即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

損害賠償の行方

2013年08月15日 16時34分40秒 | 「線路内人立ち入り」研究

最近ずっとサボっているけど、線路内人立ち入り研究家としては、見逃せないニュースを見つけました。

認知症で電車にはねられ遺族に720万円賠償命令 「酷な判決だな」とネットで疑問相次ぐ

認知症の男性が電車にはねられたのは見守りを怠ったからだとして、名古屋地裁が判決で、電車遅延などの賠償金約720万円をJR東海に支払うよう遺族に命じたと報じられた。これに対し、ネット上では疑問の声が多数出ている。

91歳の認知症の男性が線路内に立ち入って電車にはねられて死亡した。

JR東海は、電車の遅れ、乗客の代替輸送などの費用720万円を、ちゃんと面倒見てなかった遺族に対して払えという判決。

いや、ビックリでしょ?

認知症のおじいちゃんが言うこと聞かないで出てっちゃって、不幸にも電車にひかれて死んじゃった挙句に720万払えって・・・・。

  下記、日経の2013年8月10日の記事です。

---------------------------------------------------------

名古屋地裁「見守りを怠った」

   当時の報道では、91歳だった認知症男性は2007年12月7日夕、愛知県大府市のJR東海道線・共和駅で線路内に立ち入り、快速電車にはねられて死亡した。電車の運転士が男性を発見してブレーキをかけたが、間に合わなかったという。自殺の可能性もあるとされたが、立ち入った経緯ははっきりしていなかった。

   日経の記事によると、男性はこの年2月には、常に介護が必要とされる認知症高齢者自立度4と認定されていた。これに対し、JR東海は、安全対策が不十分だったとして、妻と長男を提訴した。裁判では、妻は、当時85歳の高齢のため夫を常時監視できなかったと反論した。しかし、名古屋地裁の上田哲裁判長は13年8月9日、訴えを認めて請求全額を支払うよう2人に求める判決を言い渡した。

   その理由として、上田裁判長は、同居の妻が介護ヘルパーを依頼せず、目を離したすきに男性が外出したことを指摘した。また、別居の長男も、事実上の監督者であるにもかかわらず、徘徊防止の適切な措置を取らなかったとした。男性は常に目を離さないようにしていなくてはならず、2人の過失責任は免れないというのだ。

   記事がネット上でも配信されると、判決内容に次々と異論が出た。

「遺族には酷な判決だな」「介護ヘルパー24時間入れられる訳じゃないし」「別居してたら監督するの無理じゃね」

   中には、駅員が男性を見逃し、立ち入り防止策もされていなかったのではないかなどと、JR東海側の過失を指摘する声も出た。

   JR東海は、ネット上のこうした声についてどう考えるのか。

JR東海「損害が発生したのは事実」

   ヘルパーをつけても男性を常時監視するのは難しいのではないかとの声について、JR東海の法務部担当者は、取材にこう説明した。

「個別の事情はいろいろおありかもしれませんが、線路に立ち入り、電車に衝突して損害が発生したのは事実です。損害については、原則としてお支払いしていただいています。それは、自殺であるなしに関わらず、同じです」

   男性が線路に立ち入ったのは、夕方のラッシュアワー時で、上下線で20本が最大2時間遅れ、34本が運休するなどして約2万7000人に影響した。乗客の代替輸送を手配するなどもしており、担当者は、そうした内容を調べて約720万円という賠償金の額を出したとした。

   今回は、支払いに応じてもらえず、熟慮した結果、裁判所の公正な判断を求めることにしたという。

   JR東海にも事故を招いた過失があるのではとの指摘については、「当社としては、線路に立ち入らないように巡回したり呼びかけたりしており、過失はなかったと考えています」と反論している。

   なお、ある私鉄にJ-CASTニュースが取材したところ、飛び込み自殺による損害額の平均は200万円ほどで、請求は100万円にいかないことが多いと答えていた。一方、過去の新聞報道によると、ラッシュ時で数万人に影響するときは、鉄道会社によっては600~800万円ほどを請求することもあるという。

----------------------------------------------------------------

徘徊防止の適切な措置を怠った、ですか。

そんなこと言うんですか。

もちろん責任はあると言えばあるでしょうけど、親が見てない隙に幼児が線路に落ちちゃった、とか、飼い犬が逃走して線路内に入ったとか、いや、もちろん自分のことでも酔っぱらって線路内を歩いてたとか、それこそ大事なものを落として線路内に降りたとか、そういうんでも、電車遅れたりしたら、720万払えってなる可能性あるんですか?

こういう場合にどうなるのか、 以前からいろいろ取り上げられてました。

例えばyahoo!知恵袋鉄道の線路内立ち入りなどで、遅れに対する賠償について

いろいろなケースがあるのでしょうけど、実際には請求するケースは少ないとされているようです。
ただ、非常に悪質なケースは別のようなので、今回は真相はわからないけど、遺族がJRに過失責任を追及して多額の損害賠償や慰謝料を請求したということなのでしょうか。

それであれば、こっちだってこんなに損害被ってるんだから、倍返しだあ!ってことでこういう展開になったのでしょうか?

ネット上では、この判決に対していろいろな意見が飛び交っています。

《これからボケ老人が急速に増えてくるから、 これくらいの事例を作っておいたほうがいい。》

これから団塊世代がどんどん介護される立場になっていったら、ほんと、いろんな意味で大変なことになっていきます。

認知症も含め、要介護比率が史上最高になるんでしょうね。

こりゃ大変だ。

こういう事件、事故があちこちで多発するかもしれない。

線路内だけでなく、車に轢かれた場合だって、逆に損害賠償取られるようになるのでしょうか?

こんなに認知症の人や一人で歩けないような人があちこちにいたら車を運転する方が可哀そうだって。

こういうやられたらやり返す訴訟社会になったらほんと嫌ですね。

半沢裁判官、よろしくお願いしますよ。

コメント

線路内人立ち入り連休明け定跡

2013年05月12日 11時29分07秒 | 「線路内人立ち入り」研究

久々の線路内人立ち入りネタです。

ちょっと経ってしまったけど、GW明けの5月7日。

中央線に乗って仕事で八王子に向かっている時、電車が停まった。

しばらく動かない。

『新宿駅構内での線路内人立ち入りの影響でただいま電車が遅れてます。』

さすが連休明け定跡。

どうしてなのか、必ずと言っていいほど連休明けは電車が乱れる。

皆一斉に仕事に復帰して動き始めるので、混雑する。

電車も休みボケで、急に活発に動こうとするとどこかに齟齬が出る。

過去の統計ってないのでしょうか?

絶対に休み明け月曜が多いと思うし、さらに連休明けが多いに違いない。

さて、中央線の話。

駅でしばらくの間停まってはまたちょっと走って停まるのくり返し。

大事な約束があったので次第に焦り始める。

10分ほど遅れる。

その間にも車内放送で、先ほどと同じ『新宿駅構内での線路内人立ち入りの影響で・・』を繰り返す。

さらに、次の特快が快速に変更、青梅快速が〇〇止まりに変更、とか相次いでいろいろただ事ではない対応が知らされる。

20分ほど遅れてノロノロは知っている。

何度も何度も車内放送で事情説明と謝罪を繰り返す。

スマホでtwitterやジョルダンライブを見る。

路線名:山手線
13:06頃、埼京川越線内で発生した線路内立入の影響で、運転を見合わせています。
(5月7日13時18分現在)

あっちでもこっちでも線路内に人が立ち入ってます。
線路内も大にぎわいの連休明け。

さて再び中央線車内。

2,3分に一度くらいの割合で、『新宿駅構内での線路内人立ち入りのため・・』と説明してる。

皆急いでるし焦ってるから頻繁に情報提供するのがサービスなのはわかるけど、毎度毎度全く同じ文句を繰り返さなくたっていいんでないの?

ずっと乗ってる僕らは、もうわかったよ、くどい!なんか、新しい情報とか、見通しとかはないの?と思う。

そういうのがあれば、必死で対応してる姿勢もわかるし、あー、そんなら仕方ないな、って思うかもしれないのに、毎回判を押したように『線路内人立ち入りのため』、って、もーいいよ。

どんな人が何のために立ち入ったのかを説明してほしいんだけどな。

ずいぶん時間は経過してるし、当然新宿駅構内ではそのことが解決して安全確認がされてるはずだし、それだったら、最新情報を説明すりゃあいい、って思うのだけどね。

ただひたすら同じことを繰り返して、電車遅れたことを謝れば済むってことじゃないと思うけど。

遅れてイライラしていても、なんで起こったのかってことの納得感が持てればすっきりすると思うし、そこまで対応してくれてるってことの誠意とか感じるじゃん。

杓子定規で上辺だけの対応をしてるのでなく、ほんと申し訳なく思うのであれば、そこをちょっとだけ突っ込んでほしいんだけどなあ。

JRだって、変な奴が線路内に立ち入ったことによる被害者なわけでしょ?

もっと被害者なのよーん、可哀そうでしょ、あたし、ってニュアンス出せばいいのに。

こんなひどい人がいてね、こんな反社会的な行動をするからこんなことになっちゃったのよ。

あなたたちにほんとに迷惑かけたと思うけど、ほんとはこんなことがあって、あたしもいろいろ大変だったのよ、わかってほしいの、割に合わない人生なのよ、あたし、辛い、もうだめ、おかしくなっちゃう、いやーん、って言いたいわけでしょ?

そうかそうか、お前も可哀そうな立場だよな、文句ばかり言われててさ、ひどいよな、お前の方ばっかり責められちゃって。

そうかそうか、ずっとそういう目にあってきたのか。

そんな毎日だと、めげちゃうよな、たまには憂さ晴らしでもしないと。

じゃ、おじさんと飲みにでも行っちゃうか?カラオケでも行って発散した方がいいよ。

って、何書いてるんだ、オレ。

しょっちゅう線路内に人が立ち入るから、あれは痴漢だろうって噂になってるのだって、濡れ衣というか可哀そうだよな。

JRの隠語で痴漢のことだなんて、 そんなにしょっちゅう昼の日中から痴漢なんてあるわけないでしょ。

これに関してもJRは何か隠してるに違いない、と全く信用されてないわけだ。

日頃から一生懸命やってるのに。

ほんと、可哀そうな身の上だなあ。

そうなのか、オジサンが何とかしてあげたいよ。

ということで、落語の湯屋番のように、電車遅れて焦ってるのに車内で一人妄想に浸ってる変なオジサンの話でした。

お後がよろしいようで。

コメント

新幹線線路に立ち入りでナラの研究員現行犯逮捕

2013年03月09日 11時49分42秒 | 「線路内人立ち入り」研究
久々に線路内人立ち入りネタです。

こんなニュースがありました。
府主任研究員を現行犯逮捕=新幹線線路に立ち入る―京都市

 7日午後6時40分ごろ、京都市南区唐橋門脇町の東海道新幹線の線路内に人が立ち入っているのをJR東海職員が見つけ、身柄を確保した。京都府警下京署員に引き渡した。
 同署によると、新幹線特例法違反容疑で現行犯逮捕されたのは、京都府森林技術センター主任研究員の小林正秀容疑者(47)=京都府南丹市美山町=。小林容疑者は「線路内に立ち入って逮捕されたことは間違いありません」と話しているという。
 小林容疑者は広葉樹が枯死する「ナラ枯れ」被害の研究で知られる。
 JR東海によると、同新幹線が米原―新大阪間で運転を見合わせ、午後7時8分に運転を再開した。約1万6000人に影響が出た。
------------------------------------------------

この記事だけでなく、各社のニュースをいろいろ見たけど、結局何で立ち入ったのかの説明は一切ない。

<東海道新幹線>線路内立ち入りの森林研究員を逮捕 京都
テレビにも出演 「ナラ枯れ」研究者逮捕 新幹線線路立ち入り
大学特別講師、新幹線の線路に立ち入り逮捕
東海道新幹線に遅れ 京都駅で線路に人が立ち入る
鉄道トラブル:京都府の「ナラ枯れ」研究者、新幹線線路2キロ歩く 20本に遅れ--京都駅

なんで各社揃って、研究員が線路に立ち入った⇒逮捕された⇒新幹線が遅れた

というだけで、その原因には一切触れてないのだろうか。
ナラなどの広葉樹が立ち枯れる「ナラ枯れ」を引き起こす甲虫の防除法の研究をしてる、ってそこだけ詳しく報じてるけど、そのことと線路内立ち入りがどういう相関関係があったのかなかったのか、なんで究明しないのだろうか。
わからないままでいいのだろうか。
当然取り調べが進んでいるのだろうけど、そのフォローはするのだろうか。
また次々と新しい事件が起きるからそんなことを追っかけてる暇なんかないのだろう。

しかし、報道って、記者って、取材って、ジャーナリズムって、こういうことでいいのだろうか?

情報をただ横流しするだけでも価値のあるものもあるのだろうけど、結局は、原因は?動機は?心理は?背景は?とつながっていくわけでその本質の部分をないがしろにして表面的な薄っぺらい情報だけでは価値はない。
コンテンツとして成立し得ない。

皆そう思わない?

【ナラの研究員が酒に酔ったわけでもなく新幹線の線路内に立ち入って逮捕された。
新幹線はそのため遅れた。】
ちゃんちゃん。

これって、子供新聞だって詰めが甘い、もっとよく調べて書きなさい、ってことになると思うのだけど。
立ち入った理由に触れないで済ましてしまうのってありえない。
WHYを最低5回は積み重ねることを大事にする僕の好奇心が許さない。
もちろん一切自白せず、黙秘権を通しているのであれば仕方ないけど、それであれば周辺取材とかするのが普通。

ま、結局、わかりきったことなのだけど、こんなつまらないことに時間を割いてる暇はないってことですよね。
そんな知りたいのなら自分で調べればいいじゃん、ってことになる。

ネコ男の逮捕 PCなりすまし事件冤罪だったら刑事も記者も全員クビです

この事件も結局よくわからないけど、この記事の中にこういう部分があります。

【メディアとしては、あくまで警察の動きを報じただけで、自分たちには責任がないという意識があります。今のメディアがやっていることは「事件報道」ではなく、「捜査当局の動向報道」にすぎないんです。】

「事件報道」ではなく、「捜査当局の動向報道」にすぎないという言葉。
政策報道でなく、政局報道というのにも通じます。

大樹の陰に身を隠し安全安泰なまま上からこぼれてくることを自分の意見も捉え方もなくそのまま報じる。
優秀な記者を抱え、取材に金も時間も割くということができにくくなってきた状況はよくわかるけど、だったら報道って何?取材って何?ジャーナリズムって何?ってなる。

記者の人たちの勇気や気概や使命感を期待しつつ、上記の研究員線路内立ち入りの理由が気になって仕方ない今日この頃です。
コメント

線路内人立ち入りと師走

2012年12月09日 11時29分02秒 | 「線路内人立ち入り」研究
すっかり間が空いてしまいました。
気が付くと12月です。
お歳暮、忘年会、クリスマス、年賀状、年末進行、とあまりのあわただしさに心が千々に乱れます。
あれやってない、これやらなきゃ、忘れそうなことのチェック、どうしても焦ります。
まるで宿題をやってないままあと数日で2学期が始まるような心境になります。

死ぬまでに一度でいいから、こういう心境にならない余裕の師走を迎えてみたいものです。
こうなるのは想定済みなわけだから、10月くらいから何事もしっかり早め早めに手を打っていけば解決できるはず。
しかし、なかなかそうできないのがなまけものの性。
試験はいつも一夜漬け。

そこに持ってきてクラブワールドカップ、グランプリファイナル、今年はなんと選挙までがこの忙しい時期に入り込んできた。
そして将棋。
竜王戦は第五局で渡辺竜王の強さばかりが目立って終了、そして王将戦総当たりリーグ戦は渡辺竜王が全勝で挑戦者に。棋王戦の展開も含め、順位戦を全勝でひた走る羽生三冠を渡辺竜王のマッチレースのような展開になりつつある。

話は変わるけど、都会では相も変わらず線路内に人が立ち入っているようだ。
今週も全然更新してないというのにすごいアクセスが殺到している。
特にこの記事。
「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増
まだまだネット上で、線路内人立ち入りというのは痴漢のことだ、JRの隠語だって噂が轟いているのだろう。

また地震もあったし、残忍な事件は多いし、トンネルは落ちるし、暗いこと不安なことが多い。
財政は破たんしてるし、外交はうまくいってないし、復興は進んでないし、放射線の恐怖は消えないし、明るい光は見えにくい。

そんな現代を象徴するかのような線路内人立ち入りの流行。
電車が遅れてイライラし、またかよお、なんだよー、どんな奴が立ち入ったんだよー、何のために線路内なんかに入るんだよー、迷惑な奴だよなあ、この前もあったぞ、どうしてそんな頻繁に起こるんだよ、腑に落ちないなあ、納得いかないなあー、おかしいんじゃないのか、そんなしょっちゅう線路内に人が立ち入るなんてこと考えられんぞ、これはなんかの隠語なんじゃないのか、電車遅れた言い訳に使ってるんじゃないのか、と都会の不安定な心理状態の人々はこのような思考をたどる。

このところ研究活動はさぼっているのだけど、線路内人立ち入りという都会の病相は、現代の社会心理を紐解く重要なファクターであることは間違いない。
線路内人立ち入りの謎を究明していくことは、日本の明るい未来を作っていく重要なキーになるはずだと信じて疑わないのである。
コメント (2)

線路内人立ち入りの質問

2012年10月08日 11時35分23秒 | 「線路内人立ち入り」研究
もうずいぶん経ってしまったけど、恐怖の線路内人立ち入りという記事を書きました。

あれは8月末。
まだ夏も真っ盛りの頃。
線路内に人が立ち入ったことに端を発し、酔っぱらって乗った電車が止まり、電気が消え、エアコンが切れるという事態に陥りました。
これにはさすがの僕もビックリ仰天、暗くて暑くてもうちょっとでこれはやばいというパニック寸前、投了直前の状況に追い込まれました。

線路内人立ち入りについては日々研究を怠らないようにしているので、早速JRにメールで下記のような質問をしました。
-----------------------------------------------------
8月30日夜11時半頃総武線下りに乗っていた時、平井駅近くで線路内人立ち 入りとのことで電車が止まりました。そしてしばらくして、停まってる位置が河川とどうのとかで、電気が消えました。同時に空調も切れました。電気だけでも 不安なのに、もわーっと熱気が立ち込めて、こういう経験はなかったので満員の車内はかなり動揺していました。このまましばらく停まってたら気持ち悪くなっ たりトイレの心配もあり周りの人もかなりの恐怖を感じてたようでした。混んでいたし暗くて暑くてほんとに不安な時間でした。20分ほどで動き出したので事 なきを得ましたが、これはどういう原因だったのでしょうか?お知らせいただければ幸いです。
-----------------------------------------------------

いつもはわりと早めに返信が来るのだけど、なぜか半月あまり後に下記のような返事がきました。
そのまま紹介させていただきます。

******************************
いつもJR東日本ならびにJR東日本ホームページをご利用いただきましてありがとうございます。
このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。

このたびは列車の運行につきまして、清田様に大変なご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
 当日の総武緩行線の運転状況は、平井駅23時22分発の千葉行き(2338B)の電車が発車直後、線路内に人が立入るのを発見し停車したところ、電気を送電する架線の繋ぎ目に停車しました。このまま電車を動かしてしまうと車両が故障してしまうため、電車のパンタグラフを交互に上下させ移動を行いました。この間一時的に一部の車両に電気が流れなくなるため、電気と空調が一時的に止まりました。当日担当した車掌には、異常時にはよりわかりやすい放送を行うよう指導を行いました。ご利用のお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしました。
弊社としましても、毎日の列車運行が安定していて、お客さまに安心してご乗車いただけることが、最も重要なサービスであると認識し、日々列車の運行管理には細心の注意を払っているところではございますが、今回ご指摘いただいたご意見を真摯に受け止め、更なる安全安定輸送並びにサービスの向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。
今後も、みなさまに愛され、親しまれるJR東日本をめざしてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。東日本旅客鉄道株式会社
*****************************

“架線”の繋ぎ目に停まったということなんですね。
結構何度も車内放送で状況を伝えてくれてはいたのだけど、ちょうど荒川、中川などを通過するあたりだったこともあり、“河川”からのつなぎ目?って取ってしまっていて、ちょうど川の上に停まったのか、それにしては橋の上ではないな、などと、酔っぱらった頭で????と考えていました。

まあちゃんと回答いただいて原因がわかってよかったです。
鉄道オタクの方々には当たり前のことなんだろうけど、架線の繋ぎ目に停まると、こういうことになるということを勉強しました。

それはわかったのだけど、そもそもその原因となった『線路内人立ち入り』については、どんな人がどういう目的で立ち入ったのかは相変わらず何もわからないままです。
ちょっと本線からずれてしまった研究活動でした。                     
コメント

高速道路内人立ち入り

2012年09月22日 11時59分45秒 | 「線路内人立ち入り」研究
線路内人立ち入りについてはライフワークで真面目に研究活動を続けているのだけれど、最近は線路内だけでなく、高速道路内にも人が立ち入って事件、事故につながっているようです。
先日のニュースです。






高速を走っていたら人をはねてしまって拘束されてしまった、なんてことが。
うかうかできません。







どういう理由で高速道路に人が立ち入ったのか、というのはこのように整理されています。
ちゃんとデータを取って原因を把握しようと思えば普通のことです。
そしてこのように情報開示してもらえると我々にもわかりやすいし、あー、そういうことなのか、とわかるし、こういうことが起きないようにするには、ということで我々レベルでも注意できることがあると思います。

前から言ってるのだけど、線路内人立ち入りについても、このようにデータを出してもらえればいいと思うのだけど、どうして出してもらえないのでしょうか?
統計とってないのでしょうか?
それともちゃんと取っていたとしても何らかの理由でデータを公表できない理由があるのでしょうか?

どういう人がどういう理由で、という他に、
時系列でどれだけ増えてるのか?
どの線、どの駅近辺が多いのか?
曜日、時間帯別。
例えば給料日には多いとか、一月の傾向。
季節別。忘年会時期は多いのか、とか。



どちらにしても高速道路内人立ち入りについてはあまりワクワクしません。
謎めいたものがない。
あっ、そうか、で終わってしまう。

それに比べると線路内人立ち入りはミステリアス。
魔物が棲んでいる。
こうやってすぐに高速道路を人が歩いてる写真が公表されているのに、線路内人立ち入りの写真は過去一度も見たことがない。
なぜ隠すのか、本当に一枚も写真はないのか。

謎は深まるばかりです。
コメント

恐怖の線路内人立ち入り

2012年09月01日 15時59分08秒 | 「線路内人立ち入り」研究
線路内人立ち入りに関してはライフワークとして長年研究活動に勤しんできましたが、つい最近恐ろしい体験をしました。

線路内人立ち入り関連記事はこちら

おとといの木曜、クライアントとの飲み会があり11時過ぎに帰る途中の出来事。
急いで帰ってヤングなでしこ見ないと、と思いつつ総武線に乗ってました。
平井のあたりで急に停まった。
『線路内に人が立ち入りましたのでしばらく停車します。』
ここまではよくある話です。
またかあ、線路内に立ち入るって一体何なんだよ!って車内の空気が語ってます。
しかし、10分経っても動かない。
そのうち運転手が確認に行くとか、電車が停まってる位置が河川の位置とどうとか、いろんな理屈を並べた後、
『この電車はいったん電気が消えます!』、だって。
はっ?結構混んでる車内の人たちの顔が曇る。

そして間もなく電気がパシャッと消え、何とおまけに空調も切れた。
暗くなっただけでなく、もわーっと熱気が立ち込めてきた。
えっ、これは?
車内の人たちはあたりをきょろきょろしたり、顔を見合わせたりして動揺の色が隠せない。皆同様だ。
いきなり来た都会の恐怖。

車内放送は少しでも落ち着かせようとして、現在の状況や努力してる様子をしゃべってるけどどうも要領がつかめないので皆容量オーバーになりつつある。
やっと窓を開けてください、というアナウンスで一斉に開けたら少し風が入ってきて皆ちょっとホッとする。
しかしこのまま停まってたら、気持ち悪くなる人もいるだろうし、何よりトイレが心配。
自分も酔っているしこのままの状態が続いたらいやだなあ、と不安になる。
トイレに関しては電車に乗る前にちゃんと行ったのでまだよかったけど、これでもしやばい状況だったらほんと冷や汗もの、悶絶状態、生きた心地がしないとはこのことだ。
この状況でどうにもならず漏らしたシーンを一瞬思い描く。
そんな恐怖は避けたいから、非常用ボタン押して強引にドアを開けて外に出てから用を足す方を選ぶのだろうか、自分は?

混んでて暗くて暑くて最悪のホラー映画。
どうにもならない都会の閉塞状況。
あれこれいろんなやばい状況をイメージすると余計に気分が悪くなり落ち込んでくる。非常時に弱い自分が露呈する。

気を取り直して、スマホでtwitter、facebook、ニュースなど、いろいろ見て気をまぎらわせる。
おかげでヤングなでしこの結果もわかってしまった。(こういう場合は絶対に結果をわからないように遮断して帰って録画を見るのが常道。)
もうそんなことはどうでもいい。
早く電気が点いてほしい。空調が回復してほしい。
そして電車が動いてほしい。

なんだかんだで20分あまり。
不安と恐怖と祈りの時を過ごし、電車はやっと何とか動きだした。
あともう10分動かなかったらどうなったことか。
次の駅の新小岩に着いたときには、トイレに行きたい人、気持ち悪い人も含め、かなりの人が降りて行った。

突然訪れた都会の恐怖。
地震や災害でなくても、いつもこういう危うい状況の中で我々は生きているわけだ。
一触即発。

よくある線路内立ち入りが引き起こしたこの体験。
すっかり疲れてしまって、やっと家に帰りついて風呂入ってサッカーの録画つけたらもう完璧にでした。

ということで防災の日にふさわしい今日の記事でした。
コメント

今日もまた線路内人立ち入りに関するやるせないもやもや

2012年06月11日 17時23分18秒 | 「線路内人立ち入り」研究
毎日のように都会では起きているようです。
おとといもそうだけど、その度に当ブログのアクセスが急増します。
これだけうんざりするほどに起こっているし、いつもそうだけどそのために1時間も電車が動かなくなったりとか、大混乱に陥ることもないので、皆もう食傷気味かなと思っているのだけど、あにはからんや、いつまでたっても『線路内人立ち入り』に関する興味、関心は下降する様子はありません。

線路内人立ち入り研究アーカイブ

乗っている電車がそのために遅れたりする、または約束した人がそのために来ない、などのことがあると、皆、思わずググってしまう。
線路内に人が立ち入るって、いったいどういうことなんだよ、どんな奴なんだい、その人騒がせなやつは?ってことで、気になって気になって検索する。
スマホが普及してることもあり、何でもわからないこと、不審に思うことなどあれば即検索する習慣が顕著になってるのでしょうか?

でも、検索したって、その答えは基本的に出てないです。
何時頃どこでってことくらいはわかるけど、JRや鉄道会社は基本的に、その辺の情報に関しては開示しないです。
最近はしてないのでわからないけど、過去何度か電話、メールでしつこく問い合わせました。
しかし、JRは僕ら一般市民ほど、線路内人立ち入りに関して、それほど不可思議なイメージを持ってないですし、逆に迷惑蒙ってるのだから文句や質問などは面倒だぜ、って感じです。
この辺のことは過去記事に詳しく書いてあるので興味ある人はご覧ください。

どういう人がどういう理由で立ち入ったのか、どの辺が多いのか、時間帯や曜日はどうなのか、って統計データでも見せてくれたらこちらの探究心は満足するのだけど、どうも頑ななお役所風な姿勢が大きな壁となって立ちはだかってます。
何度聞いてもどこに聞いても平行線だし闇の中。

こっちだって時々は迷惑蒙ってるんだし、ざっくりしたことくらい教えてくれたっていいじゃん、とか思うのだけど、どうもその辺の意識のギャップが大きいらしく、警察まかせ、とか個人情報うんぬんってところに逃げられてしまう。

いや別にその個人がどうこうってことでなく、犯罪とかも関係なく、立ち入る理由が知りたいだけなのにねえ。
痴漢なら痴漢でいいし、全体の中の45%が痴漢で、駅から線路に逃げたんです、って言ってくれればおおよその理解、納得がいく。
酔っぱらいとか、中国人とか、痴呆老人とか、高校生のいたずらとかとも言われるし、そもそも線路内ってどこ?ってこともある。
駅構内のホームも線路内なのか?
つまり帽子とか財布を落として拾いに降りたのも正式な線路内人立ち入り行為なのか?
その辺の考え方や立場を明確にしてほしい。

と、まだまだ今後の研究分野としては原発に次いで大きな課題になっているのだけど、実は今日もありました。
山手線に乗っていたら、電車が止まって、かなり緊迫感に漲った車内放送がありました。

『お客様にお知らせです。
ただいま、渋谷・恵比寿間において、線路内に人が立ち入った模様です。
現場には車掌、警察官が立ち入った人の確保に向かっております。
この線路内人立ち入りの影響で山手線は上下線とも運転を見合わせております。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、いましばらくお待ちいただくようお願い申し上げます。』

それを聞いた車内の空気は、
「またかよー、よくあるなあ、なんだよそれ、腑に落ちないよなあ。」

結構大きな声で緊急って感じの放送だったから、
「なんだよー?えっ?線路内人立ち入り?」
またそれかい、って白けたような、あきれたような、もう勘弁してーな、って感じの空気を感じました。

そして数分後。
『ただいま、立ち入った人が敷地外に出たことが確認されました。
順次運転を再開します。ご迷惑をおかけしました。』

いつもこうなんですね。
どんな人が何のために立ち入ったのだろうか、といろいろと想像、妄想を膨らまさせておいて、結果は一切情報がありません。

まあ電車動くのだからええやないかい、って言われても納得しない。
常に原因を検証して、次にできるだけ起こらないような予防措置を講じるってことをしているのかしてないのか。
そこがわからないからこっちは消化不良のまま。
取り残されてもやもやが残る。

このもやもやをどうしてくれるんだい。
もやもやが講じて大きなストレスになり、病気になったらどうしてくれるわけ?
電車が遅れたことをつべこべ文句言うつもりは一切ないけど、このもやもやに対して、慰謝料とか損害賠償とか請求しちゃうぞ。

とまあ、熱心な線路内人立ち入り研究者としては、梅雨入りのようなこの精神状態をどこにどうぶつければいいのか、以下、サトウハチローさんの歌詞です。

このやるせな~い~もやもやを~
だれ~か~にい告げようかぁ~

この限りな~い~むなしさの~
救~いはぁないだろうかぁ~

このもえたぎ~る~苦しさはぁ
あし~たも~続くのかぁ~
コメント (2)

「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増・その2

2012年04月07日 00時18分16秒 | 「線路内人立ち入り」研究
またおとといもあったみたいですね。

線路内に人が立ち入りました。

電車が遅れてイライラしている人たちが、

『何だよ~、線路内に立ち入ったって?
どんな奴が何の理由でどの辺に立ち入ったってんだよ~?
たかがひとりちょろっと立ち入ったくらいで、電車がこんなに遅れるなんておかしいじゃないか。
そこまで影響を与えるってえのは、よほどの大事件とかそういうことに違いないよなあ。
殺人事件とか、凶悪犯罪とか、そういうことだな、これは。』

ということで不思議に思い、その詳細が知りたくてかなりの人が検索するんでしょうね。

ブログ更新もしてないのに昨日のアクセスがこんなに来るというのは、一体どれくらい上位に来てるのか知りたくて調べてみました。

1.「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」と検索すると、googleでもyahooでも、下記の3つがトップ3に入ってます。我ながらびっくり。すごいです。

「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増
線路内人立ち入り痴漢隠語都市伝説・その2
線路内人立ち入り痴漢隠語都市伝説・その3

2.検索ワード「線路立ち入り 痴漢」 googleでの順位 これも下記がトップ3。

久々の線路内人立ち入りネタ
「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増
「線路内人立ち入りは痴漢の隠語」都市伝説

3.「線路 立ち入り」 3位
「線路内人立ち入り」は続くよ、いつまでも~♪

4.「線路に人が立ち入った」 5位
「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増

5.「線路内人立ち入り」 6位
「線路内人立ち入り」は続くよ、いつまでも~♪

6.「線路内に人が立ち入ったため 隠語」 5位、6位、7位
「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増
線路内人立ち入り痴漢隠語都市伝説・その2
線路内人立ち入り痴漢隠語都市伝説・その3

7.「線路内に人が立ち入ったため 痴漢」 4位、5位
「線路内人立ち入りは痴漢の隠語」都市伝説
「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増

8.「線路内に人が立ち入りました」 9位
線路内人立ち入りの心理学

ということで今日はSEOのお勉強でした。
線路内人立ち入り研究にかけては第一人者の名を恣にするため、どんな検索ワードでも一位になりたいと密かに狙っているわけです、はい。

※最新の線路内人立ち入り研究まとめに関しては、最新記事、線路内人立ち入りの心理学をご覧ください。
コメント (1)

線路内人立ち入りの心理学

2012年03月24日 10時27分34秒 | 「線路内人立ち入り」研究
最近はかなりブログ更新をさぼっているというのに、時々突然かなりのアクセスが殺到することがある。
そう、ご存じ、「線路内人立ち入り」によるものです。
相変わらず世間では頻繁に人が線路内に立ち入っていて、そのために電車が遅れ、現代人のストレス増加の一因になっているようです。

なんで急いでいるのに電車止まっちゃうんだよ。
えっ、線路内に人が立ち入っただとお?!
なんでまた、線路になんか立ち入るんだよ、人騒がせな。
そんな馬鹿なことしてんのは、どこのどいつだ、出てこい!
大体なあ、電車がしょっちゅう走ってるというのに、線路内に立ち入るなんざあ、自殺行為じゃねーか。
たくさんの人に迷惑かけた上に、そんなあぶねえ橋を渡るなんざ、そんじょそこらの素人じゃねえな。

どちらにしても、線路内人立ち入りはますます横行しているようだし、それに出くわした人は、
『大体、線路内に人が立ち入るっていうのは、どんな奴がどんな時にどんな気持ちで何のために入り込むんだ?』
って疑問が渦を巻くことになる。

そんな折、つい最近のYahoo知恵袋に出てました。
---------------------------------------------
質問:

心理学の見地から、どう思いますか?
最近も、JR等で「線路内に人が立ち入ったため、遅れております。」と言うのが私のいる地域では多い様に思います。 人が立ち入るにも様々なパターンがあると思うのですが、心理学的に考えて、なぜ立ち入ってしまうのだと思いますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

意識して線路内に入り込み、自殺をしようとする人が多いと思います。
瞬間的に“魔が差した”人もいると思います。
それと同じくらいに「無意識」に入り込んでしまう人もいると思います。
線路や踏切、ホームなどに、まるで何かの力で背中を押されるような感じでフラフラと入り込んでしまうのです。
“憑りつかれた”ように夢遊病みたいな感じになってしまうのです。
精神状態が正常な判断をくだせなくなっています。
線路の上で寝転ぶ、うずくまる、しゃがんでしまう、動けなくなる、
みんな自分の意志ではなく何かの意志に操られています。
この人たちの“目の焦点”は合っていなく、しかもうつろで、向こうの世界を見ているのだと思います。
------------------------------------------------
うーん、線路内人立ち入り研究者から見ると、いかにもというアンサーです。
もちろんケースバイケースなので、上記のような心理状態のこともあるのでしょう。

魔がさした、無意識、夢遊病、とどれも正常な心理状態ではない、とのことですが、これは部分的で一面的な解釈です。

どういう心理状態で立ち入った人が何%か、というデータは残念ながらありません。
東電と同じように、JRもこの手のデータを開示してくれません。
というよりも、どこかの議事録取ってないのと同じ類の話で、基本的にデータ取って分析するということをやってません。
何の問題意識もありません。

過去、この問題について掘り下げ、JRや新聞社などに問い合わせの電話、メールもたくさんしました。
まだまだ解明できてないこともたくさんあり、奥の深いテーマであるので、(最近さぼってましたが)今後もライフワークとして真剣に取り組んでいく所存です。

なぜ、人は線路内に立ち入るのか?

つまり、線路内人立ち入りの問題を研究する、ということは、紛れもなく現代社会そのものを研究する、ということに他なりません。

現代人の、心理、生活、欲求、などが、線路内の事件、事象に見事に凝縮されているのです。


過去数年にわたり研究を重ねてきた足跡をご覧ください。
線路内人立ち入り研究アーカイブ

そして、どうも不可思議で腑に落ちない、適切な解が見つからない、と皆がもやもやしていたところ、一昨年秋に、
『線路内人立ち入りっていうのは、JRの隠語で痴漢が現れたってこと』
という都市伝説が突然流れ始め、このブログはいまだに破られていない過去最高アクセス数を記録しました。
いまだにtwitterをはじめとしてネット上の話題になっているようだし、ハナからそう信じて疑わない人もかなり増殖しているようです。

「線路内人立ち入りは痴漢の隠語」都市伝説
線路内人立ち入りと隠語のお勉強
線路内人立ち入り痴漢隠語都市伝説・その2
線路内人立ち入り痴漢隠語都市伝説・その3

そして、その後の考察、研究について。
うわさを科学する
“線路内人立ち入り”が教えてくれること
電車遅延は時代と共に
「線路に人が立ち入った・痴漢・隠語」でアクセス急増
「線路内人立ち入り」は続くよ、いつまでも~♪

こんなにたくさんの人が「線路内人立ち入り」について興味を示す裏には、
“これだけ頻繁にあるのはどうもおかしい、不思議だ、何か裏にあるに違いない”、と誰しもが思っているからに他ならない。
そういう背景があったからこそ、この都市伝説が生まれた、というわけなのでしょう。

上記「うわさを科学する」、という記事にも書きましたが、この手のことに詳しい中央大学文学部の松田美佐教授(社会情報学)の文献も参考にしつつ導いた結論としては、

「必ずしも意図をもって流されるわけではなく、事態を解釈したいという気持ちが自然発生的に“うわさ”になる。その奥底には隠された我々自身の恐怖や願望がある。」

ということです。

つまり、あれは痴漢のことだよ、と訳知り顔で言うと、あーそうなんだ、どうりで、納得、ということになる。
心の不安が安定につながる。

先が見えない現代社会においては、原発のことだけでなく、わからないことがどうにもならない不安を増殖させる。

ということで震災から1年を経て、今後の日本の明るい未来を描くためには、「線路内になぜ人は立ち入るのか」、を全力を挙げて解明していくことが大きなファクターになると信じてやまない今日この頃なのであります。
コメント