将棋漬け

将棋オンリーで生きてるオジサンの戯言ばっかり

棋聖戦第三局(おまけ)

2016年07月28日 | 将棋
かんな「羽生先生は時間の使い方も上手いですねー」
藤井「ん…羽生さんは時間も金も残さない!」
かんな「お金もー?!」(笑)
これは名言なのであろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

王位戦第一局(犬山市)

2016年07月28日 | 将棋
王位戦は前夜祭がない、関係者だけのはあるけどね。
なので、解説会だけの為に行くことになる、うむむーなのである。
ところで、犬山市ってどこよ?、いや名古屋の近くだとは知ってましたよ。
なので調べてみる、Yahooの路線情報である、誠に便利であるね。
ところが、時々失敗することもある、この前鹿児島に行った時は往生した。
調べた通りの新幹線に乗ったら、鹿児島行きが熊本止まりになっていたのてある、まあ地震のせいだけど。

ふむ、名古屋で乗り換えて一本じゃない、ラクチーン!
で、名古屋着、名鉄は…あっ、反対側か!
名鉄名古屋駅は地下にある…は、いいけど何番線なんだ犬山行くのって?
名鉄って色んな線があることをたった今知ったのであった。ψ(`∇´)ψ

ラッキーなことに知人に遭遇して無事乗車、スマホ見てたらあっという間に到着。
さて、ホテルまでブラブラ歩こうかと思ったら「シャトルバスがいるよ」なので乗った。
んー、結構大きなホテルなのねー。
で、ブラブラ歩いてたら「オジサーン」振り向いたらひーちゃんでありました。
「オジサン、行き過ぎ、こっち」たははっ。(^◇^;)

解説会場に入ると…あんらー、ほぼ満員じゃあ?!(@_@)
未練たらしく前の方の席見に行ったら、あれっ空いてるじゃね?
近くに江州さんがいて例のブツを頂く、有難や!(感謝感激雨あられ)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棋聖戦第三局(まだ続いてた)

2016年07月27日 | 将棋
お昼は一人で沼津港まで歩いて回転寿司へ。
昼時なので混んでましたな、もっぱらマグロを食べました、昼飯で二千円オーバーは中々ないことです、いやはや。
将棋の話は…まあ、いいでしょ。(^◇^;)

解説陣は豪華でした。
まず最初は、青野さんとかんなちゃん、青野さんは大体将棋の解説はしません。(笑)
スポンサー関連とか対局場の話、後は対局者のことくらいです。
「まあ、私が将棋の話しても仕方ない」が口癖です。

次に出て来たのが、谷川さんと藤井さん。
この二人の解説は聞くの初めてです、珍しい。
「いやー、会長と一緒になんて緊張しますね」
「いやいや、将棋の話してればいいだけですから」(笑)
「藤井さんは、羽生さんと同い年で誕生日も近いですよね?」
「あちらが二日早いんですが、僕にとって谷川さんと同じくらいの感じですよ」
「でも、親しいんでしょ?」
「いやー、羽生さんとは長く話していられない、あちらは何でも話を合わせられるけど、僕は話題がないから」(笑)
「だから、もうコチンコチン、固まっちゃう」(笑)固まったポーズまでしてましたよ。
「話盛るの上手いですねー」
「いやいや、ホントなんですよ、今もほらコチンコチンでしょ!」(笑)再び固まったポーズ。

その次に出て来たのが、教授こと勝又せんせと青島君。
「私は聞き手ですから、ほら左手にいるでしょ!」
「解説は君に任せたから、頼むよ!」(笑)
「さて、今日も暑いので上着脱がせてもらいますね、青島君も脱いだら?」
「えっ、いいんですかね?」人前で脱ぐことに違和感を感じながらも脱いでました。(何か、文章にすると危ないことのように感じるのはオジサンだけ?)

さて、ここでは次の一手の他にも抽選会があります。
いや、あるのはいいんですが、じゃなくて嬉しいんですが…えーと、そのですね、賞品が…
いや、地元の人は喜ぶのかも…(以下省略

次の一手、手は当たりましたが抽選は当然のように外れですよ、けっ。(ーー;)

休憩時間に、青野さんとかんなちゃんがいたので「写真、お願いします!」
「オジサン、高くつきますよ〜!」byかんなちゃん(ーー;)

その後も、教授&中尾さん、藤井さん&かんなちゃん、中尾さん&青島君と入れ替わりで解説でした。
結果は…
まあ、ショックで「外から感想戦を眺めるツアー」もパスしましたよ。(; ̄O ̄)
おやつまんと沼津港まで歩いて居酒屋で憂さ晴らし!
何とか東京に辿り着きました、うちに着いたら日付変わってたけどね!ψ(`∇´)ψ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棋聖戦第三局(終わり)

2016年07月26日 | 将棋
解説会は午後からですが、チェックアウトは10時なのでギリギリまでテレビ見てた。(笑)
あっ、朝食込みだったので美味しく頂きました、納豆3個食べたので満足です。
会場は微妙な距離なので歩きました、去年も歩いたので道は分かります。
ホテル前の道をまーすぐ行って道なりに左に曲がった所を右折、どん詰まりを又右折すれば対局場の裏に出て会場前の通りに出るのです。

牧水記念館の方を覗いてみると指導対局してました。
青野さん、中尾さん、かんなちゃん、教授、そして青島君。
あれ、青島君は昨日対局だったよね?、偉いもんだなー。

受付は1時からなのでボケーっといてるしかありません、関係者の近くでボケー…
まあ、暇に任せて聞き耳立ててると色んな話が聞けて面白いですね、書けないことばかり。ψ(`∇´)ψ
係員さん達も大変です、「何時受付ですか?」「トイレどこですか?」「誰が出るんですか?」同じようなこと何回も聞かれてます、忍耐も必要なのね。(^◇^;)
折角なので一番に並んでみました、並ぶの嫌いだけど。
記念扇子の販売もしてます、が売れないらしく女性関係者が並び始めた人に「どうですか?」と拡販してます。
「やった、売れた〜!」なんて。(笑)
「へー、売れるもんなんだ」なんて受付の男性陣。
おやつまんも来ました、汗ダクで。
秋海さんも何とか間に合ったみたいで良かったね!

受付済んで沼津倶楽部へ、最前列ゲット〜!\(^o^)/
さて、昼飯にー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棋聖戦第三局(続き)

2016年07月23日 | 将棋
いやー、サボったサボった。(^◇^;)

さて、前夜祭ですが着席形式で丸テーブル、テーブル指定です。
それで300人超えてるから凄い、松江も多かったけど実に壮観です。
でも、一般応募の席は片隅、地元の有志優先、これアカンでしょ!ブツブツ。
まあ、そんなことお構いなくオジサンは写真撮る為に動き回りますけどね!ψ(`∇´)ψ

ここの前夜祭で変わってるのは、始まる前にピアノやら尺八やらバイオリンが生演奏されること。
さらに、司会が支部長?で時代がかった喋りで進行することですかね。
挨拶なんか聞いてないで写真バシバシのオジサンには関係ないことですがね。ψ(`∇´)ψ

で、写真バシバシ撮りながらも食事は取りました。
これが意外にも美味しかった!\(^o^)/
まあ、ナイフとフォークで食事なんて超久しぶりだけどねー。
松江の500倍くらいおいしかったよー!

なんて言ってる間に前夜祭終了…
関係者2名に「飲も飲も攻撃」も不発で一人居酒屋で飲むのでありました。(^◇^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加