「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20070228

2007-02-28 | 矮小布団圧縮袋

○そして帝劇Endless SHOCKは祝・千秋楽。仙台も日々盛況の模様と漏れ聞く。
気づくと既に2月末(号泣)。山なす書類提出。
うちの会社の終業時間っていつだったっけ?最近わかんなくなってきた。
サビ残合法化案以前にこの違法状態横行の過剰労務。
確かに誰もがひびわれているのさ(爆)
それでも今日はダッシュで19時半には帰る。遠出できない代わりじゃなくて
気づくと結果的に遠出しない理由になっていた(^^)
WOWOW再放送15th Anniversary liveで再度密かにお茶の間祭り。

…だから部屋を暗くして見るのはやめいっちゅーに(笑)。(20070228)
コメント

20070227

2007-02-27 | 矮小布団圧縮袋

(追記)○朝9時から17時まで集中作業、その後に別会議の3時間の激論を夜23時頃まで原稿起こし、明くる朝から作業の後、16時からチームで対策会議と推敲チェック、18時から21時まで業種懇親会と交渉、22時に会社に戻って0時半まで文書直し、次の朝8時半からチームで再度推敲して提出、次の日に対策会議、みたいなことを連日やっているとだいたいQRのどんなもんやの時間やM-onのHiFi Zoneの時間までには帰宅できないため、CBCのどんなもんやだけはタイマー録音してようやく聴けるという按配になる(だからRKBのお休みは困るのだ)。妙なところで気づいてテープを回しておいて録れたのを朝6時頃起きてぼーっと聴けたのは2月26日深夜MBS「ごちゃまぜ」のリーダー城島氏の「事務所入る時にバク転できなかったのは僕と中居くんとKinKiの剛くんで」の話のところだった。ほおお。連日の飽和状態でだんだん気が遠くなってきていてそんな話すら不思議と懐かしくいつか聞いた昔話のように耳に届く(涙)。ラジオではその他、てっちゃんが最初にメンバーを集めた時の話や、ゲストの「オセロの白い人」がキラーズの仰天メンバーを集めた時の話(笑)などが語られていた。案外そんなもんでひょんな所からつながりで話が行くということは、うちの業種でもあるが。なんかこれって居酒屋の隣のテーブルで中年の兄さん姐さんたちが呑んでしみじみしゃべっているのを隣でまったり漏れ聞いているようなアダルトな?ラジオなわけか。そうだよ大人の時間だよ子供は早く寝て真面目に学校行けよ、な話である。で、また作業に戻る。(20070227)
コメント

20070226

2007-02-26 | 矮小布団圧縮袋

(追記)○「洋画のモデルをしていた20代の頃の淡谷のり子さんはこういう美人だったのだろうか」なぜか中島美嘉という人を見ると時々ふとそんなことを思ってしまうのだが、デビューの頃から「気配はdarkだった」ので別にglamorous skyあたりから急に真っ黒くなったわけでもない(笑)ことがわかった。そんなことをいうとまた「(゜Д゜)ハァ?」とかいわれそうだが(新堂本兄弟20070226TNC)。問題はその直後のRKBラジオのどんなもんや増刊号である。「3月5日と3月12日、深夜の保守工事のためRKBのどんなもんヤ!増刊号はお休みです」←「(#゜Д゜)ゴルァ!」 平日10分枠から撤退して週一30分枠へ、そして毎年この時期になると時間変更の措置もなく日曜夜はお休みになってしまうんですな。大切な工事だとは思いますが。せめて増刊号終わった後じゃだめすか。他の番組はお休みにならんのですか。まあそういう扱い方なんですが福岡のリスナーの皆さん、どう思いますか。(20070226 0:40a.m.)
コメント

20070225

2007-02-25 | 矮小布団圧縮袋

○そんな盛況らしい仙台の一方(笑)土曜夜のキンキラ(LF+R)の剛さんのしゃべりが不思議と落ち着いていて大人っぽいように思えたのはリスナーが若いせいだろうか。日曜は朝8時半からの日程が夜7時には終わったので、明日の部署の作業で必要な小道具類を買いに出て、コンビニの送金振込もする。幸運にも御縁があれば倍率的に、喩えて言えば帝劇ShockのKinKiFC先行の何年か前の第五希望まで書ける奴の時のあれの感じに近いものが、世の中にはまだ他にも存在する、ということを知った気がする。さらに明日の部署で昼に需要のありそうな兵糧(=菓子類)のまとめ買い出しにも走り、ついでに十六茶のストックも追加。KinKi関連というよりこれって案外あると便利な使える飲料だったことがわかる。帰って「風林火山」を(大河というよりどちらかというと金曜時代劇的ノリで意外と見てしまう)見ながら明日の準備をし、CX系TNC録画とRKBラジオ録音をセットした後、水曜夜のしんどい(伊豆続きのボーリング)と金曜夜のタモリ倶楽部(空耳アワード前編)をチェックしつつ夕食。でそろそろ新堂本兄弟の始まる頃ということで寝ながら見ようかなというような。(20070225)
コメント   トラックバック (1)

20070224

2007-02-24 | 矮小布団圧縮袋

○ENDLICHERI☆サイトリニューアル後。ともかく連日の雪だるま式残業もあって今頃になってようやく初見。…なんとか今日土曜のうちに掃除と洗濯と、修羅場3日分の常備菜の仕込みはしたから、時間があれば原稿の続きを書かないと…と思いつつ、体力精神力的には擦り切れる位かなり飽和状態に陥っていて、駄目な感じに押しつぶされ気味になる。まあ数十年来原稿作り中は毎度陥ることだからこういうのはもう死ぬまで続く病気みたいなもんで別に構わないが、ほんとに気分が駄目な時は駄目だから。30分か1時間、もう少し横になって考えるから、その間、誰も電話かけてくんな。頼むから放って置いてくれ。部屋の奥から見上げると、なんだかレースのカーテンの外のベランダが明るい。雲が切れて、風は冷たいが、晴れてきた。こんな天気の下で、それこそ何もしないで何も考えないで、頭全く使わないで2~3日いられたら。それこそ春まだ浅いみちのく路なんかでのんびりできたら、うらやましいに決まってる。銀山温泉とか一泊したいさ。ああ。…そんな時に見るENDLIサイトのメインはキツい現代アートである。どこへ向かっているんだ(^^)おまいは。何か修験道か真言系かそこらの勤行の遠い響きを思わせるatmosphereなSEといい、浮かび上がる呪文(爆)といい、丑三つ時にみたら余計に怖いわこりゃ(笑)。5分くらいしばらくぼーっと見ていると、オカルティックに何故かエロい感じがしてくるのは気のせいか。花が咲いていて何かが飛んできて何かに降り注いでいる。つい左下をクリックして孵化(笑)。この生き物はこんな秋津島の天地創造みたいな混沌の中からうようよ発生しているらしい←おいおい。(20070224)
コメント

20070223

2007-02-23 | 矮小布団圧縮袋

○昨日のを正確に言えば、近所のスーパーで買った2Lサイズにくまくんがついている。そして十六茶のポスターが店頭にましましていたコンビニには約500ml弱のサイズの方で“バランス食”の菓子ブランがついていた。そのうちブルーベリー味の方をお昼に食べちゃった。2Lの方は寝室に置いて水分補給用である。利尿作用ともよくいうが、水分をとると巡りが良いというか暑いときは汗が出、寒いときはもっと身体に回って血の巡りがよくなるみたいで防寒的でもある。

…と、ここまで打ったのが24日午前0時31分、で入力されている。で途中でenterを押したまま、意識を失ってしまってその後のことは覚えていない…打ち合わせの続きでその後3時間も議論が白熱して帰ったのが22時で…明日のうちに準備の買い出しをして、日曜も早朝から待機である……気がついたのが24日朝6時半前。日テレのズムサタで十六茶CMが流れた。
昨日からENDLICHERI☆地方版が始まったはず。
うまいササニシキを食ってご健闘いただきたい。

(20070223)
コメント

20070222

2007-02-22 | 矮小布団圧縮袋

○うちの近くのコンビニのドアにもいつのまにか、白いスーツのにーちゃんが2人並んでる十六茶のポスターが貼られていたのに気づいた。このくまさんは⑭か⑮か?どっちだろう。フォルムは意外と可愛い。で、味は…なんか、そういわれてみると、昆布入ってるような気がする。昆布。(いつも作る凍り豆腐の含め煮にはだいたい昆布と丸天と大根を必ず入れる・20070222)
コメント

20070221

2007-02-21 | 矮小布団圧縮袋

○22時閉店直前の本屋に飛び込み購入後帰宅しておれファン水曜(久々)どんなもんや(QR)に間に合う。でラジオを聴きつつ20分くらいで一気読破(笑)。十年前に行ったHMVイベントでミック・カーン先生と握手(黄金の指にさわっちゃったさっ)さらにCDにサインもらってしまったのが自慢の自分としては、当然この『別冊宝島 音楽誌が書かないJ-pop批評 Vol.47』を読まずんばあらず(九州は発売日が東京より2日遅れ)。唯我独尊(笑)。「性感帯を知り尽くしているかのような選曲」(爆笑)。「ぬらぬらとエロい」(正しい^^;;)。その実、エロさは意外と手堅い職人芸的方法で淡々と織り成されているというのも妥当な指摘だろう(で気づくと古本屋で数百円~で折々買い集めたバンドスコアが本棚に溜まってちゃったりするのだ。家で聴いてて「ここどんなになってるの?」と思って突如スコアを見たくなっては取り出すわけです)。そんなの方はもっとヤバい内容なのかと読む前は戦々兢々だったが案外そこまでヤバいわけでもなかったみたいだ。ネットで毀誉褒貶喧しく多少の毒舌は見慣れているせいか、こう一冊のおよそ全般的に誉められると「まじかよ?」「だいたい怪獣学入門初版のアソコ第二版以降規制カットしてたりするわけだし(爆)別冊宝島も所詮出版メディアとしては穏便に提灯記事しとこうってんじゃないの?」などとまず疑うのは、すっかり聴く音楽そのものの影響で毒されて逆説的性格と化し人が悪くなっている(ありがちな例:中東ニュースがテレビで流れる時、勝手に脳内でBGM「賽は投げられた」が条件反射的に流れ出す・笑)ためだろうか。主幹クラスとか担当ライター陣や編集陣に元々ヲタクがいたりするのか、ちょっと熱い?ところもなくもない^^。入門編的な曲解説はもう少しコメントがあってもよさそうな(っていっても、ネットで探すともう「歌詞解釈や音構成解説など語りだすと限りなく止まらない」(笑)良質かつ秀逸なサイトはたくさんあり、自分はそれでかなり勉強した^^からいいか)。川口瑞夫氏は以前アイドル系の号の時にも書いているので見覚えある。ちなみに市川哲史センセは(どこを書いてんだ?)と思ったらP.63の「HEART」評担当だった。なお「少年易老楽難成」連載第28回に「KinKiはボートラの差異だけで2種類リリースする音楽重視…(以下略・続きは本文参照^^)…」云々の言及箇所あり。言うまでもないが、「時代と添い寝しない」というのは時代や社会に無関係無関心ということでは全然なく、その逆で、一時的なものではない、時代条件だの社会条件だのを包括したところでもっと長期的な、本質的に「普遍」性をもっている、ということだったんだなと改めて感じる。すべてにおいて完璧なものなどでは全くなく、「しょーがねーなー」なところ満載(だから数寄の人々が集うと照れもあって口が悪いついおちょくってしまう^^)だとは思うのだが、ただいえることは、今この時がよきゃいい、的な瞬間湯沸かし器な短絡的な流行り廃りの勢いだけでは決して理解できないもの、かもしれない。いや、単純に、おおっぴらにはできないがみんなこっそり隠れて実は好きなだけなのかも(笑)(20070221)

コメント

20070220

2007-02-20 | 矮小布団圧縮袋

○朝6:28頃めざましTV芸能の後で新十六茶CMを見る(いつも「朝は!」のデカい声のコーヒーのCMやってるあたり)。なんか普通に2人で飲んでて爽やか風?だったので逆に驚いた←どうもKinKiというといつオチが来るのか普通で済むわけがない(爆)と身構えてしまう弊習あり(笑)。そういえば年末の東京ドームでも紙パックの十六茶を売っていた。もともとドームの売り物なのか既にタイアップだったのかどうかは不明…以上、てなこと言いながら実際はリアルタイムで見てなくて、8時出勤21時半帰宅後にどんなもんやを聞きながら(どうも夏の王様が2000年夏の発売以来「あしたの5時あさって悩め」と聴こえてしまう困った自分の空耳^^)自動録画分で再生して見ているのだった。過去、炭酸飲料やチューハイや発泡酒やスポーツドリンクの類などは正直いうとせっかく宣伝していただいても全然飲めなかったのである←飲む習慣が元々ないのと、歳をとって身体が受け付けず飲まなくなってしまった。1つ記念に缶を買ってはみても全然中身が空けられないとか実に申し訳なかったものだが(笑)、お茶やコーヒーで無糖なら外出時に飲む機会がまだあるし、飲むことのできる飲み物のうちなので、移動中の駅や空港などでもあるか見てみようか。それにしても早朝から極度の緊張が連続し泥のような疲労で既に睡魔がきているのでこれにて…(20070220)
コメント

20070219

2007-02-19 | 矮小布団圧縮袋

○非常に久々な2人どんなもんや(QR20070219)である。SHOCKのロミオは本当に接吻をしているのかどうかというのはファンには非常に問題なことらしい。自分はそこのところは見てて実はそんなでもない。むしろ服毒ご最期とか出血大斬殺喀血状態とか臨界点ご臨終付近で何かいけないものを見てしまっているような嗜虐的な気がして赤面する。テレビドラマで喩えるなら家族といっしょに観てなくてよかったぜ(^^)と思ったりする時代劇とか、おっと一歩間違うと化人幻戯かそりゃ(笑)みたいな、ああいうやつである。エロスよかタナトスちゅーか。だが澁澤龍彦なわけでもないがそれが古今東西普遍的に虚構の作品がもたらすカタルシスのいくつかあるうちの一つ、というやつにもつながるような気がする。ちなみに、てめえが日常で使う言葉の意味は異常に軽々しく、差別を差別とも思わない失礼な使い方をばしばしするくせにそれを棚に上げて、現実と混同して犯罪を誘発するから作品表現の自由を規制しろなんて人に言ってくるような馬鹿は、その実自分に都合の悪い表現ばかりを政治的に恣意的に規制したがるものであり、根本的にartというものの本質的な意味を知らないのではないかと思う。想像力というものの欠如した奴の低能な物差しで、我々まで巻き添えにして世の中全体を計ってほしくないものだ。(20070219)
コメント