「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20080330

2008-03-30 | 矮小布団圧縮袋

○その後、故あって、ひとまず実家で療養中です。
 今回、自分はあまり語らないと思うんで、純粋audienceとして。
 しばらくの間、離れた所で、皆様お手並み拝見といきたいと思います。
 (20080330)
 
コメント

20080328

2008-03-28 | 矮小布団圧縮袋

〇出張で京急品川駅に下りると、去年と少しversionの変わった今年版の十六茶ディスプレイが店脇にできている。

…本州に戻ってこっちのみんなと秋以来に再会して、討議検討して会合。思った。
これがそもそも自分も、普通の状態なはずである。だから、毎日の職場がどれほど異常事態かってことだと思う。精神的には少し、…いや訂正、少しでなく、もはや末世的に内戦だと思うよ弊社は。だから、上司も「ちょっと、外行ってこい」って送り出してくれた。

東京って桜満開だったんだ。故・叔父は2年前病室の中で、この桜を物凄く見たがっていた。お江戸の春ってそういう記憶になってきた。つか、春なんて何時来てたんだ?全然気分じゃなかったから知らなかったね。
何より、福岡にわをかけて東京は毎日物騒なニュースばっかりみたいだから、怖いし、つい外出時は身構えてしまうな。(20080328)
コメント

20080325

2008-03-25 | 矮小布団圧縮袋

○イベント準備の買物先のコンビニでやっと週刊TVガイドと週刊ザテレビジョンの表紙を見る。なんか見たことがあるな、と思い出して買う。気持ちがささくれすぎてそういう余裕もなかったかな。

 沖縄か。ハブ帽子、ほしいな。宴会用に。

 奇しくも、今日は沖縄へ旅立つ後輩を見送った。
 
 昨日書いた5年前のイベントの時は、こんなイベント何が面白いんだ、って虚妄なものを感じていた。けれども、5年後の今日、同じイベントで、逆に心が救われ支えられている自分がいることを、しみじみと感じた。単にイベントそのものが虚礼で悪い、ってんじゃない。それを虚妄に感じる時は、人のおべんちゃらに辟易し、自分も正直に心が入ってない時だからだ、多分。
 それは放っといて、実質の部分だけ見ればいい。そのイベントに掛ける自分の心が本当なら、それで切実なものになって思い出に残る。というより、自分から働きかけて切実なものにできる部分をそうすればいいんだ、と気づいた。それは例えば、39のドームや大阪ドームやマリンメッセの時のようなもので、自分がそこで何をしたいのか、祭の目的を主体的に作ることで、他人の祭りに居合わせているんじゃない、他の誰のためでもない、自分にとっての祭になる、ということ。
 たとえば今日、彼らを見送ったことは、もう一生で二度とは経験できない、一回きりの貴重な祭なんだから。そう感じ取れる感性を得られた自分がいる。辛い日々の蓄積に何があるのかというと、そういう価値はあるのかもしれない。茂木健一郎氏の話じゃないが、年々、そういう感じ方は5年前10年前より、育てられているのではないだろうか。そうして以前は語れなかったのに、次第に語れるようになっている言葉の感覚があるとすれば、ささやかな収穫でもある。そう思うようにしたい。(20080325)
コメント

20080324

2008-03-24 | 矮小布団圧縮袋

○昨日思い出した天本英世さんのお通夜。ちょうどこの季節の事である。もう5年前になるのだった。その頃もその頃で今日とは別の異常な厄介事で気分が最悪で非常に暗い気分で泣きながら電車に乗り、その気分で教会に入り、また泣きながら電車で帰ってきたっけ。5年後の今日もまた、すこぶる最悪の気分になるくらい大喧嘩をやらかしてきた。5年前はおとなしく黙っていたが、もう自分の老い先も短いのだろうか、怒りをぶちまけてしまった。密室で恫喝されるなら、恥ずかしくても大声を上げて助けを求めた方がいいから、叫んでしまった。人を恫喝し恐怖心を与えているということを自覚しない相手には、そうするしかない。自分の人生は、流れ流れつつも、ともかく「鋼鉄の涙腺」というか人前で泣かないポリシーで来た経緯がある。時には泣く感情そのものすら瞬間的に死んでいるような無感覚になることもあった。しかし、ある本で、男子ですら「とりあえず泣く」ことが「相手の戦意を喪失させる方法」だ、という文章を読んだ時、気づいた。自分が小学校1~2年生までは恐怖に耐えられずすぐ泣いていたということを思い出したのだった。あえてそうする方法もある、というのは、今の自分に起こってきた発想の転換である。金切り声を叫んで助けを求める、ということも、斬られる前でなければならず、斬られた後では意味がない。この末世には、そういう常軌にとらわれず、柔軟に切り替えられる練習も必要な気がしてきた。叫ぶ事で、他の人々に危険を知らせることもできるのだ。予防する対策を立てる人も出るだろう。ともかく、自分一人だけの問題だと考えないことが、次第に、自分を変えてきているような気がする。境遇はほとんど一人暮らしなのは同じだが、周囲に対するそのへんの心持ちは、明らかに5年前の自分よりは変わっている。そんなことを考えながら、QRのどんなもんやを聴いてしまった今日この頃でございます。って口調がラジオから伝染ってきたよ。(20080324)
コメント

20080323

2008-03-23 | 矮小布団圧縮袋

○少年倶楽部(NHKBS2)を留守録していたため、会社から戻るとつけたテレビがBS2のままで初代仮面ライダー特集(爆)で見てしまう。30分番組なのに今見ると映像効果も濃いというか。やっぱり怪人は夜出るものだよな。確かにサラセニアンは顔だけでなく食人植物だから子供には人間が食べられるシーンがリアルで怖かったのである。っちゅうかこれごっこで遊んでる世代の男子が自転車で塀つっこんだりするという有名な話は聞くのだが、自分なぞもこれで近所の連中とたびたび砂山から落下して、頭蓋骨陥没したり眉毛切ったりしてるのだ。って世代ではある。エンディングが空で歌える…だけでなく、そのバックで流れてる戦闘員との戦いポーズもフリでやっていたため、どこぞのギタリストの話ではないけれど、バイクで林道をつっぱしり山奥の採石場とかダムとかに迷い込むと、つい戦闘員が居る秘密基地ではないかと心が弾んでしまうのは、自分も同感だ。そういえばファンタスティポの時もびびったが、宮崎哲っちゃんが出演していた当時の少年くらいの歳だとして、それと並んでてもあんまり前とイメージが変わらない藤岡氏ってなんかよくわかんないけどすげえ。宮内洋って人も強烈だけど。あと、戦闘シーンのBGMが菊池俊輔氏だからどこか東映の時代劇風なことも思い出す。ほら特捜最前線とか暴れん坊将軍とかそーゆーの。別に懐古主義というのではなく、真面目に創られたものに対する敬意である。いや、その「ショッカー」みたいなやつ、子供の頃はそんなんあるわけねーだろ程度にしか思ってなかったけど、そこに喩えられていた支配欲と拝金主義で人を不幸に落として自分は利益得て安泰みたいな存在のやつ、昔から今まで本当に居て日本も世界も歪めてちゃってたりしてるから。原作者の批判とか、大人になってみるとわかること、子供の時わかんなかった読みができる、って意味では、再読って大事なのかもしれない。
 チャンネルをニュースに戻すと、荒川沖駅の白昼の通り魔事件が流れている。石ノ森章太郎が予見した以上に現実世界は恐ろしいことになっているのだ。刃を人に向けるか、自分を殺すか、どちらかに向かって人間の破壊力は爆発する、などとうちの上司なども言っている。

 サイクロンは後ろ、マフラーからいつも赤い火噴いてるのが、35年前から心配だった。…はっ、まったく全然忘れていたけど、今自分がバイクに乗ってるのも、まさかこれテレビ見てたのが潜在意識にしみこんでいるからとかか??(20080323)
コメント

20080322

2008-03-22 | 矮小布団圧縮袋

○金曜朝はアサデス。KBCのスシ王子の人インタビューを見る。なんだな、244も王子も、なんで俄然こんな春もはよから全国地方巡業しまくるのかね。きいちゃいかんのかもしれんが正直去年の39の時よりもさ、今。諸々事情もあるんだろうけどね、どこの会社もね。と思いつつ。さて、その後、会社に一度出てから病院で半日検診。ちょっと異常、と言われて一泊し明朝再検査の運びとなる。でも夕方また会社にいったん戻って、夜、再度病院近くの宿泊施設へひきかえす。夜中にはまた職場から突如仕事の電話が入り、いらいらしてまた夕食が食べられないほど食欲が減退する。部屋に戻って携帯でメールと各サイトを見ているうちに検査疲れか意識喪失。気づくと朝4時。それでも眠れたからまだよかった。土曜朝から病院に入って再検査と診察。検査結果的にはなんとか大丈夫らしい。骨密度も体脂肪も視力も通常、白血球数的にも炎症は起こらずにすんでおり、最高血圧が100前後でも最低まで幅がある。が、貧血だけが治らず経過観察要のはんこを押されてしまった。血が異常に薄いって言われてもな。人を襲って吸う訳にもいかんだろ(爆)。それよりもメンヘル的に先生に心配され、あんまり無理しすぎないように、と言われた。最近逆ギレというか開き直って、行く先々でこの陰惨な話を語り残すようにしている(民話の語り部かワシは)。一人でも多くの人の心にこのような悪逆非道な政治が行われていることを伝え、数年後や数十年後に「あのことか」と心に傷を残してもらうために。そうだよ、ひいてはすべての人にかかわりのあることなんだよ。と。いずれ何か、死なないうちに一度、周囲の人間を悪意の塊で疲弊腐敗させて組織を破壊する癌細胞か人間ダイオキシンみたいな奴が登場するゴシックホラー企業小説(?)でも書こうかと思い始めた。まじで実話だから笑えないけど。

 帰りにちょっと街中に出て、せっかくだからBARFOUTやらPATIPATIやら資料の本やら買ったりして歩いた。雑誌の種類によって売りの記事種の企業の系列というか広告の度合が違うんだなと考えつつ。すると商店街に、見慣れない、しかし何かに似ているぬいぐるみが。注意して見て驚愕。こっちが忙しすぎて全然忘れていたが、たれぱんだ10周年だと。「ちび」だと。その目の周りの黒いのって、成長すると黒くなるっつーのかよ!?とツッコミを入れたいこと小一時間(笑)。しかし、原作者の版権とか、そのへんはどーなってるのだろうか(不詳)。さすがにコンテストには応募していないが、我が部屋も多少なりともprofileに使い、日々自宅から旅先から各諸所からぱんだ姿でお送りしているため、気分は非常にわかる。たぶん流行廃りと関係なく、使わせてもらうと思う。ま、筆者自身の服装が黒いから、似たようなもんで(爆)。(注:写真は、PVの影響で、たまに耽美的?に迫ってみました。)
 で、今日夕方会社に戻るか悩んでる。今日行かなきゃ明日行くか。最近上司にも、検診の日くらい会社の事忘れて休め、来んな、って言われたけど、神経症ぽくなってきてて。自分だけじゃなくてみんなもだけど。(20080322)
コメント

20080321

2008-03-21 | 矮小布団圧縮袋

○帰宅は既に午前様。テレビをつけると地元KBCでHAWKS開幕戦SPも佳境。初戦からmake dramaしてどーするさ(><)な大逆転ぶりにわろた。藤井フミヤ兄氏が場内上から始球式俯瞰してて「一緒にドラマ出たし」とか受けてたのもなかなか貴重な地元番組かもしんない。中丸先生「ボーク」(笑)。完全にキャラそのものがキャンペーン化しとらんか某王子は。でも映画予告編番宣を見たのは実は初めてだ。多分明朝のアサデス。も張ってると、地元だから細かくやりそうな気もする。でも今日も午後勉強会から反省会後、深夜まで研修資料印刷作成作業で帰れなかったし、そんな明日は検診がある。早朝一度出社して書類出してから病院に行かなきゃいかんから、夜9時以降何も食べられない上に、睡眠時間3時間で臨めというのか。まだ検討打ち合わせも終わってないし。検診途中で会社戻りたいとか言ったら医者に怒られるかなやっぱ。そしたら、そういう作業量超過の、健診予定日が突然の出張やイベントで全部つぶれて年度末まで健康診断すら社員が受けられないくらい、極道劣悪な会社なんだよ、って答えてやるさ。どーでも。
 新聞芸スポ面の記事タイトルがホークス戦含め様々だ。「酒井~さん今年中に…」を見るにつけ。リーダー具合治ったかな。MUSICAもWhat's inも読んだけど。お大事にしてくんなせや。ああ、でも、実は小生も他人事でなく、この2ヶ月くらい、夜中寝る前に咳が止まらなくて困ってるんだ。だからあんまり病院行きたくないんだがね。そーゆー歳なんすかワシら(苦笑)。(20080321 1:53)
コメント   トラックバック (1)

20080320

2008-03-20 | 矮小布団圧縮袋

○開幕戦のチケットを今年取りに行く暇もなかった、と熱狂的SH応援団の先輩が嘆いていた。スシ屋の人が始球式に来るそうだが。(http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/03/19/09.html)
朝9時から始まって夜23時まで会議。眠れない夜が続く。先の土日も20日も休めない。
送別会で「自分が福岡を好きでも、福岡は自分を愛していないようで」としみじみ述べた後輩を送る。風が冷たい。

火曜夜のm-onで「help me~」PVを初視聴。つよしは60年代サイケなコードとかジョンレノンとかそーゆーのが好きなのかと思った。(20080320 7:58)
コメント

20080315

2008-03-15 | 矮小布団圧縮袋

○朝、機械音で目覚めた。昨日何時ごろ意識を失ったのか、つけっぱなしのままだったvideo LINE1が作動して、m-onのサキドリ!6:30~50のDRINK IT DOWNのDVD録画が動き始めた音だった。悪夢なPVさながらに意識朦朧のまま、続けてBack to 1988洋楽のやつが画面から視界に入ってくる。趣向とモチーフ的には近い?Pet Shop Boys「Heart」(笑)とか、Sting「Englishman in NY」なんて、そーゆーのが。ついこないだの事なのに、20年前ってほんとかよ。小生の部屋の中では時間が止まってるのか。この20年で得たものなんてあったのか、あったとしても何なのか、わかんなくなってるもんな。うーん、でもレーガン大統領だったっけ、この頃は。そういや、20年後の今、アメリカもう大不況状態だってな。
 この浦島太郎感覚。でも民放地上波にチャンネル戻すと、新十六茶new versionのCMが始まったりしてる。後ろは幕吊ってたのね。昨日BSでやってたエドウッドのごとく。ああ貢献してくれ日本のマスメディアに。
「仕事戻ってください」
 やだぴょん。(CMに返事してどうする)
 体調が激しく悪いのだが、まず洗濯。昼から会社に行かないと。(20080315 12:32)
コメント

20080314

2008-03-14 | 矮小布団圧縮袋

○朝から憤慨で食欲なく、デスクに来客連続で結局一日中何も食事ができなかった。途中でお茶と、来客の土産のお菓子を少々、付き合いで食すのみ。これじゃ栄養失調になるな。でも怒りのあまり胃がむかむかして食べられないということはあるのだ。何があっても美味しいものを食べれば機嫌が直る、っていう人は幸せでいいな。だんだん食欲が人生で優先されなくなってきてるし、そういうの駄目になってきたから。そうしてまた苦痛な長い一週間が、気づいた時には過ぎてしまっていて、何も仕事が進んでいない。困った。夜、家に戻ってから、やっとおにぎりと味噌汁を食べる。昨夜も眠れなかったのでそろそろ限界で倒れたい。つづき。

ラルク麺+α編
結果より→「お願いだ、ゆっきーと別れて俺と付き合ってくれ。 / Gackt」
そりゃちょっと難しい相談だ、がっくん。(←なにそれ)

風林火山編
結果より→「お願いだ、上杉憲政と別れて俺と付き合ってくれ。/ 長野業正 」
そりゃ長野くんの方が好きだけど。えらいことになってきたな。

…だんだん悪ノリしていたところで、ほんとに携帯が振動。見る。
「猛獣」(笑)からメール来た。 ※そーゆーのを、登録すんなって(><)

ブルートレインもおつかれさま。4月4日MステSPは帰らにゃだな。(20080314)
コメント   トラックバック (1)