「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20071130

2007-11-30 | 矮小布団圧縮袋

○来年の家計簿用の帳面を買ってきた。それより11月の整理がまだだからする。それでテレビ雑誌も今年に入ってから本当に買う頻度が下がってしまったのだった。一応先々週はKinKi表紙のザテレビジョンだけ買ったんだが。10月11月と会社も趣味も共にイベントが多々めまぐるしすぎ、その分9月以前が遥か遠い昔の記憶のような位だ。もう年賀欠礼書いてる時間もないし(涙)。まだ年末年始の予定が立たないうちに、12月下旬に出張か?の用件が飛び込んできた。うーんどうするか。1週間で東京に2回往復しないといけないのか。ってまだ電話確認も時間がなくて聞いてないのである(爆)悩む。(20071130)
コメント

20071129

2007-11-29 | 矮小布団圧縮袋

○昨日からいろいろありすぎて書ききれない。TOKYO FMからのmail~en~Cielは28日のリーダー(文面が基本的に性格を表しているような気がする)で約半年間の毎週の通信が一通り終了。いやあ面白い企画ですよ。まさか毎週誰かから生真面目に近況報告メールが来るなんて思わなかったからな(笑)。またやるならやってくれ(ツアーが始まったら始まらないかなと)。夕方、少し早い忘年会の宴に招かれる。そして宅急便があたかも誕生日祝いのごとくENDLICHERIの蝙蝠傘を届けてきた(笑)。自分はお台場は早春に行ってるから、これも半年以上ぶりなのだ(^^;;)。改めて、今年はまた色々な、一年前の11月下旬に東京から帰ってきたばかりの時には全然考えていなかったような場所へ、ぐるぐると旅をしてきたと思う。が、まだ旅が始まったばかりだったりするかも、去年の今頃がそうであったように。それがまた来年、後で分かるといいな。(20071129)
コメント

20071128

2007-11-28 | 矮小布団圧縮袋

○カートゥンKAT-TUN(NTV系)というのは初めて見た。昔12~3年前に土曜夜やってた夢モリの尺でスマスマ後半みたいな番組のようだ。その線を狙っているのかもしれない。この6人というのも何年か前の帝劇Shockの出演で見ていて、その時も配役キャラ的に不良高校生的ノリだった、というあたりの経緯が、なんとこの「部屋」を書き始めた最初のきっかけだったりするのだ実は(汗)。それから5年。5年の間に組織と政治経済との歪んだ関係を大局的に見るようになり、有閑マダム的観劇から階級闘争的労働者ええじゃないかへの精神的変化(笑)は著しかったし、これまたまさか5年後に自分がこんなことになっているとは2002年の頃は全然(以下省略)。ただ聴く音楽や興味を持つものがある場合、そのどこに嵌るかという生理的な壷のようなものの基本、ベースは変わってないようにも思う。この6人は実際にゲストのおっさんずを好きらしい。所謂完璧な純粋優等生的なのを好まない層の需要を取り込む系の、黒っぽい荒い態度というか粗忽な感じのノリ、喩えて言えば昔のブルーカラーな、汚れ揉まれ叩かれて育とう的な、格好からしてそれ系といえばそれである。5年前に見た時よりは、中丸氏等の機能など、少しわかってきた。それにしても、たとえばFINE BOYSなどを連続して読んでいると、格好よい若い者に添えられたキャプションにあまりにも愚かしいのがあって(女性ファッション誌でもそういう、いかにも女の子の中身を軽薄に表現したものがよく見られるので、両性ともよい勝負だ)、だんだん「顔や形が格好いい可愛いのは当たり前、愛想よかろうがその中身が学習能力思考判断能力停止してりゃ駄目だな」という原則に戻ってきて、やはり言葉や態度から何かが透けて見えてしまう。一方会社で脂ぎった権力欲にまみれた中年親父軍団を見ても、その妄執が透けて見えてしまう。だからといって若いものを見ても馬鹿でも可愛いければ、子供のままがいいわねなどとは思えなくなっている。物事には程度というものがある、と思うようになっている。今年の初め頃からアイドル誌も買わなくてよくなってきた。今や範無き時代のその範か、と思えばその遥か予想の斜め上を軽く飛びこえた天然好々爺ぶり(爆)というべきかドラえもん。息子のクラス飯盒炊爨に同行参加する保護者会のお父さんを連想した。kenちゃんも誕生日おめでとう。という日になると自分もまたそろそろ歳をとらなければならない日が近いことが省みられてちょっとブルーだが(笑)。(20071128)
コメント

20071127

2007-11-27 | 矮小布団圧縮袋

○『錻力の太鼓』は実家にあると思うので、うちの棚からすぐ出せるのは『Oil on Canvas』だよ(笑)。とYahoo!のおすすめ音楽ブログシリーズを読んで思う。やっぱりsnow dropのタムといいJansen好きだったのか。自分が土屋さんを初めて生で見たのはDuranDuranのサポートのステージの時だったけど(※このへんでだいたい年齢がばれてくるはず)。もう自分の脳内でdrumsといえばこの一年で「二大幸宏」化してきてて、ほんとカラオケに一緒に行ってもらって、集ったみんなでvisions of Chinaを大合唱するしかないと思うんだわ(^^;;)。でもってstill life in movile homesの間奏のめちゃめちゃ複雑なところを、あの「タカタカセット」で叩いてもらって(笑)その様を見たい。それにしても、結構いい年して辻ちゃん太陽みたいな明星表紙的写真を抜かれつつ大接吻広告の上に辛辣な神技巧を繰り出す5~6弦bassと、両極端な神旋律を繰り出すguitarがいて、それでJansenなタムのdrumsがいてvocalがSylvianの完コピできる、って、いやー何て嫌味でお得なバンドか(笑)という話。というわけで、この音楽はどうしてR-35じゃないのか(爆)というくらいその線の音を行っている上に、いざ実際に見に行ってみると20代も中高生もアリーナで踊っている不思議さである(ちなみに「40何歳以上に贈る云々」という有名な解説サイトがあり、自分も去年は最初そこから勉強を始めて入りやすかった)。そしてそういうことはめざましTVのレベルでは決して放送されることはない(笑)。と今朝思った。いずれ火曜お得意の独占オリコン速報を、毎週誰が出てそれが何分何秒流れるかストップウオッチで毎回測定して比較研究する強者(爆)が現れんとも限らん。たとえば先週のKinKi Kidsが何分流れたのにさとか(笑)。同時にそしてその点は実は瑣末な話にすぎない、と言える不敵さというか、既にヲタ的には恒例ネタに近い(^^)ようなところもある。決して容易な一夜漬けではない。何年もかけて創られ、企画が練られ、その後さらに一枚のアルバムのプロモーションに春から秋まで全国地方の凄まじい経路の市町村を一つ一つ縦断踏破していることは、興味を抱く全国の聡い聴衆が知っているからだ。だいたい説明は無くとも音自体が雄弁である。「みんな何をごちゃごちゃやっているんだ、俺達はそんなつまらないところじゃない場所で音楽を鳴らすんだ、サイナラ!みたいな」(TOWER、Nov.05号、No.244)と言うkenちゃんの言葉も、(これを言って格好のつく立場かどうかという点を考えると)誰もが容易に言える言葉ではない。いや、だから、なんで人々がこんなにしぶとく熱いのかが、わかったような気がした。継子が「逆風であろうと」どん底から鍛えられているみたいなもんなんだな。勝手な思い入れだけでなく、とにかく作る側が手間をかけている。仲良しクラブでもない。自己顕示欲や宣伝人脈の口利き優先でなくて、創るもの優先だから無愛想なのだ。その人だから好かなければ応援しなければならぬという強制もない。我々聴衆はその為された仕事への驚嘆をまず先に抱き、逆算してその仕事を為した人を只者ではないと思う。だから、物を作り仕事の中で技術を後続の面々に教えて引き継がせていく業種の我々としても、こと地味な手仕事や労働の価値が軽んじられがちな現代の趨勢に対する皮肉や適度なひねくれ方や「不良」(笑)らしさへの共感とともに、現場の職人の方法論をよっぽど学んでいるような気がするのだ。子供を庇護して囲い込んで可愛がるより、いい大人は苦労も困難も格好よさも悪さも含めて大人の行うべき仕事を自ら示し、大人にはこういうふうになっていく、と、子供たちに生きざまを教える、という方法があったんだな、ということを。そのことは、そういう大人でありたいと思う中年をも、密かに励ます。あたかもキングカズのCMの如く(笑)。そういうものが求められているんじゃないかと。そのへんが理由だと思う。まあ、いいんじゃないかな。(20071127)
コメント

20071126

2007-11-26 | 矮小布団圧縮袋

○帰りに新星堂でdropsの2007年12月号をもらって帰れてよかった。天神から少し遠回りで博多駅前の方まで行ってみる。暗くなるのが本当に早くなった、と実感。昨日も午後は外回りの業務の一環で挨拶に行ってしまったので、まるまる休みではなく、結果的に「家でのんびり寝てられる」過ごし方はこの3日はできず(^^;;)。休日が取れない分、夜は早く寝て体力の回復に努めた方がいいんだけどね、PCもテレビもラジオも消して。だがどうもこの一週間のPC上のヲタ一喜一憂の沸騰振りが見ものなために(爆)。なんかさ、濃ゆいな、と。なんだろうな、中学生から大人まで男女全年齢層に見えるけど、この濃ゆさはどこから来るのかと。物見高くで申し訳ないが、見てるとこのへこたれなさぶりに、なぜ励まされるのかギャラリーが(笑)。それにしても昨日食べたしば饅頭(がめの葉だんご)がおいしかった、つか、こういう時によく寝ないと、運動量は増えても確かにちょっと体重微増になりかかるから気をつけないといかん。(20071126)
コメント

20071125

2007-11-25 | 矮小布団圧縮袋

○…あと一個みつかってピースが揃った(^^;;)。完成。ちょっと意外な場所だったのですぐわからなかった。それにつけても一年が経つのがあまりにも速すぎる。思えばじわじわと自分の中で始まって、去年の今日は非常に大変なことになっていたのだった。その上に一年後、アホな遊び方をしとるし(笑)。
 バレーボールってマリンメッセ?延長で新堂本兄弟が遅くなったから、『点と線』の最後までも両方見られてよかった。オセロの白い人はすっかりロックの人だが、今テレビに出てる黒い人も吟詠がかっこええ。つよし普通にその格好は昨日一昨日と警固公園付近にたむろってた若い兄ちゃんのようだよ、西鉄線でも大丈夫そうだが…ってこたないか^^。
 上記の個々の事例を総じて思った、昭和30年代が50年前っつのが愕然とするほど遠い昔な話になっている。それが、今や福岡って「行くにしても羽田から2時間」って認識で近く扱われているような気がしてきた。だって我々貧乏人でもスカイマークで往復して犯罪アリバイ作ろうとすりゃ作れちゃうんだぜ、去年の今日みたく(^^;;)。(20071125) 
コメント   トラックバック (1)

20071124

2007-11-24 | 矮小布団圧縮袋

○…あと1か所、まだ見つからんのは癪だ(笑)←天神のパズル。
 (ほら鉄道とか観光地のスタンプラリーとかそういうのって始めると集めちゃうから^^)いや、でも結構歩くよ、その建物の中のどこにあるのかはわからないから。朝1時間半くらい?地下から地上から昇り降りするからかなり散歩にはなる。城塞のようですな。
 つか今日夕方また用事なのに、週末とうとう備蓄食料が無くなり午前のうちに買物に出なきゃいけなくなって、ついでに。新天町の八百屋さんで朝倉の産直大根や漬け込む蕪をまとめて買って、リュックで担いで日常生活モードで天神を歩く小生(こういう格好でダイエーはいいとしてもVIOROや大丸は入りにくいったらありゃしない)。かと思うと三越でJohanのパンとF&Mのダージリンを買う。天神って庶民用から金持ち用まで何でもあるな(笑)。ちなみに八百屋の向かいのCD屋のインドウなど、小規模な画面設備のある箇所で昨夕の点灯式のコメント映像を静かに流し中。通る一般客は「何これ?」という感じかもしれないが、まあ地球上広しといえどここでしかやっていない企画だから話の種ということで参考までに。
 とりあえず昨夜は原新潟市民として奥田民生さんにもすまんかった(^^;;)。ゆっきーおめでとう。(20071124 14:04)
コメント

20071123

2007-11-23 | 矮小布団圧縮袋

○天神Xmas電飾の点灯式というのに行ってきた。そんなんわざわざ行くのは初めてである(笑)前の方にまさしくこれコメント観覧目的で熱そうな姉さんたち、その後ろにカップルや親子連れや男子高大生、そして通りすがりらしき観衆みたいな構図だが、まだ少し明るいうちにL’Arcの人の天神協賛企画についてや今年のツアーや新アルバムやらについてのインタビューがしみじみと先生の講話のごとく(笑)流れ、しみじみと聴く聴衆(そんな、いつも暴れているわけではない^^;;)、だんだん日が落ちてくると(何の人だかり?)的に群集が増え始める。こういうのは花火と一緒でギャラリーは多い方がいいのでファンでもない友達を誘って世間話がてらダベりながら後ろで見てた。別に黄色い声を上げるでもなく「え、結構歳近いんすねえ」「あの黒い四角いやつの裏から本人とかマジ出てきたら笑えますね」とか淡々とツッコミが入るので気楽でいい。カウントダウンで一斉に点いた瞬間はさすがに歓声が上がりましたな(^^;;)。何故福岡で?なのだが、企画とは所謂Hurry Xmasが天神地域一帯に歳末BGMに流れているとか、もらったチラシによると区域内数箇所の著名なshoppingスポットにL’Arc関連のジグゾーパズルピースが隠されているのを探すゲームとか、連続リリースの宣伝とかそういうやつらしく、普通こういう芸能がらみのは東京渋谷あたりでやるだろう(でそういうのがWSでよー流れる)的なのが突然地元に福岡市民向けに出現した感があってありがたいというか不思議というか。帰りにバス停まで天神周辺を歩いたけど、多少派手になった感じもなくはなかった。地球温暖化とか省エネとかは良いわけ?(笑)じゃないか。どっちにせよ夕方、LFでもつよしに「今日をたのしんでね」と言われたが、今日ので「天神でおしゃれに買物してお食事してデート」(爆)みたいな、日頃の自分にはまずありえない(失笑)一般によく言う「休日の午後」らしい過ごし方をした方がもっと不思議だった(^^;;)し、そんなことしちゃえた契機としては感謝するべきか。勤労感謝の日って言われてもそう好景気が実感できず職場で組織的ハラスメントを受けサビ残で搾取されてる時間が長い(L'Arc観ながらそーゆー組織構造の井戸端話で盛り上がったたい、中年やけん)我々的には(涙笑)。(20071123)

コメント

20071122

2007-11-22 | 矮小布団圧縮袋

○朝から何でみんなそんなに血圧が高いんだ(笑)って照れるというか何か親戚の冠婚葬祭のような気恥ずかしさをなぜ我々が(だから違うって><)まあ軽部さんもいつもそんなに時間かけないし名前まちがえたりとばしたりするくせに人が悪いったら(笑)みたいな。ともかく昨日のNHKは微妙通り越して人知れず抱腹ではあった。さて今日も就業時間後のミーティングが夜までかかって、結局帰る時間に郵便局もしまってしまったじゃないか!明日出がけにおろさなきゃだ。家につくとどんなもんやが始まっていた。つよしだ。そうだな。体重減少維持には少食よりも、充分な睡眠の方が効く。成長ホルモンのこともありそうだが、夜更かしが続くとどうも身体の中が力を蓄えようとしだすのか、めっきり体重減少が止まるのだ。そして最後のポエム。そういう話なら有名な慣用句でこう答えるべきだろう、と思って、ついラジオの前で言ってしまった「ちがいますよ。カレーは飲み物ですよ。」(by内山くん) (20071122)
コメント

20071121

2007-11-21 | 矮小布団圧縮袋

○LFが来た。インフルエンザの予防注射ってまだしたことがない。というか今年はそれより社内健診が6月29日だったから(爆)年休とっててまだ健康診断すら受けていないことに気づく。年度内にはどこぞで受けて結果を総務関係窓口に出さなければいけないのである。まごまごするうちに12月の先まで外回り営業予定が入ってしまい、そんな病院に行ける日も予定がとりにくくなっていく。実際今日も午前中は天神方面の企業に挨拶回りだったし(遊びじゃなくて完全仕事だ)…困ったなと思いながら早めにデスク店じまいして夜8時頃帰る。宵にmail~が来てたのをNHKのミュージックスクエア(だめだ、真面目なのについ笑ってしまう^^;;)聴きながら読んだ。出前の蕎麦何かで5分悩まんでも(爆)(20071121)
コメント