「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20090630

2009-06-30 | 矮小布団圧縮袋

○…頭がぐらぐらしてくる。体力的にはかなり限界で遮二無二。酷い一ヶ月だったが、そうしてまた一つ人間について解ったこともある。

本日の日替わりMicheal(爆):You Are Not Alone (「HIStory」)
L'Arc~en~Cielの「Winter Fall」PVの典拠の一つ?みたいなシーン。案外MJオマージュのようなものは実はたくさんあるのかもしれない。(20090630)
コメント

20090629

2009-06-29 | 矮小布団圧縮袋

○朝8時半出勤で夜23時半まで議論と資料直しとで退社できず。(明日は朝8時から準備なのに、家に戻って夜半過ぎてもまだ眠れない。)…デスクに一人残ってPCの電源を落とす時に、ついmp3シャッフル君に手を伸ばしてしまう。

本日のMicheal(爆):Man in the Mirror (「BAD」)
純粋に何も考えないで聴けば聴くほど、辛い時ほどしみじみ沁みる。なんだろうね。この「よっ」と、背中を押してくれるような感覚は。(20090629)
コメント   トラックバック (1)

20090628

2009-06-28 | 矮小布団圧縮袋

○昼前から会議と作業で結局夜8時近くまでかかった。出ると真っ暗。会社の帰りに近くのタワレコに寄ったら、Micheal Jackson関連商品軒並売切・入荷予定未定の嵐なりけり(爆)。まあ薄情な世の中そんなもんだろうと思ったが。家に無かった分は、しばらく落ちつくまで、音質はともかくBGM用にようつべとにこさうんどのお世話になって視聴してみる。こうして聴くと曲名知らずに案外音は知ってたり聴いたことあるのが多いし、名曲だらけつーか古典やないですかもはや。そんな意外なところで新堂本兄弟、しのらーゲスト始まる。

本日のBGM:Say Say Say / Paul McCartney & Micheal Jackson (MTV特番より)
いやー、まさかPaulよか先に死ぬとはなあ。それにしてもPaulはこの前のComing Upのテクノもどきの時は「やってもーたな(爆)」と思ったが、こっちはノリが元々黒っぽいからすんなり格好よく合ってる。このPVがまた妙にインチキな小芝居含めて「ここまでやんのかよ><」「井上順かwあんたは」的にウケる。のどかでまだかわいい頃。
In The Closet / Micheal Jackson (club mixっていうやつですか?とりあえずMTV特番より→音源テレビからmp3でとっちゃった)
オリジナルよか1991~92頃だからハウスくさい瀟洒なmixがナオミキャンベルのPVに合ってる。猫も杓子もAlan Wilderすらそうでしたゴージャスな時代だったのだなバブル崩壊寸前の平成初期は、と。(20090628)
コメント

20090627

2009-06-27 | 矮小布団圧縮袋

○土曜も残業ながら、日曜も会議なので早めに帰って掃除と洗濯、食料や日用品の買い出し、繕い物など。美我空ツアーとラジオラストだのZepp東京だの各地の騒ぎがnetで伺われる中、家にいるのにお腹一杯なのは昨日からのCNNその他ケーブルが濃すぎるからだ。夏秋のツアー案内中の堂本光一氏はいったい、どこへ向かってるんだろう、と思っていたが、テレビを見ていて、そうかこういうのをやりたかったんだろうなと改めて思い出した。お前ほんとにマイコー好きだな。

本日のBGM: マイケル・ジャクソン追悼MV集(6/27、SSTV 15:00~17:00)、MTV Micheal Jackson追悼MV Special (6/27 MTV、20:30~24:00)
Entertainerにとって最も相応しい追悼は、作品を偲ぶことだろう。自分は元々熱狂的ファンというのとも違うが同時代で見てる者として、Micheal Jacksonを知らない人にマイクを向けて何を聞こうというのかという地上波局の愚かさには辟易した。いっそ取材費用やコメンテーターへの安ギャラすら節約すりゃいい。そんなのを見せる暇があったら、四の五の言わずにMichealの歌そのものを流し、LIVE映像を流し、歴代PVをふんだんに放送すりゃよいのである。見たこと聴いたことが無かった人も、これを見聞きすれば「プロの仕事」がどのように人を魅了し動かすか、その圧倒的な何かを学ぶことができるだろう。正直ファンではないから90年代以降から近年の作品は知らないのもあったし、健康やいろいろ問題があったようにも感じるが、この人はどうも物事を半端やいい加減では済ませられない人のようで、何かが過剰で「ひたすら」である。そこがインパクトでもある。少なくとも最近のテレビやニュースやすべてに漂っている劣化した雰囲気…プロのポリシーがコスト優先で敬遠されるやる気の無さ・素人くさい安っぽさの無責任・練習や継続性の無いいい加減さ・手抜きの投げやりな倦怠感・見ている方にまで無能さが伝染しそうで思わずスイッチを消してしまう感じ…等々、みたいな最近の風潮とは別の、真摯さが、そこにはある。もちろん若い時の表情筋の動きが豊かな時の笑顔がかわいいのは否めないし、幼若にして成功した人が登っていく坂の厳しさ、中高年になるまでの生き方の難しさについて、改めて様々な思いが心に起こってくるのだが、それにつけても、歌う喜びに満ちたPerformance、楽曲、演出、巧緻と才能は、何か知らんけどひたむきなところからしか物事は生まれないことを思い出させてくれる。だから励まされるのだろう。「MJなぞ所詮金持ちの趣味と我儘」「貧乏人には安上がりで低俗な娯楽で充分」と斬り捨てるのは、格差論の思考停止回路に嵌められた意識劣化のようにも感じる。(20090627)
コメント

20090626

2009-06-26 | 矮小布団圧縮袋

○訃報を聞くたびに、その人の魂とは、どこに行くのか、どのへんを彷徨っているのか、と考える。いったい、どこへ行ったんだろう。
約10年前に一秒のオセロという曲の入っていた、People of the Worldというミニアルバムがあった。キーがどんどん上昇して、つよしの高音はどこまで出るのか??と思った(確かつよしは本人と電話で話したんだっけか当時の話)、そんな季節もあった。でもそのずっと昔、自分がMicheal Jacksonの凄い声が格好いいと子供心に思ったのはスリラーより、当時のAMラジオのAll Japan Top20から流れてきたRock With Youだと思う。まだJohn Lennonが死んだばっかりのような気がする頃。下手すると30年近くも前になるのか。

…とにかくケーブルのCNNニュースが終日特番で、尋常でなく物凄い事になっている模様。朝見て、深夜に帰ってきて見たら、まだまだ終わらないじゃないか。

本日のBGM: Human Nature / Miles Davis (「You're Under Arrest」 1985 SRCS-9723)
朝のニュースの騒ぎを尻目に出勤。出掛けに垣間見たスパモニ(テレ朝)の仕事人番宣の渡辺様すら心持ち放心状態?の表情に見える。さもあらんMJ訃報だからな。晴れて30度近くまで上がった昼の日中、バイクで5分の自宅に戻り、MJ追悼特番と仕事人最終回の留守録を予約して会社に戻る。それ以外は今日も会社の仕事は混乱と苦境の連続で、会議終了は夜8時、その後の電話交渉で夜10時。まだ今年は冷房は入れてない。梅雨中ながら夜の窓から入る風が、既に夏っぽい。そんな時に、PCのYoutubeのページを開いてBGM代わりに流す歌は、激しいナンバーよりもHuman Natureだ。不思議とMicheal Jacksonというとこれが浮かんでくる。というより、オリジナルの食わず嫌いを先にMiles Davisで聴いてから直したというか(爆)。家に帰ってからCDを出して流すともなく流す。勢いでTUTUまで来る。Portiaあたりに来ると次第に、80年代後半の仙台の野外ステージで生前のMilesを聴いてた時の、真夏の夜風の匂いも思い出すような気がする。そのへんから思って数えるにMichealも人間五十年下天の内を比ぶれば夢幻の如く也。合掌。(20090626 ※林の中のたれぱんだ)
コメント

20090621

2009-06-21 | 矮小布団圧縮袋

○朝は結構降ってた。昼から作業で出勤。午後は止んで曇りだったが、かなり蒸し暑くて辛い。今週の土日も休み無し。労基法?何それ?

本日のBGM:SAVE THE FUTURE エコうた2009(NHK総合6/21 21:00~)
不思議な企画でソメイヨシノ剛と東儀さん共演。(録画分?) 宮司さんとの対談が始まったあたりで意識が遠のいて眠ってしまって…気がつくと、背中の骨が軋むみたいに痛い。そういえば奈良に行ったっけ。それもなんだか、遥かずっと昔のような気がする…と思ったら、美我空もきた。こっちが生か。 (20090621)
コメント

20090619

2009-06-19 | 矮小布団圧縮袋

○意外にも「別室」7年目突入とは…連日突貫工事中。何を書いてるんだか…このような状況となるとは、7年前の自分は知る由もな…以下省略。拙い部屋においでいただきありがとうございます。

本日のBGM:サラリーマンNEO 「セクスィ~武将」(NHK-BS2 ※6/14夜のNHK総合の再放送留守録)
これを日曜夜8時に放送すれば事足りる、と。登場(BGM:いきなり風林火山)→敵方の女性全員がセクスィ~な恋の兜のフェロモンめろめろ(歴代BGM使いまくり)で薙ぎ倒されれば関が原も大坂の陣も15分ナレーションで終わってよし。いくさと色恋を一緒になされぬやう!(BGM:とどめの新平家物語)…凄い。これは痛烈な象徴的批判であり、NEOスタッフの義憤の賜物かとさえ思った。ことほどさように実は事態は深刻である。
 ちなみに、やや薹の立ったKinKi関連愛好の人々なら、Summer Snow(TBS系、2000)最終回の(どんでん返しの趣向と勝手に称してはいたがほぼ先の見えた)笑いと残虐さの決壊したアンバランスによって、全回にわたるカタルシスが一気に幻滅した結末、その放映後のfan BBS爆発をご記憶だろうか。あの時はただの「剛fanの大いなる悲嘆」程度でスルーされたが、批判の矛先はもっと根本的なドラマトゥルギー破綻に対するものだったと、今でも思っている。そして現在、歴史愛好者や歴代の時代劇好きやNHK大河好きがこの小川ドラマに怒り日本全国で蜂起し発生しているnet上の火の海の、そのほんの端緒を、9年前に我々が既に感得し、それはどうやら当たっていたのだろうと、つくづく思う。正直、自分の感覚としてはその後も「つよしが出ている」という理由でドラマを見ようとするのだが、ドラマ脚本自体が「さわやか3組」の小学生の喧嘩のような幼稚な経過と、どれもこれもとんでもない力技で目も当てられない話(上川隆也氏の二重人格然り)に、どうしてもチャンネルを変えてしまって最後まで見られない、という繰り返しだった。この試練に我慢できないのは自分がKinKiファンではないからだろうと思っていたが、別にこっちが間違っていたわけではなさそうだ。ましてや堂本剛好きの人は、彼が今日の連日トークやラジオやらで呪詛するという「18~21歳頃のスポイル感」の要因としても脳裏に留めているのではなかろうか。如何様にも化けられようという大の大人の男優が、あたかも子役の扱いの如く、狭い枠内で可愛い可愛いされる末に削り取られ消費されていく有様は、息子を大人に育て上げない過保護な母親の我儘のような臭気を伴う。脚本や演出の筋が破綻しているために、普通その状況の人間が吐くとは常識的に思えない屈辱的な台詞を、いっぱしの男優が吐いて去らねばならない、無言切腹の方がまだましだった玉鉄の景虎の去り行く背中が、絶大な無念を物語るのを、自分は鮫ヶ尾城(訂正、城じゃなくて板敷きセット)に見た。玉鉄も小栗も妻夫木も他の若い連中もみな被害者のようで、そこにはいないはずのつよしをも思い出す。憲政不在の道満丸殺害への言い訳も、心臓移植の展開の弁解も、宣告される側の尊厳やそれまでの経緯への、配慮が欠落した大人げ無い正当化なのである。尤も、見る側に義憤を起こさせる意味で「義の話」って悪い冗談?それって「煽り」?末期的である。少なくとも今年はNHK大河の放送は無かった、代わりに小川ドラマ(※net内の用語から引用)、言わば軒並み総てがスポイルされていくコントみたいな何か、があっただけなようだが、ということだ。新潟県民としては郷土の歴史文化がメディアに悉く侵略蹂躙された思いで、本能寺爆発(?)以降は見ていない。TBしてる人すいませんね。…という書き方をすれば、あるいは剛紫で検索してこの頁に着いた人なら、「それ」を見てなくても話が通じるのではないかと思う。(20090619)
コメント (2)

20090613

2009-06-13 | 矮小布団圧縮袋

○休日出勤帰りの夜、寄ったコンビニで売っていた「ポテロングZ・Rock IN JAPAN Fes.2009公認仕様」。題して「ロックな黒胡椒味」。岩塩使用で岩(ロック)だかららしい。ロックかどうかはよくわからないが黒胡椒味は利いている。ひこにゃんとたれぱんだのごはん、というより、協賛商品なのか、会場に行くと売ってたりするのかどうか。
LFというのを4ヶ月ぶりに見たら鹿おじさんがどつよと描かれた絵になってた。こないだは公演案内の「中止となる場合があります」(爆)っていう文言の凄まじいパンクさ(モッシュ&ダイブでも発生するのか?べろべろ舐めつくすのか?←何を想像してるんだ><)に(勝手に)ウケてたところだ。なお今日のニュースで「小悪魔ageha」モデルの方の訃報が。この間VAMPSゲストの7月号を立ち読まなければ全く無縁で存じ上げることもなかったであろう。まだ成人の歳を過ぎたばかりの若い方なのにと諸行無常の感。hard workには気をつけないといけないんだなきっと…(と、我に返って)…

本日のBGM:VAMPS/VAMPS (XNVP-00009/B)
Faithよか軽快な音質というか不思議と80年代を思い出させるHRなのは、あまり汚く歪ませすぎない「奇麗寂び」だからか。所謂「初期っぽさ」から「手だれ」までバンド乗りの楽しみを優先した感があるので、ソロとも違うのだろう。シングル曲はちょっとエッジを立ててversion up?…一聴して、ある有名な映画の主演女優がまた別の映画に別の役で出演しているのを見てるような気分。それも「First Album」という映画に。やりたいことをいつかやりたいと思うのならしぶとく長く生きておくに限るということか(しかしそんな毎日が辛いんだな・汗)。RedrumはLIVEでもかっこよかった。Sweet Dreamsはアルバムで聴いて了解。(20090613)
コメント

20090609

2009-06-09 | 矮小布団圧縮袋

○この2週間ほど休みなく昼夜、土日も連日会議だす。週明けは朝8時スタンバイで夜まで。ただし、土曜が午後から出勤だったから、早朝に農協の市場へ食材買い出し(そろそろ兵糧も尽きてきたのさ…)に行ったら、なぜか蟹足だけ茹でて一山ぎっしり100円とか売ってた。で、まず一部使って、がっと沸かして、蟹汁。(たれぱんだとむすび丸と比較しても、さほど巨大ではない、この小サイズだから、卸の漁協の人がめんどくさくて投売り状態だったのかと思う)


仕事のあと家に帰ってから約1時間くらい剥き続けて、手が蟹々しい匂いになりつつ、どんぶり一杯分くらい身がとれたので、蟹めしも作った。薬味は生姜。冷たくなったのをホイルで包んでおこげを作るくらい焼いても香ばしくて美味である。炊き込み飯は材料を仕掛けてスイッチオンしておけば後で出来てるから忙しい時に助かる。このところ全然ご飯落ち着いて食べる時間なかったから、放っとくと栄養失調になりかねないところであった。

今日は久々に夜9時とか早く帰れたからもう寝る。
BGM:SCHOOL OF LOCK!(FM福岡、22:00~) guest: 6月9日ロックの日?で吸血鬼?
5月末のZepp Fukuokaが随分昔のやうである。そのくらい激動の突貫工事が続く毎日の会社なのである。「休みでも働け!俺はそうしてきた!」(剛紫もGLAYも載ってるB-PASS 7月号 P.34) →ええと、わたくし、ずうっと、そうですw。おかげでZeppの今年のVAMPS、今だから言いますがチケット買ってたけど会議が激論激論で夜10時まで終わらずもう途中にすら間に合わなくて行けなかった日あります、正直(^^;;)。 (20090609)
コメント   トラックバック (2)

20090603

2009-06-03 | 矮小布団圧縮袋

○キャラ的には確かに先生な感じもする。でもマジで現在の学校組織の教員だったら大変…って、ないないw。仙台じゃむすび丸もびっくりだろう。スポーツ報知2日(http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090601-OHT1T00219.htm)

連日物凄く変な夢ばかり見る。末期的な毎日。眠りが浅いのだろうか。

本日のBGM:三田村邦彦「黎明」(「殿さま風来坊隠れ旅」エンディングテーマ、時代劇専門チャンネル23:00~) 残業から帰ってきたらチャンバラのとこをやってた。平賀源内がうさんくさいったらありゃしねえ^^。その変装から一瞬で殿様袴姿に変わる2人の無理っぷりが天知茂の明智小五郎シリーズのやうな勢い(爆)。大覚寺行きたいな。(20090603)
コメント