「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20100821

2010-08-21 | live2002-2018


○残業で大量の校正原稿と格闘する一日。出かけられないときは出かけずにできる趣向で。

(本日のBGM)
Jack in the Box 2010 SUMMER (20100821、幕張メッセ) Ustreamのネット生中継より
love addict~angel trip~trouble~sex,blood,& rock'n roll~live wire / Vamps
 falling down / Mucc
 夜、帰ってきて家で視聴。21:30を過ぎ、視聴者数約6570余名(爆)の表示。脇のツイッターらしきものが日本語・英語・中国語・西班牙語その他?4ヶ国語以上で“「なう」っている”阿鼻叫喚が重い重い(笑)。日本以外のとこからもMuccとか見てるのか。そしてそんな不特定多数の地球上の視聴者を相手にしておるというのに、知ってか知らずかZeppん時の如くちょいと下ネタなえろいMCを発射しまくり煽る画面と音声によるHYDE師匠(おーい♪)。一昨日まで福岡で見てたVamps先生方が「感じてんのか~!まくはり~!!」とか叫んでるのの生中継を、近所の縁日で買って来たやきそば・焼きおにぎりセットを麦茶でつまみつつ、うちの茶の間でまったり見てるってのも、それはそれでなかなか乙なものである。ということは、たれぱんだもキイロイトリもむすび丸も、モッシュで踏まれたりする危険もなく、まったり畳の上でごろごろしながら生Vampsや生Muccを見られるということだ。
  
 所謂「夏Jack」という催しを「実況で見る」のは初めてだ。自分はツイッターというのはまだよくわからないが、これで見ると実況2chのような勢いを味わえるということか。それにしても幕張の夏Jackを無料配信ネット生中継で見た後は、

○夜23時頃からは今夜のNHKハイビジョンのバイロイト音楽祭「ワルキューレ」もドイツからテレビ同時生中継だというので、配信放送中。別に「ジークリンデなう」とか言わないし(爆)マーべりックがワーグナーと対抗しとるわけでもないと思う(><)。しかし、考えてみると、バイロイト行くなんて超贅沢な余裕の金持ちって感じなのにな。今や、お茶の間の前のPCを前にして地球上あちこちからの「配信実況」をしたりとか、ケーブルテレビのCS局で、もはや地上波でもビデオレンタル屋でも探せるかどうかな程の遥か昔の貴重ドラマが視聴できたりとか、無意識に気がつかないところで異常に高額なコストかかってるような地球にやさしくない贅沢が、決して金持ちなんかじゃない我々の生活の中に、こっそりと忍び入っているようだ。恐るべし。そんな気がするくらい、子供の頃の昭和後期の生活からみたら、技術的にも考えられなかったくらいの贅沢なんじゃないだろうか。それは例えば、九州に住むようになってから、30代まで一回も乗ったことがなかった飛行機が、移動の一番手っ取り早くおなじみの手段になってしまった、というような感覚に近い。それこそ火星に住んだら、出張や帰省は宇宙船でが普通になってしまうんだろう、みたいな感じである(だが、それでなきゃ帰省できないんなら、それが当然のコストになるのだ)。こういうもんが出来る前に故人となってしまった祖父や父やら親戚の人々が、もし生きていて、こんなことが今可能になってるんだよ、って知ったら、どう感じただろうか?こういう贅沢は必要なのか不必要なのか?なくて餓死するようなものでもないが、だが精神的には要る(と、モース警部は思っていたと思う)。時々ふと、そんなことが脳内をかすめることも。(20100821)


JAグループ宮崎 
Yahoo! ボランティア
 
コメント

(Zepp Fukuoka 20100819)

2010-08-19 | live2002-2018

○Vamps LIVE 2010 BEAST (20100819 福岡4日目、Zepp Fukuoka 19:06~ 1F standing)

 福岡4日目で自分は3回目。今日は会議が終わらず、といっても既に早朝から時間外サービス残業の度を越えているので、6時半過ぎにスタッフに断って一旦自分が中断して、会社から出てくるという按配で(爆)6:75頃にvamp addiction付近でカオスな中に到着。またもや全貌を把握できる後方定位置をgetするキイロイトリであった。その次の「でぃ~ぷ♪いんとぅ~♪いんとぅ~ざ~けいお~す♪」に間に合ってよかった♪しかし、今回「ふわふわ真っ白銀」頭で、まだ「朝起きて顔ぱっつんぱっつん」とか食べ物「美味いっちゅうねん(怒)」とか「太ったと」(?)とかいってるHYDE先生、今日は福岡最後だからって「親戚の人が来ているにもかかわらず」ついついやっちゃう×××とか××××とか、MCの卑猥さは「…オイオイ、オッサン」キイロイトリもびっくりさ(笑)。まあアニメ声優のちょっと昔のBL系ドラマCDのようなもので(なんちゅう喩えだ)、こういう風にも「声」は使いようってことで(だいたい16歳未満禁止ってぐらいだな・爆)。
 MCはK.A.Zさん。なんと、あの中居くんの顔のジャニうちわを(まさかこの炎天下、グッズ売場で買ってきたのか…・w)ぱたぱたしながらw「今日は隣がSMAPのコンサートで」(※たしかYahoo!ドームですな、そういえば駐輪場の自転車やバイクの量が昨日や一昨昨日と全然違って半端でなく、うちのバイクをいつもの位置に駐められなかったもんな)、「実はVampsはSMAPと、一字違いなんだよ~」おおっ!!確かにそうだ!(会場笑)「会場SMAPと間違ってVamps入っちゃった人、いる~?」(場内爆笑)「今日でvamps福岡最後です」(いやー、という客席の叫び)「…明日はSMAPに行ってください♪」そして木村くんのうちわをHYDE先生にわたす師匠にわろた(こうやって書くと三段オチの漫談みたいな展開だが><)。自分は3日ともわりと定位置にて、時間的には一番視角に長く捕捉できたのがK.A.Z師匠なので、なんというか今年は、曲のどこでguitarが「来るー!!」なのかがよくわかり、その「うまいとこ」に触れられた気がする。「ぎゅいいーん」「うーんん、おいしいとこもってくなあ」さぞ楽しかろうって感じで、なかなか憎い。
 sweet dreamsやtime goes byなどちょっと懐かしい曲もあり、おなじみAngel Tripの「ぐるぐる」だのRevolutionのstompにも慣れてきて、前後左右轟音の快感に身を委ねるひととき。しかし最終曲midnight selebrationの中を、名残惜しくガラスの靴を残して走り去るシンデレラの如く脱出したキイロイトリである(再度夜中の会社に戻ると、残業スタッフがまた議論の最中で、結局23時まで会議が続いたのであった。ちょっとぐったり)。しかし、まあこうして、お盆も帰省できないほどの過重労働量の上、福岡に休日なく居残ってしまった立場を逆転して、ご先祖様に毎日感謝の祈りを捧げつつ、朝昼はびっちり働き。日が暮れると「夜中の盆踊り」に出かけてしまった今年。「爆音注入」(♪)のおかげで、倦怠感疲弊感累積の気分も、若干転換でき、エネルギーをいただけた気持ちがする。だからといって未処理の業務量そのものが減るわけではなく、終われば(今回はわざわざ福岡にお越しのL'Arc数寄の知人との終演後打ち上げにも参加できず)山のような残業に舞い戻らねばならぬが、モチベーションってもんがくるかこないかってのは大事なところ。やっぱり、体力あっての物種とも思うが、人生にはその時々に楽しむことが必要なようだ。Thanks,Vamps♪



タワレコのちらしのコリラックマを見ると、白い?からか、ちとポーズが似ている?というか、ここ数日を思い出して、つい脳内BGMをあててしまう(すまん、先生)


「♪まぃおん♪うぇい♪まぃおん♪うぇい♪こわさ~し~ら~ず♪」 (20100819)



JAグループ宮崎 
Yahoo! ボランティア
 
コメント

(Zepp Fukuoka 20100818)

2010-08-18 | live2002-2018

○Vamps LIVE 2010 BEAST (20100818 福岡3日目、Zepp Fukuoka 19:06~ 1F standing)
 いやあ今日はもう会議突発で行けないか、行けても間に合わないかと思ったけど、ぎりぎり6:64あたりにすべりこみ、またもや最後部に陣取るコリラックマであった。今日は結構「通」というかSBRRはじまりで進行、kyuketsuやlive wireやlife on Mars?とか渋い違ったメニューで攻めてくる。前回と合わせてだんだん生未体験曲を一個一個押さえていく気分だ。今回LIVEでどんなんなるのか?を聴いてみたかった目的のeuphoriaの「くらくらする^^」感じもわかってよかった。しかしHYDE先生の「親戚の人が来てないと」ついやっちゃうMCの卑猥さは「どーにかせい…」コリラックマもびっくりさ(笑)。あとアーリーの「昨日志賀島に行った」話(いーなー。海水浴)と、先生の「興味津々で集まってくるのが小学生ばっかりで、夏の海辺で全然もてなかった」MCもわろた。だって、先生方が上半身裸で海水浴してたら、そりゃなんぼ福岡一般市民だってひきますよ(爆)みなさん頭が真っ赤だったり身体のあちこちに謎の金属片が出たり入ったりしてたり「俺の般若が黙っちゃいねえぜ」とか言ってたりするわけですから想像するまでもなく。ちったあ自覚しましょう(^^;;)。多分、スーパー銭湯だって普通に止められます(おことわり、って貼り紙でてるっしょっ><)。それと福岡に来て「また太った…」いーじゃないですか。ちょっとぐらい栄養つけていきなさい。さて明日の会社の早番プレゼンに備えて早めに帰る。大音響から脱出して、ちょっとくたっとしているコリラックマが、「…あげる。」なんとプレゼントBOXに、ちっちゃな??を入れてきました。そのままダッシュで帰宅。

  

 余談ではあるが会社で16時頃、突然雷雨が始まり「こりゃ降ってきたな…」と思いきや、少し雨脚が弱まった中をバイクで来て、ホークスタウン付近に着いた18:55頃にはなぜか空が晴れていた。終わって21時過ぎに出て途中の道で21:20頃、それまで止んでたのにまた、ぼつぼつと雨粒が落下してくるという怪異。まさか先生の声の周波と乾湿度が相関関係にあるとかじゃあるめえ。今度長雨で天候不順の時とか先生を巫にして祭壇で歌わせるってのはどーか。晴男伝説恐るべし。
 リンリー警部シーズン3と22時からのNHKのSHOCK特番は留守録装置稼動中(なんか明日の仕事のことで緊張してきて、ちゃんと眠れるかどうか。みたいな気分なので、また後日にとっときます)(20100818)

コメント

(VAMPARK Zepp Fukuoka 20100817)

2010-08-17 | live2002-2018

○VAMPARK 2010 (Zepp Fukuoka 20100817、19:00~)
今週は全然平日だから朝8:30出勤で夕方までびっちり仕事だ。そこらの学生のように夏休みなんつもんは存在しない、という点においてはVAMPSスタッフ御一行様(業務中)と同じかもしれん。仕事帰りにひょっこり「夜店」に立ち寄るのも19時など無理で、日が落ちてかなり暗くなってからでないと出て来れない…実は、ワシも吸血鬼かもしれんよ(><)
 基本ローチケで入ってみるキイロイトリ。ともかく「ゲームセンターというものに全く無縁な」自分は、去年来てみてほとんど「遊ぶ」ものが皆無なため、ステージの仕様などを見学し、買いそびれたグッズを購入したり記念スタンプを押したりする機会に利用したのだった。その2009年5月21日の記事に、奇しくも「ガチャガチャならまだできるんだけど」と正直何の気なしにほざいていたのであったが、今年はなんと!ほんとに「ガチャガチャ」がありましたよ(ダーツやルーレットや記念撮影コーナーなどは中の方)。これならわたくしでもできます(笑)。で、やらしていただき記念になりましたな。頓首。「ピック」ってのが、なかなかいい。ちっちゃくてかさばらなくて、かつ高すぎず男子の人も気軽に記念や土産にできそうで。あとはキーホルダーとか缶バッヂとか、シュシュも一個当たった(色はかわいいけどよく見るとスカル柄、ってのは仕事中には使えんなあ・笑)。


 闇に蠢くbeast…獣…たれぱんだが、Yahoo!ドームの円周から少し歩いていくと、そこには夜目にもあからさまに怪しいVampsトレーラー輸送車が!うひょー。まあそんな余興もありつつ。明朝も仕事だから、ダッシュで帰る。


BGM:T.P.I.T.P. / Ken (「The Party」)
なんかいきなり電気グルーブみたいなやつ?と思ったら秦野さんか。週末の留守録でオリエンタルラジオの番組(M-on)のPV制作状況を見た。おどるおどる(爆)。STAY AWAYと違って合成じゃないのだ。このゆるく雑然とゆらゆらしたいかがわしさは何だ(爆) (20100817)


JAグループ宮崎 
Yahoo! ボランティア
 
コメント

(Zepp Fukuoka  20100816)

2010-08-16 | live2002-2018

○Vamps LIVE 2010 BEAST (福岡2日目、Zepp Fukuoka 19:06~21:30くらい? 1F standing)
 勤務先から通う夏のLIVE第3弾(爆)今日は午後から出勤で定時退社→で急ぎの用事を済まして→Zepp到着して中入って後ろの位置に陣取ってカウントは6:60くらい(爆)まもなく開始。一年ぶりのVampsのbeastツアーは福岡2日目がわたくし初。しっかし、おっさん元気だなあ、それも年々、としかいいようがない(笑)。同年代的に(※若干鯖読み)自分もこの運動能力についていけるだけの体力と筋力を維持したいもんだな、とつい思ってしまう。今日、最後方で攻めたワシの周囲も結構おっさんとか中学生女子とか老若男女ばらっばらだったのだが、超ヘドバン野郎もいたしな(^^;;)。改めて聴くとthe pastとかget upとかメロウな(爆)流れで楽曲にも納得するのだった。しかし予想していた以上にmy first lastやangel trip~missionとかでの気持ちよさは異常。huntingの時はちゃんと運ばれてたな(実はこっそり後方でHYDE師匠ダイブを目撃していたキイロイトリ「キットヒッシャヨリモカルインダロウナトオモワレル…」←シビアなご意見を吐きますな~)そんな前方の方の尋常ではない阿鼻叫喚状態。それを遥かに見通せる最後方にて今日はまず全体の流れを把握できたのだが、この箱の大きさで前からも背後の壁からも包まれるような轟音でやられていってラストまで行くと、だんだんボディブロウ的というか遠赤外線的にというかheavyにじわじわとくらくらしていくのだ。今日の位置からは、これまでで一番K.A.Z師匠が非常によく見えたので諸々のguitarの鳴らしどころに納得。Jinさんの?なんか中間のサバト解説ナレーションがわかりやすかったし(笑)なんか松平長七郎が俺の名前は引導がわりだって登場する2分前の付近のシーンの極悪非道の悪代官みたいな笑い声。わるそー。
  
 さて、LIVEに後方で参加しておりましたキイロイトリたれぱんだコリラックマの面々「終わってすぐだと耳がきーんとなりますねえ」「…」「ヤレヤレ」。今日のトートバッグは赤。終わって出てくると赤々とした半月が…そんなこんなでゆっくりはしていられん。明日も8:30から出勤さっ。「ハヤクネロ」(20100813)

 


JAグループ宮崎 
Yahoo! ボランティア
 
コメント

(マリンメッセ福岡 20100813)

2010-08-13 | live2002-2018

○ENDLICHERI☆ENDLICHERI LIVE CHERI E (マリンメッセ福岡、8/13 19:00~22:00くらい)

 代休とってるのに会社に出て片付けるのはやめた方がいい。姿をスタッフに見つかりまた会議になってしまった夕方、一度戻って着替えてからマリンメッセ福岡へ。そんな毎日なので、当日まで前もってあんましよく考えてなかったんだけど、行ったら屋敷豪太+鈴木渉+竹内朋康(Fisco 3)、土屋公平、スティーブ・エトウ、十川ともじにホーンセクションとコーラスってどうよ(><)不覚だった。それこそどこの何の夏フェスですか?な油断ならん夕べだった(爆)。あのねえ、なんぼ急にできましたLIVEバンドです、つったって、もっとそういうやばいことは知らせようよ(><)このメンツっつったら聴きたい人いっぱいいるだろうに、知らないかもしれなくてもったいないでしょうが。こないだのDrum Logosのてっちゃんバンドよか平均年齢高くね?(あ、若い連中で相殺平均されるのか・笑)。もう、こうなってくると、ドリンク付きでゆらゆらできるようにしてほしいですねワシは(でも去年のZepp福岡の剛紫は見事に抽選ではずれたのであった)。でこのメンツでvocal featuring 堂本剛って何よ、的な。こんな感じでメンバーが集まるこの贅沢坊ちゃんなところが憎々しくてファンにはたまんないのだろうが、やっぱいい声してるのである。そしてリズム体ががっちりしてて当然ながらラストまで「刻み」が落ちないtensionというか底力がよかった。そりゃそうだろう。お父さんが娘に付き添って見に来たのに予想外に濃ゆくてちょっと自分がノってしまって赤面、てなもんである。だいたい、「もっと観客と近くなりたい」って言ってるわりにゃあ最近見るZeppだのLogosだのと比べりゃ圧倒的に舞台美術装置が凝りすぎだよレーザーとか、あんたんとこは(^^)。
 個人的には去年の5月以来?なので、薬師寺も縁が無くかなり久しぶりの感覚だったのだが、結構何も考えないで聴いてみると、案外「これだけの日を跨いできたのだから」は来たな。かなり前のLIVEで聴いた時はそう特別でもなく(これだけの日ってお前の歳でどんだけの日だよ)的な感じだったのだが、こう久しぶりに聴くと前に聴いた時の記憶中枢が呼び戻されて、その時から聴いている今までの?年?ヶ月の「時間」がふっと(頭をよぎる、ではなくて)全身をじんわり吹き抜けていく感じがして、ちょっと応えたのである。(多分、自分も、去年聴いた5月連休過ぎて、そっから怒涛のような闘争の連続だったからな…それを精神的に思うと重かったというか、よく生きてたというか…そういう個人的な気分なのかもしれないけど)
 思えばちょうど奇しくも2002年8月13日がRosso e Azzurroの横浜だったわけで、その時は、どうも「此奴の中ではこれはある種のパンクなのか?」と思われるほどの必死すぎな一杯一杯感がそれ自体異様なtensionを生んでいた感じがしたのであった。それから8年、随分、つよしって持ってる声自体もずるいし人脈もずるいなあ(^^;)で、なんとかなんねえのかこの強情者(笑)、って感じもするのだが、縁も異なもの御の字で、聴く人を和ませる中に「圧倒的な肯定感の瞬間」というか愉楽を与える方向には、次第に、ゆっくりとだが、なってきているのではないだろうかと、ふと思うのだった。KinKiの年末ドームよか相対的に年齢層の若そげな会場の雰囲気に(そうか、彼らにとってはつよしはずっと上のお兄さんなのか)と感慨を味わったりもする。子供の時からただ歌がちょっとうまいとかピッチが合ってるとかそういう問題だけでなく、歌も歳をとって歌詞への載せ方というのか、少しずつ味が出てくるもんなのかもしれない。かと思うとシルエットが「西大寺から近鉄線で来ました、伎芸天で~す♪」(そんな舞台照明効果もあったな)みたいな軽いせんとくんかおのれは(爆)的にノリ過ぎて、突然疾走曲線美funky danceをものしちゃったりする肩脱ぎ艶々CHERI Eにお得感一杯。こーゆーのはテレビじゃ最近もう全然わかんないから、やっぱし生で見るのがいいな。MENDLICHERIとか(爆)。そんな盆踊りの夜であります。※久しぶりに再会のAさんご一行様、ありがとうございました!

 
会場へ向かう途中のタワレコでまた黄色Tシャツ着たキイロイトリを買ってしまい、トリも一緒にLIVEに参加してしまう。「ウチワノウラノブサイクナ△ハ、ツヨシガテデカイタンダッテヨ」(MCで言ってた)。確かに「つりちゃんねる」と「つよちゃんねる」は一字違いで似ている><(20100813)


JAグループ宮崎 
Yahoo! ボランティア
 
コメント

20100807

2010-08-07 | 矮小布団圧縮袋

○コリラックマのいる埠頭も異常高温に達し、可能な限り白昼の外出を避けています。今週来週土日も会社に出勤中です。仕事上またちょっと問題が色々発生し、反省中。そうなんだな、元々自分がそんな最も有能とかそういう気の利いたタイプでもなく、あらゆることをくまなく考えなきゃいけない立場でもなかったのに、仕事がだんだん増えすぎているうちに気負いすぎていたのかもしれない。緊張して気を病んでいるうちに、不注意だったり気が回らなかったり。できなかったからといってそれが自分のできたその時の精一杯だろうし、大きな流れはそういう流れなのだから、その状況の流れにある程度従いながら、ちょっと初心にもどって、むしろ忙しさにかまけて放っていてできなくなっていることとかを地道に見直したり、片付けたりして、結局最終的にはみんなのこととかってだけでなくて、自分がすることをどうちゃんとするべきかを考えた方がいいのかなあ、と思う。いろいろ。

本日のBGM:江戸川乱歩の美女シリーズ「五重塔の美女」(チャンネル銀河 8/6 25:30~)
 個人的には「地上波ドラマを普段ほとんど見ない自分が今年ちゃんと毎週見てる夏ドラ」の一つ(爆)。まあお茶の間納涼・丑三つ時の井上梅次監督映画祭りみたいなもんだろう(起きられない時は留守録で)。昔は夏休みといえば、NHKラジオ第一放送の夜9時頃からやってた中西龍アナの「江戸川乱歩シリーズ」が毎晩親の部屋から流れてくるのを漏れ聞いてた子供としては、暑い時は市内の公民館図書館で借りる乱歩か横溝か夢野か小酒井か的な戦前ミステリーを読んだり、そういう過ごし方が懐かしく由緒正しい夏休みの過ごし方なのである。もうその数十年後、「夏休み」自体が全然ないんだけどね…
 今日の「幽鬼の塔」元々翻案もの?なためか、シリーズの中ではアレンジはわりと謎解き推理物ぽかった。髪の毛もミイラも遺留品も多分、今なら真犯人探しのためにDNA鑑定とかハイカラなことをいうんだろうけど、でも…そこが昭和の乱歩なところ。東に大滝秀治あれば西に今福将雄あり、っていうか、今福さんって言葉の話し方とか聞いてて、どこの人かと思えばなんと飯塚のご出身だったのか、なるほど。ちゃんと富士山が出てきたから、ロケは富士宮市の文化財あたり?(20100807)



JAグループ宮崎 
Yahoo! ボランティア
 
コメント