「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20141119

2014-11-19 | 矮小布団圧縮袋

○県道沿いに林立する巨大な皇帝ダリアのピンクの花々。
 キイロイトリ「ココ ネンネン ホンスウガ フエテル ヨウナ」挿し木で増えるらしい。

 本日のBGM:Follow Me / Demis Roussos
 三菱の「新型ギャランエテルナΣ」のCM。「風来坊。男は、風です。」で、寒そうな海岸を高倉健さんが運転しているやつ。そこで流れるBGMはギリシャのデミス・ルッソの、アランフェス協奏曲を英詞で雄大かつエレクトリックにアレンジした「フォロー・ミー」(1982)。画面にmusic by Demisというのが出てくる。この頃のCMはどこか映画のようにロマンティックな雰囲気のものが多い。さすがにニューロマの頃でもあるが。
 高倉健さんが「旅人」なイメージなのは、きっとそんな感じで1980年代前半頃にテレビでいつもやってた、(ニッセイの他にも)三菱ギャランΣ(シグマ)とレナウン「シンプルライフ」のCMの印象のためだろう、と、YouTubeで映像を流し見ていて気がついた。そういえばノルマンディーやパリやスペインのどこかやら、いろんなところを(それこそ頻度的には岸恵子さんや黒柳徹子さんどころでなく多く)健さんが歩いていたり、車を運転していたりしている画面を、子供の時にテレビでたくさん見ているのだった。(ちなみにこの頃は、まだ「西ドイツ」って言う言い方だ…)
 この人は昭和の日本人にしては高身長(180cm)であるので、ロケ地が欧米だろうと日本の農漁村だろうと堂々とした風格で、彼のいるその空間の佇まいが美しい。走る姿も立ち姿も身のこなしも体幹の良さを表している。そして庶民の味方なところ。味でいうならクリント・イーストウッドより、ジャン・ギャバンだな、ということは確かにあると思う。
 そういえばダーバンがアラン・ドロンで、レナウンが高倉健という贅沢な時代があったもんだ。(20141119)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 20141118 | トップ | 20141120 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギャランΣCM覚えています。 (昼行灯)
2014-11-30 16:14:33
 亡くなった高倉健さんが出ていたギャランΣのCMは今でも覚えています。「風来坊」のキャッチコピーと、アランフェス協奏曲のアレンジ版「フォローミー」で、静かながら強烈なインパクトがありました。シブいですよね。 
Re:ギャランΣCM覚えています。 (ottokitche)
2014-11-30 21:12:18
>昼行燈さま
 こんばんは。コメントどうもありがとうございます。
 今回の訃報で、改めて動画サイトなどで追悼特集的に過去のものがたくさん流れていて参考になります。見て、つい「これ!あった」と思い出してしまいます。
 実は書こうと思ってまだ書いてなかったんですけど、ギャランΣCMシリーズだともう一つ、プロパガンダの「ドクトル・マブゼ」のもよく見ました。今見ると不思議な感じですねw
 (たぶん単に流行ってたし音がかっこよくて選曲されたのかもしれませんが、歌詞の内容はちょっと違うかな、と思う・笑)

コメントを投稿

関連するみんなの記事