福岡育ちで、人生の大方を関東で過ごされたSさんが
住んでおられる。
1925年生まれの93歳だが、
自立して生活しておられる。
一切、人の手を借りずに。

そのSさんが、
「屋根瓦がきれいですね」
と、言われたことがある。

(時おり出会うのは、
配膳車へお膳を片付けるときである。)

他郷の人には珍しい光景なのであろう。
「石見瓦っていうんですよ」
と話したが、聞き取れたかどうか?
Sさんの老いを探せば、少々難聴ということかもしれない。
私が入居するより前から入っておられるが、
入居者の陰口や批評などされたことがない。
淡々と飄々と生きておられる感じがする。
私も、そのようでありたいと思っている。


斜め下方に、青緑の網が張りめぐらしてある。
以前から、用途が分からなかった。
が、今日、ゴルフのスウィングを繰り返しておられる人を見かけ、
なるほどと納得した。




昼間の河口の景





除草後の庭

2018-05-25 | 小庭の四季
5月25日

除草をしてもらい、
庭がさっぱりした。
地面がのぞいただけで、
庭の面積が急に広くなった感じだ。

前庭


庭の一部に、ドクダミを残してもらった。



二つの花壇





裏庭


ドクダミがなくなり、トクサのみ。


ペンペングサもなくなって、ここにもトクサのみ。

小さなユキノシタ


雑草の陰から現れた。

秋海棠の葉の傍から、つる草が現れた。
支柱を立てて、
蔓を巻きつけた。
初めて目にする花が一つ。



早朝から3時近くまで
シルバー人材センターの方々が、
家周りを綺麗にしてくださった。

作業の終わったあと、
私は犬走りなどの掃除をしただけなのに、
奇妙に疲れた。